裏風俗・風俗体験談のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:裏風俗・風俗体験談

  • 2020/04/21裏風俗・風俗体験談

    風俗でよく遊ぶようになってから、ボクは自分の性癖が、だいぶわかってきた。M。それもドMだ。店だと、欲望をさらけ出せるからだろうか。とにかく女の子にイジめられたくてしかたない。そんなボクが今、一番ハマってるのは「逆夜這いプレイ」という風俗だ。ご存じない方でも、いかにもドM向けっぽいことはわかると思う。夜這いをするんじゃなく、される設定でコトを行うというこの風俗、男は女の子よりも先に部屋に入って、襲い...

    記事を読む

  • 2020/04/17裏風俗・風俗体験談

    「芸能人とかアイドルとエロいことしたかったなぁ」バカにしたければしてもかまいません。テレビをつけると、微笑む芸能人。そんなテレビの中の住人と、リアルにエロいことが…したかったんです。そのとき思いついたのです。アィドルは無理だけど、AV嬢だったら…?いつもお世話になっているレンタルショップやネットのAV女優たちなら…エロいことができるじやないか!風俗店によっては、『現役AV嬢在籍!』なんて謳ってる店もあるし...

    記事を読む

  • 2020/04/15裏風俗・風俗体験談

    【概略・全文は上記記事をお読みください】吉原のソープって、とっても高いイメージです。相場は3万円。高いところになると5〜8万円はします。庶民にはとても手が出ません。しかし、じつはここ数年、吉原はだいぶ変わってきているのです。3万円以下の店が急増中で、中には2万円を切る店もあるそう。しかも、日の出からの早朝は、吉原全体の店が1〜2万円ほど値段を下げるサービスを行ってるというから聞き捨てなりません。そ...

    記事を読む

  • 2020/04/14裏風俗・風俗体験談

    バイトで稼いだ金を握りしめて、単身、沖縄へ飛んだ。目的はひとつ。女だ。セックスだ。沖縄県内には「ゲストハウス」と呼ばれる、ビンボー旅行者向けの安宿が数多く点在している。こうしたゲストハウスでは一人旅の男女がひしめき合い、毎晩のように開かれる宴会でたくさんの即席カップルが生まれるのだという。そんな話を聞けば当然、思う。ゲストハウスで一夏を過ごせば、俺にだってオイシイ出来事が巡ってくるのでは。普段はナ...

    記事を読む

  • 2020/04/13裏風俗・風俗体験談

    普通のバイトしてたときに、客で来てた彼氏に声かけられて、それで付き合うようになった。それが1年くらい前やなあ。それでセックスライフの方は?人数とかは?10人くらいかな。半分はデリやってるときにお客さんと直接交渉して「餞別」もらうねん。それで生で入れてくるやつおってな、それは無茶苦茶厶力ついたわ。あと長いのも嫌やなあ—。長い時間やられてると、冷める。演技しようと思ってても、する気なくなるゎ。天然のマグロ...

    記事を読む

  • 2020/04/11裏風俗・風俗体験談

    「よろしくお願いいたします。実は今回でジャスト10年目なんですよ! すごくないですか? フーゾク行きまくって10年ですよ!」「おぉ〜〜! これはお祝いせなあかんなぁ。おめでとう、乾杯!」「まぁ、パァーっと派手な感じでいきたいなぁ!」派手な感じ。フーゾク嬢10人くらい呼んで、11Pするとかいいかもしんない!「経費がかかりすぎやろ? お安くできるヤツを頼むで! 安くて、かつインパクトのあるヤツや!」安いやつ?...

    記事を読む

  • 2020/04/10裏風俗・風俗体験談

    高卒出が、ふと思いつきました。風俗嬢の中にも頭の良い大学のコもいるはず。そういう娘さんは、エロテクの偏差値も髙いのでしようか。もしかしたら、フェラよりも楽ということで、本番も簡単にヤラしてくれる「頭の良さ」を示してくれるんでしようか。いや、そもそもエリ—卜大学の女子大生さて、いつものようにパソコンでお店検索です。高学歴•ヘルス•有名大学などのキーワードで検索してみると… あれ? 全然出ません。イメージだ...

    記事を読む

  • 2020/04/05裏風俗・風俗体験談

    「最近、オレ、SEXY系マッサージにハマってるんだよね〜」なにそれ?「女のコがエロい服でマッサージしてくれるんだよ。店によってサ—ビスはまちまちだけど、オイルからパウダ—マッサ—ジもあって、かなり本格的なんだよね」ふ—ん。で、ヌキはあるのかしら。「体を密着させてきたり、コッチの乳首をさわったり、チンコを直接ナデてきたりなんていうギリギリのはあるんだけどヌキは基本無いんだよ。でも、女のコのレベルは信られない...

    記事を読む

  • 2020/03/30裏風俗・風俗体験談

    ネットや雑誌を見れば、あるわあるわ、さまざまな国のエステがてんこ盛り。《ベトナム式》《エジプト系》《インド式》《中国宮廷式》などなど、もうグチャグチャな状態です。しかし、こういうエステ系には大きな落とし穴が存在します・それは「実際に行ってみたら、ヌキがない本当のエステだった」という深い穴。池袋北口か3分雑居ビルの3階の案内所に到着・スーツ姿の店員が迎えてくれる。「え、ハワイアン王朝式ってのは、どん...

    記事を読む

  • 2020/03/29裏風俗・風俗体験談

    風俗の面接っぽい場面に出くわしたお昼の池袋北口で、「お疲れっすう〜!」と馬鹿デカイ声が聞こえてきた。何ごとかと声の方向を向くと、いました、異様なカップルが。男はワイルドなイケメン。30才くらいだろうか。「エグザイルでバックダンサーやってるよ」なんて言われてもうっかり信じてしまいそうだ。こういうタイプは若い女にモテるんだょ。しかしそいつが連れてる女の顔面は、松井秀喜にうりふたつ。団子鼻十しゃくれで、...

    記事を読む

ドM男、丸見えアイマスクを使って逆夜這い風俗嬢の顔見て楽しむ

107_20200421123231c38.jpgbb050.jpgp107p.jpg風俗でよく遊ぶようになってから、ボクは自分の性癖が、だいぶわかってきた。M。それもドMだ。店だと、欲望をさらけ出せるからだろうか。とにかく女の子にイジめられたくてしかたない。そんなボクが今、一番ハマってるのは
「逆夜這いプレイ」という風俗だ。ご存じない方でも、いかにもドM向けっぽいことはわかると思う。夜這いをするんじゃなく、される設定でコトを行うというこの風俗、男は女の子よりも先に部屋に入って、襲いに来られるのを待つ。その際、アイマスクを付けて待つというのが、この手の店のポイントだ。つまり男は、何も見えないままいたぶられるわけだ。これが興奮するったらもう。
2、3ヵ月前、妙なことがあった。夜這いプレイの最中、何かの拍子でアイマスクがズレたのだ。ほんのちょっとだけなので女の子は気づいてないらしい。そのまま言葉責めプレイを続けていた。
「ほらほら、こんなに大きくしちゃって」
ボクは身もだえつつ、ズレた隙間から何気に女の子の顔を見た。えっ!?ビックリしたのは、ブスだったからとかそういうのではない。相手が目を細め、いかにも眠そうな顔をしてたからだ。客に見られてないからか、女の子は気を抜いてるっぽい。
顔に素直に気持ちが出ていた。あーかったるぅみたいな。
この女実はこんな態度してたんだ…。しかし、ボクはムカつきはしなかった。むしろ、彼女が本音で汚らわしがってることに、余計にゾクゾクした。この気持ち、Mの方ならわかってくれるんじゃないだろうか。
以降、ボクは夜這いプレイのたび、積極的にアイマスクをズラし始めた。でも、相手に気づかれずにヤラかすのはけっこう難しい。そんなある日、ネット通販で「視力矯正アイマスク」という名称のアイテムを見つけた。アイマスクの表面に、針の穴程度の小さな覗き穴があって向こう側がばっちり見えるのだ。これは使えるかも!?さっそく店へ。部屋に入って持参のアイマスクを装着して待ってると、女の子がやってきた。
案の定、相手はアイマスクの変化には気づいてないようだ。ぶっきらぼうな表情で近寄ってきた。うわぁ、そんなにダルそうにしなくてもいいのに。ま、そういう態度こそゾクゾクくるんだけど。彼女が覆いかぶさってきた。
「嫌がってるフリしてるけど、本当は嬉しいんでしょ」
「は、はぃ〜」
ボクがヘンな声をあげると、相手は汚い虫でも見たかのようにギョッとする。ふふふっ。彼女がめんどくさそうに手コキを始めた。首をコキコキしたり生あくびをしたり、一ミリも気持ちは入っていない。ああ、この虫ケラ扱い最高! こちらがなかなかイカないでいると、しかめっ面に。何それ!そんな態度されたらヤバイ。イッちゃう〜。いい遊び方を見つけてしまった。世のM男性のみなさんも、ぜひやって見て下さい。
タグ

自分の好きなAV女優と実際風俗でエッチなプレイができる興奮

192_20200417214718079.jpg193_20200417214719793.jpg194_2020041721472179e.jpg195_20200417214722491.jpg196_20200417214724309.jpg197_202004172147251f7.jpg
「芸能人とかアイドルとエロいことしたかったなぁ」
バカにしたければしてもかまいません。テレビをつけると、微笑む芸能人。そんなテレビの中の住人と、リアルにエロいことが…したかったんです。そのとき思いついたのです。アィドルは無理だけど、AV嬢だったら…?いつもお世話になっているレンタルショップやネットのAV女優たちなら…エロいことができるじやないか!風俗店によっては、『現役AV嬢在籍!』なんて謳ってる店もあるし。
画面の中でしか観れなかったAV嬢に触れて、そのうえエロいことができちやうなんて…。もしかしたら、彼女と仲良くなって、セフレ関係にだってなれるかもしれない!いつ死ぬかわからない、この人生。リアルAV嬢とエロいことして、セフレ関係になれるかどうか…。検証してみなければ!今回もまずは、ネットで『AV嬢•在籍』で検索してみます。な、なんと『AV嬢が在籍する風俗店』的なサィトがあるじやありませんか! もういるわいるわ、単体女優から、企画単体まで100人以上のAV嬢がズラリ。こんな素晴らしいサイトがあったなんて全然知りませんでしたよ。目を皿のようにしつつ吟味していきます。さながらレンタルショップでAVを探すときのような真剣さです。実際にそのAV嬢とプレイができちゃうのだ。祈るような気持ちで店に電話してみると、
「Nちゃん( 店での名前) なら、本日夕方の7 時に出勤です」
来ました——エロいことできちゃいます!もうティンコガッチガチです!彼女とプレィできたら、東京にいつ大地震が来てもいいよ—.
AVと違って口内発射はNG
身長はちっちゃく、アニメ声で萌え萌えキャラ。体は細いのに、オツパイはしっかりあって、若干大きめでぷっくりとした乳輪がエロい!「お兄ちやあ〜ん」と妹キャラ全開のMちゃんに思わずティンコに手が伸びる。い、いかんここで出してしまってはイカン!しっかし、彼女の他の出演作をチェックしてみると、妹系のキュートなのに、27人のオッサンに中出しされたり、21人のオッサンに精液ぶっかけられたりしています。超ハ—ドじゃないですか「ザーメンいっぱいかけてぇ」と淫乱にもだえまくってるじゃないですか。さらに『Mがもしフードルだったら』なんていう、風俗嬢になっちゃったりする作品にも出演していて、何だかテンションがあがりますなぁ。実際フードルでもあるけど。そんなこんなで数時間のイメトレをしたところで池袋に移動。駅から徒歩5分の案内所に到着しました。「すいません、うちは口内が基本プレイではないんですよ」
顔の長い店員が言ぅ。マジで?ちよっと高すぎるんじゃない? だって合わせたら2万4千円、しかもプラスホテル代ですよ? 意味わかんないんですけど…。
「申し訳ございません。それとですね、Nちゃんは『口内発射』がNGとなっていますので…」
ええええええええそんなバカな? ?だってMちゃんはDVDの中じゃ、顔射も中出しもOKなんだよ?ザーメン大好きなんだよ?どうなってるの?
「経験は4人」ってよくそんな嘘がつける
結局、口内発射オプションは付けられず、2 万1千円を支払い、案内所から数分のホテルに入る。
ベッドに腰掛け心を落ち着かせる。いったいどぅいぅことだ?Mちゃんとは別人か?いや、もしかしたら、彼女はAV嬢であることを隠しているのかもしれない。そういぇば、AV嬢在籍店の検索サイトには、しっかりと名前が書かれていたけど、店のサイトには、どこにも表記がなかった。AVと風俗をしっかりと分けているということなのではないでしょうか?AVでは顔射も中出しもガンガンやるけれど、本当はロ内発射すらもイヤなのかもしれません。誰も自分を知らないところで«ひっそり普通の風俗嬢» をやってる、ピユアな(?) コなのかも。ってことは、いたずらに「AV出てるょね?」なんて言ったら、傷付いてしまうかもしれない。ここは、出てることは知らないフリして、むしろ普通にプレイするのが正解かも。そっちの方が、心通うプレイができて、セフレへの道だって開けるかもしれない。自分の行く道筋が見ぇたと同時に、扉をノックする音が。ゆっくりカギを回転させ、扉を開きます。Mちゃんが立っていました「こんにちは〜。待ちましたあ〜?」DVDと同じアニメ声!
来た瞬間、妹キャラ全開です!光の速さで服を脱いでシャワ—に入ると、DVDと同じ、ぷつくりとした乳輪が!やばい!感動です!「Nちゃんは、風俗長いの?」「ん、1年くらいかな〜」「エッチは好き?今まで何人くらいとセックスした?」「エッチは好きだけど〜、あんま経験ないよ〜。4 人くらい(ニッコリ) 」
確か27人のオッサンに挿れかわり勃ちかわり中出しされてたよね?やっぱり自分がAV嬢ってことを
隠したいのね。それにしても、普通にニッコリ笑って、ペレっと嘘をつけるなんて女って怖いなぁ。シャワ—を先に出て、ベッドで待っていると、制服姿になったDVDで何度も観た、薄く焼けた肌に白いワイシヤツ。スカートから伸びる細い足。ヤバいかわいいです!ピュアじゃなくてもイイベッドの上に立ってもらい、スカー卜の中に顔を突っ込みます。薄暗いスカー卜の中に、白いヒモパンがぼぅっと浮かび上がる。鼻先をムアンコあたりに近づけてにおいを嗅ぐと…ぷんわりイイ匂いが
「あの〜、パンツが汚れちゃぅんでぇ〜、脱いじゃってもイイ?」
「ね、それよりもNにおちんちん舐めさせて〜」
パンツ越しにもっと楽しみたいんだけど…「おちんちん舐めさせて」なんていう、リアルAVなセリ
フに胸が高鳴ります。スカー卜から顔を出し、ベッドに横になる。ああ、ボクは今から、あのMちゃんにフェラされるんだあパク。ロロロロロロオロ……。なんとMちゃん、信じられないほどの高速フェラ。それって、『高速のほうが気持ちいいんでしょ? 』と勘違いしている素人女の代名詞ですよ! いきなりやっても全然気持ち良くないんですけど。唾液でビッチャビチャにしながらも全然気持ちよくないフェラに業を煮やして攻守交替。まずはキス、と思ったら、彼女、ロをちょっぴりしか開けません。舌を入れようとすると、軽く体を硬めつつ、眉間にしわを寄せてます。な、なんだそれ?キスもNGなの?「ごめんねぇ〜、あんまりディ—プ、苦手なんだぁ〜」
なんだか、最初は萌えたアニメ声がどんどん心がこもってないように聞こえてきます。ていうか、コ
イツ『顔がカワイイからって、調子に乗ってる風俗嬢』の典型じゃん—.
結局、最後は素股をしようとしたら「アソコにこすりつけないで〜、妊娠とか怖いんでぇ〜」と、手でしっかりガ—ド。素股という名の手コキでフィニッシュ。あまりのムカつきに、彼女が部屋から出て行くときに「AV出てるよね?」と聞いてやったところ、「知らな〜い」と言いながら、扉を思いっきりバタンと閉めて出て行きましたとさ。死ねばいいのに。
1週間待つ価値はますよ
なんだか、全然楽しくありませんでした。それもこれも、「AV嬢ということを隠している」女のコ
を選んでしまったのが敗因なのでは?もし、AV嬢だということを明らかにしてるコであれば、プラ
イドも、人気のこともあるから、手を抜いたプレイはしないはずです。
それと、早くから「自分は、あなたのファンなんです!」と宣言した方がいいのではないでしょうか?自分のファンと言われて悪い気はしないハズ。再び、『AV嬢在籍検索サイト』良さげなコを見つけました。「かなり人気の女のコでして1週間待ちになるんですよ。でも、待つ価値は確実にありますよ!」そこまで言うなら待とうじゃないですか。
それなのに超ハ—ドなMプレイの連続です。中出し、異物挿入に逆さ吊り。そして当時の彼女は赤ちゃんがいたらしく、なんと母乳プレイまで. こりやあ本物のドMですよ。ここまでスゴい«プロ» と勝負できるのかしら?とりあえずオナ禁して、体調だけは万全にしておかなければ。
当日。高鳴る股間をたずさえて錦糸町に到着。受付で80分2万2千円。指名料2 千円を支払う。さあ、いよいよプロの« ドM 嬢» との対戦だ。武器は少しでもあったほうが有利!無料だというので、手錠にピンクロ—夕—を借りました。店から出てエレベ—ター前で待っていると、スーツ姿のAちゃんが「こんにちは」と、現れました。あれ?DVDの垢抜けないイメージと違って、化粧をしっかりとキメた大人の女性って感じ。男のなすがままにされるような雰囲気じやないんですけど?
部屋に入って、まずは告白から。
「実は…作品かなり観てます!大好きなんです—. 」
「え〜、観ててくれたんですか〜、ありがとうございます。でも、ここ1年は出てないんですよ〜」
そう言ってニッコリ。なかなか好印象ですよ、これは。まずはベッドに座ってAVのお話です。実際ドMなんですか?「作品ではハ—ドなプレイをしていたけど…実際は痛くてイヤだったよ。面接の時に何とかAVの仕事がしたくてハードでもできます! って答えちゃって…いきなりSM系メ—力—で専属が決まっちやって…
「そうなんですね〜。ちなみに、ボクみたいな、AVやってるって知ってるお客さんも来ます?」
「うん。でも、みんなAVと同じようなプレイを求めてくるから大変で。中には、私が出演したDVDを持ってきて、横で流しながらプレイする人もいるくらい( 笑) 。でも、単純に嬉しいですけどね」おフロにお湯がたまったので、バスル—厶へ。恋人っぽくイチャイチャと洗ってもらった後、ベッドに移動します。横たうボクに彼女が言いました。
「最初に、私のプレイは決まりがあるんだけど…絶対にイッちゃダメ。約束ね?」
ま、まさかのルール?フーゾクなのにイッちやダメってコレいかに?
「私、体を拭いてるから、その間、オナニーして見せて?(微笑) 」
オナニ—を躊躇しながら、テインコを甘触りしていると、いきなり手錠で両手の自由を奪われました。あれ?それってボクの武器なんですけど…。それからAAちゃんの怒涛の攻めが始まりました。挨拶代わりのデイ—プキスでねばつく唾液を飲まされまくり、乳首、脇の下、才へソが唾液でベチョベチョ。テインコへの攻めもすごくて、タマを甘喃み、そしてサオを舌の表裏を複雑に絡ませながら、首を左右にぐりんぐりんと回します。まさにトルネードフェラ!ヤバい!イキそう
「ダメ。約束でしよ?」今度はベッドに仰向けに横たわるボクの上に乗り、騎乗位の体勢に。お、素股ですな!しかし、普通の素股のようにティンコに手を添えるわけでなく彼女の両手は、ベッドの上。えぇ?挿れちゃうの??ヌリユヌリユ…ヌリユヌリユ…。なんと、ギリギリの所で入っていませんセーフですセーフ!手を使わずに厶アンコのビラビラを使っての素股。決して挿入せず、ギリギリの位證で動かすテクです。噂には聞いていたけど、実際にこの高等技術の使い手がいるとは。これって挿入より気持ちいいんじやないの?っていうか、もう我慢の限界ぃぃぃぃムアンコの入り口いっぱいに一週間分の精液をぶっかけました。ハアハアと息の荒いボクに「たくさん出たね」と、ニッコリ笑ってキスをしてくれます。厶アンコからぼたぼたと精液が落ち、シ—ツに吸い込まれていきました。
タグ

吉原の激安・格安ソープ店の早朝サービスの女の子の質はどれくらいのレベルなのか

103_20200415091615b8b.jpg0192_20200415090757a03.jpg0193_202004150907591f6.jpg0194_20200415090800aa4.jpg0195_20200415090757696.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
吉原のソープって、とっても高いイメージです。相場は3万円。高いところになると5〜8万円はします。庶民にはとても手が出ません。しかし、じつはここ数年、吉原はだいぶ変わってきているので
す。3万円以下の店が急増中で、中には2万円を切る店もあるそう。しかも、日の出からの早朝は、吉原全体の店が1〜2万円ほど値段を下げるサービスを行ってるというから聞き捨てなりません。そんな値段でティンコをムァンコに入れる例のアレができちゃうなんて、美しい国と呼ばれるだけはありますね。ジャパン。でも、ちよい待ち。いくら早朝値段と言えども、2万近く安くなるなんておか
しくない?単純に「早朝はお客が少ないから、激安にしている」のかもしんないけど、昼に比べてサービスの質が落ちるんじゃないの?その値段でちゃんと、ヘルスとは違うソープの世界を楽しめるのでしょうか?そんなわけで、まずは吉原に詳しい知り合いにいろいろと情報収集したところ、現在の吉原は、大きく3つの価格層に分かれているそうです。
その1朝。短いコース3万弱。長いコース4万〜5万円・昼以降.5〜6万円以上の長いコースのみ・これは、いわゆる《高級ソープ》ですね・昔から、「1回8万円かかる!」と言われていたような店です。NSプレイ(NOスキン=ナマ中出しOK)の女のコも多く、まさにイッッ。ソープランド!
その2朝.短いコースが約2万円。長いコース3万円ちよい。昼以降。短いコースが3万円〜。長いコースは4万円以上・ソープとしては、かなり値段が下がっていてお手ごろです。NSのコも何割か在籍(レベルは並)。
まだ暗く寒い空の下、鴬谷に到着・駅の改札からタクシーで一路、吉原は花園通りへ。……あれ、まだ全然店が開いてない。は、早すぎたかしら?それともまだお正月で、店やってないのかしら?不安になりながら歩いていると、暗闇の中、シャッターを下ろした店の前に、コートを着た職安面の小男(オッサン)が。「お兄さん店探してる?」「あ、まあ…」
「じゃあ、写真見ていくだけでいいから、覗いていって!」
そう言って店の裏口へと入っていく小男についていくと待合室に通された。え、このAって店は開店してるの?
「日の出からじゃないと営業しちゃいけないんだよ・でも、どこもフライングで開けてるよ。日の出が7時くらいで《早朝値段》になってるから」
男が数枚の女の.の写真をテーブルに並べる。おお!なにこのこ広末っぽいじゃん!
「今のお時間は、2万3千円」
「ほうほう、ちなみに昼になるといくらぐらいなの?」
ってことは中級店なわけね。どおりで、客への口のききかたもタメロだと思ったよ。
「じゃあ、この広末っぽいコは昼になると、その値段になっちゃうの?」
「いや〜、彼女、Aちゃんは昼はいないよね・早朝だけだから。でもサービスもいいよ・胸も大きいし。しかも彼女、NSできるよ」
オッパイの大きい広末にナマ中出し?もう、その言葉にヤラれました。中級店は、ここにしちゃいましょう!異常に狭い待合室で待つ・目の前にあった漫画ゴラクを読破したころ声がかかった・よし〜〜、昨年からたまったザー汁を広末に中出ししちゃうぞ〜〜!
「いらっしゃいませ、Aです」嘘だこれは酷すぎるだろう?
なんで正月から人を編すようなことするんだよ、あの小男!
「3階で’す、階段気をつけてね」
ボクの目の前を巨大なケシがゆっさゆっさと揺れながら階段を登っていく。この引きの悪さ・今年占っているようです。1年生き抜く自信がなくなりました。部屋に入り、とりあえず裸にされ、体を洗われる。しかもかなり雑な洗い方です。なんだよ、正月なのに!
「あのさ、やっぱりソープって講習受けたりするの?」
湯船で歯を磨きながら、マットの用意に忙しい肝っ玉母さんに聞いてみる。
「ウチは友達が、この店で働いてたから、そのコに教わった〜」
そのコもかわいそうに。オッパイ、たしかにデ力いけど、腹もデ力いもん。こんな肝っ玉に上に乗られて苦しかったろうに。「じゃあマットに腹ばいに寝て」、ベッドに座ったボクの靴下を脱がすと、なんとそのまま、足の指をパクッ臭いはずの足指を1本1本ねっとりと舐めだした。えぇええ〜〜〜
「そ、それ、講習を受けるの?」
「ううん、喜んでもらえるかなって、自分で考えたの…」
足指を紙めつつ、上目づかいで笑うさとう珠緒。くわぁぁ一瞬で爆発しそうになるくらいの興奮が雲ってきました。思わず、そのままベッドに押し倒せば「ああん!」と小さい声をあげる。
タグ

沖縄のゲストハウスに旅行に来てる女を風俗に・ちょんの間のレベルが高い

p102.jpgp103.jpgbb084.jpg
バイトで稼いだ金を握りしめて、単身、沖縄へ飛んだ。目的はひとつ。女だ。セックスだ。沖縄県内には「ゲストハウス」と呼ばれる、ビンボー旅行者向けの安宿が数多く点在している。こうしたゲストハウスでは一人旅の男女がひしめき合い、毎晩のように開かれる宴会でたくさんの即席カップルが生まれるのだという。そんな話を聞けば当然、思う。ゲストハウスで一夏を過ごせば、俺にだってオイシイ出来事が巡ってくるのでは。普段はナンパなんぞ恐れ多くてとてもできない、地味でパッとしないこの俺にも。
しかし、彼の地で待ち受けていた物語は、想像していたものとはあまりにもかけ離れたものだった。今振り返ってもよくわからない。あの出来事は俺にとって喜ぶべきものなのか、悲しむべきものなのか…。期待に胸を膨らませた俺が背中のバックパックを下ろしたのは、沖縄市にあるゲストハウス「T」だ。かつて沖縄に住んでいた友人からプッシュされた古い安宿である。「あそこはいいよ。長期滞在の女が多いし、宿主が宴会好きで、宿泊客はほぼ強制で参加させられるから」友人の話はマジだった。初日の晩、ゆんたく部屋(宿泊客の共有スペース)で行われた宴会に顔を出してみれば、日に焼けた若い女たちがあちこちに居並んでいる。顔はみなそこそこのレベル。おそらくこの宿で知り合ったのだろうニーチャンたちと、えらく親しげに缶ビールを飲んでいるではないか。俺は内心ほくそ笑んだ。(うは、どいつもこいつもケツ軽そ〜。こりゃマジで期待していいかも)その期待は少しずつ現実のものになっていく。毎晩のバカ騒ぎに参加していると、やがて日中、個人的に遊びにでかける間柄の女友だちができたのだ。それも3人も(沖縄には各自別々にやってきた)。むろん、こんなことは人生初である。
1人は元OL23才。恥ずかしげもなく「沖縄には自分探しのためにきたの」などと言ってのけるイタい女だが、乳がやたらとデカイ。3人のなかでは一応、本命だ。残りの2人も歳は元OLと同じくらいで、ルックス的には彼女より2段分ほど落ちるものの、いかにもスケベそうな雰囲気を醸し出している。元看護師、元塾講師という肩書きも悪くない。この3人と、いやせめてそのうちの1人としめやかに結合できればバンバンザイなのだが…。 滞在5日目の晩、本命のOLを誘い出して、市内の居酒屋に行った。いつまで様子見していてもラチがあかん。今宵が勝負じゃ。2時間ほど飲んで公園のベンチへ。頃合いを見計らっておもむろにキスをしようとする俺の顔を、彼女はサラリとかわした。「ダメだよ、そんなの」「なんで? 好きなんだよ」
半ばマジで言ったセリフに、彼女は困った表情をみせる。
「ゴメンね。私、好きな人がいるの」「え、ウソ?誰?」「Kさん」
聞いた瞬間思った。ああ、やっぱりそうか。例のゲストハウスにはもう何年滞在しているかもわからない、ヌシのような4人組の男たちがいる。どいつもこいつもワイルドかつなかなかの男前で、いかにも女にモテそうな連中だ。Kという男もその1人である。歳は30手前といったところか。くそっ、結局イケメンばっかイイ思いするんじゃん。それから数日後、いつものように宿の宴会に顔を出すと、すでに俺の女友だちが3人揃って飲んでいた。ただし傍らにはKを含む4人のチャラいヌシがどっかりと陣取っている。ひとまず「どうも」と声をかけ、もぞもぞと腰を下ろす俺。
「コザにさ、イイ感じのクラブがあるんだけど明日みんなで行かね?」
チャラ男の1人が口を開くと、元看護師が食いついた。
「えー行く行く。どんな音楽かかってるの?」
「レゲェだよ」それに対し、素っ頓狂な声を上げたのは塾講師だ。
「いいじゃん。めちゃめちゃ楽しそう〜」
目の前でワイワイ盛り上がる男女の輪を、俺はひとり苦々しく眺めていた。全然話についていけねえんだけど。ち、何がクラブだよ。蚊帳の外状態はその後も延々と続き、やがてチャラ男たちが当然のように女たちの手を引き、それぞれの自室へ帰っていった。やけにイチャイチャしながら。ということは、そういうことなんだろう。俺が狙っていた女は、ことごとくヤツらの手に落ちたのだ。浮かれていた自分がバカに思えた。まもなく、予定より大幅に早く宿を引き払った俺は、泣く泣く機上の人となった。話はこれで終わりじゃない。あの屈辱のゲストハウス事件から1年が過ぎたころ、俺は再び沖縄へ向かった。友人と一緒にちょんの間を巡り、精子を垂れ流しまくってやろうという、実に地に足の着いた計画である。訪れたのは、当時、沖縄でナンバーワンと言われたちょんの間街「吉原」だ(元ナンバーワンの「真栄原」は警察の摘発により壊滅)。缶ビールを飲みながら、妖しげなネオン煌めくちょんの間を一軒一軒冷やかす。ほほお、結構レベルが高いですなー。さあて、どいつにしよっかな〜。そうやって目尻を下げて界隈を練り歩いていたところ、まもなく妙な光景が目に飛び込んできた。1軒のちょんの間の玄関口に、見覚えのある女が通りの客にくねくねと媚びを売っていたのだ。間違いない。昨年、ゲストハウスで知り合ったOLちゃんではないか!なんで彼女がこんなところに?驚きはまだ続く。そこから数軒離れた別の小屋で、今度は同じくゲストハウスで知り合った元塾講師が客を取っていたのだ。わけがわからん。しばし迷った挙げ句、俺はOLちゃんのいる小屋に足を踏み入れた。股間はもちろんギンギンである。
「久しぶり。覚えてる?ほら去年Tで知り合った…」
「あー松っちゃん!やだ、遊びに来たの?」
再会を懐かしむような笑顔で、彼女が中へ入るよう促す。狭いプレイルームで荷を下ろした俺はすぐさま尋ねた。「何でこんなところで働いてるの?実家って三重県だったよね?なんで?」「それがさ…」途端にしんみりして彼女が話すところでは、俺が東京へ戻ってすぐ、彼女はあのKという男と交際を始めたらしい。が、実はこの男がトンでもない野郎で、彼女の金で飲み食いや買い物をしまくり、あれよあれよという間に彼女の貯金は底をついてしまった。そして本土に帰る旅費もない彼女に男が「いいバイトがある」と紹介したのがこの吉原だったという。つまりKは女を風俗に落として収入を得るプロで、彼女はまんまと罠にはめられたのだ。ちなみに元塾講師も同様のやり口で、別のチャラ男にしてやられたらしい。恐ろしい話だ。
「でも旅費くらいはとっくにたまったんじゃないの? 地元帰った方がイイじゃん」
「でも、私、彼とまだ付き合ってるし…」
ダメだこりゃ。自分探しの旅に来たとか言ってたけど、いま彼女は、頭にタオルを乗せて地獄のお湯にどっぷり浸かってることに気づいてないらしい。重症だ。俺は「そっかー」と同情しつつもパンツを下ろし、ギンギンに硬直したチンコを彼女に握らせた。
「じゃ、舐めて」彼女の境遇を心底かわいそうとは思うが、それとこれとはまた別の話。料金分はしっかり楽しまんと。「うん、頑張るね」
旅先で知り合った女と、ブランクを経て、ちょんの間でセックスする。これがいかに興奮する出来事かくどくど説明する必要はないだろう。あの夜、続けざまに塾講師の女にも挑みかかったのだが、2発目にもかかわらずトンでもない量の精子が出たものだ。ふう〜、大満足である。ひとつ気がかりなのは、その後の彼女たちの安否だ。昨年秋、真栄原に続き吉原でも当局の摘発があって壊滅したのだ。元気でいてくれるといいのだが。
タグ

風俗で身体を洗ってあげると親近感が・濡れシャツプレイもおすすめ

3_20200413183206f0d.jpg5_20200413183206b77.jpg4_2020041318320842f.jpg
49_20200413184814fc1.jpgbb057.jpg普通のバイトしてたときに、客で来てた彼氏に声かけられて、それで付き合うようになった。それが1年くらい前やなあ。
それでセックスライフの方は?人数とかは?
10人くらいかな。半分はデリやってるときにお客さんと直接交渉して「餞別」もらうねん。それで生で入れてくるやつおってな、それは無茶苦茶厶力ついたわ。あと長いのも嫌やなあ—。長い時間やられてると、冷める。演技しようと思ってても、する気なくなるゎ。
天然のマグロだ。
めっちゃマグロ。エッチ自体そんなに気持ちよくないし、つまらんし。いつも大体横になって終わるのを頑張って待ってるだけだし。しなくていいならせんわ。
理想はしないでもお金もらえるのがベストやね。
性感マッサ—いの受けてみたら?アダムタッチとかされてみたら人生観変わるかもよ。
何それ?
1時間ぐらいソフトタッチ。
電気ってバイブに流すの?そう!そしたらめっちゃ女の子がケイレンして涙流しながら叫ぶねん「死ぬ」とか。
でも電気流してるかもよ?
別にイカんでもすごく疲れそうだし。
なんか体に流したらおかしくなりそうじゃない?
性感帯とか聞いてみるけど、ある?
乳首とか?あとはクリ。
タグ

風俗嬢の足指舐めはどの臭さまでが許容範囲なのか?たっぷりアナル舐め全身舐めしてもらう方法

79_20200411115731191.jpg80_202004111157471e0.jpg「よろしくお願いいたします。実は今回でジャスト10年目なんですよ! すごくないですか? フーゾク行きまくって10年ですよ!」「おぉ〜〜! これはお祝いせなあかんなぁ。おめでとう、乾杯!」「まぁ、パァーっと派手な感じでいきたいなぁ!」
派手な感じ。フーゾク嬢10人くらい呼んで、11Pするとかいいかもしんない!
「経費がかかりすぎやろ? お安くできるヤツを頼むで! 安くて、かつインパクトのあるヤツや!」
安いやつ?? 10年目の記念すべき回なのに?「そうやなぁ……足はどうや? クッサイ足は、本当にクサいで? それで足指舐めさせるのはどうや?」……瞳光らせてるところ申し訳ないんですけど、それが、10年目のメモリアルな「パァーっと派手な感じ」なテーマなんでしょうか??
と、いうわけでございまして、今回のテーマは、「クサイ足を洗わずに舐めさせるとフーゾク嬢はどんな態度をとるか?」というもの。正直、「怒り出す」とか「吐く」とか、そんなカンジになるに決まっているわけですが。さて、ここで大事になるのが「お店選び」からです。なにしろ、クサイ足を一切洗わずに、そのまま舐めさせられる店を探さなくてはなりません。
……はい。そんな店、世の中に1軒しかありませんよね? この連載で10回以上登場している、『Sンキュー』です。 30分3900円という超激安! しかも普通ならば、「顔射」や「ごっくん」といったオプションはそれぞれ3千円とか5千円とか取られますが、この店は女のコを指名(2千円)さえすれば、そのコのOKなオプションが全部ヤレるというおもてなしサービス! 
 ……まぁ、その分、女のコのレベルは眼を疑うようなレベルの魔界獣ばかりなのです。そんな化け物、たくさんオプションOKにしなければ指名なんて取れませんからね。そんな『Sンキュー』に、今回の目当てである「即尺」ならぬ、「即足の指舐め」というオプションがあるわけです。このオプションが付いているコを選び、クサイ足をしゃぶらせるのが、今回の目的。ちうか、この店が無かったら、この連載のほとんどの検証はできませんよ。しかし、今回はもうひとつ大きな問題があります。そう、足をクサくしなくてはならないのです。……っていうか、正月早々、なにが悲しくてそんなことをしなくてはならないのでしょうか? ボク40歳ですよ? 
10年間、裏モノで連載してきたメモリアル回で、いったい何をやってるんでしょうか? ……悲しくなってまいりました。そんなわけで、足をクサくするため、さまざまな努力をはじめました。基本、足をクサくするために大切なのは、「足を蒸らして、足の細菌をふやすこと」。足の臭いの正体は、この細菌なのだそうです。そこで、ケガをしてるときの入浴時のように足をビニール袋でくるんでの生活をスタートさせました。もちろん、おフロでも一切洗いません。そして、履く靴はゴリゴリのブーツ。汗を吸わないように靴下は無し!そんな努力の結果はすぐに出ました。この生活をはじめて、4日目の朝。ビニールを開くと、納豆のような臭いが部屋中を包み込んだのです! オエーー! ゲホーーッ! ゲホゲホッ!アンモニアのようなすっぱさと、納豆の香り。うわー、こんなこと続けたら確実に水虫になりますよ! もちろん、ここ数日、足がカユくて仕方ありません。
ありえないほどの細菌兵器を完成させてしまいました。これを、よその家の娘さんの口につっこむのか??
さぁ、準備は整いました。さっそく、の噂を検証いたしましょう。……っていうか、こんなの噂でも検証でも何でもないけどね!
夜の11時。いつもお世話になっている『Sンキュー・新宿店』に電話。「もしもしー」と、ちょっとテンションの低い店員の声。「えーっと、今から行ける女のコって誰が居ます?」
「はい、今の時間ですと、Aちゃん、Bちゃん、そしてC、D、E、Fちゃんがお時間待たずにイケますね」
言われた6人の名前をチェックし、可能オプションの欄を見る。すると、ひとりだけ「即足の指舐め」がOKなコがいました。
そのコはDちゃん(19歳)B88・W58・H87。身長138センチ(!!)。
オススメコメントには、「Hなことが大好きで、イタズラ大好き。ロリな外見とピッタリで声も可愛すぎます〜!」とのこと。「即足の指舐め」の他にも「即々プレイ(風呂に入らず、いきなりプレイすること)」「顔面ツバかけ」などなど、様々なオプションが付いております。
ちうか、……このコ、身長小さすぎないか??? 「19歳」「ロリ」「138センチ」と書かれていると、普通なら「マジで超ロリっぽいコなんじゃない?」と喜ぶロリコン読者の方も居ることでしょう。
……しかし、ここは『Sンキュー』。そんじょそこらのお化け屋敷なんかよりも、レベルの高い人材を有しているんです。カワイイわけがありません。どちらかというと、ちょっと〝普通の健康的な身体を持てなかった可哀想なコ〞が来る可能性の方が高いです。また、「ウェストが58って、かなりヤセてるじゃん?」と思った方も素人です。基本、この店のスリーサイズは〝書いてあるだけ〞です。ドラム缶のような身体でも「ウェスト57」って書きます。それが、この店の単位なんです。結局、Dちゃんを指名し、電話を切る。ガックリと肩を落としながら、家を出ます。外に出ると真っ黒な空から、冷たい風が吹いてきました。耳が痛い。何日もはき続けている細菌だらけの靴に包まれた足がじゅくじゅくとカユい。タクシーに乗って「新宿まで」と告げる。ふと、左足のブーツを脱いでみる……と、5秒後、「ウォッゲッホン!」と、運転手が変な咳をした。指定されたラブホに入って15分。完全に、この部屋の中は納豆くささがただよっております。まだDちゃんは来ません。正直、本日の相手は化け物です。白い液を出そうとか、そんなことは考えておりません。とりあえず、こっちは一切服を脱がずに、足の指を舐めさせておくだけにしましょう。
……まぁ、でも、もしかしたら……絶対にありえませんが、本当に超カワイイロリっ娘だった場合。そうなったら、まぁ、ティンコをしゃぶらせたり、キスしてあげてもいいかもしれません。……いや、そんな! 期待してるわけじゃありませんよ? ボクも『Sンキュー』を何十回と利用しているわけですから! プロですから! このパターンは化け物が来るやつですよ。わかってますわかってます。パターン青、使徒です。
コンコン。うわーーー! 来た!!! 果たしてボクは、化け物に、この毒足で勝てるのか? でも、もしかしたらスッゲーカワイイロリ娘だったらどうしよう。そんなコに、この足をしゃぶらせるなんて、かわいそうでできません! 化け物だったらかわいそうじゃないけど。これがボクの初詣です。神様に祈りながら、ゆっくりと扉を開きました。
「こんばんにゃぁ〜〜」
ちょっと高めだけど、しゃがれた声。ギュっとつぶった目をゆっくりと開ける。そこに立っていたのは、豆タンクみたいな身体をした顔がシワシワのオバちゃんでした。
うっぎゃーーーー!!!!!!! 
カッと見開いた目。目のまわりに、波紋のように広がるシワ。怖い!怖すぎる!「どーもぉー」と言いながら、部屋にヨチヨチと入って来ました!なにこれ?? スターウォーズの「R2D2」とかに入ってる役者さんだろ???
「お待たせぇ〜。待ったぁ〜〜?」
す巻きのようなコートを脱ぎながら目をギョロギョロさせるDちゃん。コートの下は、変なネルシャツにパジャマみたいな変なズボン。なんか、朝からパチンコ屋に並んでる浮浪者っぽいおばさんみたいなコーディネートです。しかも服の上からでも、肉塊のような身体が見て取れます。これ、洋服脱がすのヤダなー!
「よろしくお願いしましゅ〜」
そして、このオタっぽいしゃべり方という盛りつけ! どう見ても35歳くらいなのに、かわいこぶってる感じが痛すぎます。末期です。
「えーーっと、Dちゃんって何歳?」
「24歳でしゅ〜〜」
サイトのプロフィールには、たしか19歳と書いてありました。しかし、絶対に30歳は超えてます。なのに24歳と言っています。気持ち悪い。
「じゃあ、おフロ入りましょうね〜」
そう言って、不意に自分のネルシャツのボタンを外そうとするR2D2。ちょ! ちょっと待って! 裸とか見たくないんだけど!
「あー、ちょっと待って。服来たままでいいかな? ほら、可能オプションに『即々プレイ』とかあったじゃん? とりあえず服来たままでいいかな?」
「……え? なんで?」
「いや、なんでって……服来たままのほうが興奮するんだよね」
そんなわけは絶対ないのですが、そう言って、服を脱がすことを阻止します。
「えー、服汚れるのがイヤなんで」
次の瞬間、サクサクと脱ぎ始める。えええーーーー???? そんな浮浪者みたいな服、汚れてもいいから着てるんじゃないの? やめて! やめて! 服脱がないで!!こっちが制止するのをまったく聞かず、あっという間にすっぱだかに。ダルンと落ちたオッパイ。相撲取りのように出っ張った腹。普通の女のコのウェストくらいある太もも。汚ったねえケツ。肌も、シミとシワシワだらけです。もう頑張れば吐けそうなビジュアルです! 地獄の餓鬼だよコレ!
「うぅ〜ん。ちゅかれたぁ〜(疲れた)」
奇声を発しながらベッドに寝転ぶ化け物。完全に初手からペースを奪われました。ここで負けてはいけません! なんとかイニシアチブを取らなければ!ベッドの上でもぞもぞと動く肉塊。発泡スチロールのようなガサガサな肌をうごめかせながら、たまに「うにゅ〜」とか「みゅ〜」とか音を発しています。一刻も早く、ボクの両足に宿る毒の力で、この化け物を倒さなければ。ゆっくりと近づいて話しかける。
「えっと、……足の指、舐めてよ」
すると、化け物はチラリとこちらを向いて言った。
「え〜〜、やだぁ〜〜」
え? 今、コイツ何て言ったの?
「いや……『足の指舐め』って、サイトに書いてあったよね?」
「だってえぇ〜、やったことないしぃ〜。やだもん♪」
 ……言葉が、通じない!! もとより化け物に人語が通じるとは思っていなかったけれども、ここまでとは!!?イライラ〜〜っと胸のあたりから、何かが上がってくるような感覚。もう、限界だ。両足の靴下を脱ぎ、そのリーサルウェポンをズバッと抜きました! それまで、ぷんわりとしていた納豆の臭いが、さらにブワッッと部屋中に充満してくのがわかります! おりゃ! ベッドで寝ている化け物の顔の横にドスンと足を下ろす。
「舐めてよ?」
「やだっつってんじゃ〜ん」
マジか??? コイツ調子に乗ってますよ! 今まで「やだ!」って言ってれば、客もオドオドと引き下がったのかもしれませんが、そうはいきません! 足の裏を、化け物のほっぺたにギュっと押し付けてやりました。
「舐めてよ、ほら?」
「ちょ! ちょっと、なんでそんなことすんの?? 顔踏むとかありえないんだけど!」
「いや、可能オプションに書いてあったでしょ? 『足の指舐め』って」
「つか、クサイし無理!」
そうそう。クサいの知ってる知ってる。でもね、舐めなきゃダメよ? だってOKオプションにしちゃってるよね。
「つか、そんなクサイ足、舐めないから!無理だから! クセーンだよ!」
カッチーーン!! うわーーー! ボクの頭の中で、本当に今、「カッチーン」って音がしたよ! 胸のあたりからゾワゾワゾワっと、殺意みたいなもんが上がってきました! うわー! コイツ、マジで限界です!!!瞬間、この化け物のOKオプションに「顔面ツバかけ」が書かれていたのを思い出しました。
「オプションとかいっても、女のコがイヤだって言ったら普通の客だったらあきらめてくれ…」
べっっ!!!ビチャっと、化け物の鼻っぱしらと、右目、オデコに白く泡立ったツバがぶっかけられる。化け物の動きが止まりました!! ショックでカタカタと身体が小刻みに震えています。
「……ちょ……なにすん」
べっっ! 第二弾のツバ攻撃。左目が泡だらけになっています。
「『顔面ツバかけ』も、可能オプションに入ってたもんね?」
「……されたことないから! マジで最低! なんでそういうことできんの?」
「可能オプションに入ってたから。っていうか、足の指、しっかり舐めてよ?」
目を開けられない化け物の口に足の親指を押し付けます。
「本当にやめて! マジで無理!!」
ベッドから立ち上がる化け物。目をこらしながら、バスタオルをつかみ、顔のツバを拭き取り、こんな台詞を吐きました。
「テメーどうせモテねーんだろうな!」
「っていうかさ、プロフィールにここまで書いてあるのに、『されたことないからできない』とか言うのは、ちょっと許されないよね? もしできないんだったら、お店に電話をするけど?」
「はぁ??? なんで店に電話すんの?関係なくない??」
「だって、できないんでしょ。しかも、かなり言葉遣いも失礼だよね? とりあえず報告するよ」
「そんなのクレーマーじゃん! わかったよ、足舐めればいいんだろ??」
そう言って、観念したのかベッドの横の床にペタンと座りました。お店に連絡されるのは、相当イヤみたいです。モンスターの弱点、見たり!さぁ、来ました! とうとうモンスターに、この毒キック喰らわす日がやってまいりました!醜い顔をさらに醜くゆがめながら、ボクの左足を両手で持つ。顔を近づけ
「……オぇ…」と小さな小ゲロ音を出します。
小さく口を開け、親指を口に入れる。つま先にチロリと、舌があたる感覚……があったと思ったら、すぐに人さし指、中指へ。……オイオイオイオイ??? 全然舐めてないじゃん??
「ちゃんと舐めて? 親指の奥まで!」
「ハ? 舐めてんじゃん?」
「いや、しっかり奥まで舐めてよ?」
「つか、マジでこっちも人だから! ロボットじゃないんだよ? 感情、あるんだからね??」
「最初から、バンッバン感情をブツけてきてるけどね」
「マジで最悪! 本当に今まで会った男の中で一番最…」
べっっ! べっっ!!!!!「…ホントに……なんで」
べっっ! べっ! カーーッ、べっっ!「やだ、やだ…」
べっっ! べべっっ! べっっ!どんどん、顔が真っ白になっていく。
「ほら、ちゃんと舐めないと?はじまったばっかりなんだから、頑張って!(笑)」
歯をギリギリと噛みしめている化け物。顔中にかかったツバが、ボタボタと太ももや床にこぼれていきます。
「足の指、1本につき、最低でも1分くらいずつ舐めてもらわないと。こっちもがんばってクサくして来たんだから」
「……そうやってさー! わざと汚くしてくるのって、マジで本当に…」
べっっ!べっっ!べべべっっべ!べべべべっっ!べべべっっ!ガ〜〜〜〜ッ、べっっ!べっっ!
最終的にDちゃんは、ときおり「オォォエエェ……」と、口から透明な液をたらしながら、足指を舐めてくれました。でも、プレイ時間の半分以上は、顔にツバをかけられていましたとさ。
タグ

高学歴エリー卜女子大生の風俗嬢はエッチの偏差値も高いのか?

192_202004101738222e7.jpg193_20200410173823802.jpg194_20200410173825d89.jpg195_202004101738207c0.jpg87_202004101754001e0.jpg
高卒出が、ふと思いつきました。風俗嬢の中にも頭の良い大学のコもいるはず。そういう娘さんは、エロテクの偏差値も髙いのでしようか。もしかしたら、フェラよりも楽ということで、本番も簡単にヤラしてくれる「頭の良さ」を示してくれるんでしようか。いや、そもそもエリ—卜大学の女子大生
さて、いつものようにパソコンでお店検索です。高学歴•ヘルス•有名大学などのキーワードで検索してみると… あれ? 全然出ません。イメージだと都内エリー卜大学に通う女子大生在籍多数! 学生証で確認できマス!みたいな店があるんじやないかと思ったんですが…ちっともですよ。まぁ個人情報が割れちゃうし、なかなか難しいのかもしれません。いきなり暗礁に乗り上げてしまいました。
とりあえずプロフィールに「現役女子大生」と番かれている女のコが在籍している店に直接電話をしてみることにしましよう。まずは新宿にある女子高コスプレ「はい、もしもし〜」
「偏差値の髙い大学のコっています?」「はい?」
電話口の声がいきなり怪訝そうな声になる。まぁ、そりやそうだろう。
「えっと、たとえば早稲田、慶応、上智とかの6大学や、国立大学の女のコっていないかなって…」
「…いや、それはちょっとわかりませんね。なぜそんなこと知りたいんですか?」
うわ、なんかちよつと語気が怖い感じになつたよ?
「いや…なんていうか、ボク、頭の良いコが好きっていうか、別に大学はあくまで參考にって感じなんだけど。そぅ、つまりエリ—卜なコがすきなんだよね」
……まぁ、ちょっとわかりませんね。そもそも、面接する時点で大学名なんて聞きませんし、女のコたちもわざわざ話しませんから。それにもし、知っていても個人情報を話すわけにはいきませんし
風俗の店員にまっとうなことを宫われると、なんだか悲しくなってくるなあ。結局、いくつかの店に電話してみるものの同じような反応。やっぱり無理なのかしら?いや、これは電話だから相手も警戒するんじやないでしょうか?直接案内所に行って、さりげなく聞いてみれば、サラリと教えてくれるかもしれません。「いらしやいませ〜だと、この7人になりますね〜」
店員が出した写真は、みんななかなかのビジュアル。制服姿で微笑んでいます。いいねえ。
「えっと、この中で現役の女子大生っている?」
「そうっすね、このコと、このコ…この4人がたしか大学生だったと思いますよ」
「ほうほう、ちなみに偏差値の髙い大学のコとかいないの?慶応とか早稲田とか?オレ、頭の良いコが好きなんだよねえ」
「いや、どうでしょう?そういう話しないんで。でも、このコは神大だって言ってましたよ」
おおっと—.いきなり個人情報が漏れましたよ! ?簡単だなあ。
「なんか、箱根駅伝の話になったときにrうちの大学強いんですよ。神大なんですけどみたいな話をしてましたね」おぉ、それは本物っぽい話です。でも神奈川大学は、ちよつとレベルが低いなあ。高卒
のボクからいわせてもらえば。
「う〜ん、どこの大学かなんて話題にのぼらないですからねえ。あ、でもこのAちゃん(20才) は、浪人して大学入ったって言ってたなぁ。大学名は聞かなかったけど、結構レベルが高い学校ってことじやないですかね?」
言える。ちなみに、今そのコに「大学どこ?」って確認はできないのかしら?
「いや、それは無理ですよ。女のコも警戒するんじやないですか?そういうの。お客さんとボクとの仲なんで、今話しましたけど、普通は個人情報ですからねぇ」
なんだ? お前とボクと、どんな仲なんだ?
「でも、そういう目で見ると、このAちやん、かなり頭の良さそうな顔に見えませんか?」
うん、黒いショートカットにすっきりとした顔。胸はBカップというスレンダー体型。確かにあんまり遊んでるイメージじやないかも。よし、ここは賭けだ—案内所から徒歩1分のホテルに入りベッドの上で祈る。写真指名料の千円と、60分1万7千円。ラブホ代の2千円を合わせると2万円。失敗は許されません。ピンポーン。扉を開くと、そこに茶髮のショートカットピンクのワンピ—スのAちゃんが立っていた。あれ?写真とは印象が違います…ね?
「あ、そうそう、色抜いちゃったんだよね—。黒髮のほうがよかった?」
Aちゃんが部屋にヅカヅカと入ってきます。«遊んでない印象»はミジンもありません。ギャル系とはちよっと違うけど、なんかサバサバしていてスレたような…。いや、待て待て。もしかしたら浪人してまで勉強しすぎて、大学に入ってからはじけたのかも。
「えっと、Aちゃんは大学生?」「そうだよ—。浪人してるから、まだ一年なんだけどね」
「あ、そうなんだ?ちなみに専攻とか学部とかは?」「えっと、映像だね」「え?えいぞぅ…?」
「美大なの。T摩美の映像専攻なんだよね—。美大って、絵のレベルが髙いから浪人する人多いんだよね」…あの店員の野郎ー美大じゃねーか. 勉強関係ねえ!なんだか力が脱けてきました。美大の女のコなんて、ちっともエロくないよ。シャワーで体を洗われ、ベッドに横になり天井を仰ぐ。ああ、いったいどうすればエリー卜女子大生とプレイできるんだ…。
ん?何?いきなり足にくすぐったい感触。な、なんとAちゃん、キスや乳首じゃなく、いきなり足の指をナメてますよ!な、何なの?
「…え、こうしたら…喜んでもらえるかなあって…」
トロ〜ンとした目でこっちを見る彼女。さっきまでのサバサバした感じが見事に消えてます。うわー、美大スゲーさらには、両方の足の指、かかと膝、内股と唾液いっばいの舌で体中をナメまくり。やっとティンコに辿り着いたかと思ったら、テインコや玉よりも先にアナルに舌を入れてきます。
「おちんちん、おっきい…。ゴムつけてくれるなら…入れて…ほしいです…」
なにコレ?夢?ティンコをベロンベロンとナメながら、本番を要求してますよ!そこまで言われたら仕方ありません。コンドームを一秒で装着。フェラしていただけでもぅビッショリのムアンコに思いっきりガッチガチティンコを挿入!ゴチッ「あぁぁああああ!」
思いっきり体にしがみついてくるAちゃん。折れちゃいそぅな細い体をブチ壊すつもりでピストンしまくり、ものの10分で発射.ふいーベッドに倒れこんでまどろんでいると、Aちゃんが精液がたまったコンド—厶を外してくれる。そのまま、精液だらけのティンコをじゅるじゆると音を立ててのお掃除フェラ。素晴らしすぎます!100点!「ねぇ、Aちゃんってすぐに本番しちゃうの?」
「いつもはしないよ。まだ5人目だし」
美大生はニッコリ笑って答えてくれました。
早稲田のコが働いてるらしいいんやあ——。すごいぞT摩美の映像!あそこまでのご奉仕M嬢は珍しいです。やっぱり芸術系女子は、エロもクリエイティブですなあ。めでたしめでたし。つるかめつるかめ。いやいや今回のテ—マはあくまでも「偏差値の高い大学のコ」。どうにかエリー卜女子大生にお相手してもらいたいもんですが、いかんせん当てがない。そこで、周囲にいる風俗好きのライターさんや編集さんに「偏差値の高い大学の風俗嬢についたことはないか?」と聞いて回ったところ、たまたま飲み屋で知り合ったライタ—の〇さんから、グッドな情報を入手できました。
「新大久保に店があって、女の子がかなりレベルが高いからよく行くんだけど、こないだ付いたコが早稲田だよって言うんだよ」「マジですか?新大久保って言ったら高田馬場(早稲田大の最寄り駅) のすぐ隣の駅じゃないですか?そんな学校の近くで働くなんて、バレたらどうするんでしよう?バカなの?早稲田なのに」
「やっぱり、田舎から出てきたコは、大学の近くの店で働いちゃうんじゃない?その店は、同じ大学のコが多いよ〜って言ってたしね」
さっそくその場で電話をかけ「現役女子大生っている?」と聞いてみると、
「Bちゃんは現役ですね。すぐいけますよ!新大久保の駅に着いたらお電話下さい」
こりやあ行くしかない。〇さんにお礼を言い慌てて店を出る。もぅ終電ギリギリの時間だ。肩で息を切らせながら新大久保に到着。店に指定されたホテルの部屋で待つこと10分。コンコンとノック音が。頼む!早稲田のコでいてくれ!そして、もしよろしければカワイイ娘よカモン—.黒のミニスカに茶髪のロング。顔は辺見えみり似。B ちゃんはかなりカワイイ娘さんだった。でも早稲田のコって、ちょっと地味なイメージなんですけど…なんかイマドキすぎない?
「Bちゃんって、今、何歳?」「20才だよぉ〜」
舌足らずなしゃべり方。頭悪そうです。終わったか…。学生?
「うん、大学2 年だよ〜」「学校は近いの?」「近いよ〜。高田馬場」「え…もしかして早稲田とか?」「そうそう、教育学部。学校の先生になる気はないんだけどねぇ」
マジで?たまたま知り合った〇さんに店を聞いて、そのままの足で来て、早稲田のコに当たるなんて。こんなバクチみたいな流れってあり?しかし、B ちゃんが本物の早稲田なのか?確かめてみましう。「へ〜すごいね。頭良かったんだね。ちなみに教育学部の校舎ってどこにあるの?」
「東西線の早稲田駅から近いよ〜。西早稲田キャンパスってとこ」「何かサークルとか入ってるの?」「野球好きで、マネージャーやりたかったんだけど、なんか早稲田の野球部って女子マネージャーはダメなんだって。だからあきらめた」シャワ—を浴び、ベッドに寝転ぶ。とうとう6大学プレイの始まりです! 大隈重信もビックリなテクニックを見せてくださいよぉ。Bちゃんまずは小鳥のようについばむようなキスを2 、3回。そのまま左右の乳首をナメてきます。舌の動きは高速回転です。そのまま股のあたりまで下がり、いきなりティンコにパクリ。ジュッバジュッバと亀頭の部分だけ、音を立てながら思いっきり吸い込んできます。え〜〜っと…すいません…今、ボクの体言ってくれるよ〜?じゃあこれは?」
今度は玉をロに含むBちゃん。しかも再び思いっきり吸い込みながら、ロの中で舌を高速回転。痛い痛いよ、大隈先生!全然気持ちよくないテクニックに業を煮やして攻守交替。流れるよぅな手マンとクンニでビッチョビチョにしてあげたのにもかかわらず「本番とか無理だからね〜」と、こっちがまだ何も言ってないのにNG宣言。結局イクことができないままピピピピとアラームが…。なんなんだよコレ??学校の勉強はできても、エロい勉強ができるとはかぎらないつてことですね。美大のほうが100倍良かったです。
タグ

シースルー下着スケスケのキャミソールの密着型SEXY系マッサージ風俗サ—ビスは一切無いと言っても実際はどうなんでしょ?

56_20200405133901430.jpg
53_20200405134054531.jpg192_202004051246437db.jpg193_2020040512464461b.jpg194_20200405124646dc4.jpg195_20200405124641f8b.jpg
「最近、オレ、SEXY系マッサージにハマってるんだよね〜」
なにそれ?「女のコがエロい服でマッサージしてくれる
んだよ。店によってサ—ビスはまちまちだ
けど、オイルからパウダ—マッサ—ジもあっ
て、かなり本格的なんだよね」
ふ—ん。で、ヌキはあるのかしら。
「体を密着させてきたり、コッチの乳首をさ
わったり、チンコを直接ナデてきたりなん
ていうギリギリのはあるんだけどヌキは基本無いんだよ。でも、女のコのレベルは信られないくらいに高いね。オレがこないだ行
った千葉駅近くの『日』って店は' 女のコたち
はフロムA で募集してる完全素人ばっかり
なんだよ。それがまた興奮するんだ〜」
本物の素人娘が本格エステ、しかもテインコまでナデてくれるとは… 究極の寸止
めフ—ゾクじゃないの、それ!
「女のコたちは指名がほしいから、お店から指導されてることよりも、もっと激しいサービスをしていても不思議じゃないよ」
N君がソソることを言います。いくら力ワイイコが付いたとしても、プロの風俗嬢のプレイになんとなく飽きてきているのも事実。完全素人に癒されつつのエロいマッサージもいいかもしれない。しかも裏のサ—ビスまであるかもしれないなんて…。これは体験& エロサ— ビスの存在を検証せねばなりますまい。この«密着型» という言葉が気になる。しかもオプションで選べる「コスチューム」をチェックすると、女のコは一千円でコスチユームを指定できるようです。下着にミニエプロンや、シースルーのボディコン、スケスケのキャミソール。って下着パブみたいなコスばかりじやん
足ツボかネイル磨きのどちらかを選んでいただいて総額1万5千円です
とりあえず30分後に予約して電話を切りました。さぁ、初めてのSEXY系マッサージ。いったいどんな感じなんでしょう?肩や股間のコリも取りのぞいてくれるんでしょうか?
午後3時。宮益坂を登って3分の雑居ビルの9階。エレベ—夕のドアが開くと、白衣姿の40代半ばのオバサンが「いらっしゃいませ〜」と声をかけてきました。小奇麗な店内の奥。窓際にあるイスに通されると、サイトで見たスケスケのキャミソールやボディコンが壁にかけられています。実際に見るとかなりエロい。これを着てマッサ—ジするの?「お電話でもお話しましたが、当店はエステ、マッサ—ジのお店ですので、風俗のようなサ—ビスは一切しておりません。エステティシャンへのタッチは固くお断りしています」はいはい。まあ、そう言いますよね。でも実際は…どうなんでしょ?
とりあえず壁にかかっているコスチュ—厶の中で露出度の高いスケスケのキャミソ—ルをチョイス。くあ楽しみ!受付で総額1万6千円を支払い、施術スペ—スへ移動。大きな床屋にあるリクライニングシートと洗髮用のシャワー装置が置いてある。広さは3 畳ほどか。
「それでは、下着以外の服を脱いでいただいて、シ—卜に座ってお待ち下さい」
オバサンの指示通り、服を脱ぎシ—卜に座る。天井から大きな鏡がブラ下がっています。鏡にパンいちのボクの姿が。なんだか恥かしいなあ…。ドキドキしてきました!
「すいませ〜ん、失礼しま〜す」
部屋の外から声がかかる。息を飲んで「はい」と声をかけると、20代前半の女のコが入ってきました。「Aです。よろしくお願いします」
おぉぉ!スレンダ—なのに胸の谷間がくっきり一深津絵里似のAちゃんが先ほどのスケスケキャミソール姿で現れました!完璧にくびれたウI ストがシースルーのキャミソールから透けて見えます。ス
ラっと長い足がエラいセクシーです。
「すごい、格好だね?」
「そうなんですよ。でも、これ着せたの、お客さんじやないですか。ちよっと恥かしいんですよね」
苦笑しつつも恥かしそうな表情。風俗嬢とは全然違う恥じらいがええですなぁ。
「この店初めてですか?」「うん。知り合いに薦められて来てみたんだけどね。アレなの?この店のコはみんなエステとかマッサージの経験者なの?」
「いえ、普通のコが多いですね。私は、美容系の学校に行っていたんで、マッサ—ジとかネイルとか経験があるんですけど。普通のコは講習を受けますね。じやあ、洗髮しま〜す」
シ—卜をリクライニング、足の部分は上げられて普通に仰向けに寝ている体勢に。体に長めのタオルをかけられそのまま頭の部分は横に置いてある洗髮マシ—ンにスポつと入れられます。スイツチが入ると、うなじのあたりから脳天にいたるまで強めのお湯が発射。ぅふう! くすぐったい!
「大丈夫ですか〜。この洗髮マシーン慣れないとくすぐったいかも…。ガマンしてくださいね〜」近い、ボクの胸の辺りからオナカにかけてサワサワとナデてきます。お?このソフトタッチ。気持ちいいじゃん。くすぐったさと気持ちよさに体をゆだねていると、続いてはフェイシャルマッサ—ジ。オイルクリ—ムを塗られます。優しくヌルンヌルンする手触りが気持ちいい〜。マッサ—ジが終わり、顔の上にアツめのタオルが。ん?何?なんとタオルの上から、あきらかにA ちゃんのオッパイがムニユりと乗ってきました!これが密着型ってことか. やわらかいオツパイとあったかい夕
オルとのコンボで、テインコはだんだん硬くなってきました。本番はこれからですか?生殺しだよね〜。でも、ここまでなの
後は、ネイル磨き。続いてリンパマッサ—ジです。Aちゃん、ボクの太ももに足を絡めてきたかと思ぅと、そのまま顔にオッパイを押し付けて、無理な体勢で肩を揉んできました!痛いところあったら言ってくださいね〜」
こ、股間が硬くて痛いです!ていうか、密着するにもほどがあり続いて、対面座位のように上に乗ってきて、ボクの手を自分のオシリに回させて、脇の下をマッサ—ジ。当然'
オッパイは顔に当たりますし、ティンコはガッチガチになってきます。うわ〜、なにこれ??そっと彼女のオシリを円を描くようにナデる。「ふふ…」と笑うAちゃん。おぉ、タッチOK?
やっばりエロいサービスあり?そのままパンツの脇から指を入れようとしたところで、Aちゃんがフッとボクの股間の上から降りていきます。あ〜、逃げられた〜。
「じゃあ、リンパをマッサ—ジしていきま〜す」
Aちゃん、ボクの両足の間にチョコンと座ると、ガッチガチになったボクのティンコの根元をパンツごしにギュウギュウ押してきます。上目使いで「すごいコッてますね?」とエロ〜く笑う彼女。そのままタマ部分を優しくコロコロと転がすようにマッサ—ジです。うわぁあああ!なんだよ?ここまでするのかよ???(こうなったら次はティンコ?)ドキドキしながら待っていると、A ちゃんが立ち上がってボクをギユっと抱きしめてきました。顔が近い!チュ—してもいいのか?Aちゃんの唇に向けてロを移動させると、サッと避けられてホッペにチユっと当たりました。そのままAちゃんはもっと強くギユ〜っと抱きしめてきます。「はい、お疲れ様でした〜」
…え?終わり???これで終わりですか???ここまでヤっといてこれで終わり??もうティンコが爆発しそうなのに??
「えっと…ごめん、これ以上のサ—ビスとか…ないの?」パンツの上からガマン汁をびっしょりさせながら聞く。「ね〜。生殺しだよね〜。でも、ここまでなの。気持ちよかった〜?」マジかよ?こんなの収まんないよ!「じやあ、また来て下さいね〜。次はもっと気持ちよくしてあげますから」
延長するとエロいサービスが…結局、ありえないくらいにティンコがガッチガチに硬くなったのに、ヌキは無し。あんなに興奮したのは久しぶりです。なのにイケない! しかもマッサ— ジはそこまで気持ちよくないし.股間とこめかみに血管を浮き上がらせながらN君に電話をすると「でしょ〜?」と笑いながら教えてくれました。彼は、それこそがSEXY系マッサ—ジだと言います。異常なまでに密着して、ギリギリのタッチまでしてその気にさせといてヌキは無し。興奮した客たちは「また同じコを指名すればヌキがあるのでは?」「延長すればヌキがあるのでは?」と期待し続け、店に通い続ける。この男の性欲を利用した商法で金を吸い尽くすのだといぅのです。
「新宿南口にあるHはオススメだよ。まず、女のコのレベルが六本木のクラブで働いててもおかしくないくらいに高い。しかも女のコによっては『延長』するとエロいサ—ビスもあるらしいって、2ちゃんねるでも噂なんだよ…」
ほんとか? あるらしいだけで、実際はないんじやないの?とは思いつつも、股間は張り裂けそうなほど硬い。
店内に入ると、そこはブラックライトやら青い光がキャバクラのごとく輝いてました。中では、ミニスカ—卜に上は水着、またはキャミソ—ルに短パンといった露出度満点のギャルたちがウロウロしています。なにコレ?みんなギャルっぽくて、かなりレベル高いんですけど…。
「ご予約の町田様ですね。本日はBが施術させていただきます」
受付で紹介されたBちゃん、これがなんと、竹内結子をちよっとギャルっぽくさせたよぅな超美人。レ、レベル髙けぇ「初めまして、こちらです〜」
ちよっとアニメ声なBちゃんに手を引かれながら三畳ほどの広さの個室に案内されます。ぅわ〜〜、ブル—な照明がエロ〜い。真ん中に置かれたマッ卜もエロ〜い!
「裸になって、この紙パンツの隠す部分が広いほぅを前にしてはいてください。そしたら、ガウンを着てシャワ—です〜。私、外に出てるんで用意ができたらお願いしま〜す」今度はボクの両足の間に座り、股間の付け根をギュゥギュウとマッサ—ジ。ちよつと上から目線でニコニコと笑うB ちゃん。た、たまらん!その後も彼女の攻撃は止むことがありません。
「ち、ちなみに…延長したら、もっと先のサ—ビスがあるの?」
「うん。もっと気持ちよくしてあげ一ますよ〜」
…もうここまで来たら確かめるしかありません。N君とBを信じ、50分延長の一万円をBちゃんに手渡しました。50分後。結局、Bちやんのパンツごしに掌を
押し当てさせての手マンのようなマッサージや、騎乗位素股の体勢には度もなるものの、すべて寸止め。「お小遣いあげるから触って」と頼んでもごめんね〜」とかわされる始末。肩も股間もコリは取れず仕舞いでしたとさ。
タグ

中国式インド式イギリス式ハワイ式さまざまな国の性感マッサージエステのサービス内容は

0200_20200330123819cc6.jpg0201_20200330123821bfa.jpg0202_20200330123822609.jpg0203_2020033012382453f.jpg0204_202003301238253d6.jpg0205_20200330123827690.jpg
ネットや雑誌を見れば、あるわあるわ、さまざまな国のエステがてんこ盛り。
《ベトナム式》《エジプト系》《インド式》《中国宮廷式》などなど、もうグチャグチャな状態です。しかし、こういうエステ系には大きな落とし穴が存在します・それは「実際に行ってみたら、ヌキがない本当のエステだった」という深い穴。池袋北口か3分雑居ビルの3階の案内所に到着・スーツ姿の店員が迎えてくれる。
「え、ハワイアン王朝式ってのは、どんな感じなの?」
「はい、3種類のアロマを使ってのオイルマッサージとなります。セラピストが掌や腕、肘など全身を使って、リズミカルに施術いたします」
「それだけ?ほかに特徴的なことはないの?」
「特徴的なのは《天にも昇る気持ちよさ》となります」
ホッホー、かなり自信マンマンなモノ言いですよ。そこまで言うならお願いしましょう。女の子たちの写真を見ると、かなりレベルは高いものの全員日本人。ハワイアン王朝なのに。ま、いつか。とりあえず辺見えみり似のAちゃんを指名し近くのラブホヘと移動。チャイムが鳴る。「こんにちわ〜、待ったぁ?今日、ちょっと忙しくて…堪忍なぁ」
写真よりもかなりカワイイめのAちゃんは関西弁だった。ハワイアンなのに。まずは浴室で、Aちゃんが黒いワンピースのまま体を洗ってくれる。えっと、脱がないの?
「シャワーでは、うちは脱がないんよ。でもマッサージが始まったら下着になるし、最後、手でするときは、上だけは取るで」えっと、じゃあタッチとかは?
「後半になったら胸は触ってもええよ。でも、胸以外はあかんねん」
なるほど、基本的な流れは軽めな韓国マッサと大差ないのね。ま、店員が言っていた《天にも昇る気持ちよさ》に期待するとしよう。シャワーから上がり、ベッドに横になる。
「恥ずかしいから、あんまり見んといてな」
そう言って、ワンピースを脱ぐと、かなり張りのあるバスト。ん〜、いいじゃない!ダイエット効果があるというグレープフルーツのアロマを背中にふりかけ、マッサージが始まった。首筋から肩口。背中から腰へと、かなりの本格的なマッサージ。特に、ひじから前腕を使って、リズミカルに背中を操みほぐすのがグッド。マッサージうまいねえ。
「そう〜、ありがとう・うちな、週一で入ってんねやけど、他の日はエステティシャンやってるねん」じゃあ本職?うまいわけだ。ところで、ハワイアン王朝って、どこらへんがハワイアンなの?
「ああ、ひじや腕を使って、背中をグリグリするのが、ハワイアン王朝式らしいで」
このグリグリが王朝式なの?なんだかショボいなぁ…。
仰向けにされ、睾丸マッサージへ。指先に口ーションを塗り、タマタマを回転させるようにマッサージしてくる。んん〜〜、さっきまでやわらかかったティンコが硬くなってきましたよ。
「じゃ…手でしよっか?グレープフルーツ、追加しよな〜」
ブラを外し、手コキに移行する。アロマをティンコにたっぷりと塗りつけての高速手コキだ。さっきまでの丁寧なマッサージとは打って変わって、なんだかおざなりじゃない?
「ごめんな・うち、あんまり男の人のこういうとこ…慣れてないねん」
彼女はスピードをユルめることもなく、マッハの速さでピストン運動。でもって、白い液をスッパーンと発射!オッパイにさわるヒマもない。「お疲れ様?」Aちゃんは、ニコニコ笑いながらすぐにブラを付けた。ハワイアン王朝式…確かに気持ちはよかった・でも、やっぱりプレイの流れは韓国式をはじめとするアジア諸国と変わりはなかったなぁ。手コキが早いところなんか特に。
やっぱりアジアや南の島なんてダメ!ここは格調高きヨーロッパ系を試してみることにしよう。狙いは、ずばり《英国式》だ。英国と言えば紳士淑女の国・淑女というくらいだからスタイル抜群が来るに違いない。う.が?「すいません、今日はもう1人しかいないんですよ。他の子だと3時間以上の待ちになりますね」
電話をしたのは夜の9時・こんな時間から女の.が1人しかいないってことは、相当の人気店と見た。かなりのイイ女が期待できそうですよ。値段は1時間1万8千円。ちょっと高いが、そのBちゃんを予約指名・自宅から近い新宿のホテルに入る。ドキドキ感を抱えながら1時間。《ちょっと遅いんじゃない?淑女が遅刻なんて!》と、イライラしだしたころ部屋のチャイムが鳴った。ゆっくりとドアを開く。え……?そこに立っていたのは、森久美子なみに太った肉だった・こ、このお肉が『ハタチのかわいい己なの?ちよ、ちょっと待ってよ!
「すみません・お待たせしちゃいまして…。待ちましたよね?」「…結構ね」
すごく迷いつつも、今回はあくまでもマッサージを味わうのが目的だがら、ちょっとくらいのお肉は我慢しよう…と思うが、ドンドン心は折れていく。うわ〜、アゴの下すごい汗!部屋に入り、大汗を流しながら服を脱ぐBちゃん。FからGはありそうな胸だが、基本的に鏡モチのような体型・これで1万8千円はないだろうよ!この紅の豚め!心の中でブッブッ言いながらも、シャワーを浴び、ベッドへと移動。「じゃあ、まずはうつ伏せになってください」
まずは、アロマオイルを手に取りながら足のほうからオイルを塗り出す紅。ペタペタ、スリスリ、ペタペタ、スリスリ。ただ、アロマオイルをなでつけていく。あの、ちっとも気持ち良くないんですけど。そもそも英国式っていうのは、どういうサービスのことを言うのかしら?
「普通は睾丸マッサージとか、足裏とか、いろいろ分かれてるじゃないですか?でも、全部含むのが英国式なんですよ」
は?何それ?じゃあ、韓国式エステに行って、すべてのオプションを付けると英国式になるってこと?わけがわからんよ!「ところでBちゃんは、この仕事始めてどのくらい?」「3ヵ月めなんですよね。その前は事務員やってました」
えらく地味だな。彼氏は?
「いままで男の人とつき合ったこともないんですよ」え?じゃあ、バージン?
「・・・はい」
マ、マジかちうか、無理ないわな-。これじゃな。
「そつか-。でも、バージンを捨てようと慌てないほうがいいよ。そのうち絶対好きな人が出てくるって」心のこもらない会話をしているうちに、うつ伏せ状態でのマッサージが終了。
「これで一通り終わりなんですけど、次はどうしますか?最後は普通のヘルスとかと一緒で、手でも口でも大丈夫です。素股もありますけど」
サイトに書いてあったとおり、バリバリの風俗ですよ、コレ。でも、こんな巨体にヤってもらっても勃たないんじゃないんでしょうか?でもせっかくだからマッサージをやってもらおっかな。
Bはタマタマを操み出したかと思いきや、おもむろにティンコをパックリとくわえた。普通なら興奮
する場面だが、硬度は上がる様子も無い。しかもフェラ、ド下手。その後も、ローションをつけてのパイズリなど試すも、悲しいかなまったく興奮しない。「ではまず、服を全部脱いでいただいて…最初は足浴になりますね」まもなく洗面器に入った暖かいワインで片足ずつ洗われた後、診察椅子に移動。まつぱだかの自分を見せられながら、パウダーマッサージを味わう。触れるか触れないかくらいの爪先でのタッチにティンコはすぐにビンビンだ。
「お客様、すつどい疲れてらっしやるのに…アソコは元気ですね〜では、パックいたしましょうね」
Cさんが、器に入った泥パックをハケでティンコに塗りこんでいく。
「ウフ…こうしてパックするとチン画が男前になりますよ。じゃあ、この泥を塗りこんでいきますね」細くて長いCさんの指が、泥だらけのティンコをヌメヌメとシゴき出す。
仮性の皮の内側にまでヌリュヌリュ塗りこむような微妙なタッチに、胸の辺りにものがこみげて
くる。思わず女のように内股になっちゃうよ!あら…お客様、かわいらしいですもっと染み込ませなきゃ…」別の生き物のように動くCさんの指。ヤバ…イッちやいそう!
「ベッドに移動してください」イク寸前に手を離すCさん。な、なんだこのテクは?凄すぎだよ!
続いてベッドにうつ伏せに・穴から顔を出すと、床に調合されたハーブが置いてあり、思わず眠くなるような香が体を包む。そのままCさんは肩から背中、腰、オシリ、足裏に至るまでしっかりと操み解す。プロ並みに上手い!本気で眠くなったころ、仰向けにされ、今度はワインの入った赤い口ーションで乳首や恥骨のマッサージ・き、気持ちいい。風俗よりもイイよ!そんな楽園気分に浸ってるボクを衝撃的な感覚が襲った。なんと、Cさんのローションまみれの指がヌルリと、アナルに入ってきたのだ。
タグ

完全顔隠し風俗嬢には超美人が潜んでいる可能性も|面接現場で顔を確認

95_2020040412104423c.jpg96_20200404121043961.jpg0093_202003292201218b6.jpg
a082.jpgh57.jpg風俗の面接っぽい場面に出くわした
お昼の池袋北口で、「お疲れっすう〜!」と馬鹿デカイ声が聞こえてきた。何ごとかと声の方向を向くと、いました、異様なカップルが。
男はワイルドなイケメン。30才くらいだろうか。「エグザイルでバックダンサーやってるよ」なんて言われてもうっかり信じてしまいそうだ。こういうタイプは若い女にモテるんだょ。しかしそいつが連れてる女の顔面は、松井秀喜にうりふたつ。
団子鼻十しゃくれで、ちょっと間違えれば女装男子だ。セクシーなはずの口元のホクロも、こいつの場合、鼻クソにしか見えない。こんな女を連れてるところを友達に見られたら自殺したくなる、そんなレベルだ。
これは、なんぞや?エグザイルと松井が付き合うか?ないない、絶対ない。
二言、三言かわした2人はそのまま目の前の喫茶店に入ろうと階段を上っていく。と、そこでハプニングが。後からついていく松井が足を踏み外したのか、つまずいたのだ。
「イタっ!」
しかしエグザイルは後ろを見向きもせずにスタスタと先へ行ってしまう。なんだ、この無関心ぶり。オレは2人が座った席の斜め向かいに腰かけた。あらためて観察しても、ますます関係はわからない。男妬は髪の長さや格好から見てもサラリーマンではない。
で、女もOLなんかじゃない。服装だけならキャバ嬢ってとこだけど、顔が松井だからそれもないわなぁ。
「とりあえず、なに飲む?」
「え〜ジュース」
男は外と変わらずやたらと声がデカイ。女はか細い声で聞こえづらいが、これならヒントも耳に入ってくるだろう。注文が終わると、男は携帯をとりだした。
「ああもしもし、オレ。うん、大丈夫?」
電話の最中、女も携帯を取りだしてピコピコやっている。なんつ-か、ドラマに出てくる柄の悪い男女って感じ。男が携帯をテーブルの上に置き、デカイ声で話し始めた。
「さてと。どう、儲かってる?」
「いや…□×△」
会話のスタートが「儲かってる?」って、ベタな関西人かょ。
こりゃもう絶対マトモな関係じゃないよな。
つづいてエグザイルが、カバンから紙とペンを取り出す。
「じゃあコレに書いて」
「ハイ」
契約書か何かか?まさか闇金だったりして。女が書き終わり、男は紙と女の顔を交互に見ながら話しはじめた。「内容は大丈夫?」
「はい」
「週に1,2度くらいでも?」
「あ、もっと×△○…」
「難しいかもね」
週に1,2度だと?はは-ん、なるほどそうですか。これ、面接ですな。しかも水商売、いや、もっとヘンなの。ブサ専ホテトルみたいな。だって普通の店で働けないことくらい本人も自覚してるっしょ。ホストクラブで借金を作ったブスが風俗入りってどこか。
「じゃあ、とりあえず来週連絡するから」
「ハイ」
席についてわずか5分ほどで2人は席を立ち、店の前で別れてしまった。エグザイルの入っていったのは、案の定、有名風俗チェーンの事務所だった。ま、採用する気はないだろな。面接5分で終わってんだもん。
風俗店でなるべく美人な嬢に当たるためにパネルを凝視して選んだものの、実際に部屋に来るのはデブスだったという苦い経験をしたことがある男はゴマンといるだろう。かくいう私もその中の一人だ
ったのだが、最近、超美人嬢に当たる方法を発見した。それは顔を完全に隠した女を指名するというものだ。顔を完全に隠した状態の嬢には二種類ある。一つ目は超デブでブサイクなフリー要員の嬢。どれだけ画像を編集しても客がつかないから顔を出さないでいる。
もう一つが超美人嬢の場合だ。顔を隠す理由は大学に行っているからだとか、親バレをしたくないからだとか様々だが、注目すべきはパネルに顔を出さなくても指名がつくと店側が判断しているということ。つまり超美人である可能性が高いわけだ。
完全顔隠しパネルでの指名ではこのブスなフリー嬢か超美人嬢の2パターンどちらかの嬢に当たる。このドキドキ感のあるギャンブルがたまらない。天国か地獄か。実際、私のオキニのデリヘル嬢には、現役の地下アイドルが存在する。彼女はファンにバレることを恐れてパネルに顔を出さないでいるのだ。イチかバチかのギャンブル、ぜひお試しを。
タグ
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます