いじめのタグ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

タグ:いじめ

M男をムチやスパンキングいじめ・言葉責めよりハードなSM大好きな女の子のエッチ体験談

M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談M男ムチやスパンキングいじめエッチ体験談
相手は学校の先輩だったんですけどもうほとんど印象に残ってないですね。基本的にどんな相手?
付き合った人は全員Mでした。執着心と粘着心が強くて大変なんですよ…だから「別れるなら自殺するー」っていうタイプの男が何人もいます。
どんな男が多いの?
みんな仕事バリバリできるエリートサラリーマンみたいな感じですね。私って、そういう人のMセンサーに反応するみたいで(苦。普通に歩いてると、無茶苦茶ていねいに「すいません綺麗な脚してますね。もしお時間あったら踏んでくれませんかちてよく頼まれるんです。10回くらいありました
大胆なお穎いだね・・あとは飲み会とかで話をしてると「その脚だったら踏まれたい」って
そういう系の話になって、「ネタかな?」って話し込んでいるうちに奴隷にしてください、奴隷にしてくださいちてしっこく迫られるんで
ちなみにどんなプレイをするの?ムチで叩いたり、ひたすらバイプでアナ碧攻めたり。ドライエクスタシーっていうんですか、射精せずにイクやつ。ひとりでやってると射精しちゃうんで、「そんなラクなことさせないで延々攻めます。何十回もイクと足腰がガクガクになって立てなくなるんですよ(苦。楽しそうだ。ハード系もやるのりひとりいますね。
針刺す…ちなみにどこに刺すんでしょっか?チンコに100本くらい刺しました。愛人やってたりしたこともあったんですけど、もちろん50才くらいの。そうするとテクニシャンです。
気持ちはいいんですけど、スパンキングを持ちかけられたり。
女はもうめんどくさいですね。ドMの男よりもめんどくさいです。なんでそういう人が寄ってくるのか。常にハイヒール履いてワンピースしか持ってなくて眼に力があるってよく言われるので、そのせいかもしれませんね。「きっと前世で業を犯してるに違いない」って思います。冗談でも「じゃあ軽く挿入しよっか?」っていえる雰囲気じゃないね……
今後の目標みたいのはありますか?ルーマニアのSMの城に行ってみたいですね。へっルーマニアにお城ひとつSMクラプになってる超有名なところがあるんですよ。「SM界のディズニーランド」と呼ばれていて。これは初耳ー世界各国の女王様が姐まってていろんなM男が集まるらしいんですよね。ルーマニア人、クオリティ高けえなあ。私、日本的な言葉責めSMは嫌いなんですよ。だからムチとかスパンキングでガンガンやりたいですね。
続いて愛人体質の女の子のエッチ体験談
信じてたから確かめられなくて。友だちから「あの人付き合ってる人いるよ」って聞いてたんだけど。彼に聞いても「そんなわけね一じゃん」って言うだけだし。
それで浮気しちゃったんだ。最初に知り合ったときに、彼の親友の人がいたんだよね。最初はその人に告られてたんだけど。そいっと浮気したん年間セフレだったの〇ペースはどのくらい?彼氏とはほぼ毎日してたんだけど、そのセフレとは月に3回。体だけっぽい関係で、月ィチで癒されてた〇セフレはセックス上手だった?アソコがすっごく小さかった。だからほんと癒しだけ、みたいな。彼が浮気ばっかりしてるし、遊んでやったのはあ。セフレはイケメンだったし、ちよっと哀しそうな雰囲気いい人だったんだけど…チンコが小ざいから満足できなかったん。キミ、エロいよね
そうかも。屋上とか屋外でするのが好きなの。バレそうで怖い感じが気よくって、彼氏と歩いてるときは、どこかでできる場所ないかって探してたり。渋谷のセンター街歩いてて、「どこかない?」って探してたら「このビルの影は?」「ここ登れるじゃん」ってビルの屋上に上がってそこでしたり。ミニスカ履いて朝の埼京線に乗って、バックで入れたり…すごく興奮して気持ちよかったんだけど、動かしたら声でちゃうから、結局そのままホテルに行って朝から回したり〇勃ってきたよ一最近はセックスしてないの?実は昨日の夜、彼氏が東京に来たから、ホテルに泊まってしたばっかり。あ〜そうですか〇なんか気持ちが冷めてきちやったのかな〜。夜に一回迫られたんだけど、断ってきちやった〇だからすごく寂しい〇新たな男の所へ行くんだね。そういうときどっするの?年下の男友達と遊んだり。
ちよっと草食系な友だちが何人かいて「ど一せオレなんて相手にしてくれないんですよね〜」っていう感じの。そういうのを呼び出すんだ〇都合よく使ってるところあるよね。向こうから連絡してきても「この電話取ったら、付き合うとかそういう話になるな〜」ってわかるときない?そういうときは無視してる。ちなみに性感帯は?基本的に敏感だから、どこ触られてもゾワってきちやう。だから触られたら余裕なくなって困る。ちょっいでみようか。おっ…巨乳だね〜こういうのって恥ずかしいね〇ほうほう〇ええ乳首や〇今年は巨乳の当たり年だねえ。ちょっと味見してみていい?ふむふむ。かわいい乳首さんでちゅね〜。一番感じるのはどこ?やっぱりクリかな。触られるぐにィっちゃう〇昨日袋もィキまくり?それがイケなかったの。彼氏は得意そうに「女の子がイクと汗かくんだよ」とか話してたんだけど〇そりや冷めるね。でもなんていぅか愛人体質っぽいょね〇やっぱりそぅなのかな。

【エロ画像】辱め野外露出バイブ自転車で調教される素人女性大生

1_20200123194457258.jpg2_20200123194459c74.jpg3_20200123194500b3b.jpg4_20200123194502d22.jpg5_20200123194503a47.jpg6_20200123194505157_20200123195912438.jpg
奴隷ちゃんいじめ・バイブ自転車でお買い物|エロ画像
摘発されたはずの奴隷市スタイルが五反田でまた流行の兆し
4df7c771.png
ある風俗店の摘発ニュースが流れた。五反田の中国エステ「M」。女のコがずらっと目の前に並んでくれる指名スタイルの、奴隷市みたいな本番店だ。Mを知って以降、気に入って通っていたのに、店無くなっちゃうんだ…。めっちゃ残念なんだけど!五反田駅前の三井住友銀行裏手、「M」のビル前を久 しぶりに通りかかったところ、入り口に中国人のオバちゃん が立っていた。
「マッサージどうですか?」以前は「M」と書いてあった看板が「R」になっている。
「おにーさん、セックスできるよ」
「いくら?」
「1万円」
システムはMと一緒だ。となると店名を変えて復活したのかも…。
3階の店へ。ドアを開けると、男性スタッフが招き入れてくれた。
「いらっしゃいませ。ご指名はどうしますか?」
スタッフが女のコの写真を差し出してきた。ん?奴隷市はもう止めたのかな?
「本人を見せてもらうことできないの?」
「見ます?」
そうこなくっちゃ!
案内された奥の部屋は以前と全く変わっておらず、パーテーションで区切られた個室が並んでいた。まもなく通路にワンピースや水着姿の女のコがやって来て、目の前にずらっと並ぶ。 人数は6名。12の瞳がこちらをジーッと見つめてきた。みんな若くてかわいいし、なにより私を選んで下さいみたいなこの熱い視線、堪らん!
「気に入ったコを指さしていいですよ」
まさに奴隷市だ。じゃあもう決めた。キミ、真ん中のボインちゃんで!
彼女が近寄ってきた。
「キミが一番かわいいよ!」
「ホントですか? ありがとうございます」
本気で嬉しそうに頭をペコペコさげてくる。楽しいわ、これ。
個室に移動後、代金1万円 を払ってからシャワーを浴び、さっそくプレイへ。本番エステにありがちな形だけのマッサージみたいなまどろっこしい流れはなく、いきなりエロサービスだ。キスもフェラもめっちゃ丁寧!
チンコがいよいよカチカチになると、彼女がカバンからコンドームを取り出し、騎乗位で腰を振り始めた。
素晴らしい。こりゃあまた通っちゃいそうだな。
というわけで数日後、再び五反田へやってきた。腹ごしらえをしようとジョナサンに向かったところ、近くのビルの前に中国人オバチャンが立っている。
「おにーさん、マッサージは?」
1万円で最後までできるらしい。看板には「Y」と書いている。
「若いコいるよ」
「ほんとに?」
「ほんとだよ、おにーさん。女のコ見れるよ」
見れるの?それは聞き捨てなりませんな。
2階の店へ。中に入ってさっそく受付スタッフに声をかける。
「すみません、女のコを見せてもらいたくて」
「いいですよ」
「本人を見たいんだけどいいかな?」
「どうぞ」
ドアの向こうには「R」と同じようなパーテーションで区切られた個室が。そして通路には、若い女の子5人が奴隷市スタイルで並んでいるではないか!
「こりゃあ悩むなあ」
「おにーさん、どの子にしますか?」
「うーん、そのショートカットのコとかはかなりタイプかな。でもその隣のコもいいんだよね」
ショートカットのコがウィンクを、もう一方はぺこりとお辞儀をしてきた。2人とも必死ですな。
コースもいろいろ揃っている
と、スタッフが料金表を差し出してきた。
「じゃあオニーさん、Wコースにして、2人選べばいいよ」
「そんなことできるんだ!」
2人を指をさした瞬間、場 の空気はコンテストのダブル 受賞みたいな雰囲気になった。選ばれなかった連中が悔しそ うに引き揚げていき、2人が 互いに肩をポンポンたたき合 って喜んでいる。何だかちょ っと目もウルんでいるし。
いやはや、五反田では奴隷市スタイルが流行ってるのかな。こりゃあ、マジでしょっちゅう来ちゃいそうだ。

【エロマンガ】罵倒系ドSのSM女王様のガマン汁言葉責めいじめにマジ惚れ!恋におちたM男

a064_2019080123190321b.jpga065_20190801231904084.jpga066_20190801231906e3e.jpga067_20190801231907580.jpga068_201908012319098a7.jpga069_20190801231910f9b.jpga070_20190801231912217.jpga071_20190801231913f15.jpga072_20190801231915dee.jpga073_201908012319161be.jpga074_201908012319189cd.jpga075_201908012319195f5.jpga076_20190801231921292.jpga077_20190801231922200.jpga078.jpga079.jpga080.jpga081.jpg
初めて見る顔じゃないか今日はどうして欲しいんだい。
お会いしたかったです、女王様。
私をいじめてください。
ふーんじゃあ望みどおりにしてやるよ。誰が感じていいって言った。
お許しください女王様。
オレはこの店に週2ペースで通うようになった。
あのオッサンのようにビデオ撮影のオプションもつけて。
罵倒系ドS風俗嬢と痴女系声優風俗嬢の言葉責めプレイを堪能する
飲み会の席などで女のコに「SとMどっち?」と聞かれれば、いつもささやくように「ドMです」と答える俺は、M性感系のフーゾクにしばしば出没する。といってもムチやロウソクなど、肉体的な痛みは好まない。
大好物なのはなんといっても言葉責めだ。女の子に辱めを受けながら、スケべな言葉で差恥心をかきたてられるのがタマらんのです。東京に日本一の言葉責めテクを持つ2人の風俗嬢がいるという。といっても全国大会が開催されたわけじゃない。
選定人は、風俗ライターやSMマニアなど、業界に精通してらっしゃる方々だ。記者が選ぶ沢村賞のようなものと考えてもらえればいい。
Aちゃん(23才。在籍)Bちゃん(21才。在籍)
都内オナクラ
都内痴女性感
なぜ日本一が2人も?そう、彼女らはそれぞれ、「罵倒系」と「痴女系」のトップなのである。どこがどう違うのかは追い追いわかっていただけるだろう。ことば責めは、皆さんが思う以上に奥が深い。ことば選びのセンス、心理観測、演技カ、豊富なボキャブラリー等、あらゆる要素が絡み合ってはじめて、上質のプレイが実現するのだ。果たして日本一の実カとはいかなるレベルなのか。どうか、この変態ブタ野郎をヒーヒー言わせておくれー
彼女が在籍するのはオナクラだ。客が自分のオナニーを女のコに観察してもらうのが基本プレイで、手コキや足コキなどは有料オプションとなっている。Aちゃんの人気はソートー高く、当日予約の受付が始まる昼12時ピッタリに電話しないと、すぐに埋まってしまうらしい。店員は言い切る
「彼女のことば責めはヤバイですよ。はじめてのお客さんにはオススメしないくらいですから。半泣きされた方もいらつしゃいます」
厳しい予約競争をどうにか制し、レンタルルームで待っこと5分、Aちゃんが現われた。スラッとしたモデル体型フランス人形のようなつぶらな瞳。街で会えば必ず振り返ってしまうほどの美人だ。上着を脱ぎながらAちゃんがニッコリ笑う。
「じゃ、始めましょうか。パンツ以外は脱いでくださいね」オナクラでは女のコは服を一切脱がない。裸になるのは客だけだ。俺だけがパンツー丁になり、プレイは始まった。今回は、オナ見せ十手コキ足コキのオプションをつけている。
(ヤンキーのように、首を斜め45度に傾けながら呪みつけ)
「うわ、熱っつう。オマエもうチンポに熱もってるじゃん。パンツの中もギンギンに勃ってるし。最後にオナニーしたのいつだょ。今朝あ?そん5でもうヌキに来たのかょ。恥ずかしいー」(パンツに手を入れる)「中もアツアツじゃん。なに興奮してんだよ。あ、いま中身ちらつと見えたぞ。うわ真っ黒お5。オマエこんなキタねえもん、金払って見せに来たのかよ。かわいそうなヤツだねえー」
導入からパワー全開。すごすぎる。感動と恐怖で泣きそうになっちまった。
ややつり上がった右の口角が、本気で怒られているみたいでウレシー
(パンツを脱ぐよう命じ)
「いつもどうやつてオナニーしてんだょ。やって見せろ。……うわーキモイキモイ。オマエ、チンポの皮で亀頭こすってんのかょ。ナニこの無駄な皮ー。オマェ包茎じゃん。オナニーし過ぎて伸びきってんじゃねえの?」(下からのぞき込むように)
「なにー?恥ずかしいんだ?あ?なに勝手に気持ちいい顔になってんだょ?恥ずかしいんじゃねえのかょ?」(筆者、「気持ちいいです」)
「はあっP見られて気持ちいい?あり得ないんだけど。マジ変態じゃん。うわっ、先っぽからキタねえ汁が出てきてるし。触ってほしい?じゃあ、お願いしろよ。キタねえ僕のチンポ触ってくださいって」(筆者、「触ってください」)
「なんかヌルヌルなんだけど。ガマン汁出っぱなしってどういうことだよ。ほらまた出してる。勝手にー許可なくーキタねえーーきゃはは」(この辺リかり、会話の合間にタレント「YOu」に似た、意地悪い笑い声が入りはじめる)
「このドMう、ヘンタあイ。キモイからニタニタすんじゃねえよ。きゃははは。チンポ、また固くなってんじゃん」(竿の部分に強めの往復ビンタをかましながら)
「お、なんだこれ。なんでチンポが固くなってんだっつうの。きゃははは。うれしいんだ?よがってんじゃねえよー」
うなぎのぼりに上がっていくボルテージ。前半戦でこのレベルだなんて、最後にはいったい何が待ってるんだろう。どんな仕打ちを受けるのだろう。ああ、わくわくが止まらない。
(陰茎をつまみ)「お次はチンポカウンセリングしちゃおっかなあ。オマエの悩みはなんだ?なるほど包茎か。コンドームの先っちょみたいな形してるもんな。ダッセエ。ニオイも喚いでみよっかな。…げふおっ」(リアルにえづく)
「クッセーー何だこの魚の腐ったみたいなニオイはー今朝のオナニーでキッタねえ精子、そのままにしたんだな。きゃはははー最っ低え。若い女にこんなくせえチンポ握られて」(口ーションを股間と乳首に塗りたくっての一責め)
「これ好きなんだろ。ふふ、カワイー。ほら見て。乳首コチョコチョされて勃ってるよー?アンとか声だしてんじゃねえよー
乳首で悶えるってどんだけ安上がりなんだよおいー」(顔に唾を吐きかけ)
「でも気持ちいいんでしょ?恥ずかしいよねえ。大のオトナが女のコに乳首いじられて感じてるなんてね。バカだろオマエ。なあ、カチカチ包茎のド変態野郎。さーてどうしよう。きゃははは。もっともっといじめてやろうかな」
何なんだろうか、この温冷水マッサージのような責め苦は。心の休まるヒマがない。力チカチ包茎だって、やばい。萌える。萌えすぎる。あーはやく続きをやってえ(乳首責めはそのまま、から足コキに変わり)手コキ「ちょっとローションを足そうねえ。ほらほらチンポが勃起しすぎて亀頭が充血してるよお。ザリガニみたいな色だねえ。なあザリガニ野郎。油断してっとほら、お仕置きだよー・」(足でグッと股間を押しこみ)
「なーにビビつてんの。金タマ潰しちゃおっかな。ごめんなさいじゃねえんだよ、こんなに勃起して。ほらーほらー」(蹴りのような足コキ)
「きゃははは。キモイ顔すんなょ。頭おかしいんじゃねえの?…あ、そうだ。かわいい顔してちょっとオナニーしてみて。ほらほら、乳首も自分で触って」(筆者、言われたとおリ乳首をさすり)
「きゃははは、チ・ク・ビ野郎お。なにやってもオマェ結局キモイんだけど」(個室の外で、他の客かスタッフらしき足音が聞こえて)
「さっきからあんあんあん声だして、オマェ女じゃん。ケツの穴もひくひくしてるしcけどーすんだよ、こんなに感じてよおー」(さらに声が大きくなリ)
「みんな笑ってんぞ。ここ出るとき恥ずかしいなあ。あいつ女の前でオナニーしてたんだって思われるぞ。うれしいだろ。ほらほら、また腐れチンポ固くなってきたぞ。チンポ汁出てきたぞ。みなさん僕はおもらし野郎の変態男ですっていえよー」(筆者、思わず「イク」発言)
「イクじゃねーんだよ。イキますって連呼しながらイケよ。オマエの薄汚い包茎チンポからザーメン出るの見ててやっから。鳴けよほら、鳴け鳴けー」(筆者、射精)
いやあ凄かった。半泣きになっちまったょ。怖くて、トっれしくて。この手のフーゾクでは、プレイとプレイの谷間(ローションを用意する、体のポジションを変えるなど)に、女のコがうっかり素の状態に戻り、客をシラけさせるケースが非常に多いのだが、彼女に限っては完壁だった。ともすれば演技過剰になりがちな振る舞いも実に自然。俺も我に返ることなくプレイに集中できた。
が、なんといっても秀逸なのは、第四段階で見せた「他の客やスタッフをプレイの小道具に使う」だろう。本来なら客と女のコの関係のみで成立するプレイに、第三者を巻き込む斬新さ。彼女が個室の外に漏れ出すほどの大声を上げたとき、俺は真の差恥を堪能できた。よっ、日本一!
もうひとりの横綱、Bちゃんが在籍するM性感デリヘルには、系列店が5店舗ある。すべて同じような種類なのだが、女を指名する祭、スタッフがポロッと漏らしたセリフが実にふるっていた。
「うちには系列6店舗に女のコが130人以上いますが、言葉責めに関してはグループの中でもナンバ11ですね。とにかく根っからのスケべなんです」日本一と目されている
なんだからグループで一番は当たり前だけど、スタッフからあらためて自信満々にプッシュされると、説得力が増す。ラブホへ入ってまもなく、ピンポーンとチャイムの音が。開いたドアの向こうには、スザンヌを少しだけ崩した感じの女のコが立っていた。Bちゃんだ。
「今日は寒いね。背中にいっぱいカイロ貼ってきたぞお」整った顔立ちから想像もできない、アニメ声が飛び出す。なんだか、たまちゃん(アニメ『ちびまる子ちゃん』に登場するメガネっ娘)みたい。Bちゃんがさっそくひざまずいて股間に顔を埋めた。まさか
(陰部にぺロぺロ舌をはわせ)
「おにいちゃんのおちんぽ、ちょっとシッコの味がするぞ。おいしいー。ねえ見て見て。Bのお口の中でだんだん大きくなってきたぞお。ほらあ。妹にフエラちゃんしてもらってどんな気分?」(筆者、「変な気分」)
「ふうん、変な気分なんだあ?妹のフェラちゃんでこーんなにおちんぽ固くなっちゃったからあ?悪いおにいちゃんだねー」
予想を裏切るスタートに、ひどく面食らった。言葉責めーn妹プレイ。いったい何事だ?しかし、意外と悪くない。ていうか、だんだん自分が妖しい気分になっていくのがわかる。
スタート時はアニメ声だったのに…の肌門に舌をはわせ)
「おにいちゃん今何されてるのお。自分の口で言ってみて」
(筆者、「アナルを紙められてる」と回答)
「…そうだぞ、おにいちゃんの汚ーいアナルをぺロぺロしてるんだぞお。うふふ、恥ずかしいのお?でもおちんぽはカチカチだぞお」(ボディソープをつけた手で筆者の亀頭をこすり)
「これ感じるの?おちんぽが熱いぞ。ドクドク脈うってるぞ。もっとエッチな顔してみて。おにいちゃん、女のコみたいでかわいいぞお」(互いに体を洗い終えたところで、声色を宝塚歌劇団の娘役のようにガラッと変え)
「乳首好きでしょ?どうされたいの?摘もうか?それとも優しくいじろうか?コリコリになってきたよお。ねえ、女におもちゃにされて、どんな気分?どうしたのドMくん。吐息がもれてるよお」
吐息どころではない。ぶったまげた。どうやら2つのまった
く違う声を使い分けることができるようだ。しかも声を変えたことでキャラも別物になっているoネットリとした口調。いやらしい目つき。さきほどの「妹」とはまるで別人っす。どうなってんの?
(ベッド上の筆者の対面に腰を下ろし)
「そこからオマンコ丸見えでしょ?オマンコをおかずにオナニーして見せて」(筆者、従う)「そうやってゆっくりシゴくのが好きなんだ?ああ、興奮してるのおー?私のかわいいマンコをのぞき込んで」(顔をマジマジと見つめ)
「やだあ、すっごくスケべな目してるう。触りたいんでしょオマンコ。ダメよ、見るだけだから。ほらもっとシコって。気持ちいいんでしょ?もっと感じて」
(ゆつくりと両足を開きながら)「イヤらしい顔見てたら私も感じてきちゃったあ。
「ほら、ビショビショよ、一緒にオナ見たい?」
すごく濡れてるでしょ。ほらオマンコ。
興奮してるのお?さっきよりオチンポ、大きくなってるわよ」(ガマン汁を発見して)
「ドMくんも濡れてるじゃない。糸引いちゃって。そのイヤらしい汁、紙めてみて」(筆者、むさぼるように指についたガマン汁を紙める)
「うふふ、ヤダー。本当に紙めちゃったあ」(自分の指を差し出して)
「今度は私のお汁も紙めて。イシイ?そうイイ子ね。ご褒美あげるう」
(手コキ開始。しばらくして筆者が「出ます。イキそう」)「だめえだめえ」
はやくいっぱい精子を出したい。でも、まだ出したくない。ツボを心得ております。
(再び手コキを始める)
「あらあら、亀頭が真っ赤っかだよお。イキそうなんでしょ?ミルク出したいんでしょ?」(筆者、激しく同意)「まだよ。まだ出しちゃいけないの。あと5回ガマンしてみて。そしたら私のお口にいっぱい出していいから。それまでおもらししちゃダメよ。わかった?」
(発射寸前になったところでストップをきつきり5回繰り返し)
「よく我慢したわねえ。約束どおりたっぷり褒美してあげるね」
(筆者の陰部を唖えたまま、ベッドの反発を利用して、体全体をボールのようにバウンドさせる)
まず触れるべきは、類まれなBちゃんの声だろう。実は彼女、2年前まで声優の専門学
に通っていたらしい。一時期は本気でプロを目指していたそうだ。
必要以上な演出や演技はかえって客をシラけさせる。だが、アニメ声や宝塚チックな声は、すでに世間に認知されているためか、そういうものとして違和感なく受け入れることができた。ことばを換えれば、極端にデフォルメされた声だからこそ、凡庸な内容のセリフでも魅力的なものに高められたともいえる。「妹」や「宝塚女優」との疑似プレイを楽しむ要素もあったし。これまたさすが日本一、といっていいのではないだろうか。

奴隷ちゃんいじめ・バイブ自転車でお買い物|エロ画像

1_20200116120239573.jpg2_20200116120240a95.jpg
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます