エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます。

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

記事一覧

  • LINE調教プレイの方法・メール調教が楽しい理由・調教相手の見つけ方
    2021年05月09日セフレの作り方

    ラインで命令されて喜ぶ変態ちゃんエッチな行為をさせて動画をとるLINE調教されオナニーする人妻遠隔操作できるバイブで調教もLINE調教の魅力の文字が基本なので、頭の中で理想像を妄想しながら楽しむことができるところになります。LINEが調教に重宝される理由は、画像が送

    記事を読む

  • 巨大デカクリトリスの女の子は感じやすいのか
    2021年05月09日裏情報

    クンニされるのは好きなんですけど、クリトリスが大きいから恥ずかしいと、女の子本人には悩みかも知れませんが、クリトリスが大きいことを喜ぶ男はたくさんいると思います。感度の女の子を見るととても興奮してしまいますね。 平均サイズは0.5cmほどで巨大なデカクリといわ

    記事を読む

  • 彼女を痴漢される場所に行かせて他の男に触られて興奮する変態プレイ
    2021年05月08日突撃リポート

    エロい男しかいない場所にやってくる女性。そんなところに行けばどうなるか想像つくようなものですが、入っていく女性は本物の痴女か、彼氏の命令で他の男に触られる変態プレイをしているかのどっちかです。こちらはピンク映画上映中の男の中に美女が突入。ますでオオカミの

    記事を読む

  • セックスするだけの都合のいい女の探し方と特徴
    2021年05月08日セフレの作り方

    都合のいい女=呼べばすぐ来ていつでもセックスできる女でしょうか。そうそう簡単に見つかるものではないですが特徴をおさえておけば探しやすくなります。まずファッションをあわせてくれる女そして整理整頓ができない女やたらと自分から誤ってしまう女ティッシュ配りは受け

    記事を読む

  • パチンコ・パチスロ屋にいる女性は客もスタッフもセックス交渉しやすい説
    2021年05月07日突撃リポート

    パチンコ屋の女性店員は勝ったあとに口説くコーヒーレディも可愛い子が多い昼間からパチンコパチスロを打っている若い女性は風俗嬢かキャバ嬢が多いのかあれはデリヘルで、あっちはセクキャバ、ドル箱を積んでるあの子は本番嬢だな…たぶん。オレの好きな大海物語のシマにも

    記事を読む

  • 会話のかみ合わないぶっ飛んだクレイジーな女とのセックスは大変だったエッチ体験談
    2021年05月06日エッチ体験談

    会話のテンポがあわないテレクラの閉店ラッシュが続いている。特に埼玉県がひどい有様で、この一年ちょっとで4店舗も消滅してしまった。さて、今回の訪問地、川越市のテレクラは、埼玉に残された2店舗のうちのひとつだ(残る1店舗は春日部)。同市は歴史的町並みが保存さ

    記事を読む

  • セックス依存症とはどのような病気なのか!?症状とその日常の内容は
    2021年05月03日突撃リポート

    セックス依存症という病気がある。性行為に対して興常なほど執着し、ソレ無しでは生きていけなくなる、一種の精神疾患だ。「なあんだ。それってまるっきりオレのことじゃん」口さがない方は笑うかもしれないが、セックス依存症は、単なるセックス好きや性豪とは根本的に異な

    記事を読む

  • 男性も女性も気持ち良いシックスナインのやり方・恥ずかしがらせずに69する方法は
    2021年05月02日SEXテクニック

    最新更新日・2021年5月2日 男性が上になる逆69も効果的を追記しました69は恥ずかしいとごねる女性はこう攻略しようシックスナインはおじさんにやられても気持ちよいようで1、どの段階でこの言葉が出てくるかによる。ラブホに入る前だったら「横で一緒に寝るだけだから

    記事を読む

  • 覚醒剤欲しさに売人の性奴隷となった人妻主婦
    2021年05月01日突撃リポート

    かくせい剤は違法薬物、社会の害悪だ。ひとたびハマれば、たちどころに人生の破滅良識のある人間なら誰でも知っている。が、具体的に害悪とは何なのか、どう人生が破滅するのかは、実際にクスリをやったものでなければわからない。そして、それと引き換えに得られる悪魔的な

    記事を読む

  • 汁男優が反撃で女優とセックスしちゃうエロ動画が気持ちいい
    2021年04月30日AV

    汁男優のハーレム動画 汁男優としてAV撮影現場に参加したボク!人気女優4名に惚れられて、撮影中に痴女られまくりハーレム! 総勢30人!汁男優のすべて見せます~驚愕の私生活からAV現場までカメラ初潜入! 汁男部屋に女優を放り込み好き放題ヤリ捨て生ハメ顔射 【VR】成

    記事を読む

LINE調教プレイの方法・メール調教が楽しい理由・調教相手の見つけ方

SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-30-57_No-00

ラインで命令されて喜ぶ変態ちゃん

エッチな行為をさせて動画をとる

LINE調教されオナニーする人妻

遠隔操作できるバイブで調教も

LINE調教の魅力の文字が基本なので、頭の中で理想像を妄想しながら楽しむことができるところになります。
LINEが調教に重宝される理由は、画像が送れて通話もチャットもできるからです。基本はチャットを通して命令を出して行います。メール調教の内容は精神的な羞恥心をいかに与えられるかがポイントになりますね。で命令をやった証拠を画像で報告させるというのが基本の流れです。
タグ

巨大デカクリトリスの女の子は感じやすいのか

SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-31-40_No-00

クンニされるのは好きなんですけど、クリトリスが大きいから恥ずかしいと、女の子本人には悩みかも知れませんが、クリトリスが大きいことを喜ぶ男はたくさんいると思います。
感度の女の子を見るととても興奮してしまいますね。 

平均サイズは0.5cmほどで巨大なデカクリといわれるのでも1.5cmくらい。
普段は皮に覆われていて興奮してくるとチンポのように固く勃起して大きくなります。そしてクリが大きいと出ている表面積が大きいのでクリイキしやすいといわれています。
男がSでクリトリスを引っ張ったり強く吸ったり吸引機で吸うようなプレイはクリトリスが肥大する原因になるかもしれません。
カテゴリ
タグ

彼女を痴漢される場所に行かせて他の男に触られて興奮する変態プレイ

エロい男しかいない場所にやってくる女性。
そんなところに行けばどうなるか想像つくようなものですが、入っていく女性は本物の痴女か、彼氏の命令で他の男に触られる変態プレイをしているかのどっちかです。

SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-31-56_No-00

こちらはピンク映画上映中の男の中に美女が突入。
ますでオオカミの群れの中に仔羊が入っていくようなもんですが・・・

そんなところに行けばオマンコ開いて見られていろんな男にクリや膣を触られてお尻を鷲掴みにされて感じて濡れてしまう・・・と思ったら恐怖の方が勝ったようです。
カテゴリ
タグ

セックスするだけの都合のいい女の探し方と特徴

SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-30-57_No-00

都合のいい女=呼べばすぐ来ていつでもセックスできる女でしょうか。
そうそう簡単に見つかるものではないですが特徴をおさえておけば探しやすくなります。

まずファッションをあわせてくれる女

そして整理整頓ができない女

やたらと自分から誤ってしまう女

ティッシュ配りは受け取る女も良いが配ってる方も狙いめだ

せっかくいい子が見つかったらしっかりとフォローしよう
都合のいい女の特徴
路上ナンパが趣味の人なら、感覚的にわかっていることかもしれないですが、声をかけた女が、すぐに話に乗って来るかどうかというのは、ある程度、見た目だけで判断できてしまうものです。
まず歩調がゆっくりだとかキョロキョロして歩いてるだとか、暇そうな女っていうのは基本ですけど、それらにプラスして、特定の要素が加わった女は、攻め方を間違わないかぎり、最低でも連絡先の交換ができるし、即日セックスも夢じゃないわけです。
その特定要素っていうのが以下の3つです。
・靴が汚い
・カバンの中がグチャグチャ
・スマホの画面が割れたまま
どれも基本的にだらしない女かどうかを判別するものですが、非常に高い精度で鉄板女を見つけ出すことができます。1番めの「汚靴」はパッと見でわかりますが、なかなかそんな子は歩いていないっていうのがネック。お次の、「カバンの中身がグチャグチャ」ですが、バッグのヒモを片方だけ肩にかけて中身が丸見えなうえにグッチャグチャな若い女の子は結構な頻度で見つかります。3番目の、スマホの画面割れたまま女は、待ち合わせスポットや電車の車内を見ていればすぐに見つけ出すことができる。どれも軽いノリで声をかけるだけで、最低でも番号ゲットには進めるはずです。

謝る弱い女も狙い目だ
なにごとにも従ってしまう気の弱い女、断れない女というのはもっとも性奴隷の候補になりやすい。事実、俺が現在抱える性奴隷は全員このような特徴を備えている。では、彼女たちをどこで捕まえてきたのか。答えは路上である。街中やエレベータなど、人ごみの多い場所でわざと女にぶつかるのだ。ただし、俺が仕掛ける相手は不美人の女性のみ。綺麗な容姿の女性にアタックできる男などまずいないだろう。この作人を相手とするから成立するの戦、不美だ。合、女たちの反応わざとぶつかった場はおおむね三種類だ。
1 無視
2 イラつく
3 謝る
俺がターゲットにするのは三番目の謝る女。すぐに近づき、そこからはいわゆるナンパとなる。ナンパといっても尻込みの必要はない。相手は不美人で、しかも先ほどの「非がないのに謝る」ことで、気が弱いことが証明されているのだから。サエない俺も、この方法だと本当に臆せず声かけできているので、みなさんもお試しあれ。もちろんセックスまでこぎつければ、この種の女は面白いように従順になる。

やはりフォローは必要だ
ブスはエッチのとき、一切遠慮をしなくていいのが何よりの魅力だと思う。嫌われても恨まれても困らないので、思う存分イジめられるのだ。
といっても、最初からアナルなどハードなプレイをかましてしまうと、その場で文句は言わずとも、せっかく築いた関係が崩れてしまうことがある。
主従関係を長期間キープするには、やはりフォローが必要となる。
以前、出会い系サイトで見つけたブサイクM女と仲良くなって、トントン拍子でホテルに連れ込んだことがある。
いざプレイしてみると、何でも言うことを聞いてくれるよく出来たオンナで、お決まりの突撃アナルファックで絶叫に近い悲鳴を上げさせた。オンオン声を出して泣き出す姿をみて、2回目以降のエッチは無理だと悟ったが、これで関係を切るのはもったいないと思った。
そこで帰りの車の中で徹底的に優しく接してあげることに。それもこの先本気で付き合っていくつもりだと思わせるぐらいの勢いで。
「さっきはゴメンな。痛かっただろ?」ブスなMっ子なら大抵「大丈夫だよ」
などと答えてくれるが、ここでもう一つ、ダメ押しのフォロー。
「オレにはお前しかいないんだよ。お前がいないとダメなんだ。いきなりで変かもしれないけど、愛してる」
SM系の界隈の人達の間では、M女にハードなプレイをさせた後は、時間をかけてフォローする、というのが基本だと聞いたことがあるが、これが本当に効果があるのだ。
以降もその女と会えば、散々ひどいことをしているのだが、帰り際に優しく声を掛けてやったり、千円程度のちょっとしたアクセサリーを買ってやったりするだけで、オレから離れようとしない。
結局、この手のブサイクM女たちは、最後のフォローさえきっちりやれば何でもさせてくれるのだ。
タグ

パチンコ・パチスロ屋にいる女性は客もスタッフもセックス交渉しやすい説

パチンコ屋の女性店員は勝ったあとに口説く
コーヒーレディも可愛い子が多い

昼間からパチンコパチスロを打っている若い女性は風俗嬢かキャバ嬢が多いのか
SnapCrab_NoName_2023-6-15_9-54-35_No-00

あれはデリヘルで、あっちはセクキャバ、ドル箱を積んでるあの子は本番嬢だな…たぶん。オレの好きな大海物語のシマにもそれっぽい女が一人いる。とりあえず隣の台を確保だ。千円札をつっこみ、打ち始める。
このネエちゃん、茶色い髪にショートパンツと、いかにもな風俗嬢だ。フェラの上手そうな顔してるし。さて、いったいナンと声をかけようか。いきなり「風俗嬢ですか?」はさすがにない。「お店どこ?」もマズイ。

まあ、「回らないね」ぐらいがとっかかりとしてはベストか。オレもよく隣のおっちゃんに言われるし。「回らないね」面倒くさそぅに返事をしてすぐに台を向く女。なんだか気まずい。この空気から、風俗嬢かどうかなんて聞き出す展開にはなれんな。
もし逆の立場だったらどうか。パチンコを打ってる最中に話しかけられれば、勝っていようが負けていようが、正直うざったい。仲良く会話する気になんてとてもなれないだろう。まして自分の恥ずかしい職業を教えるわけがない。

う一む。つ一ことは、泣く泣くあきらめるしかないのか。そろそろ夕方だし、あの子ら、出勤していなくなっちゃうかも。焦る、焦る!まてよ?出勤するってことは店舗か待機所なりに向かうってことだよな?こんなとこに風俗なんてあったかな?あっ、まさかキヤバか?女が乗ったエレベーターは3階で止まった。やっぱキャバじゃん。その可能性があるのを完全に忘れてたょ…。でもこの調子で尾行を続けるより他ない。今回はたまたまキャバだっただけで、繰り返せば風俗にもぶち当たるだろう。

「あ、カスミちゃん、服脱がなくていいよ」「でもシャワー浴びないと…」
「そんなの気にしなくてイイよオレは一人で浴びるからさ」「そうですか…」
納得してくれたところで、まずは服のまま仁王立ちフェラを。あぁ、ほんとにくわえてくれちゃってるよ。パチンコ屋で周りにいたおっさんたちもイイ女だとは気付いてただろうけど、ここまでしてもらったのはオレだけのはず。
この優越感サイコー。途中で上だけ脱がせ、続いて全裸でのシックスナインへ。洗ってないのに石けんの香りがする。そうか、さっきまで他の客に付いてたんだな。みなさんの通うパチ屋にも、しょっちゅう見かける若い女がいるはずだ。尾行してみる価値はあると思う。この遊び、確変引くより脳汁でますよ!
カテゴリ
タグ

会話のかみ合わないぶっ飛んだクレイジーな女とのセックスは大変だったエッチ体験談

会話のテンポがあわない
SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-29-46_No-00

テレクラの閉店ラッシュが続いている。特に埼玉県がひどい有様で、この一年ちょっとで4店舗も消滅してしまった。
さて、今回の訪問地、川越市のテレクラは、埼玉に残された2店舗のうちのひとつだ(残る1店舗は春日部)。
同市は歴史的町並みが保存されていることから『小江戸』を自称しており、駅前に視線を向けると、こざっぱりとした恰好の人たちが目につく。その様子を見る限り、街の治安は悪くなさそうだが、肝心のテレクラの『治安』はどうだろうか。期待など一切せず、出動するとしよう。

「ごねんれいって何ですか?」
入店直後からコールは鳴りっぱなしだった。どうやら埼玉県内のテレクラが激減した影響で、それまで別エリアの店にかけていた女たちが、相当数、こっちに流れてきているらしい。かなり遠方からの電話も多く、なかなか話がまとまらない状況が続いた。
そして入店から3時間、またもコールが。すぐに受話器を取る。
「もしもし、こんにちは」
「…あ、こんにちはー」

オバハン特有の濁りがない、透きとおった声だ。もしかして20代?
「今日はどういう人を探しているんですか?」
「えっと……」
 そこから3秒ほど間が空いて再び声がした。
「会える人です、これから」
「僕も会える人を探してたんです。いまどこですか?」
「えっと………●●駅の近く」

 彼女が口にしたのは越谷からさほど遠くない駅で、十分アポ圏内だ。よしよし。
「そこってホテルとかあります?もしないなら川越まで来てくれるとうれしいんですけど」
「あ〜〜〜、えっと……………はい、そっちに行きます」
先ほどから気になっていたのだが、彼女、会話のテンポが恐ろしく悪い。なんともストレスのたまる話し方だ。

「ちなみに、ご年齢は?」
「え? ごねんれい…………あのう、ごねんれいって何ですか」
 まさか「ご年齢」って単語がわかんないのか? ウソだろ?
「いや、だから、いま何歳なのかなって」
「ああ、27才ですよ」
「ワリキリで大丈夫ですよね?」
「えーっと…はい」
「条件はいくらくらい?」
「えーっと………1万5千円ほしいです」

若干、コミュニケーション能力と脳ミソの具合に不安はあるが、27才というのが本当ならその額でも文句はない。
「じゃあ、会いましょうか」
「はい、会います」
「念のため、電話番号を教えてもらってもいいですかね?」
「えっと………はい、教えます。090…」
「オッケー。じゃあ、いったん切ってこっちの携帯からかけなおすね」
「はい〜」

さっそくメモった番号に発信してみる。しかし聞こえてきたのは無情なアナウンスだった。『おかけになった電話番号は現在使われておりません』イタズラだったようだ。くそ、何なんだよ!
それから5分もしないうちにまたコールが鳴った。
「はい、もしもし」
「あのう、電話まだですか?」
 先ほどの女の声だ。

「さっき話した人だよね? いや、電話したら使われてない番号だったんだけど」
「え〜〜…………そんなこと……ん〜、ないです」
「じゃあ、確認するよ」
 メモった番号をゆっくり読み上げると、もぞもぞとした声が。
「えーっと…………あの、それ、私の番号と違います」
「え、でも俺、最初に番号を聞いたとき、合ってるか確認したよね?」
「あ〜〜……じゃあ……私が言い間違えたんですね」

この女、大丈夫か?パン屋の戦力になり得ているのか?
なんとか正しい番号を交換し終え、30分後、駅前の待ち合わせ場所へ向かうと、白いコートを着たがっちり体型の女がぽつんと立っていた。ゆっくり歩み寄ってみる。
「こんにちは。先ほどお話した方ですよね?」
「あ………はい、そうです」

顔はマスクが邪魔をしてはっきりと確認できない。が、そのパッチリとした大きな目を見る限り、極端なブスではないとわかってひと安心だ。何より、若いってのがいい。ツルツルした白い肌は、たしかに27才のそれだ。
「とりあえず行きますか」
 2人とも土地勘がないので、スマホの地図を頼りにラブホを目指すことに。歩きながら彼女に尋ねてみる。

「今日は仕事お休みだったの?」
「はい、お休みでした」
「何の仕事だっけ?」
「パン屋さんでバイトです。パンが好きなんです。えっと〜〜〜〜おいしいから」
「ちなみにパン屋では何をやってるの? レジ係? それとも製造とか?」
「ん、せいぞうとか? せいぞうとかって何ですか?」

この連載を通してずいぶんクレイジーな女たちを見てきたが、ここまでストレートに低知能なタイプは初めてかも。IQ40レベルか。

「製造ってのはパンを作るってことだよ」
「ああ。えっと〜〜〜〜〜はい、パンも作ります」
 純粋に興味がある。こんな調子で、彼女はパン屋の戦力になり得ているんだろうか。

生理の日になんでわざわざ
ようやくホテルに着いた。部屋に入るなり、IQ40さんがマスクを取り、次いでコート、シャツ、ズボン、そして下着をスルスルとはぎとっていく。入室からわずか30秒でスッポンポンだ。
呆気にとられる俺をよそに、本人は涼しい顔で尻をポリポリとかいている。

「いきなり脱いじゃうんだね」
「え? あ〜〜え〜〜っと、はい。裸が好きなんで」
露わになった素顔は、デブった鳩山由紀夫のようで可愛げがない。ぜい肉がダブついている腹周りも残念な感じで、「もしかしてこの子、おつむはアレだけど、顔はまあまあで体つきもグラマーな感じなのでは?」という期待は早々に打ち砕かれてしまった。
しかし、せっかくイチゴーも払うのだ。そのぶんはきっちり遊んでやらんと。

体をおもむろに引き寄せ、後から両乳をもんでみる。Eカップはあるだろうか。なかなか重量感があり、指先で乳首を弾いていると、腰をくねらせて反応する。
「気持ちいいの?」
「そうじゃなくて、えっと…………くすぐったいです」
「あ、そう。じゃあこれは?」
立ったままの姿勢で、股間に手を伸ばす。濃い目のヘアをかき分け、割れ目に到着した指にヌメリが感じた。おやおや? くすぐったいとか言って、実はすでに感じてるんじゃないの?

「もう濡れてるよ」
「そうですか?」
「うん、びっしょり。ほら、聞こえる?」
アソコの穴に指先を浅く出し入れさせて、ヒワイな音を出してみせる。ヌチャヌチャヌチャ。
「えーっと……聞こえます」
が、そうやってしばらく手マンを続けてみたものの、彼女の反応は薄い。喘ぎ声どころか、吐息すら出さないとは。不感症か?

「とりあえず風呂に入ろうか」
「はい」
ふと、彼女の股間を触っていた手を見て驚いた。げ、血で真っ赤じゃん!
「あのさ、いま生理なの?」
「え? ん〜〜……はい」

アソコがビシャビシャだったのは愛液じゃなく、こいつが原因だったのか。どうせ文句を言っても理解できないんだろうけど、生理の日になんでわざわざワリキリしようとするかな。
「本当にバカ男ですよ!」
言葉のキャッチボールが困難なためつい忘れていたが、IQ40さんの個人的な話をまだほとんど聞いてない。なので、熱い風呂に浸かりながら聞いてみた。

「いま彼氏はいるの?」
「う〜ん………いません。彼氏がいると……え〜っと……どうせ嫌なことばっかりさせられるから」
彼女には一度だけ交際歴があるという。18才のころ、以前のバイト先で知り合った年上男性がその相手なのだが、ずいぶんひどい目にあわされたそうな。
「なんか……えーっと……すぐ叩いてくるんです」
「ああ、DV彼氏だったんだ」
「でぃーぶ…ん?」
 話が止まった。単語の意味がわからなかったようで、怪訝な表情を浮かべている。

「その〜〜〜彼氏は……お酒を飲むんですね。そしたら……すぐ蹴ってくるんです。こうやって!」
 突然、湯船から立ち上がり、元カレのキックをマネする。
「あとは……あ〜〜……こんなのとか!」
今度は振り上げた手でドン!と壁を殴った。よほどイヤな思い出なのだろう。感情の起伏をほとんど見せない彼女が、これほど興奮するなんて。湯船に入りなおした彼女がグイッと顔を近づけてきた。
「あのぉ〜〜」
「はい?」
「ここを……えーっと……見てください。殴られて……え〜……ケガしたんですよ」

指さしたアゴのあたりに、うっすらと傷跡が残っている。
「大変な目にあったんだね」「本当にバカ男ですよ! あいつのせいで男の人が怖くなったし」
不思議なことに、最後の悪口だけはよどみなく言い切るのであった。カネ勘定だけはしっかりしてる風呂を出てすぐにベッドへ。プレイは、仰向けの姿勢でフェラを受けるところから始まった。ふむ、悪くない。
亀頭やカリ周りといったメイン部だけでなく、裏スジやタマ裏、尿道口までしっかりと攻めてくるなかなかのテクニシャンぶりだ。しかし、こんなことで満足していてはいけない。俺は自ら四つん這いの体勢になった。

実はかなり初期の段階から、彼女は頼めば何でもやってくれるNGナシ娘だと睨んでいた。てかこのキャラクターは、必ずその手のタイプだと相場は決まってる。たっぷりとイジメて楽しませてもらおうではないか。

「今度はさ、お尻の穴も舐めてくれるかな?」
「お尻の? ああ……ん〜〜…ちょっと……」
「ちょっと?」
「イヤですね」
「え…」
 マジかよ!
「じゃあ足の指でもいいけど」
「ああ、足の指? まあ……いいですけど〜〜〜」
「いいけど?」
「……う〜〜〜ん……そういうのするなら……えーーっと………あと5千円ください」

フツーに腹が立ってきた。ストレスフルな会話やその他もろもろの不満をいままでジッと耐えてきたのは、この時間を待ち望んでいたからこそなのに。ロクに言葉も知らんくせにカネ勘定だけはIQ90レベルだなんて、トリッキーにもほどがある。

当然ながら追加料金を支払うつもりなど一切ない。ポカンとしている彼女の口にチンコを差し出し、もう一度フェラをさせ、スタンバイが整ったところで正常位でブチ込んだ。
生理初日なのか、グラインドのたびに挿入部から血があふれだし、特有の悪臭が鼻をつく。おえ。
思わずしかめ面をする俺とは対照的に、彼女は徹底してノーリアクションだ。体の骨が折れるくらい激しく腰を突いても、無表情に天井を見つめている。

はあ、これほど張り合いのないセックスがあるだろうか。これじゃダッチワイフとヤってるのと同じだし。いや、前言撤回。生理の悪臭がないぶん、ダッチを相手にする方が100倍マシだわ。マジで。
カテゴリ
タグ

セックス依存症とはどのような病気なのか!?症状とその日常の内容は

SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-30-23_No-00

セックス依存症という病気がある。性行為に対して興常なほど執着し、ソレ無しでは生きていけなくなる、一種の精神疾患だ。

「なあんだ。それってまるっきりオレのことじゃん」

口さがない方は笑うかもしれないが、セックス依存症は、単なるセックス好きや性豪とは根本的に異なる。やっかいなのは、沸き上がった性衝動が満たされないとき、身体に深刻な症状が現れる点だ。


吐き気、目眩、体の震え。重症になれば、思考が停止したり、失神してしまうケースも珍しくない。かといって、思うがままセックスの回数を重ねても事態は悪くなる一方。その先に待っているのは日常生活の破綻と精神の崩壊だ。


今回、自らの体験を語ってくれたのは、高校のころにセックス依存症を発病し、4年前まで異常ともいえる性生活を送っていた26才の女性である。本来、あまりセックス好きじゃないという彼女が、なぜ皮肉ともいえる運命を背負うようになったのか。セックス依存症に取り憑かれて以降、どのような暮らしを営んできたのか。彼女の告白にぜひ耳を傾けてほしい。



いまから8年前、当時、都内の女子校に通う私は、忙しくも楽しい生活を送っていた。
学校が終われば塾で受験勉強にいそしみ、夜は友人と渋谷へ繰り出す毎日。センター街でのナンバ待ちは、それまでに経験したどんな遊びより、私をドキドキさせた。2カ月前に別れた彼氏も、初体験の相手も、みんなキッカケはナンパだ。


ある日の夕方、いつものように行きつけのゲーセンで級友の聡美とダベっていると、2人組の大学生風が馴れ馴れしく近づいてきた。
「さて、どこに行って遊ぼうか」
2人とも、服装はちよいダサのBボーイ。でもノリは悪くないし、何だか笑いのツボも合いそう。よしよし、乗ってやるか。
「じゃあさ、カラオケおごってよ」


店を出てからは、さらに人気のない公園で缶ビールを煽る。う〜、お腹が冷える。さすがにちょっと飲み過ぎたか。

「確か、ここから100メートル先くらいにトイレがあったハズだけど」
「サンキュー」

その公衆便所は無数の大きな桜の木が並ぶ、薄暗い場所にあった。無事用を終え、みんなのところへ戻る。と、突然、目の前に黒い人影が飛び出してきた。

うわっ、ビックリしたぁ。ってか誰?え、ちよ、ちょっとやめてよ!


…いまだに、この先から病院で目覚めるまでのことが思い出せない。医者が言うには、地面に倒されたときの衝撃と精神的ショックが大きく、大半の記憶がトンでしまったようだ。断片的に浮かぶのは、中年らしき男の酒まじりの口臭と土で汚れた白いTシャツ、そして洋服に飛び散った白い精液だけ。


聡美とナンバ2人組の話によれば、異変に気づき、彼らが駆けつけたときにはすでに行為は終わった後。誰も犯行現場は見ていないという。トイレ付近で半裸状態のまま倒れていた私は、救急車に運び込まれるまでずっと肩を振るわせて泣いていたらしい。
懸命な捜査の甲斐もなく、結局、レ〇プ犯が捕まることはなかった。


あまりに意外な衝動が体に湧き起こった
5日後、母親に付き添われ退院した私は、何事もなかったように高校へ通い始める。
学校側の配慮で、事件を知る者は、一部の教師と聡美しかいない。
「加奈子、本当にもう平気なの?もうちょっと休んでた方がいいんじゃない?」
「ありがとう。でももう大丈夫。すっかり元気だよ」


ウソだった。事件以来、私は身も心もポロボロになっている。心にポッカリ穴が開いたように、何をやっても集中できない。かと思えば、何の前触れもなくいきなり感情のタガが外れ、とめどなく涙が溢れてくる。食欲も減り、寝ようにも目を閉じれば、恐ろしい幻覚が襲ってくる。もう我慢の限界だ。
大学病院の神経科で診てもらうと、麓病と診断された。もちろん、原因はレ〇プだ。
治療は、薬を使わず、カウンセリングで行うと医師が言う。


「いま、どんな感じですか?」
「身体がだるいです。あと、微熱がずっと下がりません」
「心理的なショックは時間をかけてゆっくり治してくのが大事なんです。大丈夫、きっとよくなりますよ」
通院し出して3カ月、4カ月と経っても、症状に改善の兆しはなかった。そこでいったん治療を中止し、別の病院を探していた矢先、私の中で、意外な、あまりに意外な衝動がムクムクと頭をもたげ始める。


(セックスしまくりたい)とうとう頭がおかしくなっちゃったんだろうか。あんな事件に遭ったのにどうしてセックスのことを?なぜ今なの?私のセックス依存症のスタートだった。
これはずっと後になって知ったのだが、レ〇プ被害者は、2つの両極端な精神病を発病させるケースが多いらしい。


一つはセックス恐怖症、一つはセックス依存だ。レ〇プされてセックスにハマる

ちおかしな話ではあるけれど、それは不特定多数の男性に身をゆだねることでレ〇プという過去を自分の中で一般化させようとする種の自己防衛らしい。その衝動の強さは、本来の性的欲求より何倍も強いのだと


冬のある日、私はセックス衝動に突き動かされるまま、生まれて初めてテレクラに電話をかけた。男を漁る手段としてテレクラを選んだ理由は、もうとことんおちてみたくなった。

テレクラを選んだ理由は、どうせならもつと堕ちてみたいと思ったからだ。この点、セックス依存症には自傷願望に似た症状も併せ持っているのかもしれない。


『もしもし、こんにちは』
受話器の向こう側、ボソボソと曇った声が聞こえる。
『キミいくつ?』
「18才だよ」
『若いねえ。今日はどんな人探してんの?』
「すぐに会えて、ちょっとお小遣いくれる人。3万くらいだったらうれしいんだけど」
「いいよいいよ、今すぐ行くから待ってて」
歌舞伎町コマ劇前のマックに現れたのはオヤジだった。くたくたのスーツを着てるあたり、外回りをサボって遊んでいたに違いない。
「あ、電話の人?へえ、ホントに若いんだねえ」
自分が援交しようとしてるだなんて、実に不思議な感覚。
それも以前なら話しすらしたくないと思うようなキモオヤジと。ふと目が合い、オヤジがイヤらしく口元を緩める。
「じゃ、行こうか」
「あ、はい」
ホテルに入るや、体中を愛撫され、男を受け入れた。さほどの快感はない。が、それとは別に、私の体は思いがけない反応を示した。男のモノが入った瞬間、頭の中のモヤがスッと消えたのだ。と同時に得も言われぬ安堵感が体に広がる。はぁ〜、晴れ晴れ〜。


こうして私は、性衝動が起きるたび、うつが酷くなるたび、セックスの相手を捜し求めるようになる。高校を卒業するまでの1年間に寝た男の数はざっと30人。それまでの経験人数がたった4人だったのを考えれば、まさに驚異的な数字だ。セックスに対する依存の高さがどれだけのものか、わかっていただけただろうか。


大学受験に失敗すると、あっさり進学をあきらめ、プラスチックを扱う小さな商社にOLとして入社した。これを期に、セックスは控えようとも思っていた。
だが、いざフタを開けてみれば、事態はまったく逆の方向へ進み出す。慣れぬ社会人生活でストレスを感じたのか、セックスへの依存が日に日に激化していったのだ。今までせいぜい週2,3回ぺースだった性衝動が4回、5回と増え、発作のレベルも「セックスがしたい」から「セックスができなければイライラする」と、より強迫性が増した。


就業中に性衝動が起きたときは大変だ。落ち着きがなくなり、仕事が何も手につかな
い。ヤリたい一心で早退しようと考えたことは二度や三度じゃない。
トイレでオナニーすればいいじゃないか。
皆さんは言うかも知れないが、そもそもそセックス依存症は、性行為の営みに安心感を覚えるものであって、快楽を得れば収まるというものでもない。


そういう日は、仕事が終わるまでジッと耐え、テレクラへ走るしかないのだ。何度か飲みに誘われたのがキッカケで5つ上の先輩社員と交際が始まった。セフレのような存在は過去現在何人もいるが、ちゃんとした恋人なんて2年ぶりだ。ところが、


「お前さ、ちょっとおかしいんじゃねえの。何回やれば気が済むんだよ」

男のアパ—卜で半同棲のような生活を続けて2力月。調子に乗って、毎晩体の欲するまま求めていたのがイケなかったらしい。ゴメンなさい…。じやあ、あと一回だけ」

「ざけんな!」

短い交際が終りそれを機に会社も辞職した。いづらくなったからではない。以前からずっと気になっていた職業に就く、いいキッカケなのではと考えただけだ。ソープランド。天職だったらいいな。


セックス依存症を理解するには、そこにアルコール依存症患者の行動を当てはめればわかりやすい。

初めは楽しむために飲んでいたアルコールも、やがてそれが切れると精神的な苦痛を覚えるようになる。症状を和らげるため、またさらに飲酒を繰り返し、最後は自分の意志でコントロールすることさえ不可能に。


セックス依存症の女が、ソープランドで働くということはつまり、アル中が酒を飲みっぱなしになるのと同じ意味。危険極まりない行為といえよう。でもそれは、病気としての自覚がない当時の私には、知りようもない話。都内のお店で働き始めた当初は、やっぱり楽しくて仕方がなかった。
思う存分セックスが出来て、何回おねだりしてもお客さんはイヤな顔一つしない。なんでもっと早く風俗嬢にならなかったんだろうと後悔したほどだ。それでも入店から3カ月が過ぎると、病状は緩やかな上昇力ーブを描き悪化し始める。


2人目の客の相手を終えたその日、個室で雑誌を読みながら待機していると、急に耳鳴りがしだした。視界もグラつき、手のひらは汗でぐっしょり濡れている。
禁断症状だ。過去にも何度か経験はあったものの、それが現れるのは、いつも決まって前回のセックスから相当間隔が空いたときだけ。おかしい。8時間前にやってるのに。
てか、セックス。早くセックスしなきゃ。折よく、指名の客が入った。こらえつつ、彼を個室に通すや、ベッドに押し倒す。


「ああん、待ってたわ。エッチなこと早くしよ」
「うおっ、どうしたの?お風呂のお湯張らなくていいの?」
驚く客にはお構いなく、素早く服を脱がせ、彼のものを口に含む。
ジュル、ジュルル。ヒワイな音とともに、みるみる硬くなっていくのが舌の感触でわかる。この時点で、かなり気分も落ち着いてきた。


「ああ、気持ちいいよ。俺もなめていい?」
「じゃあ、69しよ」
たっぷり互いの股間を唾で湿らせた後でインサート。力強く彼の腰が前後するたび、体がとろけるように弛緩していく。
「あん気持ちいい、あん」
ようやく、私は生きている実感を得たような気がした。セックスしなければ。いつもオチンチンを入れていたい。


2年後、取り巻く状況は、すでにのっぴきならないところまで来ていた。電車に乗っていても、買い物してる最中も、絶えず頭の中で悲鳴のような心の声が聞こえるのだ。そのころには自宅からお店へ通うことさえ辛くなり、途中、何度も休みを挟まなければならない有様。もはや末期症状という他ない。お店から自宅への帰り道、とある大橋のたもとに、小規模な段ボールハウスの集落を見つけたのは、ある秋の晴れた日のことだ。

あんなとこにホームレスが住んでたんだ。休憩をかねてしばし橋の上から彼らの姿をボ—ツと眺める。そのうち、胸に妖しい衝動が走った。

「こんにちは」
よっこらしょと橋を降り、精一杯の笑顔で近づく。 

「いい天気ですね」
「。。。。」
若い娘が怖いのか、それとも単に警戒しているのか。誰に話しかけても返事さえ返ってこない中、ようやく1人のオヤジが、ボロボロのハウスの中から手を振って応えてくれた。


「こんなところで何やってんの、ネーチャン」
「散歩です」
言いながら強引に狭いハウスへ押し入る。臭い。臭過ぎだけど、今はそれどころじゃない。私は恐る恐る、オヤジの股間に手を伸ばした。
「あん?ちょっとあんた何やってんだあ?」
「いいからいいから」
有無も言わせず、ズボンとパンツをはぎ取り、衝撃を受けた。超でかい。凄いじゃん、おじちゃん。半ば犯すようにオヤジの上にまたがり、そのまま騎乗位の体勢に。子宮の奥に当たるよう、グイグイと股間を押しつけた。


「あん、あん、あん」
「ふう、ふう、ネーチャン、気持ちいいな」
仕事の休憩時間に、帰宅途中に。それからというもの、ヒマさえあれば、橋のたもとで餓えた欲望を満たすようになった。
まさかお店のスタッフも、私が裏でこんなことをしているとは、夢にも思っていなかっただろうな。


2カ月後、私は近所の精神科クリニックへ駆け込んだ。日常生活が困難なほどセックス依存症が悪化し、もはやこれはうつの症状ではないとようやく疑いを持ったのだ。
何でこんなになるまで放っておいたんだ。医者は診察を始めるや、呆れ顔だ。現在はクスリの効果で、だいぶ症状は柔らいでいる。もう、見境なく性交渉を求めることはないだろうし、絶対そうなりたくない。セックスに取り葱かれた生活はコリゴリだ。

カテゴリ
タグ

男性も女性も気持ち良いシックスナインのやり方・恥ずかしがらせずに69する方法は

最新更新日・2021年5月2日 男性が上になる逆69も効果的を追記しました

69は恥ずかしいとごねる女性はこう攻略しよう
691
692
201509[71]
back3
back4

シックスナインはおじさんにやられても気持ちよいようで

1、どの段階でこの言葉が出てくるかによる。ラブホに入る前だったら「横で一緒に寝るだけだから」と言えばいい。問題は襲い掛かったときに出てきた場合だ。「そんなの気にしないよ」などと無頓着な男を装っても「でもワタシが気になるから」で終わってしまう。正解は単純明快、「大丈夫大丈夫」で強引に押し通すのみだ。ヤるヤラないではなく、単に「汚いものを見られたくない」程度の壁は、簡単に崩れ落ちるものだ。
2、最大の難敵とも言えるグダである。攻略はかなり厳しい。なので成功率は低いものの、やっておいて損はない対処法を。「そっか、エッチしちゃうと彼氏に悪いから、じゃれるだけにしておこっか」この「じゃれる」の弱い一言が重要で、「イチャイチャ」だと強すぎる。あくまで「じゃれる」を使うように。チチ揉みや手マンは望めないので、髪や耳、脚をなでる程度にとどめておき、女の息が荒くなったところで徐々に核心に迫っていく。これしかないだろう。
こんなのはグダのうちに入らない。素直に電気を消してやればいいだけだ。でもこちらとしてはよく見たい。アソコやヨガリ顔をばっちり見たい。だから挿入中になにも言わずに電気をつければいい。すでに真っ最中なのだから照れ屋女も為す術ナシだ。
寝かせまいとあれこれちょっかいを出すのは時間のムダ。悶々とした気持ちを抑え、いったん眠らせてやろう。翌朝、まだ寝ぼけ眼のときに襲いかかれば、あら不思議、昨夜はあれほど拒んでいたはずなのにスンナリ受け入れてくれる。眠った後はガード力が落ちるのだ。
3、カラオケや漫画喫茶で襲い掛かったときに出てくるグダだ。風呂に入りたい理由を考えれば攻略は難しくない。彼女らはクサイままの股間のニオイを嗅がれたくないのだ。だったらこっちだってそんな野暮なコトはしなければいい。「大丈夫。下は舐めないから」これで充分。クンニはしないからと宣言することで女は安心する。
4、女にとってシックスナインの体勢はものすごく卑猥な姿に思えるらしく、フェラさせながら尻をこちらに向けさせようとしても、なかなかやってくれないものだ。これ、女にケツを向けさせようとするから難しいのであり、フェラからの移行でなく、クンニ体勢から自分のチンコを顔にもっていけば難なくコトは進む。なにごとも発想の転換だ。
服を脱がせてみると股間やらなにやらが匂う女が。
「この人はお風呂でイチャイチャしたいんだ」と思わせるのがポイント。
これからマンコ大開帳するくせに、風呂場でマジマジと裸を見られるのはイヤだとは、女ってのは不思議なものだ。
「先に入りなよ」とうながしても、乱入を怖れてしまうので、まず自分が先に入ってササっと出てきてしまおう。その後、女が安心して浴びてるときにずかずかと入りこめばいい。
「ダメだってば〜」とかなんとか言うだろうが、入ってしまえばこちらのものだ。
プレイ直前、あるいは最中に、カンからがさがさカメラを取り出すわけにはいかない。なのでまずホテルに入ってすぐにカメラの存在を見せておく。「昨日買ったんだ〜」と自分を撮ってもらったり、洋服を着たまま並んでピースで写ったり。カメラはそのまま枕元にでも置いておき、ハメてる途中で「あ、そういえば」とさりげなくシャッターを押そう。

シックスナインクンニでもいかせられずキツキツおまんこに逆にいかされそうに
「暑いク—ラ—効いてないよここ」
ラブホに入るなりギャルっぽく大騒ぎする恵理ちゃん。うーん若いっていいですねえ
あっけらかんとしてて。それじゃ、さっそくおっぱいを見せてもらいましよぅか。
おやおやキレイなものを持つてるじやないの。おっぱいバブに勤めてるって言うから乳首とか伸び切ってるかと思ってたけどマジで美乳ですよこれは。軽く吸っときますか。
声が出ないなあ。乳首はあまり感じないのかな。そんじや次はクンニを…。
「シミケンって変態なの〜?」
「え、どうして」
「前の子(※先月号) のときもシャワ—浴びなかったでしよ」
あらら、君も匂い嫌いですか。しようがないシャワ—しましよう。きれいになったところでクンニ開始。ほ—遊んでるように見えるのに随分なピンク色だねえ。おいしそ一。よ—し、このままシックスナインに持ち込んでやれ。
「どんなの、それ?」「え、知らない?」「したことないし」
フェラやクンニは慣れてても、シックスナインをしたことがないなんて。これはやっておかねば。
「え〜どぅするの?」「お尻をこっちに持ってきて」「こぅ?」「もつとこっちこっち」
なんか違うなあ。お尻が浮きすぎてて舐めにくいよ、恵理ちやん。前戯では感じなくても、挿入すればアエぎ出すことってあるもんな。もぅ入れちやえ入れちやえ。まずは正常位。うわ締まる締まるなんだこのキツさは。油断するとこっちが先にイカされちやうよ。
「気持ちいい?」「う—ん」「いい?」「うん」
感じてないのか恥ずかしがってるのか、これじゃあよくわからない。しまったね。そぅか、この子はやっぱりクリ派なんだ。
「何がイヤなの?」
「言えない…」
「ねえねえ、何がイヤなの」
「やだ' やだ」
コネコネとクリを賁めると、顔がゆがんじゃってカワイイもんです。もっと早く気付いてれば、こってりとクリせめに徹したのに一. シミケン、プロ失格です。

【シックスナインは互いに声を出し側位で耳舐め】
アナルもおまんこも舐めるシックスナイン体験談
ももです。今回は読者の方の奴隷になってきました。
ももさんを人気のない公園で、おもちゃでいやらしくせめてみたりしたいです。
宜しくお願い致します、まずはノーパンで散歩だよ。主人様の命令で脱ぎました(〉・〈)
そのまま竹下通りを散歩。人気のない階段でいきなりスカートをめくられました。
怒られちゃうよ(>!<)恥ずかしくて後ろからお尻も触ってくるし
少し濡れちゃったけど。次は公園に行くよ
散歩してる人がいっぱいいるのに、スカート丸出し
恥ずかしいよ、もうやめて(〉〈)下半身裸でオマンコを見られてろ
そしたらお尻の穴なめてよ
注文がエスカレートしていきます。お尻に顔を近ずけなんか独特の臭い。
じゃ今度はシックスナインだよ
言われるまままたがっておチンコなめてたら、気持ちいいよ一
我慢してたんだけど出してもいい?
そろそろ限界みたいです。手でしてあげたら勢いよく精子が出てきました。

女を失神させるセックステク・膣口と肛門の間の会陰の舌を使った攻め方
1、いつどんなときでも背後から攻めれば女は悦ぶ
セックステクに興味のある人なら、「会陰」という言葉を耳にしたことはあるでしょう。
そう、会陰とは膣口と肛門の間、あるいはその周辺をふくむ部位のことで、男の体でいえば「蟻の門渡り」に相当する場所です。
じつはこの会陰にはチンコやクリトリスと同様に、快感神経のようなものがごっそり集中していて、刺激するとむちゃくちゃ女がよがるため、隠れたA級性感帯とも呼ばれているんです。
なので女を失神させまくりたいならココを攻めない手はないのですが、どうもみなさん、肝心なことを忘れてるみたいでして。
 というのも会陰に集中している快感神経は、チンコやクリのように皮膚の真下に配置されてないんです。それよりもっと下、脂肪や筋肉の奥にあるんですね。だから、会陰を舌で舐めたり、指圧したところで本来のすばらしい快感を得ることはできないと。
ではどうするかというと、電マを使うんです。あの強力なバイブレーションだけが唯一、会陰の奥にある快感神経に届く。たんに会陰の場所だけ知ってても、この知識がなければ意味ないですよ。
会陰のクンニの好きな清楚系美人人妻
幼いお子さんを持つ奥さまにご登場いただこう。フジテレビの椿原アナに似た清楚系美人さんなのに、なんだかエロい雰囲気が出ていらっしゃる。裏モノを読んでるってことは、やはりシモ系の話も豊富なのでしょうか。
「そんなことないですよ。旦那が買ってるのを読ませてもらってる感じで、裏モノに載るような体験
とかはないですし」そうなんだ。でも興味はおありだと思うんですけど…。
「まあなくはないですかね。『セックス特集』はダンナと一緒に実践したりもしました。アハハ」 
ほうほう。具体的になにを実践されたんですか?
「あの、会陰でしたっけ?バックの体勢で、ダンナの合図でお尻の穴の近くを押したら、いつもの倍ぐらい精子が出てびっくりしました。あと布の上からクリを触ってもらったりとか」 
素晴らしいカミングアウトです。でもダンナさんとの話ばっかりだけど、結婚前とかは遊んだりしてなかったのでしょうか。
「いやぁ。これダンナも読むから言いづらいですけど、学生のときはお酒飲んでエッチしちゃったこ
ともけっこうありましたね。うーん」
そんな遠慮しないで、もっと教えてくださいな。
「やっぱりエッチ自体は好きなので、OLとして働きだしてもナンパされたカッコイイ人についていったりしたこともありましたよ。初対面なのに一緒にハプバー行ったりとか…」
初対面でハプバー?聞き捨てならないですな。
「女友達と飲んでるときに声かけられて、ウチらベロベロだったんでほいほいついて行っちゃったんですね。怪しいビルのエレベータに乗って、気づいたらハプバーにいたっていうか」
それで4Pに突入したと。
「いや、それがナンパしてきた人たちとはなぜかしなくて、お店にいた20才ぐらい上のオジサンにベタベタ触られて、それでしちゃいました。女友達も隣でオジサンとエッチしてて、恥ずかしいけど興奮しましたね…」
あるじゃないの、裏モノ体験。ちなみに経験人数は覚えてるだけで9人ほどとのこと。酔っ払っ
てのワンナイトラブはカウントしていません。ところで裏モノではどんな記事が好きなんですか?
「あー、『ドレイ』は好きですね。なんか「この子、今度は何されちゃうんだろう」って勝手にドキドキしてます」
ってことはふみさんもドMだったりして。
「まあそうですね。でも痛いのとか汚いのはイヤで。お尻を叩かれたりするとテンションあがるんで
すけど。股間がジュクジュクするっていうか」
しれっと言ってますが、なかなかのM度ですよ。
「そうですかね。でも、Sっぽいところもあるっていうか。クチで舐めながら、何がなんでもイカせてやるって思って頑張ったあげくに、イキそうになったらもう舐めてあげないとか、そういうのも好きですし」
とにかくエッチを楽しむタイプということですね。人妻さんですけど、読者さんからのメールは大丈夫なんですか?
「とりあえず大丈夫だと思います。最近ダンナが『お前が他の男とヤルのも見てみたいな』って言ってたし。いやいや、冗談ですよ!いきなりそういうのはムリです!」
なるほど。メールで連絡を取り合っておけば、そんな神展開もなくはなさそうです。
カテゴリ
タグ

覚醒剤欲しさに売人の性奴隷となった人妻主婦

SnapCrab_NoName_2023-6-18_6-31-40_No-00

かくせい剤は違法薬物、社会の害悪だ。ひとたびハマれば、たちどころに人生の破滅
良識のある人間なら誰でも知っている。
が、具体的に害悪とは何なのか、どう人生が破滅するのかは、実際にクスリをやったものでなければわからない。
そして、それと引き換えに得られる悪魔的な快楽の凄さも。
坪野昌代仮名。現在、都内で幼い我が子と2人暮らしの彼女は、約10年もの間、覚せい剤の虜となり、破天荒な生活を送り続けてきた女だ。シャブセックス、ヤクザとの交際、地獄の禁断症状密売組織の内実。彼女の体験を通し、覚醒剤の恐怖とその魔力を知つていただきたい。

テキトーに客の話に相づちし、緒に酒を飲む。自分では特別なことをしているつもりはないのになぜかやたらと指名が取れる。ユースケ才もそんな私を気に入ってくれた客の一人だ。時はいつもカジュアルななので、最初、彼が組の若い衆だと知らされたときは驚いた。

が何度かアフターを付き合ううち、女の扱いが上手く男気もある彼に私は惚れてしまった。同棲を始めて力月ほどたったある日、ユースケが普通に言った。

「なあ、たまにはお前も緒にシャブ行かへんこ「ええーっ。私はいいって」

ユースケがポン中なのは付き合った直後からわかっていた。ヤクザにシャブはつきもの。やりたきゃやればいいと、気にも留めていなかった。

私自身は中の夏以来度もやっていない。このころにはアンパンもキッチリ止め、薬物への興味はすでになかった。しかし、結局私はユースケの強引な誘いに負ける。もうわかったわかった。ほな回だけな。「アホ回で済むかい。お前、シャブセックスしたことないやろ。病みつきになんで」
「ふうん、そんなええのん?」

薬効で体中の毛分開くのじながらユースケの顔をのぞき込む。すでに瞳孔がこれでもかと開き切っていた。「そうや。ホレ」
ユースケの手がスヵー卜の中に入った。指がもぞもぞとクリトリスに触れ…なんやコレ!体中に電流が駆け抜けた。「あああんっ。ウソ、メッチャ気持ちいい」

でも、こんなのはまだ序の口だった。裸にされ、体中を舐め回されるたびビクビクといままでのセックスでは経験したことのない快感がわき上がるのだ。気持ちよすぎてワケがわからない。
「な、ええやろ。チンポ入れたらこんなもんちゃうぞ。昌代、入れてほしいか」

「うん、入れて。ユーちゃんの入れて入れて」ビショビショに濡れたアソコに感じる生暖かいユースケの感触。そこへキュッと膣の筋肉が絡みつくや、ドドドッとうねるような快楽の波が押し寄せてくる。「ああ、すすごいすごい。ナニこれ。ああつああつ、イクツ、イクツ、イクツイックう」

処女を捨ててからざっと10年。このとき私は初めて本当の絶頂というものを知つた。
ホンマはしゃぶリとぅてしや一ないんやろそれから、私たちはシャブセックスにドップリとのめり込んでいく。同時に生活は日に日にダラしなくなっていった。クスリが効いている間は飛び上がるほど元気がよくても、ひとたび在庫がなくなり、切れ目になると、猛烈な脱力感とうつ状態に襲われる。何もやる気が起きずとても仕事に行ける状態ではない。

こんなときは、数日間ひたすら寝まくり、クスリを抜くよりないがそれよりもっと簡単な方法がある。言うまでもない。またシャプを打てばいいのだ。あれは、ある夏の暑い昼下がりだったと記憶している。突然、アパー卜にユースケの兄貴分、佐々木が訪ねてきた。

「ユの字、いてるか?」「いえいません」

その日、ユースケは、岡山の知人を訪ねていた。何でもパチンコのゴト用の機材を仕入れにいくとかで、戻りは日後になるらしい。
「ああそういやそんな話してたわ。…ところでどないしたん?えらい顔色が悪いやないか」
「ちよっと体調が悪くて…」
「はーん、いま切れ目なんやな」

図星。確か最後に入れたのは日前だ。体が死ぬほどだるい。

「ワシ、いま持ってるで。お前もいっとくか?」
言うが早いか、取り出した注射器を先に自分の腕に刺す佐々木。ツバをゴクンと鳴らし私はその光景を眺める。ユースケ以外の人間とシャブを食うのは禁じられている。でも、打ちたい。刻も早く、この気だるさから解放されたい。決心し、佐々木から注射器を受け取った。急いでネタを入れる。と、たちどころにスッと体が軽くなる。ああ、気持ちいい。
しかし次の瞬間私はユースケとの約束を破ったことを後悔する。真向かいに座る佐々木のギラギラした視線に、抑えよぅのない性欲がわき起こったのだ。それを悟ったかのよぅに佐々木がゆっくりと近づく。
「昌代、しゃぶれや」
「…いやです。止めてください」
「ホンマはしゃぶりとうてしや一ないんやろ。はよせえや」
「しゃぶりたいんやろ?」
限界だった。
「はい。しゃぶりたいです。ああはよしゃぶらして!」
シャブは女をド淫乱にする。男なら誰でもよくなる。そんなことは昔から耳夕コだったのにどこかで油断していたのだ。アタシだけは大丈夫。絶対そんなゲスなマネはやらないと。
その後、しばらく、ユースケに隠れ、佐々木との関係が続いた。
下手に断ってユースケにバレることを心配してのことだったが、しかしそれも半年が限界だった。もぅアカン。疲れ切った私は方的に人に別れをつげ、逃げるよぅに大阪を飛び出した。
カテゴリ
タグ

汁男優が反撃で女優とセックスしちゃうエロ動画が気持ちいい

  • 投稿 2021年04月30日
  • AV
汁男優のハーレム動画
汁男優としてAV撮影現場に参加したボク!人気女優4名に惚れられて、撮影中に痴女られまくりハーレム! 
総勢30人!汁男優のすべて見せます~驚愕の私生活からAV現場までカメラ初潜入!
 
汁男部屋に女優を放り込み好き放題ヤリ捨て生ハメ顔射
 
【VR】成りあがりAV男優体験VR ただの素人だったアナタが一流のAV男優になるまでの過程で実際に出会った8人のAV女優との8現場を全てドキュメンタリーVR映像化!

寝取りといえば、個人撮影動画を思い浮かべる人が多いだろう。しかし、ごくまれにAVの中でも上質な寝取り動画を見つけることができる。特にこの作品は企画AVの白眉とも言える代物だ。
売れない企画女優の「京本かえで」が、監督兼男優の男と実際に37日間同棲するというドキュメンタリックな内容で、この女優が純粋というか頭が悪いというか、なんとなく抜けてるのだ。監督に好きだといわれれば、頬を赤らめて手料理を振る舞い、キツイことを言われたらワンワンと泣きだす。情緒が不安定でメンヘラ丸出しなのだ。どうせ演技でしょ? と言われればそれまでだが、動画を見てもらえればガチだとわかるはずだ。つーか、これが演技ならアカデミー賞を取れるレベルだ。
そんな、監督に惚れた状態の女優が、最後には突然部屋に入ってきた10名の汁男優たちに犯されて、またもや号泣して動画は終わる。女優の精神を踏みにじる作品なので胸が痛くなるが、不思議とチンコはガチガチに勃起してしまう。
旦那と買い物中に呼び出しトイレでしゃぶらせる
ショッピングモールで旦那と買い物中の奥さんを、望遠レンズで撮影しながら、電話で呼び出す撮影者。適当な理由をつけておびき寄せ、そのままホテルに連れ込むという動画だ。この女のスタイルが抜群なのがいい。細い手足に茶髪の長い髪。ちょっとヤンキーっぽいのが素敵だ。いかにも不埒な女ってニオイがプンプンしてくる。
ハメてる最中には、女に携帯持たせ、旦那にもうすぐ帰るという内容の電話をさせ、最後にはガッツリ生中出しで締める。その後、旦那の元に走っていく女の姿で動画は終わる。この個撮は同じ女でいくつものシリーズがあり、毎回のように買い物やデートの最中に呼び出して、ホテルやトイレでしゃぶらせている。どれもクオリティが高いのでオススメだ。
SnapCrab_NoName_2023-6-15_9-53-32_No-00
カテゴリ
タグ
運営者情報
鉄人社裏モノJAPAN公式ブログ
【社名】株式会社 鉄人社
【本社所在地】〒162-0801 東京都新宿区山吹町332
【メールアドレス】rha452041@gmail.com アットを半角に変更してください
メッセージ

名前
メール
本文
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

  • ライブドアブログ