エッチ体験談のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:エッチ体験談

  • 2020/07/13エッチ体験談

    【概略・全文は上記記事をお読みください】取引先の女性、三井さんである。バレると酒落にならないので詳細は話せないが、先方担当者のアシスタントとだけ言っておこう。初めて会ったのは昨年秋で、第一印象は《歌のおねえさんの茂森あゆみに似てる美人》。実にハキハキ話す好印象の女性で、制服姿がまた色っぽい。制服を着せたままヤッテみたいな、などと妄想したことも一度や二度じゃない。その三井さんが、今年の夏、社内の男性...

    記事を読む

  • 2020/07/12エッチ体験談

    年上の小料理屋の女将、マサコさんとのセックスで心身ともにリフレッシュできた俺。この勢いで、唯一のターゲットである難敵のレズビアン美女、ミサオに対しても攻めていきたいところだ。▼男に全く興味がなさそう▼可愛い彼女とラブラブ状態▼行動が読めず、ほとんど出会えない▼俺からのラインは既読スルーという状況なので、可能性は0に限りなく近いことは間違いない。正直言えば、﹃どうせ無理だろうから、積極的にアプローチして...

    記事を読む

  • 2020/07/12エッチ体験談

    Sっぽいルックスの実はどMなお姉さんの初ヌード僕力メラマンやってるんですけど、モデルさんをやってもらえませんか?背が高いし、冷たい美人って感じの顔だし、コスプレのために生まれてきた感じしますもん。勝手に盛り上がられても困るんですけど・・だから、コスプレはもうやらないって。コスプレしなくてもいいですから。撮影の条件は・・脱ぐの?でも、顔半分は隠してもらって大丈夫ですから。というわけでホテルへみさきさ...

    記事を読む

  • 2020/07/11エッチ体験談

    遠距離恋愛の女の子写真を撮らせてくれる方を探してるんですけど?風俗系?いや雑誌維誌なんですか?そうそう。町の女のコに子をかけて写真を撮らせてもらおうっていう企画なんだけど。何て雑誌ですか?裏モノJAPAN。裏モノ?知らないかなあ。けっこう有名だどいつ撮るんですか?えっ、脱ぐの?でも、お礼はするんで。お願いしますーじゃあ、まあ、はい。というわけでホテルへィィ足してますね。男が喜ぶでしょ?まあ、はい。べロ...

    記事を読む

  • 2020/07/05エッチ体験談

    いやあ、雨めんどうだよね。ほんと、いやになっちゃいますよね。あれ、今ってお暇な感じですか?ヒマすぎて死にそうですよー。じゃあ、ちょっと退屈しのぎにモデルとかやってみない?え? どんな感じのですか?ちょっとセクシー系な感じです。お礼も弾みますよ。え〜、やりますよ。いいんですか!?だって暇ですもん。雨もちょうど弱まってきましたし。じゃあ、時間もあれなんでサクサクっと脱いじゃってくれますか?は〜い。でもあ...

    記事を読む

  • 2020/07/04エッチ体験談

    素人娘インタビュー1お兄ちゃんに仕組まれて友だちと初体験初体験はいつ?中1の時。友だちのお兄ちゃんだったんだけど、遊びに行ってたらなんとなくそういう感じになって、押し倒された。一緒にプレステしてるときに友だちがどっか行っちゃって。「キスしたことある?」って聞かれて「ない」って言ったら「じゃあしよう」ってそのままやられた。ええ話やー。後で聞いたら友だちもお兄ちゃんに頼まれてふたりっきりにしてたらしい...

    記事を読む

  • 2020/07/04エッチ体験談

    続いては100キロは無い?おデブちゃんとの汗だくエッチ体験談巨乳・爆乳の風俗店とはつまりデブ専門店なのか可愛いパイズリ娘もいるのか?また今年も師走がやってきました・心も体も財布の中も寒い日々が続き、街中はクリスマス仕様のイルミネーション。肩を抱き合うカップルの群れ。ああ、あいつら全員死ねばいいのに。そんな心がすさむ冬。身も心も温めてくれるのが……やっぱり風俗ですね。女子の柔らかくてあったかいオッパイに...

    記事を読む

  • 2020/07/02エッチ体験談

    【妊娠中でも援助交際OKな人妻概略・全文は上記記事をお読みください】裏モノJAPAN創刊以来ずっと不思議に思っていることがある。俺だけではない。読者やライターの方々にもときどき怪謁な顔で質問を受けるので、みんな気にはなっているのだろう。この雑誌を読んでる女ってどんな連中なんだ?l表紙にはセックスの文字。中を開けば乳首がポロリで、真ん中の辺りには腹の出たオッサンのヌードグラビア。エビちゃんもジャニーズ...

    記事を読む

  • 2020/07/01エッチ体験談

    今ね、軽く大人のファッションチェックみたいのしてるんだけど、少し時間ない? お小遣い上げちゃうよ?うーん、少しだったら。いま何才?21才。好きなタイプはどんな人?優しい人かな。強引じゃない人。ちょっと質問なんだけど、男と知り合ってからHするまでの一番短い時間は?1時間くらいかな。ナンパ?いえ、相手は同級生なんだけど私は全然意識してなくて。初めて2人でカラオケに行ったらそういう雰囲気になっちゃって。エ...

    記事を読む

  • 2020/07/01エッチ体験談

    なんかお金に困ってんの?まあ色々と。正直、かなり助かります。お仕事は?この前辞めちゃったんですよ。美容系の仕事してたんだけど色々ありまして。ちなみに彼氏さんは?います。彼氏いるし、ダンナもいるし子供いるし。えっ! 子供もいるの?もう大っきいんですよ。4年生と1年生なんで。マジで! 何才で産んだの?18才で結婚と出産を。ぶっ飛ばしてるねー。ええ、人生一回なんで。まあでもそうなりたくてなったわけじゃなくて...

    記事を読む

取引先の美人OLとのエッチ体験談・会議室での寝取り不倫キスに興奮

180_20200713073828640.jpg181_20200713073829422.jpg182_202007130738303c1.jpg183_20200713073832818.jpg188_20200713081427f52.jpg189_2020071308142870b.jpg190_20200713081430632.jpg191_20200713081431d17.jpg180_20200713081546778.jpg181_2020071308154736f.jpg182_20200713081549b08.jpg183_202007130815505c2.jpg180_20200713083417ff0.jpg181_20200713083418c40.jpg182_2020071308342057d.jpg183_20200713083421a3f.jpg
【概略・全文は上記記事をお読みください】
取引先の女性、三井さんである。バレると酒落にならないので詳細は話せないが、先方担当者のアシスタントとだけ言っておこう。初めて会ったのは昨年秋で、第一印象は《歌のおねえさんの茂森あゆみに似てる美人》。実にハキハキ話す好印象の女性で、制服姿がまた色っぽい。制服を着せたままヤッテみたいな、などと妄想したことも一度や二度じゃない。その三井さんが、今年の夏、社内の男性社員と結婚することを担当者を介して知った。あれだけの美人である。さぞや、引く手あまただったろう。話を聞いた翌週、先方を訪れた。あいにく担当者は不在で、三井さんと打合せすることになった。一通り仕事の話が終わった後、俺は切り出した。
「結婚するそうですね。おめでとうございます」
「ありがとうございます。でも、結婚するっていろいろ大変ですよね。河内さんも結婚の先輩として色々相談に乗ってくださいね」社交辞令かもしれないが、悪い気分じゃない。
「うん。何でも相談してよ。こんな俺でも役に立つかもしれないし。会社の電話やメールだと話しにくいだろうし」
そう言うや、携帯を取り出し、赤外線で番号とメールアドレスを交換した。まま、向こうから連絡はないだろうが。と思っていた矢先、彼女から携帯にメールが届いた。
《本当にメールしちゃいました。ごめんなさい。でも、会社の人にはなかなか相談しづらくって。よかったら色々お話聞かせてくださいね》
結婚を前にいろいろ揺れ動く女心があるのかもしれない。でも、まさに結婚をしようとしているこんな美人とセックスできれば、どれだけ興奮できるだろう。
《よろこんで!来週の予定はどうですか?》
〈本当にメールしちゃいました。ごめんなさい・でも、会社の人にはなかなか相談しづらくって。よかったら色々お話間かせてくださいね〉
なかなかの好感触に、ソク〈よろこんで!来週の予定はどうですか?〉と返信したのだが、翌日届いたメールは実に愛想のないものだった。
〈期末で忙しく、なかなかお時間が取れません。申しわけありません〉
もしかしたら、あのメールは単なる社交辞令だったのか?それとも俺の下心を感じ取り、結婚前の大事な時期に迷惑だと感じているのか?いやいや、女を攻めるのにネガティブ思考は厳禁だ。まだまだ可能性がないわけじゃない。あくまでも取引先の社員ということを配慮しつつ、様子を見ながら、あせらずいこうではないか。なんせ、結婚までまだ4カ月以上ある。ここは少し抑え目のメールを返しておこう。〈公私ともに忙しい時期でしょうから無理しないでくださいね。落ち着いたら軽く飯でもいきましょう〉
「でも社内恋愛ってドキドキするやろ?俺経験ないからあこがれるわ」
「確かに、人目を忍んで会ってたときはドキドキして楽しかったですね。会議室でイチャイチャしたりして」
マ、マジ?制服姿の三井さんが会議室で…。最後までヤっちゃったの?
「さすがにそれはやぱいでしよ。でもBまではやったことありますけど」
Bって、どこまでやったんや?あかん、想像したら興奮してきた。一‐河内さんて聞き上手ですよね。やっぱり年上はいいなぁ。なかなかこんな話できる人がいないので今日はほんとにうれしかったです。また会ってお話ししてくださいね」
「そやね。バレないようにね」
「はい。でも、こっそり会うのってドキドキして楽しいですよね」
時間を忘れて話し込んでいるうちに俺に心を開いているし、大人の会話も大丈夫・あと一押し。どう、もう1軒飲みにいく?
「今日はもう帰ります・彼から何回もメール入ってるし」
仕方がない。今日はここまでにしておくか。タクシーを拾いに通りを少し歩く。酔っているからか、俺に身体をすり寄せてくる三井さん。ヤリたいなぁ〜。
タクシー乗り場で「じゃ、また」と握手したが、なかなか彼女は手を離さない。思わずそのまま体を引き寄せてキスをしてしまった・三井さんはまったく拒むことなく少し舌を入れてくる。
「キスしちゃった」彼女が潤んだ目でタクシーに乗り込む。俺の股間は、もうパンパンだった。
やっぱり勢いでヤっちゃうべきだったんじゃないか。キスしたことで、逆に会ってもらえなくなるかもしれない。翌日になってもあれこれ考えているところに、三井さんからメールが届いた。
〈ありがとうございました・お話聞いてもらってうれしかったです。昨日のことは絶対に秘密ですよ〜(笑)〉こりや、まだまだ十分に脈ありそうや。
翌週、三井さんの会社に行く機会があった・今日はおそらく彼女が応対してくれるだろう。というのも、先方の担当者が都合が悪い時に「どうしてもこの時間しか無理です」と強引にアポをとったからだ。思惑通り、会議室にやってきたのは三井さん一人・お互い顔を見合わせてクスクス笑ってしまった。「いけないことしちゃいましたね(笑)」「そやね。でもキスは挨拶みたいなもんやしなぁ」
「ですよね。でも、もうダメですよ(笑)」
思ったよりずっとあっけらかんとしている・彼女にとっても楽しくて刺激的な時間だったんだろう。それにしても、彼女の制服姿はやっぱりイイ!私服姿より断然そそる。この会議室で彼とBまでやったんや・そうかそうか・・・。
「また飯でも行こな。じゃ、再度別れの挨拶ということで」
用件を済ませ、帰るときに俺は冗談っぽく唇を突き出した。あくまでも軽〜い酒落で逃げられるようなアプローチだ。しかし、「あはは、ダメですよ、もう!」
そう言いながら、三井さんは俺に近づき唇を重ねた。バレるとヤバイのでほんの数秒だが、会議室の中でのキスは頭が爆発するほどの興奮だ・会議室プレイ、ハマリそうな予感
取引先のOL、三井さんとは1回目のデートで唇を奪い、その後も彼女の会社の会議室でどきどきキスを楽しむなど、予想以上に順調な滑り出しとなった。GWが終わり、三井さんとの約束の日がやってきた。俺としては、今回一気に落してしまう意気込みで臨みたい。少なくとも彼女も俺との密会を楽しみにしているし、すでにキスもクリア済み・会社と彼に絶対バレないようにしっかりと配慮し、安心を与えたら、あとはうまく彼女の背中を押してやるだけで落せるハズだ。むろん、お酒の力と少しエッチな雰囲気づくりは欠かせない。
時刻通りに登場した三井さんは、スーツ姿で、前回のギャル系ファッションとはまったく異なる雰囲気だった。「今日はお客さんのところに行く予定があったので、こんな格好なんですよ。ちょっと地味でしよ」いやいや、断然こっちのほうが俺好みだし、君に似合っている。サテンっぽいツルッルのブラウスがエッチくさいよ。店に行くまでの道すがら、頭の中にツイストの懐かしい曲「銃爪」が何度もリフレインする。
トゥナイッ、トゥナイッ、今夜こそ、オマエを落としてみせる
店に入り、ビールで乾杯。仕事の話などはそこそこに、今日は早めにエロトークに持ち込みたい。下ネタで盛り上がり、気がつけばエッチな気分に。俺が長年培ってきた飲みの席での口説きテクだ。
「結婚したらセックスレスになるって言いますよね。実際のところどうなんですかね?」
お・いきなりそっちから来たか。いい流れだ。
「私の友達でも何人か結婚してるんですけど、もうほとんどしてないってコもいるんですよ」
今はどうなん?「会ったら必ずしてますね」何でも、平均して週3回は彼と会い、1日2回は必ず愛しあうという。単純計算、月30回ぺース。若いっていいよなぁ。少しモチベーションが下がった俺に、三井さんが言う。
「彼、すごく写真を撮りたがるので困るんです」
え?それ、ハメ振りってこと?
「他人に見せられるのは絶対にイヤですからね。彼は自分で楽しむだけだって言ってるんですけど・それに流出とかしたら酒落にならないし」実際にしたことはあるの?
「1回だけですけどね」
会議室プレイといい、ハメ撮りといい、こんな美人相手にうらやましすぎる!
なんか腹立ってきた。彼女の話では、撮ったモノを見たいとは思わないが、撮られていることに少しは興奮したそうな。つまり、彼に画像を持たれてるのが心配なのか。
「それなら、三井さんのカメラで撮ったらいいやん。撮った画像は彼に渡さずに」
「あ、そっかぁ。なるほどね」
三井さんが何度もうなずく。オマエもハメ振りしたいだけなんかい!
彼女はなかなかのあしらい上手で、結局この日も落せずじまい・はぁ、情けない。いつからこんなアカンタレになってしまったんや。しかし、それから2週間後、彼女から思いも寄らぬメールが届いた。
『明日、外まわりなんですけど、お昼いかがです?』まだまだあきらめるには早いぞ。翌日。三井さんオススメのエスニック料理店の奥のボックス席に腰を落ち着けると、いきなり彼女が切りだしてきた。「お口でするのって、男の人はどうされるのが気持ちいいんですか?」
え?どういうこと?
「河内さんの提案どおり、私ので撮ったんです。携帯電話のムービーなんですけどね」
あ、ハメ撮りのことね。
「メモリーカード使うと結構長い時間撮れるんです。恥ずかしいんですけど、見ます?」
えマジで?見る見る。見せてくれい。彼女がこっそり携帯を差し出す。画面に映るは、彼のイチモッを頬張る三井さんの顔。真っ昼間にこんな。彼氏のイチモッはでかい。悔しいけど俺のとは比べ物にならない大きさだ。三井さんがこんな女だとは思ってもみなかった。正直、ちょっとがっかりしている自分がいる。ヤルノートに彼女の名前が載ったときは、知的でお嬢様っぽい雰囲気が魅力だった。そんな女性を口説き落とし、乱れる姿を見てみたかった。なのに、ヤル前から乱れすぎやろ。
まあ、いいや。いずれにせよ、いい女であることは間違いないし、結婚前の女性とヤルというドキドキ感もある・どエ口なセックスを楽しめるという可能性も高い。というか、もはやヤルしかないやろ・フェラ画像まで見せられたんだし、直球勝負といこう。
「俺、三井さんとヤリたいなぁ。独身最後の思い出にどう?」
「え、今からですか?もうじき会社に戻らないといけないんですけど」
「いやいや、今日やなくていいよ」
「あ、ビックリした。でも、ダメですよ。誰ともしないって決めてるんですから」
「浮気はイヤってこと?」
「うん、そうじゃないんですけど…」彼女によると、大学の頃は合コンやナンパで男に誘われるままヤっちゃったことは何度もあったが、あまりいい思い出がない。そこで、気分に流されずに、この男と絶対にしたいという相手としかセックスしないことに決めたそうだ。結婚が決まったので、他の男とズルズル付き合うのはさすがに無理・かといって行きずりの男とは絶対しないと決めた。だから浮気がイヤな訳ではないが、他の男とはできないという理屈。頭でっかちっていうか、なんか面倒やなあ。「河内さんはとはホントにヤってみたいなって思ってるんですよ。こないだ飲んだときもすっごくしたいなって思ったし。でもダメなんですよ」
「ズルズルがいやなら、1回だけにしたらいいやん」
「でも、ホントにしたいなっていう人だったら、また会ってしたくなるでしょ?1回だけの関係ってなんか寂しいし」「アホやなぁ。1回だけやからよけい楽しいってこともあるのに・最初で最後だと
思ったら、すごく燃え上がるやろ」なんとかヤリたいだけの誰弁だ。
「…一期一会ってやつですか」「そうそう、それ、一期一会!」
三井さんはしばらく黙った後、口を開いた。
「今日はもう時間ないし、会社に戻ります。今晩、ゆっくりお風呂にでも入りながらどうするか考えてみよ」考えて結論出すようなことではないと思うんやけどなあ。
「今日はどうもありがとうございました。河内さんと話してたら、やっぱり勉強になるわ。一期一会が無理でもまた会ってくださいねっ」
別れ際の言葉から察するに、どうやら無理っぽいかもしれない。まあ、いい。飲みにいった時、彼女がヤル気満々だったとわかっただけでも勇気が出てくる。会うたびに「ヤリたい」って言い続けてやる。翌日、三井さんから短いメールが届いた。
〈一期一会、よろしくお願いします▼〉
よつしや!俺には『サクラサク』の合格メールに見えるぞ!と、続いてもう一通メールが。
〈今、少しお話してもいいですか?〉とある。なんやろ。電話をかけると、三井さんは、はにかんだような声で言う。
「やっぱり河内さんとしなかったら後悔すると思ったんです」「え、なんで?」
「だって、河内さん、すごくエッチうまそうなんやもん。なんかうまく言えないんですけど、めくるめく経験ができそうっていうか」
メクルメク?どうやら、彼女の頭の中では勝手に床上手の俺のイメージが大きくなって、暴走しているようだ。とりあえず、来週は生理中ということなので、再来週に会う約束をして電話を切った。
三井さんとヤレるのはうれしいが、何だかプレッシャーを感じてきたぞ。すごくうまそう、めくるめく…。正直、俺のセックスは並だ・アダム徳永や加藤鷹みたいな特別なテクはないし、タフだというわけでもない。当然ながら、今まで女に「こんなの初めて」とか「死んじゃう」とか言われたことなど1回もない。ヤった後、三井さんに「ふん、河内さんって普通だったんですね」とか言われたらつらいなあ。チャンスは1回こっきりだし。三井さんはどんなことしたら、めくるめぐんだろう・セックスはどんな噌好なんだ?SなのかMなのか?あんなビデオ見せるくらいだから羞恥プレイは好きなんだろうな。オモチャは使ったことあるんやろか。なまじ、会うまで2週間も空いているため、色々と考えすぎてしまう。しかも、俺、何ヶ月も外でエッチしてない。今、三井さんとしたら間違いなく、すぐにイッてしまいそうや。早漏防止の極厚コンドームでも買っておこうか。
あかん、どんどんネガティブな考え方になっている。こんな状態で彼女と一戦交えてもうまくいくはずがない。1週間、考え悩みぬいた結果、だんだんアホらしくなってきた。もういい・来た球にバットを振るだけや。それでいいやないか。浮気しない理由やめくるめくセックスの妄想から察するに、三井さんは頭でっかちで、あれこれ考えすぎる女性なんだろう。俺が彼女に合わせて頭でっかちになってもうまくいくはずがない。いよいよ、一期一会のセックスの日がやってきた。今日の三井さんは、胸の大きく開いたちょっとフリフリでセクシーなワンピースにナマ足・化粧もいつもより濃い目で、今日に賭ける意気込みを感じさせる・身体中にラメスプレーを吹きかけているんだろうか、胸元や足首がキラキラ光っている。オマエは叶姉妹か!彼女があまり遅く帰れない事情もあるので、寿司屋で軽く腹ごしらえした後、すぐにラブホに向かう。「ああ、なんか緊張しますね」
ことばにウソはないようで、歩くスピードがどんどん速くなっていく。ホテルのエレベータでそっと抱きしめる。三井さん、少し震えている。俺の方は武者震い。やっぱりカワイイなぁ。ここまでこぎつけられてホンマによかった。部屋にはいり、言葉も交わさずキス。血圧がぐんぐん上昇し、頭の中は真っ白だ。そのままベッドに倒れ込み、ワンピースの胸元とブラジャーをグイと下げた。形のいいオッパイがプリンと顔を出す。ラメでピカピカのバストにむしやぶりつきながら、ワンピースの裾を捲し上げると、赤と黒のレースのエッチくさいパンティが現れた。エロっ!「ああん、恥ずかしい」
思わず顔を埋める俺に、三井さんがカワイイ声を出す。パンティの股の部分をつまんで横にずらすと、彼女はすでにヌメヌメと光るほど濡れていた。パンティの裏側にもべったりと愛液がついている。指と舌でクリトリスを刺激する。「ハァ、ハァッ」と高い声を上げて腰をびくつかせる三井さん。あかん、もうガマンできん。パンティを脱がさずにそのままずらして挿入・俺もまだネクタイをつけたままだ。三井さんの顔、上半身にキスしまくりながら、腰を振る。あまりに興奮しているせいか、ペニスは超ギンギンだ。経験上、こういうときは早くイク心配はない。二人とも汗だくで、彼女の顔や胸に俺の汗がポタポタと滴り落ちる。バックに体位を変え、後ろから突きまくった後、再び正常位にもどり、キスしながら二人でフィニッシュ・こんな獣みたいなセックスは久しぶりだ。
ベッドの上でいちゃついているうちに、ムクムクと元気になってきた。シャワーも浴びずに、でも今度は服を脱いで2回戦に突入。携帯ムービーですでに知っていた三井さんのフェラを実際に体感する。やっぱ、美人のフエラはエ口いなぁ。唾液で湿らせ手コキしながら、「緩急ですよね」と三井さん。うん、気持ちいいよ・そのまま、普通にセックスして2回戦終了・俺はすごく興奮したし、気持ちよかったが、彼女はどうだったんだろうか?めくるめく、は無かったやろ?「想像してたのとは全然違ったけど、楽しかったですよ。ホントに」一期一会と言わず、結婚後もまたお手合わせさせていただきたいものだ。
カテゴリ
タグ

歯科衛生士とのエッチ体験談・治療時におっぱいの感触を味わい惚れ口説いて診療ごっこSEX

01420_20200712114528f47.jpg01430_20200712114530e9c.jpg01440_20200712114531d71.jpg01450_20200712114532cf6.jpg140_20200712114252d87.jpg141_20200712114253ed1.jpg142_20200712114255cba.jpg143_20200712114256472.jpg140_20200712114252d87.jpg141_20200712114253ed1.jpg142_20200712114255cba.jpg143_20200712114256472.jpg142_20200712114357946.jpg143_20200712114358385.jpg144_2020071211440067e.jpg145_20200712114401f6f.jpg
年上の小料理屋の女将、マサコさんとのセックスで心身ともにリフレッシュできた俺。この勢いで、唯一のターゲットである難敵のレズビアン美女、ミサオに対しても攻めていきたいところだ。
▼男に全く興味がなさそう
▼可愛い彼女とラブラブ状態
▼行動が読めず、ほとんど出会えない
▼俺からのラインは既読スルー
という状況なので、可能性は0に限りなく近いことは間違いない。正直言えば、﹃どうせ無理だろうから、積極的にアプローチしてもしゃあない。そのうちターゲットから外したらええか﹄なんてネガティブな考えに陥っていたこともあったが、マサコさんのおかげでもう大丈夫。たとえ厳しい戦いであっても不戦敗は許されない。白黒はっきりと決着をつけてやろうじゃないか!さっそくミサオと出会ったバー、Mに足を運び、ミサオをよく知っている店員のノゾミに話しかけた。
「ミサオちゃんは最近来てる?」
「そうですね、相変わらず忙しそうなのでたまにしか来ないですけど。河内さん55才の俺が今、地獄の底まで追いかけてでも絶対にヤリたい女のファイル。残念だ………とはなかなか日が合わないですよね」会えないようじゃ話にならない。ここはもう、俺のミサオへの想いをノゾミにぶっちゃけて、彼女にサポートしてもらうしかないか。
「俺、ミサオめっちゃタイプやねん。仲良くなりたいんやけどなぁ」
「そうやったんですか。またマニアックで、難易度高いところにいきますねぇ」
「ノゾミちゃん、申し訳ないけど、色々とサポートしてくれへん?」
「全然いいですよ。どうせアカンと思いますけど、チャレンジしてみてください」一応、既読スルーされていることを伝えると、
「あぁ、ミサオにはよくあることなんで気にしなくてもいいと思いますよ。無視してるんじゃなくって、ライン送った人が誰だかわかってないだけですね」
俺のことは覚えているが、名前は覚えていないってことか。ホッとしたような残念なような…。
「明後日、遅めの時間に飲み会があって、ミサオも来るんですけど、河内さんも来ます?」
「エッ、行く、行く! 絶対行く! でも俺行っても大丈夫なん?」
「全然問題ないですよ。あと、彼女のマキちゃんもいませんしね。頑張ってくださいね。どうせアカンと思いますけど」一言多いけど、いいコや。もらったそのチャンス、活かさせていただきます翌々日、0時過ぎに飲み会の会場のバーに向かう。特に作戦はないが、ミサオは毎回めちゃくちゃ飲んでぐでんぐでんになるそうなので、俺も一緒にとことん酔っ払って、楽しもう。そして、想いは絶対に伝えよう。先に酔いつぶれては洒落にならないので、ウコンドリンクを飲んでから店に入った。
バーというよりはスナックっぽいつくりの店の奥にミサオがいた。
「相手が男やったら絶対にしない」
女のコと二人で楽しそうに飲んでいる。すでにだいぶできあがっているようで、ご機嫌な彼女。初めて会ったときのクールな魅力は消えているが、それでも十分に綺麗で、可愛い。
「あ、どうもお久しぶりです。ライン、すいませんでした。誰かわからなかったんで…」
どうやらノゾミが事前に連絡してくれてたようだ。そのノゾミも5分後にやってきて、4人での飲み会がスタートした。若い女性3人と一緒なので俺にとってはめちゃくちゃ楽しい飲み会だ。ウィスキー、ジン、テキーラと酒がどんどん進み、1時半ごろには全員かなりの酔っ払い状態に。いかん、いかん。目的を忘れて楽しく飲んでいる場合じゃない。うまい具合に話が恋バナというか下ネタになってきたのでミサオに問いかけた。「なぁ、男ってまったく対象になれへんの?」
「そんなん、絶対無理に決まってるやん」酔っ払っているので、タメ口になっている。
「そうなんや。俺、ミサオのことめっちゃ好きなんやけどなぁ。あかん?」
「あはは、ありがとう。うれしいけど、無理。ごめんね」
あっさりフラれてしまった。その後も女性陣から「ホンマに男、無理なん? 今まで1回もないの?」と訊かれていたが、
「世界中で二人しかいなくっても、相手が男やったら絶対にしない。河内さんも相手が男やったらヤラないでしょ」そりゃそうだ。こうして、はっきりと結論が出てしまった。想像していた結果だが、残念だ。でもはっきりと確認できてよかった。これで迷わず次にいける。実は、ミサオに苦戦しているさなか、気になる女性が現れていた。3カ月ほど前に歯が痛くなり、近所の歯科医院を訪れた。処置をしてもらい、痛みは引いたが、歯や歯茎の状態をよく調べ、メンテナンスをしていきましょうと歯医者に言われ、継続して検査と歯石の除去を行っていくことになった。歯茎の状況を調べるかと、イスを倒して歯科衛生士のお姉さんが1本1本歯周ポケットに針のようなものを突っ込んでいく。
最初は痛くて不快だったのだが、途中でお姉さんの胸がかすかに俺の頭に触れているのに気がついた。頭皮に感じる柔らかな感触。意識がそちらに集中するからか、その後痛みはまったく気にならなくなった。検査する場所を変えるからと角度を変えると、今度はこめかみ辺りに胸が触れる。15分ほどの検査だったが、不快どころか、幸せな時間を過ごすことができた。検査が終わり、どんなお姉さんだったのかとチェックする。マスクをつけているのではっきりとはわからないが、小柄でかわいい雰囲気だ。俺に当たっていた胸は、とチェックすると、そんなに大きい訳ではない。Cカップくらいか? 名札から名前は「田島」さんと判明。少し日を置いて、歯のメンテナンスに移った。人気の歯科医なので、2週間に1回ほどのペースで合計10回通うことになる。
歯のメンテナンスは、何人かの衛生士のなかで先日の田島さんが担当してくれることに。また胸が当たったらうれしいなぁ。いざ、処置が始まると、先日の検査のときとは比べ物にならないくらいしっかりと胸が頭に当たる。治療中、ずっとだ。
「痛かったら遠慮なさらずにおっしゃってくださいね」
いやいや、尖った金属で歯茎の奥までグリグリされたってまったく痛みは感じない。いや、おそらく少しは痛いんだろうが、全神経が頭皮に集中し、脳が田島さんのおっぱいの感触を優先しているので認識しないんだろう。至福の20分間が終わり、受付で清算。支払った治療費が安く感じる。あと3千円くらい払ってもいいくらいだ。2週間後の次回の予約が待ち遠しい。ところで、なぜ彼女はおっぱいを頭に当てるのか。物理的に当たらざるを得ないほど大きいわけでもない。胸に当てることで安定して治療しやすいのか?たまたま同じ歯科医にかかっている嫁さんに訊いてみた。
「あの、小柄のまつエクしてるコやろ。私も何回か担当してもらったことあるけど、胸が当たったことなんかないで」
ふーん、なんでやろ。嫁さんは女だから気づいていないだけなのかもしれないが、もしかしたら、男性に対してのみの無痛治療的な行為なのかもしれないぞ。本当の理由はよくわからないままに、このうれしい治療は続き、あと2回を残すのみとなった。もうじきこの田島さんのおっぱいの感触を味わえなくなると思うと残念で仕方がない。マスクの下にはどんな顔が隠れているのか。実際の胸はどんな形をしているのか。そして、そのおっぱいは直接触れるとどんな感触なのか…。頭に当たるおっぱいの感触に魅せられヤルノート入りした歯科衛生士の田島さん、残された治療の回数はいよいよあと
2回となった。この2回の機会で俺がなすべきことは二つある。一つは、少しでも彼女についての情報を得ること。現在わかっているのは『田島』という姓のみ。ファーストネームが分かればSNS等で検索してヒットする可能性だってある。
もう一つは、治療中に俺の頭に当たる彼女の胸の感触をしっかり頭皮と記憶に刻み付けておくこと。いくらヤルことが目的であっても、治療中におっぱいが当たるうれしい時間はまもなく終わってしまう。この興奮するシチュエーションこそが、田島さんの付加価値なのだから、あと2回の治療は前戯みたいなもんだ。『よしっ!』気合を入れてラス2の治療に臨む。施術が始まるまでは、視覚や聴覚を研ぎ澄ませて情報収集にあたろう。院内に彼女に繋がる記載などがないかとホワイトボードや棚などを隅々まで観察する。また、同僚から「○○ちゃん」のようにファーストネームで呼ばれたりしないかと聞き耳を立てる。残念ながら、有益な情報は得られないまま施術が始まった。ここから重要なのはもちろん触覚だ。座る位置をちょっと上にずらして少しでも胸が強く当たるようにポジショニングしたうえで、全神経を頭皮に集中させる。よし、来い!今回も田島さんのおっぱいはしっかりと俺の頭に触れている。俺が座る位置を上げたのに彼女が後ろに下がらなかったおかげで前回以上の密着感だ。田島さん、当たっているということに全くの無頓着なのか? もしくは、わざと当てているのか? いずれにせよ、今回も治療の痛みや不快感は一切感じず、柔らかい感触に満たされる。あぁ、この時間がずっと続けばいいのに…。しかし、至福の時間はあっという間に過ぎ去り、施術は終了。残念ながら新たな情報は得られなかった。
「河内さん、長い間お疲れ様でした。あと1回で終了ですね」
そうか、あと1回か。終わって欲しくないなぁ。その夜、田島さんとのプレイを想像しながらオナニーした。歯科のイスにリクライニングされた状態の俺の頭に、田島さんが胸をグリグリ押し付けながら、医療用の手袋をつけた手で股間をまさぐってくる。位置的に彼女に何もできない俺に対して、彼女はズボンからペニスを出してゆっくりしごき始める…。『白日夢』の逆パターンのようなストーリーを妄想し、あっという間にイってしまった。ふぅ、興奮した。実際にこんなプレイできたらめちゃくちゃ興奮するやろな。絶対に無理やけど。そして迎えた治療の最終回。田島さんに関する情報を得るのは難しそうだが、少しでも彼女とコミュニケーションをとって俺のことを印象付けたい。今後、医院の外で待ち伏せするなどして偶然の出会いを装うなどの作戦をとろうと考えているのだが、そのためにもこれは不可欠だ。もちろん、最後の感触を楽しむのは言うまでもない。
前回以上の気合で歯科医院に入り、20分ほど待って案内されたのだが信じられない事態が。なんと、ちょっとポチャリした別の歯科衛生士がこの日の担当になっていたのだ。えーっ、今日で最後やのにどういうこと!?仕事の都合で予約を変更したのがまずかったのか。
この日の衛生士さんも巨乳のためか少しだけ胸が当たることもあったが、田島さんでなかった残念な気持ちのせいで、嬉しさは全く感じない。そのためか今日の施術はとても痛く感じるわ。
いずれにせよ、今日で治療は終了。あぁ、これからどう攻めていこうかと暗い気持ちになっていたが、院長からうれしい一言が。
「河内さん、申し訳ないですけど、もう1回来ていただけませんか? 次回、念のため最終確認とホワイトニングができればと思ってまして」
「はいっ、もちろん来させていただきます(よろこんで!)」
そして延長戦というか、敗者復活戦の日がやってきた。担当は無事、田島さんだったが、な、なんと、マスクをしてないやないか! 予期せぬいきなりの素顔にびっくりしただけでなく、想像してい
た顔とまったく違う!
やや明るい色に染めた髪マツエクしてるぱっちりした目から派手めの女性を想像していたのだが、実際はビックリするほど地味な顔。どうしてこの髪と目でこんな地味な印象になるのかよくわからない。ただ、よく見ると地味ではあるが整った顔ではあるし、全然ありなレベルだ。これで中身がすごくエッチだったりしたら、かえって興奮できそうだしな。
今回は、あまり胸が密着する施術はなかったが、その代わり少し話ができた。
「河内さん、痛いとか全然おっしゃらないですよね。顔をしかめたりもされないし。すごいなぁ」
「いやいや、田島さんがめっちゃ上手やったからですよ」
正直におっぱいのおかげだと言うわけにはいかない。
「今日で終わりですね。お疲れ様でした。できれば3カ月くらいしたら状態のチェックや歯のお掃除にいらしてくださいね」いやいや、3カ月も待つ気はない。次は偶然バッタリ作戦の実行だ。ただ、やみくもにずっと待ち伏せするわけにはいかない。今まで田島さんが対応してくれた日を調べてみると、水曜日と金曜日の午後6時、7時がほとんどだ。診察終了が8時なので、まずは次の水曜日の8時半頃から医院の近くで待ち伏せすることにした。向かいのビルの中で待つこと15分、医院の出口から2人の女性が出てきた。1人は体型からちょいポチャ衛生士だとすぐわかった。もう一人は?メガネをかけているが、身長と髪型、髪の色から田島さんに間違いない。ビルから飛び出し、後を追う。2人なので声かけは難しいと思っていたら、次の角でちょいポチャが「じゃあね、お疲れさん」と田島さんから離れていった。チャンス! 彼女に近づいていき、声をかけるタイミングをうかがう。
待ち伏せしていた間、どう声をかけるかを考え、何度もシミュレーションしていたが、いざとなったらめちゃめちゃ緊張してきた。でもここは勇気を出さないと。田島さんに追いついた瞬間に声をかけた。「あら、こんばんは」「あぁ、河内さん。こんばんは」
名前を憶えてくれてた。うれしいやないか。
「仕事帰りですか? お疲れさんです」「ありがとうございます。河内さんは?」
「今から帰るとこです。長いことありがとうございました」
「やっと終わりましたよね。お疲れ様でした。実は私も今月で終わりなんですよ」
「えっ? どういうこと?」「来週でA歯科、辞めるんです」
聞けば、田島さんの自宅近くに歯科医ができたので、そこに転職するそうだ。それじゃ、待ち伏せしたってもう会えなくなるやん。今日なんとか連絡先を手に入れないと。
「3カ月後にA歯科に行っても、もう田島さんにお願いできないんやなぁ」「そうなんですよ。すいません」「それじゃ、田島さんが次働く歯医者さんで診てもらおかなぁ」「ぜひぜひ、来てくださいよ。A院長におこられるかもしれないけど」
「じゃあ、よかったら連絡先教えてもらってもいい?」
「はい、いいですよ。LINEでいいですか?」よっしゃぁ! つながった!!思ったより全然楽勝や。
よく考えれば、田島さんの連絡先を教えてもらわなくても転職先の歯科医院の名を訊けば済む話だが、なんの疑問もなく連絡先を教えてくれたのはラッキーだ。いやいや、おっぱいの件といい、少しは俺に気があるのかも。それともただの男好きだったりして。待ち伏せ作戦で、帰宅途中の歯科衛生
士の田島さんに声をかけ、LINE をゲットできた。思ったよりすんなりと連絡先を教えてくれたのでびっくりしたが、自ら掴んだこのチャンスしっかりとモノにしなければ。駅前で田島さんと別れた。ペコリと頭を下げて駅に消えていく彼女を見送った後、自宅へ歩いて帰る道すがらにさっそく『よろしくね!』というスタンプを送信。10秒立たずに『ぺこ』と、可愛いうさぎがお辞儀しているスタンプが返ってきた。
よしよし、なかなかいいレスポンスだ。ただ、LINE を教えてくれた田島さんの真意がよくわからないなか、あまりこちらから積極的に送り続けると警戒されたり、引かれたりするかもしれない。今はもうこれでいいかと思っていたら2、3分後にまた田島さんからLINEが来た。『おっ』と思ってすぐに開くと、彼女が転職するB歯科医院の住所と電話番号だった。続いて『3か月したらぜひ来てくださいね』というメッセージが。すんなりLINE が交換できたので、少しは脈があるかもと思ったが、やっぱり親切に次の職場を教えてくれただけだった可能性が高い。まぁ、冷静に考えれば当たり前のことだ。月に2、3回やってくる親子ほど歳の離れたオッサンで、若くもカッコよくもない。ほとんどの時間は口の中しか見ていないんだし。治療中におっぱいが当たっていたことで俺が勝手に少し期待していただけだ。ただ、脈があろうがなかろうが、連絡先を手に入れられたことに変わりはない。田島さんとヤルために慎重かつ確実にアプローチするしかないのだ。8月に入り、もうB歯科医院で働き始めた頃かなと田島さんにLINE を送ってみた。
『こんにちは。新しい職場はどう?』
1時間ほどして既読になり、メッセージが返ってきた。
『おひさしぶりです。実はまだ仕事はじめてないんです。あさってからちょっと旅行に行って、その後ちょっとゆっくりして、仕事はお盆あけてからです』
『そうなんや。どこいくの?』『台湾です』『いいやん。楽しんできてね』
『ありがとうございます! いってきます』田島さんとLINE のやり取りができたのは嬉しいが、またしばらく間が空いてしまうなぁ…。1週間経ち、日本に帰ってくるころだろうし、そろそろ連絡してみようかって思っていたら、なんと田島さんからLINE が入った。
『ただいま帰りました』まさか彼女から連絡がもらえるとは思っていなかったので、びっくりした。
『おかえりなさい。台湾、どうやった?』『むっちゃ楽しかったです!』
『そうなん。話、きかせてよ』『ぜひ、ぜひ!』
いい流れだ。ここは攻め時。いっぺん飲みにいこうよと誘うと、すんなりOK がでた。
『行ってみたいバーがあるんですけどいいですか? 堀江にある●●っていうんですけど』
『あぁ、1回いったことあるよ。いこいこ』
こんな感じで、すんなりと飲みのアポが取れてしまった。こりゃ、やっぱり脈があるんじゃないか。そうとしか考えられない。しかし、もしそうだとして20代半ばの若いコがこんなオッサンに興味をもってくれる理由がよくわからない。なんでだ?金持ちそうに見えるわけでもない(実際にそうじゃない)し、渋くてイケてるオヤジって訳でもない。会って飲みにでもいけば、楽しく盛り上げてヤレる雰囲気を作っていく自信は少しはあるが、田島さんとはほとんど治療中しか接点を持っていない。彼女、枯れ専なのか? それとも宗教に誘われるとか、なにか裏でもあるのか…?まぁ、あれこれ考えても仕方がないのでとりあえず飲みに行こう。
当日、店の前に着くと、すでに田島さんが待っていた。ガウチョパンツに白いブラウス姿で、一応オシャレはしてるけどもあか抜けない感じだ。顔はというと、やっぱりまつエクでぱっちりした目元な
のに地味目でもう一つパッとしない。全然ブスではないんやけどなぁ。やっぱり白衣じゃないとテンションはあがらんのかなぁ。テンションやや低めの俺に対して、田島さんは、来たかったバーに来られたと、台湾が楽しかったこと等々、最初からテンション高めだ。顔は地味やのに。うんうんと相槌を打ちながら彼女の胸元に目をやると、白衣のときより胸の形がはっきりわかる。カップはC〜Dで、
巨乳ではないが形もよさそうだ。治療時のおっぱいの感触を思い出してだんだん興奮してきた。ところで、田島さんにどうしても確認したい2つの疑問がある。なんでこんなオッサンとデートしてくれるのか? そして、そもそも、なんで治療時におっぱいを当てるのか?
酒も入って田島さんもだいぶできあがってきたのでぶっちゃけて訊いてみよう。「えっ、だって河内さん、歳はだいぶ上ですけど、そんなオッチャンって感じしないし、素敵ですよ」
ありがたいお言葉だが、色々話してみると、とどのつまりは
●出会いがない職場なので男がいなくて寂しい。
●ナンパしてきた患者は俺一人。
●男の好みはうるさくなく、ストライクゾーンが広い。
ということのようだ。要はオサセってことね。じゃあ、おっぱいについてはどうなん?
「先生から、しっかりと患者さんの頭を固定して施術するようにって言われてたので、あのスタイルが一番やりやすいんです」
これも突っ込んで訊いてみると、男性患者が意識していて、人によっては頭を摺り寄せてくることもわかっていて楽しんでいるようだ。エロい女やなあ。田島さん、楽勝でヤレる女のようだし、このまま誘えばホテルに直行できそうではある。しかし、それで楽しいのか? 興奮するのか? 酒場でナンパしたたいして美人でもない女とエッチしたときとそんなに変わらないやないか。治療中におっぱいが当たっていた時のテンションを10とすると、正直今は5〜6ってところだ。せっかく楽勝でできそうな女なんだから、もっと興奮するシチュエーションでできないものだろうか?そう考え、今日は誘わずに彼女をリリースすることにした。田島さんとどんなプレイができるのか、妄想するぞ。そして実現するぞ!オサセ歯科衛生士の田島さんを普通に落としてもつまらない。彼女と初めてヤルときは、治療時のおっぱい接触に勝る興奮を得られるエッチを実現するぞ!と心に決めて、飲み会は1軒目でお開きにし楽勝でヤレそうだった彼女をリリースした。
﹁えっ、もう帰るんですか?﹂と田島さんは口を少しとがらせて不満げな様子。話の流れから当然今日はヤルものだと思っていたようだ。ゴメン、ゴメン。次に会ったときは思いっきりエロいシチュエ
ーションでエッチしたるから。
田島さんと駅で別れた瞬間から、彼女と実現したいエッチのシチュエーションを色々と考え始めた。
①やっぱり、歯医者のイスに腰かけて、おっぱいを押し付けられながら白衣の彼女の身体をまさぐってみたい。
②逆に俺が歯科医になって、彼女と﹃白日夢プレイ﹄というのもかなり興奮しそうだ。
③地味目で美人とは言えない田島さんだが、Mっぽいエロさを感じる。色々なSMプレイを楽しんでみたい。白衣の上から縛った姿を想像したら勃ってきた。
できれば①は実際の歯科医院で行ってみたい。田島さんの転職先の医院に行けばもしかしたら実現可能かもしれないが、そんなセクハラ行為がバレずにできるレイアウトなのかどうかわからないし、そもそも彼女が担当についてくれる保証もない。やっぱり無理かなぁ⋮。
実際の歯科医院が無理なら、ラブホにそんなプレイルームはないんだろうか。医療プレイしたいスケベな奴は俺以外にもいるだろうし。さっそくネットで﹃ラブホテル 診療室﹄と検索するといくつものホテルがヒットした。大阪にも数件存在するやないか。プレイルームの写真を確認すると、結構本格的な治療用のイスを設置しているところもある。こりゃ使えるぞ。所詮、﹃診療ごっこ﹄に過ぎないが、①②③すべてのプレイが実現可能で、単なるエッチよりはだいぶ興奮しそうだ。さて、問題は田島さんをどうやってこのプレイに誘うかだ。1回ヤッたあとに﹁こんなプレイしたい﹂と言えば問題なく実現できそうだが、それじゃ意味がない。初めてヤル前に同意してもらうのは、いくらオサセの彼女でもなかなかハードルが高いかも。
方法としては飲んでいる最中にエロエロな雰囲気に持っていく     
◀その流れで﹁こんなプレイしてみたいんやけど﹂と提案する   
◀診療室のあるラブホにGO!という流れか。これだと白衣を彼女に持ってきてもらうのは難しいのでこちらで調達しなければ。これも一応ネットで検索してみると、2千円も出せばいい感じの白衣が手に入る。十分に実現可能なプランだ。もちろん、実際の歯科医院での①のプレイが実現できるなら最高なので、その可能性も捨てず、話の流れで可能であれば田島さんに提案してみよう。よし、決まった!来週あたり、再度飲みのアポを入れてみるか。診療プレイへの期待から、モチベーションがどんどん上がっていく俺だったが、その前にひとつ確認しておきたいことがある。
実はSNS上で、田島さんと俺との共通の友人として、ミナミでガールズバーをやっているC子が表示されていたのだ。先日、田島さんに会ったときにどんな繋がりなのか訊いてみようと思っていて忘れていたのだが、C子の店に行く機会があったので訊いてみた。
﹁あぁ、美枝ね。うちのスタッフの友達で、3、4年前に少しだけうちでバイトしてたこともあんねん。世間せまいよねぇ﹂ 先日一緒に飲みに行ったことを伝えると、﹁えっ、河内さん、美枝とヤッた?﹂やっぱり、そんなに軽いんかい。﹁いや、なんもしてへんけど、なんで?﹂﹁そりゃよかった。実はな﹂
C子が田島さんの友人から聞いたという彼女の近況は、さすがの俺でもちょっと引いてしまう内容だった。
☁オサセの田島さんは、彼氏の他に数人のセフレがおり、いろんな男とヤリまくっていた。
☁その結果、性病に感染。
☁セフレとの関係は全員いったん解消した。彼氏に性病の件を伝えたら、当然ながらフラれたのでフリーに。☁性病治療中はセックスを自粛していたが、治った今はヤリたくて仕方がないらしい。
﹁河内さん、よかったなぁ。病気、うつされてたかもしれんで﹂
田島さんと会ったのはつい最近なので、間違いなく病気は治っていたと思われるが、それにしてもちょっと怖いなぁ。病気のケアくらい、しっかりしろよ。オサセはありがたいけど、反面こんなリスク
もあるんや。なんか、あれこれエロい行為のシミュレーションをして楽しんでいた気持ちが、一気に萎えてしまった。もともとオサセの田島さんが、性病によるセックスの自粛とパートナーの不在でヤリたくてたまらない爆発寸前の状態であることは容易に想像できる。そんな彼女なら、どんな要求も受け入れてくれるだろうしすごいセックスも経験できるかもしれない。性病も治っているだろうし、うつされないようにケアすることもできる。
俺のしぼんだヤル気は容易に回復しそうにないが、正直、オサセ度MAX状態の彼女を体験しないともったいないという気持ちもある。やはりここは、しぼんだ気持ちがパンパンに膨らむほど興奮するシチュエーションを考え付くことだ。今まで経験したことのないようなすごいエッチ。俺のイマジネーション力が問われている。
カテゴリ
タグ

泥酔・酔っぱらった時の行きずりエッチ体験談・初ヌード付き

3_202007120938139ef.jpg4_20200712093814f32.jpg5_20200712093815b8b.jpg6_20200712093817495.jpg7_20200712093818626.jpg
0003_20200217171701268.jpg0004_20200217171703f8f.jpg0005_20200217171704b80.jpg
3_20200216155805c37.jpg4_20200216155806c9c.jpg5_202002161558080d9.jpg
Sっぽいルックスの実はどMなお姉さんの初ヌード
僕力メラマンやってるんですけど、モデルさんをやってもらえませんか?背が高いし、冷たい美人って感じの顔だし、コスプレのために生まれてきた感じしますもん。
勝手に盛り上がられても困るんですけど・・だから、コスプレはもうやらないって。
コスプレしなくてもいいですから。撮影の条件は・・
脱ぐの?でも、顔半分は隠してもらって大丈夫ですから。
というわけでホテルへ
みさきさんみたいな人が渋谷を歩いてたら、キャッチに声をかけられまくりませんか?
声をかけられるけど、ガン無視が基本。いちいち話を聞いてたら渋谷は歩けないです。
でも、みさきさんが風俗嬢になったらいい仕事してくれるど思います→
あ、それよく言われましたけど、私はどっちかっていうどMだから向いてない気がする。
初めて自分がMだなって思ったのはどういうどきですか?パーで飲んでて仲良くなったィケメンと盛う上がっちゃってセックスしたんです。
クラブのトイレでやっちゃった感じですか?
そういうのはナンパ待ちしてる子たちでしょ。私の場合は、近くに相手の男が所属してるモデル事務所があるって言うから、そこに行ったんです。真夜中ですか、ワクワクしますね
すでにめちゃ人が見てたんですけど、すごく興奮してしまって、挿入から発射までしっかり。相手の男も興奮したみたいで、「いつもはあんまりチンコ立たないんだけ今日はすごいわー」って言ってました。あー、なかなかのMっ気を感じさせるエピソードですね。初体験はどんなだったんですか?19才のどきに、六本木のクラブから地元までタクシーで帰ったら、降りたどころで金髪の男が「家にひとりでいるの寂しいから」っていわれて、顔はかっこよかったし、「家でメダカを飼ってるから一緒にエサやろ」でダメ押し。「メグカに餌?この人めっちゃかわいいー」って思っちゃったんです。
本当にメダカはいたんですか?
いました。ちゃんど餌やりもしてソファで一回やって、その後は朝までおしゃべりして、ベツドでちょっど寝て家に帰りました。初めてなんですって言いそびれちゃって、普通にやられた感じです。わりと痛かった。
3Pじゃ足りないSMが上手な人に会いたい女子大生のインタビュー
今日は買い物?
そう。でも欲しい服がなかった。
その網タイツエロいね。
そう?みんなはいてるでしょ?
ところで初体験は?
15才。中2の終り。
相手は。
知らなし(笑)。
誰なの?
なんか、ナンパされた。
その日のうちにヤッちゃった?
うん。酒飲んで。
なんか簡単だね。
ちがうって(笑)。その時はね、その時は。
今はそんなんじゃついて行かないって。
で気持ち良かった?
ゼンゼン痛い。わたし処女じゃない言ってヤッたのね。
何でまた。
なんか見栄張った(笑)。
早く処女を捨てたかったと。
次のお相手は?
普通に大学生の彼氏と。
それもナンパ?
なんか適当な番号かけたらつながった。
そういうので知り合った。
携帯ナンパ?
そう。ピッチに突然知らない番号が入ってて、かけ直したら会おうって言われて。
会いに行ったんだ。女子中だったからね。
そういうちょっとした男の子との出会いが大事だったの。 
そいつとも即エッチ?
ちゃんと付き合ってからだけど、早かったね。
うん。気持ち良くなかった。
でもヤリまくったんでしよ?
う一ん、1日8回とかね
入れっぱなしじゃん。
そんなことないでしょ。短かいもん、前戯とかないんだよ。
それじゃ面白くないわな。
ホントねえ。16才くらいまでは自分勝手系の男がほとんどだったね。 、
その後は前戯が長くなった?
そう。でも長すぎんのも困るんだよね。
ずっと、汗タラタラ流してさ。
カテゴリ
タグ

肛門拡張アナル調教飼育されてる女子大生・子供を産みまくりたいOLのエッチ初体験インタビュー

1_20200107094625f54.jpg2_20200107094626b3f.jpg3_20200107094627629.jpg4_202001070946292fa.jpg5_202001070946303c4.jpg6_20200107094632a70.jpg
3_20200711154027964.jpg5_20200711154030272.jpg4_2020071115402835c.jpg
遠距離恋愛の女の子
写真を撮らせてくれる方を探してるんですけど?
風俗系?
いや雑誌
維誌なんですか?
そうそう。町の女のコに子をかけて写真を撮らせてもらおうっていう企画なんだけど。
何て雑誌ですか?
裏モノJAPAN。
裏モノ?知らないかなあ。
けっこう有名だど
いつ撮るんですか?えっ、脱ぐの?
でも、お礼はするんで。
お願いしますーじゃあ、まあ、はい。
というわけでホテルへ
ィィ足してますね。男が喜ぶでしょ?
まあ、はい。べロべロ紙められたう?そうそう。正常位で入れてるどきに、私の両足首を掴んでパカパカ広げたりする人とかもよくいますし。
楽しそうなことヤラれてますなあ。はははっ。
じゃあ、初体験を教えてください。中1ですね。相手はどんな人?
ニ十代後半くらいのサラリーマン。
イケナィ感じじゃん?
一緒にカラオケに行こうって話になって、会って、力ラオケボックスに入ったどころで襲われちゃって。
大丈夫だったの?
何て言えばいいだろ。早くセックスしてみたいとは思ってたんで、まあいいかなーみたいな感じだったかなあ。
その後そのサラリーマンとは?
カレシの関係にはならなかった、いま、オジサンにやられてる、
何だそれ?そのサラリーマンには、アナル拡張とかもされてたし。
次はニット帽の美少女
すみませーん
はい?
かわいい方だなあど思って。
いやいや。
花柄のスカートが似合ってますねえ。
またまた。
本気ですょ。
実は僕カメラマンをやってまして。雑誌の企画で女の子の写真を撮ったりしてるんですよ。
ホントに?
ちなみにギャラは、ゴなんですけどお願いできませんか?
うーん…、じゃあ、まあ。
というわけで木テルへ。
おおっ。お腹に幹創膏がー恥ずかしいんであんまう見ないでくださいよー。でも、盲腸は剃毛というイメージがあるんですけど、アソコの毛は剃ってないんですね?
そうなんですよ。最初は私も剃られるだろうど思ったんですけビ、剃らなくてもオッケーな手術だったんで。
へー。2日で退院でしたよ。てこどは、3日目にはセックスもしちゃった的な?
してませんって。一応、お医者さんには運動は1カ月経ってからにしたほうがいい。て言われてるし。そもそも、私、セックスがあんまり気持ちいいと思わないし。
アソコが小さいのかなあ。奥まで入れられると痛いんですよ。血が出たうするし。そうゃあ難儀だねえ。
ちなみに経験人数は?
4人です。
初体験は?
大学1年ですね夏休み前に同じクラスの人としたんですけビ、ぜんぜん気持ちよくなかったな
思い出したくないかも。今はカレシはいないの?
いるんですけど、相手は札幌だったりするし、たぶんもうダメだど思う。
やっぱ逮距離は難しい?うーん、何というか、東京で好きな感じの人がいるんですよね。その人とはまだエッチとかはしてないけど。じゃあ、その彼といい関係になれて、ひいてはセックスが大好きになれれぱいいね。
そうですね。
カテゴリ
タグ

脇毛を気にしない美女のエッチ体験談

0003_20200210091937376.jpg0004_20200210091938148.jpg0005_20200210091940100.jpg
1_202001071447494a7.jpg2_20200107144750909.jpg3_20200107144751697.jpg4_20200107144753f52.jpg1_202001071441197fd.jpg2_20200107144120443.jpg3_20200107144122a75.jpgいやあ、雨めんどうだよね。
ほんと、いやになっちゃいますよね。あれ、今ってお暇な感じですか?ヒマすぎて死にそうですよー。じゃあ、ちょっと退屈しのぎにモデルとかやってみない?
え? どんな感じのですか?ちょっとセクシー系な感じです。お礼も弾みますよ。え〜、やりますよ。いいんですか!?だって暇ですもん。雨もちょうど弱まってきましたし。じゃあ、時間もあれなんでサクサクっと脱いじゃってくれますか?は〜い。でもあんまりジロジロみないでね。ん? このオッパイはまた…。実は私子供がいるんだ。なるほど。子供がいるとこうなっちゃうんですね。ダメだった?
いえ、たまにはこういうのもいいかも。人妻さんだったんですね。
違うよー。旦那はいないの。結婚とかしてできたわけじゃないんだー。
じゃあ、もしかして子供は自分一人で育ててる感じですか?
そうだよー。ちゃんと幼稚園まで送ってるんだ。え、エロい、じゃなかった偉いですね。今
彼氏とかはいるんですか?
いないなー。もうなんかね。そういうのは要らないって感じ。束縛されるのが嫌な
んだよね。あ、子供が甘えてくるのは大好きだよ。
僕も甘えたいなー。んー。お兄さんがあと20歳若かったら甘えさせてあげたんだけどね。
もっと早くに出会いたかったです。ちなみに性感帯はどちらですか?
クリだよ。他の部分が感じにくいからか、クリがもの凄く敏感なんだ。なるほど。自分舐めるの上手いほうなんで、どうですか?だめ。疲れちゃって子供のお守りができなくなっちゃうもん。
残念です。最近Hなことってしてないん
ですか?そういえば全然してないな。
経験人数はどれくらいなんですか?20人くらい……かな?
なかなかの人数ですね。その中で変な性癖をもった人とかっていましたか?いましたよー。私なんだかMに見られることがよくあって。相手の男が飲むように強要してきたことがありましたー。それで、飲んだんですか?
飲んでませんよー。逆に飲ませてやりました。私、こう見えてもSなんですよ。全然みえませんねー。本当ですってー。高校時代なんかバリバリのヤンキーだったんですからー。
ま、まじですか!?まじっス。だいぶヤンチャしてましたよー。
へえー。じゃあ、Hもヤンチャしちゃった感じですか?しましたねー。でも今となっては良い思い出ですよ。激しいプレイとかしたんですか?そういうのはあんまりなかったかな。あ、でも首を締めながらHはしたことある。
それはハードですね。締める側ですか?締められる側ですか?もちろん、締める側ですよ。当時ちょっとMっぽい男と付き合ってたんですけど、その人が求めて来て。最初のころは締めすぎちゃって、気絶させたことがありました。
ます上から脱がせて乳首をぺ口ぺ口して…みたいな流れはもう古いというかワンパターンで飽きました。いきなり下から脱がせましよう。それも、ますジーンズを剥いで、スジをさわさわしてからパンティをすらすみたいなのも面倒です。いっちゃってください。ペ口ーンです。ほら、女の子も突然の展開に濡れちゃってるでしよ。
結ばれてるときは3点ほどけると95点なーんだ?というわけで紐パンの95点シーンばかりを集めてみました。肝心なのは片方だけほどけてる点です。両方だとオシメみたいになりますからね。
ミニスカブーツ女子のきれいな乳輪のヌード
こんばんはー。雑誌のカメラマンなんですけど、クリスマスとかのお話を聞かせてもらえませんか。
あははー、仕事してますよー。
イブの日は日曜日だよ?
飲食の仕事だからしょうがないんです。
彼氏的な人はどこかに行っちゃってるんですか?
どっかに行っちゃってますよ。
そっかー。でも彼氏がいるから幸せとは限らないもんね。
んー、いたほうがいいかなー。
そっかー。でね、クリスマスっぽい写真を撮らせてくれる子を探してるんですよ。
へー。
だもんで、モデルさんをやってもらえませんか? 
ちょっと服を脱いでもらいつつ……。
脱ぐの!? ムリムリ。
まあまあ。ちゃんとお礼もしますから。条件はごにょごにょ……。
どんなポーズで撮ったりするんですか?
体固いから不安なんですけど。
固い人は固いなりに撮るんで大丈夫ですよ。このポーズはイヤだなと思ったら言ってもらっていいですから。
あ、そうなんですか……。
というわけでホテルへ
ゆずさんは彼氏といつ別れちゃったの?
半年くらい前です。
けっこう好きだった? この人の子ども産みたいって思った瞬間あります?
あーあるある。ていうか、今でも好きかな。
そりゃあかなり好きなんだね。フラれちゃったの?相手は会社をやっているようなおじさんなんだけど、私が朝4時くらいに電話してもちゃんと出てくれて、5時間くらい話を聞いてくれるんです。
そのおっさんすごいね! 
ゆずさんはわりと愛されてるんじゃないの?
でも、それがだんだんしんどくなったらしくて。おまえが俺と付き合いを続けていくつもりがあるなら、あんまり俺に依存するなって。もっと自立した大人になれって言われたんです。
おっしゃるとおりだと思いますよ。
それで別れたんだ?
私がちゃんとした人になるまで、距離を置こうってことになったんですよ。
あ、まだ完全に切れてないんだね。
たまに会うの?
1カ月くらい前にたまたま会ってご飯食べました。
お酒も飲んで?
飲みました。
そしたらエッチしちゃいませんか?
しました。
距離置いてないじゃんか! そういうセックスは、付き合ってるときにやるセックスと比べて興奮するの?
そうでもないです。私のなかにはまだ好きな感情があるし。やっぱり彼氏彼女としてセックスしたいですよ。そっかー。じゃあこれから、定期購読の読者向けにムービーを撮りますね。僕が足を上げてとか下げてとか言うから、それに合わせて動いてください。
はい。顔はどうしていればいいですか?
悪いおじさんにいたずらされて困ってる表情でお願いします。
あ、じゃあ恥ずかしいのはそのままでいいんですか?
恥ずかしいの?
あ、ふつうにすごく恥ずかしいです。
ほんとに。
ゆずさんは、おじさんをコーフンさせセックスでいちばん盛り上がった一発を教えてもらっていいですか?
う〜ん、元カレはわりと淡白な人なんで、ちんちんをあそこに入れるより、自分でしごいてることが多かったですね。
その間ゆずさんは何をしてるわけ?
私のほうは電マがめっちゃ好きで、自分で当ててるんです。
お互いにオナニーを見せ合うってこと?
そうです。めっちゃ気持ちいいです。
きみら素人じゃないよ、レベル高すぎだよ!

先っちょだけなのでほぼ処女いたずらエッチ体験談

1_202001071009386a1.jpg2_20200107100939405.jpg3_202001071009418e8.jpg4_20200107100942c31.jpg5_20200107100944eae.jpg6_20200107100945cf2.jpg7_20200107100947948.jpg8_202001071009480d1.jpg9_202001071009503f9.jpg
0003_20190710195210b97_20191023073505ec5_202001171327105bb.jpg0004_20190710195211897_201910230735068c1_20200117132711554.jpg0005_20190710195213d20_20191023073508fe7_20200117132713951.jpga003_2019072710132758a_2019102307352892e_202001171327144f4.jpga004_201907271013288f1_20191023073530a76_20200117132716ebd.jpga005_20190727101330fce_20191023073530a46_20200117132717d1e.jpg素人娘インタビュー1お兄ちゃんに仕組まれて友だちと初体験
初体験はいつ?
中1の時。友だちのお兄ちゃんだったんだけど、遊びに行ってたらなんとなくそういう感じになって、押し倒された。一緒にプレステしてるときに友だちがどっか行っちゃって。
「キスしたことある?」
って聞かれて「ない」って言ったら「じゃあしよう」ってそのままやられた。
ええ話やー。
後で聞いたら友だちもお兄ちゃんに頼まれてふたりっきりにしてたらしい(笑)。結局それで友だちとも気まずくなっちゃった。仕組まれてたんだ。その後は年上とばっかり付き合ってたなー。新宿に住んでたフリーターとか。ホストとか。
押しに弱そうな感じ
高校のころはめっちゃ弱かったかも。何となく断りづらくってホテルに行ったり。
やばかったのは?
道歩いてたらヤクザみたいな男の人が声かけてきて、無視してそのまま歩いてたらキャッチの人に声かけられて。
キャッチとやったの?
ヤクザがいきなりキャッチ殴り倒して「俺の女に声かけてんじゃねー」って死ぬほどビビった。そのまま車に乗せられてなぜかホテルに。ヤクザ怖えーぜったいにシャブやってたと思う。5回くらいずーっとやってたし。それで何とか抜け出してホテルの人に「助けてー」って駆け込んでなんとか帰れた(笑)。
それでどうなったの
警察は結局呼ばずに終わったのかな。とりあえず服と荷物は持ってたから着替えて速攻逃げた。
今までにセックスした相手で一番チンコが大きかった人は?
こんくらいあった(写真参照)。割りと最近の話なんだ
デカチン彼氏か。
彼氏は普通だったんだけど、浮気相手が(苦笑)。
なるほど。
最初はナンパだったかなー。それで連絡先だけ聞いてて、メールしてたら「服買ってあげるよ」っていうメールがきたから、じゃあ買ってもらおうかって。その流れですっこい粘られてやってしまった
まあそこは粘るよね。そしたら、私の帰りが遅くてイライラしてた彼氏が「どこに行ってたんだよノ・」って激怒して。浮気もバレてたんだけど。
逆に彼女いる男を寝取ったことは?
寝取ったというか愛人?みたいな感じで付き合ってた男がいたんだよねー。奥さんと子供3人いた。
でもその人は遊んでばっかりいたから離婚危機だった。一回だけ奥さんと子供が実家に帰ってる間にその人の家に行ったんだけど、家の中見てたら子供部屋とかあって萎えた。子供部屋でセックスしたのっさすがにそこは夫婦の寝室に行ってしたけど。結局離婚したみたい。別れた後も電話とかメールがしつこかった
ちょっと軽く脱いでみてよ。
こんな感じ?おお、かわいいパンツ履いてるじゃん。胸も見せてみてよ。
胸は恥ずかしいっすよ。まあチラっとでいいから。小さいから。
小さいのコンプレックス。豊胸しようか考えた
一番思い出に残ってるセックスとかある?
うーん…中学の卒業式の後に19才くらいの彼氏としたんだけど、なぜか外でしようってことになって。でもあんまり人気のいない場所がなくって、うろうろ歩いてたんだよね。ちょうど今ごろの
それで公園があったから、そこの障害者用トイレに入ってしてたんだけど、声が聞こえてくるわけ。聞いたことある声だなーって思ってたんだけど、やっぱり友だちで。
それはビビる瞬間だね。「ヤバイ、友だち」って言ったら逆に相手が興奮したみたいで、超立ってるの(笑)。その人ロリコンだったから
いい話だ
結局2回もしたんだけど、そのときは私もちょっと興奮した。それで中に出されて、生理がなかなか来なくて死ぬほど焦った(笑)。
最後になんだけど、今年の目標はなんかある?
今付き合ってる彼氏?と伸良くしたいです。
はい、ありがとうこざいました。
素人娘インタビュー2長いチンコが好きなギャルのエッチ体験談
最高で同時に何人?
6人。昔の話だよ
どんな男たち?
イベントサークル
変態はいなかった、アナル好き?
ないない。今の彼氏はケツに興味がある
キミが?
彼氏が。
キミは?
え~嫌なんだけとマジキモイって。
彼は何て?
逆ギレ。
アナルマニアか。
1..2回は断ってたけどしつこいね。で、3回目にヤッたらね。潤滑剤とかコンドーム付けないで。生チンコ生入れで腰振ってんだ。そう。良かった~
痔になったでしよ。
こんにちは。
はい?
なんだか足元ふらふらしてますけど、大丈夫?
だいじょうぶですよぉ。
ヘンな薬やってない?
やってませんよー。飲んでただけです。
なるほど、オール明けってわけね。
そんな感じです。
ゴールデンウィークを満喫ですな!
あ、でも、うちの会社休み関係ないんですよ。
今日も夕方から仕事あるし。
じゃあ、お酒を抜かないとまずいじゃん。
マン喫で寝ようと思ってるんですけど。
したらさ提案なんだけど、お風呂に入って、少し横になれたらよくないですか?
どうせ、ラブホいこーって言うんでしょ?
おっと、キミ、察しがいいね。
ダテに年食ってません。ガキみたいな女とは違うんだから。
じゃあなおさら、マジメにお願いしたいんだけど。
はい?
写真モデルさんやってくれません? 条件はごにょごにょ……。
ムリムリ。会社にバレたらヤバイんで。
大丈夫だって。
これでも一応部下とかいるんですよ。
よし、条件アップしよう。ごにょごにょ……。
……んうーん。じゃあ、なるべくきれいなホテルで。
というわけでホテルへ。
仕事は何なの?
テレアポ。
忙しそうだね。
そうですね、新人の面倒が…。クレーム電話に逆切れするコがいたりすんで。怒ってるお客さんをどうやってなだめるかが仕事なのに。
その尻ぬぐいをするんだ、キミは。
新人がトラブった電話を代わって謝ってばかりですよ。
じゃあ、ストレスも溜まるでしょ?
ですね。
発散法は?
お酒かな。
酔っぱらってヤラれちゃった系の話けっこうあるでしょ?
えー、まあ。
一番ドラマチックなの教えて下さい。
ある日、カレシの男友達が、カノジョ連れでうちに遊びに来たんですよ。で、4人で飲んだあとみんな酔っぱらてセックスが始まっちゃったんです。
乱交?
じゃないです。それぞれカップル同士でしたんです。でも、一段落して寝てたらまた誰かが私の下半身を触ってきて、チンコ入れられて。
まさか?
そう、相手はカレシの友達だったんです。でも、もうチンコ入ってるし、まあいいかなって思って続けてたら普通に気持ち良かったんですけど、彼氏が起きてきて…。
3Pとか。
ぜんぜん違います。私が見てる前でサッカーのフリーキックみたいに助走つけて友達の後頭部を蹴ったの。そしてボコボコに殴るの。部屋中血だらけになりました。
ドラマチックだねー。
最悪でしたよぉ。
でもキミ、けっこうセックス好きそうね
まあ嫌いじゃないけど…。
彼氏と待ち合わせしてたんだけどドタキャンされちゃって。
そうなんだ。じゃあ、暇になっちゃった感じ
うんナンバなら大歓迎だよ。
ナンバじゃないんだけど、お顧いしたいことがあるんだけど
なに?今ならHなことでもいいよ。本当っ撮影をお願いしたいんだけど、いいかな?
いいよ。でもいま生理中だからパンツは絶対に写さないでね。
わかりました。じゃあ行きましょ
徒歩で近場のレンタルルームへ
いやそれにLてもこんな可愛い子との約東をドタキャンするなんて酷い彼氏だね。
最低な男ですよ、生上なんですけどデートの時には私におごらせるHのときは無理なプレイを要求してくるし
大変だねえ。
ちなみにどんなプレイを要求してくるの
シッコを飲んでくれとか甘ってくるんで
それはまた大変だね。
でも、ちゃんと断るんでしょ
最初は断るんですけどねー結局は要望に応えちゃうんです。
押しに弱いんだじゃあ、なんか無理矢理犯された感じでしたね。
結局そのあと付き合った男もみんな酷い人ばかりで嫌になってきてます。
まあ元気だしてくださいよ。マッサージしてあげますから。オナニーは?
いろいろ試したんですけど、電マが一番かな。刺激できるし、激しいんです。あれを体験しちゃうと、他のが物足りなくなっちゃいますね。
へえそうなんだ

巨尻で爆乳のぽっりゃりおデブちゃんとの汗だくエッチ体験談・パイズリ乳首遊びには不足なし!

0114_20191113132203757.jpg0115_20191113132205807.jpg
続いては100キロは無い?おデブちゃんとの汗だくエッチ体験談
0183_20200704100752bb7.jpg0184_202007041007541cb.jpg0185_20200704100755939.jpg0186_20200704100757de9.jpg0187_20200704100759790.jpg0188_20200704100801699.jpg
1_20191121105056631.jpg2_2019112110505764d.jpg3_201911211050591c7.jpg4_20191121105100d42.jpg
巨乳・爆乳の風俗店とはつまりデブ専門店なのか可愛いパイズリ娘もいるのか?
また今年も師走がやってきました・心も体も財布の中も寒い日々が続き、街中はクリスマス仕様のイルミネーション。肩を抱き合うカップルの群れ。ああ、あいつら全員死ねばいいのに。
そんな心がすさむ冬。身も心も温めてくれるのが……やっぱり風俗ですね。女子の柔らかくてあったかいオッパイにはさまれて冬を越す…・この季節は薄っぺらい微乳よりも、がっつりな巨乳が望ましいですな。
そんな思いを胸に《巨乳専門店》に足を運んでみたとしましょう。と、出てくるのは「オッパイもデ力いが、体全体が巨乳!」なんて肉塊だったりするんですね。いくら温かくったって、そんな肉に欲情はしませんわな。
ところが、改めてネットで《巨乳専門店》を検索、在籍の女の.の写真をチェックしてみると……アレ?確かにヤセてはいないけど、そこまで《肉塊》っぽいのは少ないですね。もしかしたら、時代が変わったのかしら.
いや、しかし風俗嬢の写真ほど信用ならないモノはない。実際に見てみないことに、なんとも言えません。果たして、不二子ちゃんみたいなバィーーンと素敵なオパイ子ちゃんが出てくるか、お肉の館と相成るか。今年最後の噂の検証、行ってきま〜す。
今回、まず最初に考えなくてはならないのは「何カップからが巨乳か?」という点です。
その昔、優香がグラビア最盛期の時代では、Dカップでも巨乳と言われていたけれど。最低でもパイズリができて、顔をうずめられるくらいは欲しい。やっぱりGとかHカップなんてのが理想だろう。
カップ数に注目しながらネットをチエックしていると、とんでもない店を発見した。
新宿の『M』。ここは、一番小さい.でGカップ。一番デカイのは、な、な、なんとQカッ
プだと!キューって、Qカップってなんだ?生気のない瞳で、巨乳へルスのサイトを探すこと1時間。信用できそうな店を横浜に発見した。その店は、平均カップがFからIカップと、そこそこの大きさが揃ってて、オナカを押さえてるコも少なめ。ただ、大半が顔出しNGのため、電話予約するのは危険っぽい。これは直接行ってみましょう。
翌日、横浜は関内駅へと降り立つ。さ、寒い.北風が容赦なく頬にプチ当たる。両手を握り、神様に祈りながら曙町の風俗エリアへと向かう。
「いらしやいませ、こんにちは〜」
そのまま「デニーズヘようこそ〜」とでも続きそうなくらいのテンションで、笑顔の店員奴迎えてくれた。
「ただいまご案内できるのは、この3人ですね。みんなオッパイが大きくてカワイイですよ〜」
出された写真を見る・た、確かにツブ揃いだ。オナカもそんなに出ていない・が、油断は禁物。ちよいと探りを入れてみよう。
「えっと、この子たちって、写真のとおり?巨乳専門店って、実際はデブばっかりで、『カラダ自体が巨乳』、みたいなところあるじゃない?オレ、今までも何度か編されてきてるんだよね〜」
「いえいえ、そんなことはありません!うちの子たちは写真のとおり、巨乳でありながらもデブではありませんから!」
『ヤセてる』ではなく『デブじゃない』と言うところが抜け目ない。
「写真で見る限りは太ってないね・でも、こないだ行った店は、写真とは比べ物にならないくらいに太ってたんだよね〜」
「それは、それは…そこの店に行く前に当店に来ていただければ、満足していただけましたのに…」
むむむ…、かなり自信満々だなぁ。信じましょう。じゃあ、この安めぐみ似のBちゃん(Hカップ)をオーダー!今度こそ頼むよ〜。「町田さま〜」と呼ばれプレイルームヘ・今年一番の祈りを神様に送り、指定された部屋の扉を開ける。
「こんにちは〜、寒かったでしよ〜」
身長は150センチくらい・ちっこい体にプカプカの男モノのワイシャツを着た...
…写真どおりのBちゃんが立っていた。来た.来ました!これを待っていたんですよ!はやく、そのオッパイでボクを温めて〜〜
ベットに腰掛けると、Bちゃんは小さな指で、ボクの服を脱がしにかかる。ワイシャツの間から、かなり張りのあるオッパイがチラチラ。いいなあ、コレ。
「かわいいねー。かわいくてちっちゃくてヤセてるのにオッパイが大きい、完壁だねー」
「ヤセてないですよー。でも、ありがとうございますー」
「なんか、しかも癒し系ー風俗嬢やってることかビックリだね」
「本当ですか。実は前は保母さんだったんですよ」巨乳で保母さんー保母さんで巨乳ー完壁じゃないですか。もう我慢できないよー。ちょいと、ワイシャツの上から操ませてね。
「うんん!…」もっちりとした、まあるいオッバイ。張りはあるのに柔らかいーいいじゃないー素敵じゃないー
ワイシャツを脱がすと、メロンのような完壁なまあるさの乳房が現れた。オナ力はヤセてはいない。が、太ってもいない。大きく操みしだきながらキス。
ニチャっと柔らかい舌がすぐに応える。ええのう。そのまま部屋に併設されたシャワーに入ると、Bちゃん、ガッチガチのオティンティンの先っぽを、自分の乳首にグリグリしなから洗ってくれます。「ん・・気持ちいい」にゆるこにゆること、乳首でチンコをもてあそびながら、彼女が上目づかいでボクを見る。サ、サイコーーボディソープでヌルヌルになったチンコをHカップではさみ、パイズリが始まった。硬くなった亀頭が、Bちゃんのオッパイの谷間に吸い込まれたり顔を出したり。はあ、もうイキそうです。何とか我慢してベッドへと移動。柔らかくてあったかいオッパイに顔をうずめる。「あーーーコレだよ、コレに会いたかったんだよ。Bちゃん、オッパイでオレのこと温めてー」谷間に鼻っぱしらを突っ込んで、左右に顔をぶりゆぶりゆ。両手をオッパイにそえて、顔をはさむと、なんともいえない包容感だ。
「おにーさん、かあいいね」
Bちゃんが、ボクの後頭部をギュっと抱きしめてくれる。ベッドに横になり、左のオッパイを枕に、もう片方のオッパイか顔の上に。なんだか子供のころに戻ったような感覚だ。癒されるなあ。5分ほど、抱き合っていただろうか、オッパイから起き上がり、乳首をぺろんとナメあげると、彼女かビクっと体を小さく震わせた。イイ反応じゃないー大きくロを開けてしゃぶりつくが、まったく口に入りきらない。ナメたり噛んだりと、異常なほと責め続ける。あー、楽しい続いて攻守交替。正座するBちゃんの太ももに寝転がったボクのお尻を乗せて、唾液がダラダラと垂れ、それが口ーション替わりになってティンコかなめらかにオッパイの中で踊っている。口の中で動き回る舌がネロンネロンと亀頭にまとわり付いてきて、異常に気持ちいいっーパイズリって、ビジュアル先行なのかと思ってたけど、技術のあるコが使えば、こんなに強力な武器になるのかーって、もう限界ーのぼりつめていく快感とともに、腰を思いっきり突き出す。次の瞬間、白濁液が勢いよく飛び出し、Bちゃんのアゴと、鼻の横にビシャっとぶっかかった。
「すっごーーい、顔にかかっちゃったあ」『オッパイにダラリと落ちた。』
というのも聞いておくといいですよ一
ポチャ好きのデブ専門風俗店で力士クラスとのプレイを味わう
お肉に力士クラスの女の子で上に覆いかぶさってもらったところ、命の危機を感じました
生きてて良かった~
普通のアルバイトからデリヘル嬢を始めた理由
高校を卒業してすぐにアルパイトをはじめました。時給が千円で高かったし、歌も好きだったので。受付から部屋の掃除、料理を作るのも全部自分たちでやってたので、結構忙しかったですね。働いてるとすぐに常連さんと仲良くなれました。来るたびにお菓子をくれる人がいたり、11人で唄ってると淋しいから」って、デュエットしてあげたり、すごく楽しい職場でしたね。
学生からSMクラブのM女になった理由 
高校を卒業して、地元のカフェでパティシエとして働き始めました。オープンの2時間前にはお店に入って仕込みや掃除をしてって感じで、昔からお菓子作りが好きだったので、充実した口々でしたね。旬のフルーツと触れ合うことができてすごく楽しかったです。
純粋な恋愛を求めるおデブちゃん
テレクラは、駅から徒歩5分の雑居ビル2階にあった。電話の鳴りはまずまずだったが、ひま潰しの女ばかりでなかなかアポに至らない。ようやく期待のできそうなコールがあったのは3時間が経過したころだ。「こんにちは。初めまして」 
ハキハキした口調だ。声質の低さからして40才前後だろうか。
「どうもこんにちは。今日はどんな方を探してるんですか?」
「えっと、ワリキリで会える人がいないかなって」「大丈夫ですよ」
「それで、実はちょっと太めなんですけど大丈夫です?」
「はいはい、大丈夫です。でもまさか100キロ以上とかじゃないですよね?」
軽い冗談のつもりで言ったところ、受話器の向こうで小さく「えっ」と驚いたような声が聞こえた。
「…あ、うん、まあ、100キロはないと思います」
なんだ、その言い淀みは。いってるな。これは絶対100キロ以上いってるな。
「あの、太っているの苦手じゃないです?」「いや、大丈夫です…」
「私、いま44なんですけど、それも大丈夫ですか?」「あ、はい…」
44才の百貫デブ。会う前からゲンナリするのは久しぶりだが、続けて女が口にしたセリフには開いた口がふさがらなかった。
「あの、本っ当に申し訳ないんですけど、私、誰とでも会う気はないんです。こちらからも質問させてもらっていいですか?」 
え、主導権そっちなの? 中年百貫デブのくせに?
「本当にゴメンなさいね。いまおいくつですか」「35です」
「…えっ、ヤダ! わっかーい」 
手を叩いてよろこぶ姿が目に浮かぶような、歓喜の声が上がった。
「で、ご結婚は?」「独身ですよ」
「きゃっ、そうなんだー。うんうん。ついでに身長と体重も教えてもらえます?」
「178の73かな」
「えー、ちょっとスゴい。ほとんどモデル体型じゃないの」
さっきから何を興奮しとるんじゃ、コイツは。「あとひとつだけ!仕事は?」
「あ〜、フリーのウェブデザイナーですね」
実際、デザインの技能もなくはないのであながちウソではないのだが、先方はいまいちピンとこなかったようだ。「へえ、アパレル関係なんだねえ。おっしゃれ〜」
「(勘違いを訂正せず)あの、ところでどうします。会いますか?」 
俺としてはコイツとアポれなければ別を探すまでだ。そろそろイエスかノーか言ってもらわんと。
「あ、もちろんオッケーです。会いましょう」
「条件はいくらですか?」「すいません。ホテル代込みで1万3千円でもいいですか?」 
さんざん吟味されたうえにカネまで支払うのは納得がいかんが、その金額なら、ま、いっか。 女は柏駅から数駅はなれた駅前に車を停めて待っているという。互いの電話番号を交換してテレクラを出た。恋愛したいなって思ったの 30分後、指定の駅に着いた。
駅前のロータリーには客待ちタクシーのほか、年季の入ったボロい軽自動車が1台とまっているだけだ。運転席に目をやれば、大きな黒山のシルエットがでんと鎮座している。あれだな。
「こんにちは。和田ですけど」「あ、どうもどうも」
車の外からでもわかる雪だるまボディ。顔はその巨体にふさわしい見事な関取フェイスで、もしあの高砂親方に妹がいるならきっとこんな見た目だろう。
「じゃあ、ホテルに向かうね」車が走り出すや、彼女がクククと笑い出した。なんだ急に。
「どうしたんですか」「いや、本当に若いなあと思って。顔もタイプだし、なんだかテンション上がってきちゃった〜」「…どうも」「たまにウソつく人がいるからさ。この前も、40才だっていうから会いに行ったら、還暦すぎのおじいちゃんが現れてさ、さすがに逃げたもん。でも昔はイイ人もいたんだよなぁ」「昔って、いつくらいの話ですか?」
「私の大学時代だったから、かれこれ25年くらい前?」 
当時のテレクラにはまだワリキリやエンコーといった言葉がなく、そこで出会った男女は純粋にデートやセックスを楽しんでいたと親方は懐かしがる。俺が小4のちびっ子だったころの話だ。
「かっこいい男の人も結構いて、付き合ったりもしたんだよ」
「その頃からずっとテレクラをやり続けてるんですか?」「まっさかー。ヤメてよ〜」
テレクラ遊びは20代半ばで結婚した際にピタリと止め、3年前の離婚を機にまた復活したそうな。
「子供もおっきくなって手が離れたし、また恋愛したいなあって思ったの。でも私の知らない間にテレクラもずいぶん変わっちゃったよね。いまはみんなワリキリ目的でしょ」
「まあ、そうですね」「あっ、それで私、1回すごくイヤな目にあったのよ」
テレクラを再開した当初、いい感じの男と知り合い、しばらくその人物と付き合っていたのだが、ある日、とんでもない暴言を吐かれたそうな。
「私と会ってたのは『タダで何度でもヤレるからで、お前なんか好きじゃない、調子に乗るな』だって。ひどくない? だからそれ以来、私もお金をもらうようになったのよ」なんだか、すごい論理だな。「じゃあ、テレクラで彼氏を探すの、もうやめたんですね」
「ううん、あきらめてないよ。キッカケはワリキリでも、いいなって思う人がいるかもしれないじゃん。てか全然あり得るっしょ」
そうか、だから電話の段階でお見合いのような質問をしてきたんだな。にしても、わからん。単に出
会いが欲しいなら他にも手段はあるだろうに、何でそこまでテレクラにこだわるんだ?
恋愛というものからもっとも縁遠いものなのに。オツムが弱いのか?呂場を出ると、ベッドの上
にバスタオルを巻いた雪だるまがドテッと横たわっていた。両手で顔を隠しているあたり、男に抱かれるのを待つ清純ムスメを気取ってるのだろう。ったく、カネで買われた以上は、自分からサービスしろっての。「あの、とりあえずフェラしてもらえる?」「えっ?うん」
あわてて体を起こした親方が、股間に顔を近づけてくる。が、ただ口の中でほおばるだけのフェラは刺激に欠け、ちっとも気持ちよくない。「もっと舌使ったり、吸引したりしてくんない?」
「そんなこと言われても、あんまり得意じゃないだもん」 
露骨に不満げな表情を浮かべる親方。その憎たらしい力士顔を見ているうち、さすがに俺もイライラしてきた。「ほら、玉袋も舐めてよ」「えー、タマタマとかちょっと苦手ぇ〜」
「いいから少しくらい舐めてよ」「んー、じゃ、ちょっとだけ。どう?」 
玉袋にこそばしいような、うずくような快感が走る。
「うん、そうそう。そんな感じ」 しかし10秒も経たず、親方が顔を上げた。
「ね、もういい?結構、頑張ったでしょ?」ぜんぜん頑張ってねーし。こいつ、とことんナメくさってやがるな。こうなりゃもっと、嫌がらせしてやれ。
「じゃあ次、アナル舐めてよ」「ゴメン、それは本当にムリ」「ちゃんと洗ったよ?」
「イヤ!」「じゃあ、足の指は? それならいいでしょ?」ついに親方が声を荒げた。
「もう、そんな変なとこばっかり舐められないよ。お尻の穴とか足の指とか、そういう変態みたいこと女の子にさせちゃだめ!」 40過ぎのオバハンが自分を女の子呼ばわりするのも痛いが、さらにこの人がスゴイのは、そう言いながら、音を立ててでかいケツをボリボリかいているところだ。
「じゃあ何だったらできるの?」「うふ、ココでパックンチョしてあげる〜」彼女が指さしたのは、自らの汚らしい股間だ。いい加減、殴っていいすか?
一刻も早くこの場を去るには、とっととセックスしてしまうのが一番だ。
まずは濡れ具合を確認しようと股間に手を伸ばす。行く手を阻む太もものぜい肉をかきわけ正常位の体勢で合体する。「はう、はう、はすうっ」 
タイヤの空気漏れのような声を上げて、親方が感じているなか、俺はフィニッシュに向けて準備を整えた。口呼吸でタマネギ臭をブロックし、天井を見つめることで珍妙な喘ぎ顔の直視を避け、ひたすら腰を打ちつけること数分、ついに下腹部に射精の兆しが。
無事に発射を終えてチンコを抜きとると、親方は物足りなさそうに口をとんがらせた。
「もう、早いって。イクの早いよ、和田くん。そんなんじゃ女の子にモテないよ」 
もはや怒りを通りこして笑いすらこみ上げてくる。

割り切り希望の熟女の相場はいくらくらい?どんなレベルの女性が来るか会ってみた

0187_20200702135230ee0.jpg0188_20200702135231b3f.jpg0189_2020070213523363c.jpg0190_202007021352342f1.jpg0191_20200702135236b00.jpg0192_20200702135237b0b.jpg
0003_20190315100342bfc_201911071759528ad_202002031006376bc.jpg0004_20190315100343e43_201911071759573d6_202002031006389a8.jpg0005_201903151003450d1_20191107175959e8d_202002031006404a6.jpg1_20200111105624de5.jpg2_2020011110562533f.jpg3_2020011110562771b.jpg4_202001111056284d3.jpg5_20200111105630d9d.jpg6_20200111105631641.jpg
【妊娠中でも援助交際OKな人妻概略・全文は上記記事をお読みください】
裏モノJAPAN創刊以来ずっと不思議に思っていることがある。俺だけではない。読者やライターの方々にもときどき怪謁な顔で質問を受けるので、みんな気にはなっているのだろう。この雑誌を読んでる女ってどんな連中なんだ?l表紙にはセックスの文字。中を開けば乳首がポロリで、真ん中の辺りには腹の出たオッサンのヌードグラビア。エビちゃんもジャニーズも出てこないこんな雑誌を愛読する女とは、いったいどういう神経をしてるのか。女性誌なんかは美容院で読めばいいし、週刊誌は終わった事件のことをダラダラ書いてるだけじゃん。裏モノは現在進行形でしよ。でも当事者にしてみれば、古い情報載せてるな〜ってのもあるよ。当事者?何のことかと問えば、なんと彼女、前に歌舞伎町で水商売をやっており、裏人脈も豊富だという。
「どうですか、エッチ系の記事とかは興奮します?」
「男ってバカだなあと思うよね。でも知らない世界のことが書いてあるから見るけどね」
「そうですか。ところでこのお子さんたちが裏モノ読みたがったらどうします?」
「子供?やっぱりいい悪いの区別がつくようになるまでは読ませたくないね。影響受けて真似するバカとかいるじゃん」
「このへんだと恥ずかしいから、知り合いのいない上野まで行って買ってるんです」
千葉県某所の喫茶店で、人妻の杏子さんは人目を気にするように小さく笑った。この人も飾り気こそないが、カワイイ顔をしていらっしゃる。裏モノ、実は美人読者が多いのかも。
「お客さんと温泉でハメたりするやつ?」
「その通りなの?」「ええ、ありましたよ」
なんだよ、軽いんじゃん。実はユルいんじゃん。よっしゃ、エロい話いっぱいして、ソノ気にさせたろ。おじやマン開始じゃ!
「1人Hとかはやっぱりするんだよね」
「しませんよ〜。でもクラブで変なクスリ飲まされたら気分が良くなって、トイレでずっと1人でしたことはありました」「ずっと?」「そう。手が止まらなくて」「ズブズブ?」「ええ、ズブズブ」
そのクスリとやら、すぐにでも飲ませたくなりましたが、残念ながらもらい物で詳細はわからないんですと。「今気になるのは赤澤クン?あの人は性格悪いから、付き合う気も友達を紹介する気もないけど、合コンがあれば参加したいですね」この2人は、保育園のママさん友達である。互いが裏モノ読者だとわかったのは、2年ほど前のこと。創刊以来の愛読者だった洋子さんが、「自分と同じ匂いがした」かおりさんに話しかけたのがきっかけだ。『かおりちゃんってエロい本とか読む?裏モノJAPANって知ってる?』当時の様子をかおりさんが振り返る。挨拶時、鉄人社の名刺を受け取ると、安めぐみをほうふつとさせる彼女は黄色い声をあげた。
「すごい、裏モノJAPANって書いてる!佐藤さん、合コンでこんなの出したら、女の子すぐ飛びついてくるでしよ」キミ、どういうマニアなのだ。普通はこの名刺を出すと、みんな引いてしまうんだよ。
初対面の人妻を相手の家で犯す
旅行代理店の店頭で一日帰りグルメバスツアーと書かれたパンフを見かけたことはないだろうか。1回ー万円未満の低料金で、ぶどう狩り、山菜取りなどのレクリエーションや、温泉や有名レストランでの昼食会などを盛り込んだ、お手軽旅行プランだ。裏モノ読者なら、私が何を言いたいか、もうおわかりだろう。旅行の開放感を利用したナンパである。むろん、女性客はバアさんばかりという危険性は大だ。が、中には普段の家事に疲れたムンムンの人妻が、気分転換に参加する場合もあるやもしれぬ。熟女好きな私にとっては、試す価値大いにありだ。といつわけで、今年の春、ナンバ仲間の友人を誘い、
「10万株のラベンターハーブ園と、完熟モモ、メロン食べ放題ツアー(税込み7980円)」に申し込んだ。あえて平日を選んだのは、主婦の参加が多いとの読みからだ。
木曜朝7時。集合場所のターミナル駅に到着すると、バス乗り場の付近におばさん集団がたむろしていた。全部で40人はいるか。バスガイドの指示で参加者たちが乗り込んでいく。予想したとおり、女性客の中心はバアさん連中。だが、30代後半から40代前半のマダムチームも何組かいる。正直、ルックスはそれなり。でも、食えないことはない。ちなみに男性客も俺たちの他に4-5人いるが、くすん
だ色のシャツを着た、見た目60代以上の爺さんばかりだ。
熟年結婚を目指してナンパに来たやもしれぬが、気にする必要はなさそうだ。
「よろしくお願いしまーす」
爽やかに挨拶し、空いた席に座ると、すかさずガイドさんを手伝い紙コップやつまみを客に配るなど、俺たちは気の利く男を演じた。
「よく働くね、え。お兄ちゃんたち、これ食べないかいっ」
隣に座る婆さん2人組から、食べたくもないアンパンやらオハギやらが差し出された。若い男がいないだけに、注目度は大きそうだ。ー時間ほどで最初の目的地、ハーブ園に到着。滞在時間は40分らしい。バスに乗る前から気になっていたマダム2人をマークしつつ、ハーブ摘みに参加する。ー人は芳本美代子似の美人だが、ー人は老け顔でキビシい。終わった順に土産売り場横の食堂に集まり、昼食タイムに突入。さて、ここからが勝負だ。先ほどのマダム2人組が、土産売り場で買い物を済ませ、長テーブルに座った。すぐさま隣の席に陣取る俺たち。連れの友人とは、女の奪い合い、にならないよう、前もって話をつけてある。ブサイクな方は相方の担当だ。「どちらから来られたんですかっ」「横浜ですよ(笑)。そちらはっ」笑顔で応えてくれるご婦人たちは、過去に何度かこのようなツアーに参加したことがあるらしく、親切におススメのツアーを教えてくれる。なかなかいい雰囲気だ。「そろそろお土産でも見に行こうかなー。よかったら、一緒に行きません?」
「あ、いいですよ(笑)」
これが旅行効果ってヤツだろう。オバ様たちだって、声をかけられたら嬉しいもの。俺たちは園内を歩きつつ、徐車々に2人ずつに分かれ始めた。すべて作戦通りだ。
「ホント、キレイですよねー。旦那さんが羨ましいですよ」「ウフフ、そんなことないですよー」
人が多いところでは差し障りのない会話にとどめておき、少し人がまばらな場所に移動した途端、攻めに転じる。
「いや、こんなキレイな奥さんだったら、オレ、毎晩寝かせねえけどなー」
彼女の表情をみた限り、まんざらでもない様子。彼女もまた気を許したようで、
「最近はすっかりこ無沙汰」なんてことを。よし、いい感じだぞ。
「あっちに、タダでラベンダー摘んでもいい場所があるらしいですよ(ウソ)行ってみません?」
本当は勝手に摘むと怒られるらしいが、彼女のために一束摘んで、花束よろしく渡したところ、「わー素敵ね。ありがとう」「俺、やっぱ奥さん見てると我慢できないな。さっきの話だけど、旦那さん、全然相手してくんないんですか?」「うーん、なんだかお互いにね」「こんないい力ラダしてんのに、勿体ねえなー」「もう、何言ってんのよ」もう一押しだ。ここらで俺の得意技。オッパイ触らせて作戦に移ることにしよう。「オレ、実は×イチなんですけど、今まで不思議と胸のおっきい人に当たったことないんすよね」「そうなの?」「そのおっぱいスゲー。触ってみたい」
彼女が心配そうに辺りを見回した。さすがにここじゃ無理か。ラベンダー畑の向こうにトイレを発見。「じゃ、あそこの裏に行こうよ」車道とトイレの影に2人で隠れるように入ると、すぐさまふくよかなバストを鷲づかみにした。黙って俺の手を見る彼女の首元に顔を近づけ、軽く息を吹きかけると、案の定、体をくねらせる。続けざまに手を取り、堅くなった股間を触らせた。嫌がるそぶりはない。彼女の息も荒くなってきた。よし、もうちょい行けるー素早くチャックをずり下げ取り出した。「少しでいいからくわえてくれる?」無言のまま額くマダム。フェラゲット。ゴチです
その場で10分ほどしゃぶらせ、発射寸前、バスガイドから声がかかった。残念、集合時間だ。後日、再会してキッチリハメたのは言うまでもない
地方の人妻のエッチ体験談
ここ1年は全然。最初のころのセックスでのいい思い出は?
彼が超ドMだって発覚したんで正常位でチンチンを入れたら、私を見てるんですよ。「どうしたの?って聞いたら、早くイカせてみなよっていってほしい」ってりクエストされたんです。
ご要望に応えてやった?
中途半端はつまんないだろうと思って、イカせろょて言ってみたんです。そうしたら彼も盛りがってしまって、なんだか良くなっちゃって。
ちなみに、人生で一番気持ちいいセックスは?
ベストは高校ですか、距離恋愛していた彼氏が会いにきてくれて、青姦ですか。
割り切り希望の熟女と会ってみた
梅雨時期のうだるような暑さのなか、東京南部の町田市にやってきた。町田といえばひとつイイ思い出がある。20代半ばのころ、道ばたに転がっていた酔っぱらいオネーサンを介抱してあげたところ、なぜか積極的にホテルに誘われ、ありがたくドッキングさせてもらったのだ。以来、この土地に親しみを抱いているのだが、そんな気持ちも、化け物じみたテレクラ女に遭ったが最後、木っ端微塵に打ち砕かれるのだろう。
A型なら信用してもいいかな 
昼下がり、駅南口にあるテレクラに入ると、すぐさまコールが鳴った。「こんちは〜」 ザラッと耳にこびりつく印象的なハスキーボイスだ。間違いなく40オーバーだな。
「こんにちは。今日はどんな人を探してるんですか?」「まあ、ワリキリだね」「僕もなんですよ」
「でも私、そこそこ歳食ってるよ。ちなみにアナタはいくつ?」
「35です」「はいはい、だと思った。声若いもんねー。こっちはもうすぐ47だよ。ヤバいよね」
「いえ、全然大丈夫ですよ」「へえ、変わってるね。こんなオバサンでもいいんだ。あとさ、血液型って何?」「えっと、A型ですけど…」「あら!あらっ! いいわねーっ!」 
ビックリするほどの大声が返ってきた。何を興奮してんだ?
「A型いいじゃない! O型かB型って言われたら、断ろうかと思ってたのよ。いろいろと合わないからさ」 出たよ、血液型信奉者。こういう女、ホント多いよな。
「そういうことなんですね。じゃあ、俺、A型で良かったです」
「なるほどなぁ、A型かぁ。ってことは潔癖性?」
「いえ、そんなことないですよ」
「ウソウソ。他人の握ったおにぎり食べられないよね?でも女にそんなこと言っちゃ嫌われるから隠した方がいいよ」いや、だからそんなこと言ってないし。何なんだ、この人。
「まあ、A型なら信用してもいいな。私さ、自宅が●●町の2丁目にあるの。屋根が緑色だからすぐわかるよ。あ、名前は長谷川(仮名)って言うんだけどさ」
急に聞いてもない個人情報をしゃべりはじめたぞ。
「で、仕事は●●町の●●●って食品工場で働いているの。コンビニ向けのおにぎりとか作ってるんだけどね」「あの、なんでそんなことをワザワザ教えてくれるんです?」
「アナタ、さっきA型だって言わなかった?」「言いましたけど」
「だから信用したのよ。さっきから言ってるじゃん」 
それだけの理由で無条件に他人を信じていいものだろうか。たしか、日本人の3人に1人はA型なんだけど。「話、ずれちゃったね。で、どうする?会う?」
「条件はいくらですか」「1万2千円で。安いでしょ?」 
安いかどうかは実際に会ってみないとわからんが、とりあえずこの人で手を打つとしよう。
「その条件で結構です」「じゃ決まりね」 
待ち合わせは駅近くのコンビニだ。自宅から彼女がクルマで迎えにきてくれるという。質問が多いのは自信がない証拠だから15分後、コンビニ前に1台の国産スポーツカーが停まった。
ウイーンと開いたパワーウインドウから、眉間にシワを寄せた中年女性が顔を覗かせる。毒婦系とでも言うのか、保険金殺人で指名手配されててもおかしくない凄みのある人相だ。
「和田クンだよね?ほら乗って乗って」 
乗り込んだ車内はタバコの煙が充満しており、灰皿からあふれ出した吸い殻がそこかしこに落ちている。相当なヘビースモーカーらしい。にしても意外だ。てっきり貧困層のオバチャンと思っていたのに、そこそこ高価なスポーツカーでお出ましとは。
「失礼ですけど、このクルマ、ご自分のモノなんですか?」
「そう、自分でカネ貯めて買ったんだよ。中古だけどね」
そう言って、彼女が鋭い視線を向けてくる。
「へっ、やっぱ若いねえ。その歳じゃまだチンポびんびんだろ?楽しみだわ〜」
「…年下が好きなんですか?」「そういうわけじゃないけど、やっぱチンポは固い方が燃えるっつー話よ。へへっ」 電話のときと違い、口調がまるで下品なオッサンだ。こっちが本来のキャラなのか。「テレクラにはよくかけるんですか?セフレとか…」 彼女が話を遮った。
「アンタ、自分に自信がないタイプだよね?」「…え?」
「見たらわかるよ。けどさ、弱気に生きてたって何も面白くないし、テメーを変えなきゃ」 
いったい何の話をしてるんだ?「あ、あの〜、いきなりどうしたんですか?」
「さっきから質問が多いんだよ。それって自分に自信がない証拠ってことだから。ほら、また不安な顔してるし。もっと自信を持てよ、ドーンとさぁ」 
見当ハズレの思い込みを土台に説教されちまった。てか、その性格、めっちゃウザいんですけど。まもなくラブホに着いた。部屋に入るや、さっそく彼女がタバコの煙をふかす。
「ふう、暑いな今日は。股がムレてしょうがないよ」
ズボンに手を入れて股間をまさぐった彼女が、その手をクンクンと嗅いだ。
「おえっ、クッセ!」 
どんな環境で育つと、人はここまで羞恥心を失ってしまうのだろう。オゲレツにもほどがある。彼女がマン臭で汚染された手をこちらに向けてきた。
「ほら、嗅いでみ?ヤバいよ。すっげークッセーから」
「いえ、遠慮しときます」
「へへっ、カッコつけなくていいよ。女の汚れたパンツとか好きなくせに。顔に書いてあるよ」 
このままではオゲレツさんのペースから逃れられそうもない。話題を変えよう。
「ところで、いまご結婚はされてるんですか」
「まあね。うちの旦那は働きモンだよ。何が楽しいんだか」
「へえ、どんなお仕事されてるんです?」
「会社を経営してて、いちおう儲かってんのよ。だからあのバカ、風俗やキャバクラで遊びまくってるんだけどね」「ご夫婦で自由にやってらっしゃるんですね」
「そう。お互いに仕事して自分の小遣いで好きにやってるし、ま、自立してる夫婦ってわけ」  外で好き勝手やる夫婦を自立してるというのは違うと思うが。
「じゃあ、テレクラでワリキリするのも当然、お小遣い稼ぎのためですよね」
「ハズレじゃないけど半分は趣味だな。私、ズッコンバッコン大好きだから」
ズッコンバッコンとは恐れ入る。まだこんな古くさいフレーズを使う人がいるなんて。ま、この人らしいっちゃらしいが。
「でもウチのバカ(旦那)はダメね。めっちゃ早漏だからクソつまんなくて。アンタは?」
「まあ、普通ですかね」「そんなこと言って実は結構、持久力あるんでしょ?痩せてるヤツって大体そうじゃん。で、1時間ズコバコしても全然イカないんだよねー。さすがにそこまで長いのは求めてないからヤメてよね」  だから、なんでそんな勝手なことを思い込むんだって!
汗を流すべく、2人で風呂場へ移動した。服を脱ぎ始めると、なぜかオゲレツさんが恥ずかしそうにしている。「ジロジロ見ないでよ。ちょっと下腹とか出てるから恥ずかしいんだけど」
腹回りに自信がないらしいが、俺はむしろ彼女の股間が気になった。股の付け根にいくつも付着している謎のイボイボ。まさか、変な病気にかかってるとかだったらシャレにならんのだけど。 シャワーを浴び始めた矢先、ふと彼女が不気味なことをつぶやく。
「はやくズコバコしたいなあ。マンコがうずいてきちゃった」
「…そんなに好きなんですか、セックスが」
「うん。でもこれには理由があるのよ。知りたい?」
心底どうでもいいが、話したそうなので付き合ってやるとしよう。
「なんでなんです?」「ちょっと暗い話になるんだけどさ…」 
ムレた股間を念入りに洗いながら遠い目をしている。
「私、3年前に胃がんになったの。超初期で見つかったから、すっごく簡単な手術で治ったんだけど」「はあ、そうなんですか」「それからよ、性欲がガツーンと高まったのは。チンポのことばっか考えるようになってさ」「たしかに、死を意識すると、性欲が高まるって話は聞いたことありますね」オゲレツさんが目を見開いてうなずく。「ああ、なるほど、そういうことだったのか!見かけによらず物知りじゃないの」「いや、そんな…」
彼女の手がスッと俺の股間に伸びてきた。
「ふふ、はやくズコバコしたいくせに、冷静ぶっちゃって。カワイイじゃん。いまここで軽くチンポ吸ってあげようか」 
目を見つめながら、ありったけの下品さで舌をベロベロと動かしてみせるオゲレツさん。吐きそうだ。「あの、そういうのは部屋に戻ってからで…」
「つまんないこと言うねー。ま、いいや。その代わり、私にもたっぷりご奉仕してよね。マンコの奥を固くて熱いチンポでズコズコするのよ」
クンニってわかってる? プレイはオゲレツさんのフェラから始まった。本人いわく
「10人中10人に絶賛される」テクとのことで、どうせホラだろうとみくびっていたのだが、これがな
かなかどうして。子猫がミルクを飲むがごとき繊細な舌使いを見せたかと思えば、ダイソン並みのすさまじい吸引ワザまで披露してくる。 チロチロチロ。ズオォォォッ!あっという間に勃起度は100%に達した。その固くなったチンコに頬ずりしながら、うっとりとした表情で彼女がささやく。
「そろそろマンコに突っ込んでみようか?」 
しかし、ガバッと開いた両足の中心に見えるのは、謎のイボと白髪交じりの濃密な陰毛に覆われたグロテスクなマンコだ。勇気を振り絞って正常位で挿入すれば「んむう、んむう、んむう」と、ウシガエルのようなマヌケすぎる喘ぎ声が。一気に気持ちが萎え、チンコがスポリと抜け落ちた。オゲレツさんは、あからさまに不満顔だ。「ちょっと何? どうしたの?」
「すいません、なんか調子悪くて。今日はもうダメみたいです」
「情けないチンポだねえ。もう一回しゃぶろうか?」
「いや、大丈夫です。多分また萎えちゃうと思うので」 
軽蔑の視線が飛んできた。
「ああ、本当にがっかりだわ。セックスに自信があるっていう男に限って大したことないんだよね」
その説は案外、マトを射ているとは思う。だが、そもそも俺はセックスに自信があるとは一度も口にしていない。彼女が続ける。
「期待して損しちゃったじゃないよ。本当にもう無理なわけ?」
「すいません」「だったら、クンニでもいいんだけど」
「すいません、それもムリです」
「…え?ええ?クンニってわかってる? クリトリスとか穴ぼこをベロベロ舐めることだよ?それもできないっての?」
クンニを拒否する男がいるなど信じられない。そう言わんばかりの驚きようだ。 いろいろと勘違いの激しい人ではあるが、ここまで度が過ぎるともはや笑うしかない。さーて、帰ろ帰ろ。

美人OL・スケベな女子大生のたわわな美巨乳初ヌード・エッチ体験談付き

1_20200107111408349.jpg2_20200107111410611.jpg3_20200107111411a70.jpg4_20200107111413a7a.jpg5_2020010711141499b.jpg6_202001071114168a4.jpg7_202001071114176cf.jpg1_20200107105118381.jpg2_20200107105120a60.jpg3_2020010710512126b.jpg

今ね、軽く大人のファッションチェックみたいのしてるんだけど、少し時間ない? お小遣い上げちゃうよ?
うーん、少しだったら。
いま何才?
21才。
好きなタイプはどんな人?
優しい人かな。強引じゃない人。
ちょっと質問なんだけど、男と知り合ってからHするまでの一番短い時間は?
1時間くらいかな。
ナンパ?
いえ、相手は同級生なんだけど私は全然意識してなくて。初めて2人でカラオケに行ったらそういう雰囲気になっちゃって。
エロい雰囲気に?
距離が近いのに弱いの。近距離で見つめられると動揺しちゃう。それでチューされるともうだめ…。
いい話だねえ! 経験人数はどのくらい?
10 人ちょっとかな。
彼氏は何人くらい?
4人(笑)。あとは1日だったり。
はじめてしたのはいくつのとき?
15才だから中3の終わりのころかな。学校の先輩でイケメンだったから女の先輩に「付き合ってんじゃねーよ」「キモいんだよ」とかイジメられた。向こうから告白してきたのにね。
男には不自由してない感じだね。
全然苦労してるよー。みんな浮気ばっかするの。その先輩も 浮気しまくり。だから私も浮気しちゃう。
大変だねー。ちょっと室内で撮影しよっか。
浮気されまくりっていうのはどういう感じだったの?
3年付き合った彼氏に本命の彼女がいた(苦笑)。
最初から気がついてた?
信じてたから確かめられなくて。友だちから「あの人付き合ってる人いるよ」って聞いてたんだけど。彼に聞いても「そんなわけねーじゃん」って言うだけだし。
それで浮気しちゃったんだ。
最初に知り合ったときに、彼の親友の人がいたんだよね。最初はその人に告られてたんだけど。
そいつと浮気したんだ。
3年間セフレだったの。
ペースはどのくらい?
彼氏とはほぼ毎日してたんだけど、そのセフレとは月に1回。体だけっぽい関係で、月イチで癒されてた。
セフレはセックス上手だった?
アソコがすっごく小さかった。だからほんとに癒しだけ、みたいな。彼が浮気ばっかりしてるし、遊んでやったの。
はあ。セフレはどんな人?
すっごくイケメンだったし、優しい人だった。ちょっと哀しそうな雰囲気で、いい人だったんだけど…。
チンコが小さいから満足できなかったんだ。キミ、エロいよね。
そうかも。屋上とか屋外でするのが好きなの。バレそうで怖い感じが気持ちよくって、彼氏と歩いてるときは、どこかでできる場所ないかって探してたり。
一番変わった場所は?
渋谷のセンター街歩いてて、「どこかない?」って探してたら「このビルの影は?」「ここ登れるじゃん」ってビルの屋上に上がってそこでしたり。
探検家だねえ。
高校のときは付き合ってた彼氏と打ち合わせして、ミニスカ履いて朝の埼京線に乗って、バックで入れたり…すごく興奮して気持ちよかったんだけど、動かしたら声でちゃうから、結局そのままホテル
に行って朝から2回したり。
ちなみに性感帯は?
基本的に敏感だから、どこ触られてもゾワってきちゃう。だから触られたら余裕なくなって困る。
スケベな女子大生のエッチ体験談
毎週、学校婦りに病院に行って、そこでエッチしてから
親も医者で、あんまりいてなかったんだよね。そのおかげで全部やられたよ
アナルにバイブ入れられたりしたし
えーつと…、とりあえずホチルに行こうか。
ドロリコンだよね一。さんざんエッチしといて飽きたのかな
そうそう。でもあんまり気まずくならなかったよ。
ちょっと軽く脱いでみて
うん
きっと.アナルもされたんだよね。
うん。でも、ちんぼは入れてないよ、入れられると力が抜けちゃうんだよ。
離婚の原因は旦那といま付き合ってる元彼とのダブル不倫のエッチ体験談
なんかお金に困ってんの?この前辞めちゃったんですよ。
ぶつ飛ばしてるね?。ええ、人生1回なんで。
まあでもたまたまなんで。
彼氏もいるってことは旦那さんとぅまく行ってないわけ?
いま別居してて。
別れないんだ。
まあ別れてもいいんだけど、子供がいますから。
旦那さんとはいつ出会ったの?
出会って半年で子供できちゃった。
スゴい好きだったから高校卒業してすぐ結婚したんですよ。
旦那さんとはいつ出会ったの?
出会って半年で子供できちゃったんで17才かな。スゴい好きだったから高校卒業してすぐ結婚したんですよ。
初体験はいつ?
旦那が始めての人なんですよ。
なるほど。
で、2年前ぐらいに、高校生のときに付き合ってた元彼と再会して仲良くなって、去年の夏に旦那と別居したんです。
自分から浮気したんだ。
はい。その前に浮気したのがバレて、出てけって言われてたんですよ。
無茶するね。
その後、旦那も私の友達といい感じになってたの知って、取っ組み合いの喧嘩になって家を出たんですよ。実はその元彼も結婚して子供もいるんですけどね。
グチャグチャじゃん。
ダブル不倫です。
裁判になったら大変そうだね。
ですよね、だから今はおとなしくしておかないと。
経験人数は何人なの?
2人だけですよ。旦那といま付き合ってる元彼と。
ホントに?コンパとか他の男と知り合う機会あったでしよ。
でも2人で会ったりしないので。彼がいるから無理ですっていいますよ。
え、手マンも気持ちイイし入れたときに奥に当たってセックスみたいな
パィ舐められて下も舐められって感じで。
クリではありますよ
エッチだったんだそうですね

M体質なドM女は大胆なポーズが大好き|学生・専門学校生のエッチ体験談

1_202001071049321db.jpg2_20200107104933c78.jpg3_2020010710493486a.jpg4_20200107104936527.jpg
1_202001071313540ed.jpg2_20200107131355413.jpg3_2020010713135606b.jpg
なんかお金に困ってんの?
まあ色々と。正直、かなり助かります。
お仕事は?
この前辞めちゃったんですよ。美容系の仕事してたんだけど色々ありまして。
ちなみに彼氏さんは?
います。彼氏いるし、ダンナもいるし子供いるし。
えっ! 子供もいるの?
もう大っきいんですよ。4年生と1年生なんで。
マジで! 何才で産んだの?
18才で結婚と出産を。
ぶっ飛ばしてるねー。
ええ、人生一回なんで。まあでもそうなりたくてなったわけじゃなくてたまたまなんで。
彼氏もいるってことは旦那さんとうまく行ってないわけ?
いま別居してて。
別れないんだ。
まあ別れてもいいんだけど、子供がいますから。
旦那さんはいつ出会ったの?
出会って半年で子供できちゃったんで17才かな。スゴい好きだったから高校卒業してすぐ結婚したんですよ。
初体験はいつ?
旦那なんですよ。
17ですね。なるほど。
で、2年前ぐらいに、高校生のときに付き合ってた元彼と再会して仲良くなって、去年の夏に旦那と別居したんです。
自分から浮気したんだ。
はい。その前に浮気したのがバレて、出てけって言われてたんですよ。
経験人数は何人なの?
2人だけですよ。旦那といま付き合ってる元彼と。
ふーん。そろそろ撮影しましょうか。
はい。
近くにあるホテルへ移動。
ちなみに旦那さんとエッチはどんな感じ?
いたって普通ですよ。上から順番にって感じで。キスしてオッパイ舐められて下も舐められてみたいな。
はいはい。で、フェラして入れて、たまにローター。
ドンキで買った。
そうです(笑)。ドンキで買いました。
ずーっと同じエッチだったんだ。
そうですね。
17才から約10年ほど。
イッたこととかあるの?
クリではありますよ。
オナニーは?
しないんですよ、それが。まったく興味ないですね。試したこともないので。
イッたら気持ちいいんでしょ?
でも1人でやる意味がわからない。
ふーん。で、彼氏のエッチは?
気持ちいいです。
何がいいの?
え、手マンも気持ちイイし、何か潮を吹かせるやり方あるじゃないですか。
はいはい。
アレも上手くて気持ちイイし、入れたときに奥に当たって気持ちイイし。色んな女の人としてるんで上手なんですよ。
セックスがいいから離れられないんだね。
それはありますねー。彼とのエッチは気持ちいいけど、もう旦那とはダメになっちゃいました。
バスタオルを巻き恥ずかしそうにプリケツ
シャワーの後もあるいはセックスの後、女はちょっと恥ずかしそうな感じでバスタオルを巻き、そそくさと洗面所へ向かうわけですが、あのときのケツがよろしおますな、というのが本テーマです。あれ、わざとかと思うくらい、ケツ出してますよね。 
美尻少女のお小遣い稼ぎの初ヌード・プリケツのエロさ
M女は優柔不断で自分の意見を言わないし自信なさげにゆっくり歩いているという特徴があります。意見を決めるのが苦手でリードされたい、誰かに決めてほしいと思ってます。口説く際はコンプレックスを把握し適度ながっつきは本気の誠意として受け止められやすいのでガンガン攻めるのが良いでしょう! 
 以下M体質な専門学校生のナンパインタビュー
学校帰り?
ううん、バイト。さっき終わって帰るところ。
ひとりで寂しく帰るんだ。
あはは。友達とお茶する約束してたんだけど、ダメになっちゃって。
一人暮らし?
そうだよ。西武線。
ひょっとして『NANA』に影響されて、とりあえず東京出てきた北の人?
何ソレ? 北の人って…北朝鮮?……。
違うよ、北海道。北って言ったら、北だけど。
それで、専門学校に入って、若くてオシャレな生活を。
んんん、もうバイトばっかり。アパートの家賃は高いし。
東京の家賃ってクソ高いよね。
北海道だったら家借りれるよ。
仕送りは?
もらってる。でも、やっぱり足りないから。
どんなバイトしてるの? 
ファミレス。欲しいものがたくさんあるし。
iPodとか。
彼氏は?
いない。狙ってる人ならいるけど。同じバイトの3コ上。
どんな人? バンドマンとか?
ううん、フリーター。石田純一に似てる(苦笑)。
純一似の21才。想像つかないな。
たぶん普通の人だよ。こんど映画見に行くんだ。
一人暮らししてから、何人とセックスしたの?
……4人。
全部彼氏?
ほとんど…ひとりは微妙だったけど。
微妙ってセフレ?
セフレじゃないよ。一回しかやってないし。
新宿歩いてたら声掛けられて、それで飲みに行ってカラオケ行って。
即ハメだ。
違うよー、一応ちゃんと付き合ったよ。でも、
その人も忙しくて、なかなか遊べなくて、それっきり。
それを付き合ったと言うんだ(苦笑)。
一応ね(苦笑)。あとは全部彼氏。
家に連れ込んだりしてた?
ほとんどが、相手の部屋だよ。前のバイトとか、同じ学校とか、ライブ会場で知り合いになった人。
どれも長続きしないんだ。
そう。全然続かないんだよねー。バイトが忙しいってのもあるんだけど、なんか気まずくなって…。
なんで?
みんな『最初のイメージと違う』って言って去って行く。なんでかな…。
…もしかして、暗いとか言われる?
たまに…。
そっか。暗い? 私。
んー、微妙に暗いかも(笑)。んで、今まで一番よかった人は?
高校のときに付き合ったイケメン! 超カッコよくて、一緒に遊んでたら『付き合おう』って。
いい話じゃん。
その人って、学校の中にもファンクラブみたいのがあって、スゴいモテてた。でも1ヵ月もしないうちに『好きな人ができた』ってフラれた。
あらー。やっぱそうなるんだ。暗い別れが多そうだね。
ああ…、そうかも。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます