援助交際・パパ活のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:援助交際・パパ活

下着売りやモデル撮影のヌキ行為なし完全素人ピュア娘の援交処女をいただく交渉術

106_20200713191206a06.jpg107_2020071319120706c.jpg108_20200713191209fd1.jpg109_20200713191210802.jpg皆様にオススメしたいのが《ヌキなし娘の交渉》です。「ヌキ行為なし」の約束で会う『下着売り』や『モデル撮影』の女の子たちを現場で交渉して、なんと援交に持ち込むのです。「エッチとかは無理だけど…下着売るくらいなら…大丈夫かな…」
そんな臆病さと好奇心をあわせ持った、完全素人ピュア娘たちの援交処女をいただく快感といったら。甘美な蜜の味わい方を紹介しましょう。まず1つ目の書き込みは、専門用語(3日履き←3日間履いている。実技←手コキやフェラ、本番などの意味。オナパン←オナニーして、シミの付いたパンツ。ダラメ←ダラダラ質問メールなどを送ってくること)を使用しているうえ、かなり下着売りに慣れているようなそぶり。そして2人組ということから、凡人にはヌキの説得は無理。サミュエルL・ジャクソンレベルの交渉人でなければ不可能です。
また、2つ目の書き込みのように、値段をキッチリ決めているビジネスライクなものもNG。絶対に素人ピュア娘ではありません。狙うべきは次のような書き込みです。
『明日、新宿や渋谷あたりで、夕方からパンツ手渡しで買ってくれる人いませんか。マリ』このような書き込みを見つけたらただちにメールを送りましょう。
「下着買いたいです。新宿に夕方で大丈夫ですよ。平気ですか?』
ちなみに現在のパンツの値段は、手渡しで2〜3千円、生脱ぎで3〜5千円が相場ですが、最初から値段の交渉はしないように。このとき気をつけなければいけないのは、敬語を使うこと。
「手渡しなら2千円くらいかな。もしくは生脱ぎはどう?だったら5千円出すよ。カラオケボックスとかでササッと脱いでくれればいいんだけど」
生脱ぎで5千円といえば、相場でも高いほうですが、目的はパンツを買うことではなく、会ってそれ以上のプレイをすること。この時点でお金をケチるとアポることすらできません。さあ、女のコからアポが取れたら、次は会う時間の設定です。女の子たちは「会って、すぐに脱いで帰れる」と思っているので、会った後に予定を入れている可能性があります。「お金はほしいけど、この後、友達と会う約束しちゃってるんで…」と、サッサと帰ってしまうケースも多いのです。さて、いよいよ女の子と会うことになりました。カラオケボックスへと移動したら交渉開始です。まず、目の前に立たせるか、カラオケのソファーに膝立ちをさせてスカートをめくらせ、はいているパンツを確認します。その際、太ももの付け根あたりに軽く触れながら、「カワイイパンッだね-」と言いましょう。このときに触られるのを嫌がるか、嫌がらないかで次の攻め方が変わります。体に触ることが当たり前、と
いう状況にすることが重要です。もし、触った途端に嫌がる仕草をした場合は、「あのさ、パンツで5千円もいいけど、せっかくここまで来たのにちょっと少なくない?もうちょっと稼ごうよ。タッチでプラス2千円はどう?」と交渉しましょう。今までの経験上、この「タッチ2千円」までは、ほ
とんどの子がOKします。タッチがOKの状況になったら、パンツの上からキスをしたり、ムァンコを優しくナデましよう。もし腰をくねらすなどして嫌がってきても、「パンツのエッチな匂いが足りないから、ちょっと触るね?」とあくまでも「良いパンツのため」という立ち位置を守るのがコツです。ムァンコヘのタッチまで許した場合、服の上からなら胸へのタッチも嫌がるコはいません。胸とムァンコをいじりながら、相手の快感を誘いましょう。人間、仰向けに寝ると、心や体のガードが外れやすくなります。「すごい…パンツにエッチな匂いたくさん付いてきた…」と、ここでもあくまで『良いパンツがほしいから』という立ち位置をアピールしましょう。ここまで来たら軽いプチ援交に
は問題なく乗ってきます。ボクの経験でいくと、だいたい手コキ(3千円)、フェラ(8千円)ほどの値段でイケるでしょう。ヌキ無しピュア娘たちをオトすコツは、気持ちよくさせて最後は口説きプラス1万円。コレに尽きます。しかもおみやげに生脱ぎパンツやハメ撮り写真まで付いてくるのだから試さない手はないでしょう。ぜひお試しあれ。
タグ

キス援交ならOKの汚れていない女性・挿入無しでオナニーでも最高に気持ちよい

73_2020071210303226a.jpg
ここからは美味しいキスの相手をしたら恋人にできた話
キスに始まり、射精で終わるセックスの流れのなかで、俺が重視しているのはファーストステップのキスだ。あの、舌と舌がねっちょりと絡み合う行為には、フェラや本番では味わえない独特の淫靡さがある。それがもうタマらないのだ。この意見に共感してくれる男性はきっと、多いのではないか。
そんなワケで当然のように、キス専門のフーゾク店に足しげく通っていた俺なのだが(長らく恋人ナシ)、ある日、ふとナイスなアイディアを思いついた。
出会い系でキスの相手を募集してみるってのはどうだろう。
キスプレイの長所は、何といっても恋人気分を堪能できることにある。ならばフーゾク嬢より、シロートのワリキリ娘のほうがより楽しいに決まってる。
さっそく、複数の出会い系サイトにこんな募集文を書き込んでみた。
〈5千円でキスさせてくれる人いませんか? 所用時間は5分ほど。キス以外にエッチなことは一切しません〉
 本番どころかフェラや手コキも要求せず、おまけに拘束時間も極端に短い。にもかかわらず5千円も提示するなんて払い過ぎと思うかもしれないが、キスプレイというのは女にとって、男が考えるよりずっとハードルの高いものらしいのだ。これでなんとか釣り上げられればいいのだが…。
 投稿から30分、ようやく一通のメールが。
〈募集の件、興味あります。お会いできますか?〉
その後もしばらく待ってはみたが、他に応募メールが届く様子はない。ではこいつに決めるとしよう。待ち合わせ場所に現れたのは、顔も服装も地味な雰囲気の女だった。年のころは27、28才。決して当たりとは言えないスペックだが、清潔感がある点は好感が持てる。不潔な女じゃキスする気も起きねえしな。「あ、どうも。じゃさっそく行きましょうか」「はい」
 ホテルへの道すがら、何気なく尋ねてみる。
「出会い系でよく人と会ってるの?」
「いえ、どうしてもお金がピンチのときだけなので、実はこれが2回目なんです。事務のお仕事をしてるんですけど、お給料がホントに少なくて」
つつましく微笑む彼女の姿に、またも好感度が上がった。しかもエンコー2回目だなんて、ほぼ完全なシロートさんじゃないですか! 
ホテルに着いてすぐ、プレイを開始した。まずは小鳥のような軽いキスから。
チュッチュッとリズミカルに唇を重ねていると、次第に彼女の口が開いてくる。そこでようやく、ぬるりと舌を中へ。はじめは微動だにしなかった彼女の舌が、俺の激しい舌使いに合わせるよう、大きく旋回をはじめた。絡み合う舌と舌。こぼれだす吐息と吐息。この官能的な状況こそキスプレイのだいご味ってやつだ。ああ、気持ちいいなあ。ふいに彼女の背中がビクッと震えた。
「どうしたの?」尋ねると、彼女は半分だけ目を開いた。
「…キス、上手いんですね」
日ごろからキス好きを自任しているとはいえ、あらためて誉められるとテレるもんだ。熱烈なベロチュウをかましながら、自家発電で気持ちよく果てたのは、それからしばらくのことだった。ふう。ホテルを出たところで、自然と言葉がもれた。
「もしこの後、予定ないなら軽く飲みに行かない? もちろんオゴるし」
射精後に、俺がワリキリ娘を飲みに誘うなんて初めてのことだ。キスに特化した濃厚プレイの余韻が、そんな気分にさせたのか。彼女はごく簡単に答えた。
「あ、はい。じゃ飲みに行きましょう」
その後の2時間は、特にここで書くべきようなことは何も起きていない。ただフツーに世間話をして盛りあがり、フツーにおいしく酒を飲んだだけの話である。
想像もしてないラッキーが起きたのは、居酒屋を出てからすぐのことだ。
先ほどの射精から十分にインターバルが空き、またアルコールも入ったせいで、無性にムラムラしてきた俺は、思わず彼女にこう言った。
「もしよかったら、今からホテルに入らない?」「え…」
「うん、なんか好きになっちゃって」「…別にいいですけど」
わお、いいんだ! 結果から言うと、コレが彼女と交際する直接のきっかけになった。そう、2人は恋人関係になったのだ。濃厚なキスってのは、たとえ最初はイヤイヤであっても、どういうわけだか恋心のようなものを芽生えさせるらしい。恋人がほしいのになかなかできないアナタ。いっそキス援交にチャレンジしてみるのもアリじゃないでしょうか?
街中で「後ろ姿美人」を見かけたとき、皆さんはどうしますか?脚がキレイでケツもプリっとしていて、美人そうな女。思わず追いかけて顔やら胸やらを見たいと思っても、追い抜いてあからさまに顔を覗き込むのは抵抗がありますよね。そんなナイーブ男子のために、とっておきのテクをお教えしましょう。小道具として必要なのが携帯電話です。これ1つで、どんな場所でもごく自然に女を追い抜き、振り向いて、顔と巨乳をじっくりと見ることができます。
後ろ姿美人がいたとします。携帯を手にその女を早歩きで追い抜いて、10メールほど先に進み、おもむろに携帯を耳に当てて立ち止まります。
「はい、もしもし! ああ、どうもお疲れ様です〜。はい、例の件ですけども…」
自演の電話内容は何でもいいんです。電話の着信に出た人が、突然その場に立ち止まるというのはよくある光景なので、通話のフリをし続けていれば、ここで振り向いても非常に自然な動きに見える。大声で話し続けながら、こちらに近づいてくるターゲットをじっくり観察できるわけです。
スタッフがオイシイ状況になっているというのだ。
「確かにエンコ—女は多いっすよ。ブスやババアもかけてくるけど、やつぱりいるんですよ。ヒマしてたり寂しいからって、電話してくるシロー卜女が。やっぱテレクラって、そのときの気分ですぐに会えるじやないですか。出会い系より全然お手軽ですよ」
そう語るのは、都内. 最大手のテレクラチェ—ン「R」で働くフロントマン、川島氏(28才仮名) だ。
「見てのとおり、ボクなんか丸顔で、しやべりもうまくないし、プライベー卜じやロクにモテないんですよ。ところが、テレクラに入ってマジで状況が一変しましたから」
「テレクラ従業員募集」の三行広告に応募、その場で採用されたのが始まりだった。勤務先は中央線沿線の某支店で、就業時間が朝8時から夜8時まで。仕事は女性の電話の取り次ぎの他、男性客の応対やレジ開け、個室の掃除などなど。ちなみに時給は1300円だった。「都合が良かったのは、夕方6 時に夜番が来るまで、店番がボク1人だったこと。社員が1回は見回りにくるんだけど、そのときさえ
気をつければやりたい放題なんですね。そう、ボク自身、ハナからヤル気だったんですよ」
入店初日、さっそくその機会が訪れる。20代半ばの女からコールが入り、男性客の部屋へ取り次ごうとした際、いきなり相手から『オニーさん遊ぼうよ』と声をかけられた。
「よっしや—って小躍りしそうだったけど、とりあえずスル—しました。いちおう従業員が女性客と会ったらクビってことになってるんで、まずは様子を見ようと」
他のフロントとも仲の良いロの軽そうな女いつ補導されるかわからない者などに手を出せば、その身が危うい。彼は慎重に相手を選び2週間後、初めて行動に出た。
「19才のフリ—夕—かな。ギャルっぽくて、けっこぅカワイくてね。なんかやけにポっとしてる。会ってくれてありがとぅ、みたいな。ボク程度の男であそこまで喜ぶとは思いませんでしたね」
この晩、テキト—な居酒屋でメシをおごった彼が、あっさり彼女をお持ち帰りしたのは言うまでもない。個室の中でセックスし、男性客との応対中にカウンター下でフェラをさせるもうやりたい放題だ。「モメ事?ああ、そう言や、1人だけ店の前で待ってた女がいたけど『帰れよ』って言ったら、それっきりでしたね。
キス援交にトライ
ちょっと贅沢なオナニーをしたければ、キス援交にトライしてみてはどうだろう。キス10分5千円といった掲示で女を釣り、レロレロとディープキスしながら右手でオナるのだ。レロチューとオナニーというのは実に相性がよく、脳がしびれるような感覚を味わえる。大事なのは、オナニーについてはメールの段階では触れないこと。オナ目的とバレると、キモがられてアポに至らなくなる。あくまでオナニーは、キスをしながら勝手に開始するように。もうプレイは始まってしまっているので、女も拒みようがない。面白いのはこのキス援交、体を売ってるようなやさぐれ女はやってこないことだ。風俗嬢がキスを嫌うように、マンコで稼ぐ連中はキスを避ける。キスのみで小遣いを欲しがるのは、「体はイヤだけどキスだけなら…」と考える、まだ汚れていない女だけなのだ。
タグ

パパ活の体ありの相場は?お茶だけフェラまでエッチまでと交渉していった体験談

16_2020070908311869a.jpg17_2020070908311996c.jpg18_20200709083121a2f.jpg19_20200709083122483.jpg20_20200709083124297.jpg21_202007090831253ed.jpg22_20200709083127664.jpg23_202007090831138b8.jpg24_20200709083115b93.jpg25_20200709083116cce.jpg
最近、パパ活という言葉をよく目にするようなった。
お金に困った女の子たちが、お金に余裕のある男たち(パパ)とデートやセックスをしてお金を受け取る──。要するに援交なのだが、パパ活というライトな言葉のおかげで、売春行為が普通の女の子たちにも身近な存在になったわけだ。テレビドラマにまでなったぐらいなので、このワードはかなり浸透していると思われる。ならば俺だってパパになって上玉の素人とやりまくってみたいわけだが、サイトで探すのは面倒くさい。
そこで浮かんだのが、裏モノではお馴染みのお手紙作戦である。
美人店員たちに「パパ活しませんか?」と書いた手紙を配りまくるのだ。ターゲットは薄給職業の代表ともいえるアパレル店員さんがいいだろう。
右が作成した手紙の全文だ。パパ活についての具体的な説明はせず、本名と連絡先を書くだけに留めた。反応があった時点で、金額などは相談するとしよう。手紙を撒いた翌日、1人の店員さんからメッセージが届いた。
女 あの…パパ活って何でしょうか…
かなり短いメールだ。どの店員さんだろう。
パパ活の意味がわからないようだけど、本当に知らないのか? こちらの出方を伺ってるだけかも。パパ メールありがとうございます(^^) いきなりあんなお手紙渡しちゃってすみません。パパ活ですが、女性に金銭的な援助をしてあげる男のことをパパって呼ぶみたいです。そういう援助をさせてもらいたいと思ってまして^^;よかったら一度、軽くお茶でもしながら詳しいお話させてもらえませんか? 
残念ながら、その後、彼女からの返信は途絶えてしまった。何がまずかったんだろうか。
◀2人目
がっくり落ち込んでいたところ、その2日後、もう1人の店員さんからメールが届いた。
女 先日はお手紙ありがとうございました。○○○(店名)の新田です。返信しようか迷ったんですが…棚網さん悪い人じゃなさそうだったのでメールしてみました。あの、パパ活というのは、どうい
う意味ですか?
名前と店名を書いてくれているが、どの店の子なのかさっぱりわからない。比較的好意的な反応に見えるので、慎重に進めていこう。彼女もパパ活の意味がわかってないようだが、おそらくとぼけてい
るだけだろう。
パパ 新田さん、ご連絡ありがとうございます! 先日はいきなり失礼なお手紙を渡してしまってす
みません…。パパ活ですが、女性に金銭的な援助をしてあげる男のことをパパって呼ぶみたいで、よかったら、新田さんにそういう援助をさせてもらえないかなと思ってまして^^; もしよければ、一度お茶でもしながら詳しいお話させてもらえませんか? ホントに悪い人間じゃないので、よろしくお願いします!
女 パパ活ってやっぱりそういう意味なんですね! 噂には聞いてましたけど(笑)でもどうして私
なんですか?
やはり意味は知っていたみたいだ。ということは、お金をもらえるかもという期待から連絡をくれたんだろう。うまくおびき出さねば。
パパ それは、もちろん新田さんが超絶タイプだったからです! 僕のような男が新田さんみたいな
方とお近づきになるにはこの方法しかないと思ったので、頑張ってお手紙書いてみました
女 そうだったんですねー なんだかすみません。棚網さん、こういうこと、よくされてるんですか?これはどういう質問だ? パパ活に慣れてる男を演じるべきなのか。その方がお金持ちっぽくてウケるかな。…いや、やめておこう。
パパ いえいえ、こんなことしたのは初めてですよ! どうにかお近づきになりたくて、ひねり出した作戦なので(笑)
女 そうだったんですねー。でも…やっぱりお会いするのは、ちょっと怖いです… すみませんm(_ _)m
パパ 怖いですか…。そうですよね、でも援助をしてあげたいという気持ちがあるのは本当のことな
ので、少しでいいので、ぜひお話だけでもさせもらえませんか?
女 そうですね… じゃ、お茶ぐらいなら…
どうにか会ってくれることになった。その後、何度かのメールのやり取りを経て、待ち合わせの日程と場所が決まった。
◀対面こんな上玉の子とパパ活できるのか
8月の平日、午後4時。待ち合わせの某ターミナル駅で彼女の到着を待っていると、背後から声を掛けられた。「棚網さん、ですか?」「あ、どうも! こんにちは」
眼の前に現れたのは、モデル体型の美人だった。思い出した。9番の店員さんだ。すごいぞ、こんな上玉の子とパパ活できるのか。まあ、まだセックスできると決まったわけじゃないけど。
「新田さん、お腹減ってます? 
ちょっと時間早いけど、軽く飲みながらご飯でも食べませんか?」
「あ、ワタシ、お茶だけでいいです。さっき食べたばっかりでお腹減ってないんで」
手紙ナンパの連載のように、酒を飲ませて判断力を鈍らせようと思ってたのに。やっぱり警戒されてるのかな。当たり前か。
「じゃカラオケボックスでもいいですか? 喫茶店とかだと、ちょっと人に話を聞かれると恥ずかしいし」「あ〜、そうですね…。大丈夫ですよ」
というわけで、駅前のカラオケに行くことに。お酒もあるし、個室だし、うまくやればエロい展開に持ち込めるかもしれない。
アパレルの給料が安いってのは本当なんだな
カラオケに入り、俺がチューハイ、かたくなにお酒は飲めないと言い張る彼女がウーロン茶を頼んで乾杯だ。
いきなりお金の話題を持ち出すのもヤラしいので、少しずつ彼女の経済事情を中心に探っていくことにしよう。パパ活目的の男に会いに来たってことは、ぜったいにお金に困ってるはずだ。
「新田さん、今日は仕事はお休みなの?」
「はい。仕事の日はけっこう帰りが遅くなっちゃうんで」
「よくアパレルのお仕事って大変だって聞くけど」
「ああ、まあそうですね。仕事自体は好きだし楽しいんですけど」「やっぱり、お給料あんまりもら
えないのかな」「そうですねー、ほかの仕事に比べたら低いと思います」
やっぱりアパレルの給料が安いってのは本当なんだな。あらためて彼女のプロフィールを確認したところ、東京出身の24才で、現在実家暮らしとのこと。
実家に暮らしてるならそんなにお金に困ることはないんじゃないか?
「そうでもないですよ。一応、お家にお金は入れてますし、たぶん聞いたらビックリするぐらいのお給料しかもらってないんで」やっぱりアパレルの子をターゲットに選んだのは正解だったようだな。お金がないと色々困るもんね。うんうんとうなずきながらも彼女のスカートからのぞく生脚を見て、すでに俺の股間は半勃ち状態になっている。いいですね。こんなにピュアな超美人ちゃんと、こうして2人きりで個室にいるだけでも贅沢な気分ですよ。
「デートとか食事とかだけなのかなと」
ではそろそろ本題に入らせていただきましょう。
「それで、パパ活のお話なんですが」「…あ、はい」
新田さんがかしこまって座り直した。なんだかこっちも緊張してきましたよ。
「パパ活って言葉は知ってますよね?」
「はい、テレビとかで見たような気がします」
「どういう意味だと思ってました?」
「え〜、なんか、デートとか食事とかをして、お小遣いをもらう、みたいな感じですか?」
「テレビでそう言ってました?」
「はい、ワイドショーみたいなので。女子大生の間で大ブーム、みたいな感じで」
新田さん、ときおり伏し目がちになり、テーブルに置いたスマホを気にしている。なんだか帰りたそうな雰囲気だ。慎重に進めないと。
「なるほど。そのデートっていうのは、ホテルに行くデートも含まれてるんですよね」
「いえ、カラダの関係は持たないって」
「えっ?じゃあ、デートしたりご飯食べたりするだけでお小遣いもらえます、みたいな感じで言ってたんですか?」「そうですね」「なるほど…」
そんなバカな話があるか。飯だけでお金なんてやるわけないだろうが。
「でも、ご飯とかのデートだけでお金もらえるって、不思議だと思いませんでした?」
「あ〜でもなんか、そう言ってました。そういう関係じゃないから流行ってるのかも、みたいな感じで」なんなんだ、そのテレビって。そんなデマを勝手に流すなよ。
「それ、ちょっと事実とは違うと思いますけどね」「え…?」
「ひょっとしたら、中にはそういうことに興味がない人もいるしれないですけど、それは本当にごくごく一部の話で、ほとんどのパパ活が、ホテルに行ってると思いますよ。パパっていうのは愛人のことなんで」「え〜! そうなんですか?」
当たり前だろ! そんな普通のデートなんかで金払えるわけないだろうが。
「じゃ、新田さんもデートするだけでお小遣いもらえると思ってたんですかね?」
「まあ、はい。デートとか食事とかだけなのかなと思ってましたね」
 うーん、これは困ったな。
「誰が相手でもエッチはちょっと…」
なんとなく気まずい雰囲気になってしまった。新田さん、めっちゃ頻繁にスマホチェックしてるし。
もうこうなったら、お金をチラつかせるしかないな。
「わかりました。じゃあ、もしですよ、もし僕が今から一緒にホテルに行こうって誘ったらどう思います?」「いやいやいや」
ものすごい勢いで顔を横に振っている。「とりあえず2万円払いますよ。いますぐに」「……」
「僕じゃダメですか?」「…いや、そういうことじゃなくて…。誰が相手でもエッチはちょっと…」2万じゃ無理か。でもそれ以上は出したくないな。でも彼女2万という言葉を聞いた直後、ちょっとだけ間があったな。セックスはしないと言ってるけど、お金が欲しいのは間違いないはずだ。よし、とりあえず目の前に現金を出してみるか。実際にお金を見れば気持ちも揺らぐだろう。
バッグの中から財布を取り出し、とりあえず1万円をテーブルに置いてみた。
「じゃ、とりあえず、ホテルに行くのは置いといて、口でしてくれませんか? ほんのちょこっとで
いいので。5分でいいです。きっちり時計で計ってくれていいです」
「……」「たった5分で1万円ですよ? そんな率のいいバイトないですよ?」
「……」「よく考えてみてください。5分後にはこの1万円を差し上げますから。ね、たった5分。短いでしょ?」「まあ…そうですけど…」
新田さんが、テーブルの上の1万円をチラっと見た。やっぱりお金は欲しいみたいだ。そうだよ、5分で1万なんて仕事、どこにもないでしょ? よし、そろそろ行っちゃおうかな。
「ほら、ね、時間もったいないし、お願いします」
1万円札を強引に彼女の手に握らせ、その場に立ち上がった。
「え〜、ちょっとちょっと」
すばやくズボンとパンツをずりさげる。
「ね、5分だけ。お願いします!」「……え〜…、じゃあ、ほんとに5分計りますよ?」
よっしゃ〜〜!!決まり!! 彼女が手元のスマホで時間を確認し、俺の前にしゃがみ込み、ゆっくりとチンポを口の中へ……パクッ!!はい、ありがとうございま〜す!「あ〜〜」ヌメヌメと舐められてるうちに、フニャチンがあっという間にガチガチに変身した。
「あの、もうちょい上を向いてもらっていい?」「……」
ああ、なんてエロいんでしょう。お店で働いてた美人ちゃんが、会ったその日のうちにチンポをしゃ
ぶってくれるなんて……感動です!最初はモグモグするだけだった舌の使い方が徐々に大きくなってきた。ぎこちないけど手もシコシコ使ってくれてる。これはちゃんとした気持ちのいいフェラですよ!さあ、時間はわずか5分しかないので、集中しなければ。でもいま射精したらセックスする気力はなくなりそうだな。どうしよう。
「めっちゃ気持ちいいです。ねえ、あと1万円追加で払うんで、ちょこっとだけ入れさせてもらえませんか? ゴムも持ってるし」
と、新田さん、ヌポヌポくわえていた口をチュポッっと離し、「無理っ!」と一喝、またチンポをパクっとくわえる。ああ、そろそろイキそうになってきた。新田さんは一心不乱に顔を前後に振っている。その苦しそうな表情がいい! 何度も言うけど、この子、美人店員さんだから! エロい! ああ、出そう!出る出る! 出すぞ! 綺麗なお顔を眺めながら、ドクドクドク〜ッと口の中に精子が注がれていく。うあ〜気持ちいい!
すぐさまチュポッと口を離し、ティッシュに精子を吐き出した新田さん、なぜかちょこっと笑顔だ。
「フフ。ほんとに5分きっかりでしたね」
いや〜、最高です。これで1万なら十分すぎるほど満足ですよ。1万円を財布に仕舞い込んだ彼
女に、「一瞬だけおっぱい見せて」と頼んでみたら、なんと本当に一瞬だけBカップの微乳を見せてくれた。乳首は意外と大きめだった。パパ活手紙、配って損はないですよ!
タグ

パパ活女子に説教はNGだが媚びてばかりではいけない・けなしつつ褒めるべし

60_20200708124938bb3.jpg0102_201805280932142de.jpg 0103_201805280932160ee.jpg 0104_201805280932178ac.jpg 0105_20180528093219fe7.jpg0100_201805280932121ff.jpg0101_201805280932134e4.jpg
恥ずかしながら、お金がないのでパパ活女とセックスしたことはありません。でもそこそこレベルの高い彼女たちを放っておくのはもったいない。そこで頭をひねり、パパ活女子とお安くエロいことが
楽しめる画期的な手法を編み出しました。まず前提として、この手法は車がないとできません。
出会い系サイトで「ご飯と小遣い狙いのパパ活女」を適当に物色します。相手の求めるまま「ご飯プラス5千円」の要求にハイハイと応じ、待ち合わせに持ち込みます。で、待ち合わせ当日、女がこちらの車に乗り込み、軽く挨拶を交わしたところで、「キミ、すごいエロいね~」などと言いながら、太ももをナデナデしてやります。この瞬間の女のリアクションは様々です。ギョッとした顔で外を見たまま固まったり、「あはは…」と困ったような笑顔になったり。でも一番多いのは「そういうのやめてもらえます?」と怒るパターンです。こちらとしては相手が怒ってくれた方が都合がいいので、特にスカートの女の場合は、太ももどころか股間の方まで突っ込んで、なるべく大胆にサワサワしてやるのです。怒って帰ってくれればタダ。怒らずに耐えた場合ても、飯代と5千円で可愛い子の太ももが触りまくれるなら、まあ満足できるかな、ということろでしょうか。
パパ活娘も持ち上げてばかりではいけないけなしつつ褒めるべし
テレビ番組で芸人がアイドルをイジるときに使う、こんなトークテクニックがある
これ、美人だと言ってるんだから、相手はそんなに悪い気はしないし、ツッコミによってフレンドリーな気分になる
けなしつつ褒めまくりがっつり飲ませばチャンスは生まれるものだ
美女がさみしくなったときについ頼ってしまう男になっておく
〝優しい男〞スタンスで寄り添っていれば、必ずチャンスが来るだろう、と
みなさん、どんな美人でも落ち込むときがあるのでじっと待ちましょう!
女友達と一線を越えるには「ムラムラしてきた」で反応を見る
女友だちをセフレにしたい願望は誰にでもあると思います
やり方が性急すぎるんです女友だちを落とすにはもっとゆっくり切り崩していかないと
まずは2人きりになる状況を作りましょう
ベストはカラオケでしょうかね
頃合いを見計らってからこう切り出します
こで相手の反応をよく観察しますもしこんな顔ならすぐに中止です
笑ってゴマかせば大事には至りません
しかし逆にこんな表情だったら全然怒ってません
ここまで来たらあとは強引に!
エクゼクティブパーティーでパパを探している女の子は可愛いのか
私は35才働いてはいるが金はなく、いまだに実家で親のスネをかじり続けている。容姿はハクション大魔王そっくりこれじゃあ女にモテるわけがないと思ったら大間違い。なんとこの私、月ー人のベースで次々に新しい女とエッチしているのだ。なぜこんなおいしいことにっすべてはある力ッブリングバーティのおかげだ。
昨年、恋人を探していた私は、力ップリング業者が主催する「男性30才代限定」バーティに出席した)条件は30代であることに加え「大卒or年収350万以上」情けないことにどちらも満たしていない私だが、電話申し込み時、「卒業証明書などは不要」と言われ、ならば問題なかろうと参加することにしたのだ。案の定、受付で拒否られることもなくすんなり会場に入り込み、私はバーティを堪能した。力ップルになれなかったのは残念だったが、しようがない。さてその帰り道、会場でもらった冊子に載っていたエグゼクティブコースなるバーティが気になった。男性の参加資格は「大卒かつ年収ー千万円以上」とある。こんなパーティなら、やいのやいのモテまくるんやろなあ。でも高卒の俺に参加できるわけないし悔しいのう。しかし考えてみれば、今日も入り口では何の書類も求められなかったように、エクゼクティブもデタラメに突破できるんちゃうかっ業者にすれば、参加者は多ければ多いほど儲かるわけで、わざわさやってきた客を門前払いするだろうか。モノは試し、参加希望の電話をかけたところ、持参するのは身分証と名刺だけでいいとのこと、そんなもんで大卒で年収ー千万以上かなんて証明できっこない。こりゃやっばいい加減やで。今の職場に名刺はないので、当日は、卒業後に2年だけ勤めた会社(もちろん非上場の零細)の名刺を持参し、いざ会場へ。もちろんそれなりに見えるよう、衣装はスーツにネクタイだ。「それでは身分証とお名刺お願いします」「はい、これね」「ありがとうこさいます。それではこちらの番号札をお持ちになってー」あっけなく突破できてしまった?
見渡した感じ、男性参加者に特にエクゼクティブな空気はない。20代の若者はさすがにいないが、みんな30-40代の普通のあんちゃんたちだ。中途半端な金持ちってのはこんなもんなのかも。女のレベルもたいしたことはなく、むしろ年齢層が20代後半以上とやや高めだ。結婚を意識して金持ちを捕まえたいお年頃なのか。おなじみの回転寿司トークタイムで、私は自営業とウソをつき、ワインなどデマカセの趣味話を披露した。「へえ、多趣味なんですね」「そうですね、他にお金の使い道もないので」力ワイイ子たちは人気が高そうなので、フリータイムでは地味目の31才OLに、狙いを定めたところ、頬は紅潮、瞳はウットリ、人生初の食いつきふりだ。金の力はそこまで大きいのか。地味狙いのおかげで、なんとか力ッブル成立。ちょいぽちゃだが全然悪くない女だ、軽く食事をし、さらに押しをかます。「夜景でも見に行きますか」「あ、はい」伊丹空港の近くまで車(日産のキューブ。これでも金持ちで通用するところが面白い)を走らせた私は、道端で強引にカーセックスに持ち込んだ。「大胆な方ですね」家へ送る途中、女はまるで付き合いが始まったかのような態度だったが、面倒は避けるべし。
以降も、私は月にー回の頻度で行われるエグゼクティブバーティに参加し続け、毎回地味な女と親しくなってはセックスに持ち込んだ。せっかく金持ちを装えるなら美人狙いにすればいいのに、と思われるだろうが、それは問ちがい。周りの男も条件は同じエグゼなので、結局はイケメンに人気は集中し、キレイ目の女を競合しても必ず負ける逆にポツンとした地味女を狙えばまず力ップルにはなれる。食事してドライフ、そしてカーセックスかホテルへと流れるのは簡単だ。地味狙いが功を奏するのは普通のバーティでも同じことのように思えるが、意外や普通系バーティは、どんなブスでも女が「自分は選ぶ側」と思い込んでおり、ハクション大魔王なんぞ相手にしてくれない女性の参加費も安いので手ぶらで帰ることもしょちゅうあるとその点、エグゼバーティに来ている女は「選ばれる側」だと控えめに認識しているし、高い金を払っている以上は何かしら収穫を持って帰ろうとする。私のような者でも十分遊び人になれる所以だこくたまに、ー度ヤッた女と会場で顔を合わせることもあるが、たいした問題ではない。この子もエグゼバーティで出会った金に目がくらむと服も鮪単に脱ぐものか。
タグ

ナンパでいきなりパパ活(援助交際)の提案をしても意外とうまくいく

74_20200708130742b3f.jpg0068_2018022521231825c_20190812204156154.jpg0069_20180225212319c3c_201908122041588cb.jpg0070_20180225212316afc_20190812204159498.jpg0071_201802281833213c4_201908122042019a8.jpg0072_20180228183322504_20190812204202310.jpg0073_20180228183324b5d_20190812204204faf.jpg
いま、全国各地に私と似たようなおっさんが出没しているようです。ネットニュースでよく見ますからね。それは何かと言いますと、まず町中で女性に声をかけるんです。ナンパっぽいのは難しいので、たとえば「このへんにおいしいパスタ屋さんってあります?」とか、スマホ地図を見せながら「今いる場所ってここで合ってますか?」と尋ねたり。立ち止まって教えてくれたら、「ありがとうございます。このへんの学校に通ってるんですか?」 「今日は買物ですか?」などと話を継ぎ足して
いきます。パスタ屋を探してたおっさんのくせにしつこいと思われるのでは? と我々オトコは思ってしまいがちですが、そんなの関係ないんです。パスタはパスタ、これはこれです。5分ほど会話できたら、いよいよ本題です。「ところで3万ほどでパパ活してみませんか?」
逃げられても恥じることはありません。もう二度と会わないんですから。大胆すぎ、唐突すぎ、厚顔すぎ。あれこれ批判はあるでしょうが、これ、あんがい成功するもんだから、各地のおっさんもやめられないんでしょうね。
どうやって隣同士になればいいのか。いきなりドッコイショと移動するのはあまりに不自然だ。
正解は、トイレに行った帰りに携帯の写メを見せながら隣りに座る、だ。
「ほら、この写メ見てよ。これさぁ…」いったん座ってしまえば、今度は逆に、また対面に。
気遣いのできる男を演じようと「時間大丈夫?」などとは間違っても
聞いてはいけない。あっさり帰られてしまうだろう。終電に乗せない手法は3つだ。
■ 新たなドリンクを注文する………ただし、女の前でオーダーすると
「あっ、もう時間ないし」となるので、トイレなどへ向かう途中で店員をつかまえて注文を。
■ 先手をうって、自分が終電を逃したことにする………「あ、しまった。俺、タクシー使うから送ってくよ」と先制攻撃。「終電来ちゃう」↓「いいじゃん、送るから」の流れより、先手をうっておいたほうがヤラしくない。
■ 長くなりそうなややこしい相談をする………「友達の彼女が不倫してるんだけど、その相手がオレの上司のダンナさんなんだよ、誰にどう言っていいかわかんなくてさ」など。関係性を理解するだけでもたっぷり時間がかかるだろう。
あなたに興味がないのではなく、探りを入れてきているものと認識しよう。だから正解は「オレじゃ駄目なの?」となるが、ポイントはすぐに話題をそらすこと。しつこく問いかけるのではなく、あくまで好意を持ってるんですよとジャブを放っておくだけでいい。
「オレは結婚なんか考えたことない」なんて言ってしまうとその場で終了する。でも「オレもすげー結婚考えてる」だと後々面倒が起きる。よって正解はこちら。
「俺も前カノと結婚考えたことあるよ」
 要するに、結婚もアリな真っ当な男だとさえ思わせればよい。これは簡単。女のすべての意見に対し同調しておけばいい。
「あー、俺もそれ好きなんだよ」
「え、あの映画面白くなかった? 俺もダメだったなー」
 女との会話において、自分の本当の趣味趣向を伝える必要などからっきしない。そうしておいて、ところどころ「気が合うね〜」を連発しておけば、2人の相性はピッタリということになる。
女の仕事のグチは、適切なアドバイスを求めているわけではない。ただただ、自分が正しいと認めてほしいだけだ。なので明らかに彼女が間違っていようが、あるいはベストな対策を知っていようが、答えはマンガのようにただ一つだけだ。
自らのオヤジ臭さを自嘲気味に笑い飛ばすサバサバ女も、突き詰めれば一人の寂しがり屋の女である。女っぽく振る舞うことに照れているだけだ。一緒になってギャーギャー騒いでも、その寂しさは埋まらない。このタイプに一番効果的なアプローチは、どんな些細な点でもいいので女らしい一面を真顔で誉めること。
「この人、私の本当の姿に気づいてくれた」と、ナヨナヨした弱い一面をオープンにしてくる。
普通は腕時計やスーツで金持ちアピールするものだが、貧乏人には難しい。なのでまずは前もって見せ金として5万円程度用意しよう。そのうち3万円分程度を千円札に両替えして、革製の長財布に入れ、厚みを出しておく。店を出るときトイレに行くフリをして、「ごめん、これで会計しといてくれる?」と財布を手渡す。トイレから戻れば、彼女の顔色が変わっているはずだ。
デートのノウハウ本には、ドアを開けてあげようだの、椅子を引いてあげようだのと載っている。確かに有効なのかもしれないけれど、面倒なことこの上なしだ。そんな英国紳士みたいなことやってられるか!手っ取り早く優しい男だと思わせるには、犬や猫の写メを一枚持っておくだけでいい。
「ほら、これカワイイっしょ」
女とは、動物を愛でる人=女性にも優しい人と思い込む生き物なのだ。
オンナってのは、占いや霊感を信じたい生き物である。自分の力でどうにもならないから安易に見えない世界へ逃げ込もうってことなのだろうが、この依存体質、ナンパに利用しない手はない。スピリチュアルナンパと称し、ミクシィで霊感大好き女を喰いまくっていた人がいたように、こちらに何か特別な力があると信じさせれば、女はあっさり落ちるものだ。実は、そのためには、2人組でナンパに励むのが一番手っ取り早い。★キッカケは、ツレと参加した4対4の合コンだった。
相手は某家電メー力ーのオーエル4人組。奥に座った2人がハセキョーとサトエリなのに対し、オレの正面は青田典子&山ロもえ(共に3割減)といっチグハグコンビである。ローテンションでトークしていたところ、たまたまもえが食いついてきた。「すごーい、見えるんですかあ。私も見たーい」「ああ、まあね。コイツは音が聞けるんだけどね」と、ツレを指さすだけで、「本当にすこいコンビですねー」と感心しきり。あまりの反応のよさにデタラメとは言い出せなくなってしまった。が、人生何が功を奏するかわからない。見える俺に、聞こえるツレ。この構図に尊敬の眼差しとなったもえが、完全にその気になってきたのだ。
「もえちゃんの前世は残念ながら貴族じゃない。けど、かなり裕福なイタリア商人の美人娘だったよ」「へーもっときかせてー」いい加減ウンザリしたのも事実だが、その後さっくりラブホまで連れ込めたのだから、霊の力は偉大である。で、考えた。これをもっと意図的に使えないか、と。以下、キャバクラ嬢を相手に15戦4勝の成精を上げた霊感ナンパ法を紹介しよう。
最初に断わっておくと、もえのように、いきなり霊の話に乗ってくる女は少ない。ましてゃ相手はキャバ嬢。何この人っと警戒されてしまうのがオチだ。コツは、トークの最中、女の背中の“ニセ霊“にハッと気付いた風を装い、相手が「どうしたのっ」と感心を示したときだけ話を振る。「いや、ちょっとさ」女の肩の向こう側を漠然と眺めながら、今度は考え込む演技を。ツレが相槌を打つ。「おまえ、またかよ・・。止めとけって」「あ、こめんこめん。そうだな、お店だもんな」さも何かありそうに話せば、誰だって不安になるもの。ここで女がどんなリアクションを取るかで、その後の対応は変わる。
①「ねえ、何っなんなのっ教えてよ」(不安で一杯)
②「んっ」(要領を得てない)の「あははは。何か飲むっ」(人の話を聞かないタイブ)狙うは、当然のだ。別れた男、職場や友人などの人間関係、さらには寝不足からくる健康状悲など、キャバ嬢で悩みのない娘は皆無である。それを他人に話そうとする脇の甘い娘は、経験上、信じやすい体質でもあるがもちろんそれだけではセックスまで持っていけない。原因不明の不安で泣きそうな女からは、何を聞かれても、「止めておいた方がいいよ」と優しく。そして今度はツレが、ふと天井を眺めながら耳を澄ますのだ。自分がツッコミを入れるのはこのタイミングだ。「オマエこそ、お店では止めろって。彼女が不安がるだろ」「ああ、すまんすまん」見えない、聞こえないものに反応する客。メチャメチャ不気味な2人組だが、霊を妄信するタイブを選別するには、過剰な演技が必要。ここまでやってまだ食いついてくるオンナに、初めて正体を明かすのだ。「他の人には絶対にいうなよ。実はオレ、時々、霊が見えちゃうのよ。で、コイツは音が聞こえちゃう。だから2人で飲みに行くと、しょっちゆう怖い目に遭うんだよな、あはははー」「ええっ怖い目ってなにっちょっと待ってよーねえ、何とかできないのっ」「うーん。プロの霊能者に相談へ行った方がいいって。だって、肩に」「肩にっ」「見知らぬ老婆の手が沈んでるよ」
「えーなんとかしてよ、お願いー本当にお願いなのー」もはや彼女は、冷静な判断も、周囲に目を向ける余裕もない・一種の洗脳状態に陥るので、後は冷たく突き放すようなスタンスを取る。「ほんとしょうがないなあ。そんなに曾うなら除霊してあげるけど、オレはブロじゃないから100%成功とはいえない。もしかしたら自分が呪われるリスクもあるんだ。霊的に一番怪しいのは大体自宅なんだけど、予定はいつ空いてるっ」「明日でもいいよー早くしてもらいたい」もちろん、マンションまで出向くのは霊の見えるオレの役割だ。音しか聞けないツレは、ここでいったん手を引くことになる(次回、役割を入れ替えて演じる)。
ニセ除霊の決行日。彼女の自宅まで上がったら、数珠や香炉、塩、般若心経の冊子などを取り出し(ネットで合計数干円)、真顔で言う。「ベッドで裸になって寝てもらえるっバスタオルかタオルケットを身体にかけて」何度も言うが、彼女はアチラの世界に入っている。ゆえにバカバカシイと思っても踏踊してはならない。あくまで、大真面目に振拠うのが重要だ)あとは、できれば般若心境を事前に練習しておいた方がいい。言わずもがな、真実味がグッと増すからだ。すべての準備が整ったら、玄関から始まり、風呂場、洗面所をー時問かけて除霊作業。すぐにヤリたいからといって、時間を惜しんではいけない。「室内全体はもう大丈夫だよ。そうだな。キミの身体には、1時問ぐらいかかるかな」「お願いします」ここからも少し我慢。裸になった彼女を自らの手でサワサワサワ。くすぐって笑わせたらアウトなので、手の平全体を肌に密着させるように、指の腹で身体を操んでいく。アタマから肩、腕、脇、腰。お尻と股間付近を重点的に操めば、まず間違いなくアソコは湿りまくっている。問題は、どのタイミングで挿入するか。オレの経験上、黙って性器をイジってあげればよい・普通に端ぎ声を出し始めるので、そのままバックから挿入してしまうのだ。金もかからず、オススメのナンパ法だと思うのだが、ちょっと面倒臭すぎるか。
タグ

男性目線のパパ活必勝法1パパ活市場の現状・どんな女の子を狙うべきか

1_202007081239207fe.jpg2_20200708123921df2.jpg48_2020070812313739a.jpg49_2020070812313502a.jpg
まずは人種を大きく2つに分けて考えよ
現在メディアを賑わすパパ活ブームだが、「パパ活」という言葉にはまだハッキリした定義がなく、若い女たちの間でも解釈が大きく分かれている。一番多いのはコレだ。
A「我慢しておっさんと一緒にメシ食ったら、5千円とか1万円とか小遣いもらえるやつでしょ?」
食い物をおごってもらって、なおかつ現金までもらおうだなんて、とんでもない思考と言わざるをえないが、現に払うおっさんはいるし、調子に乗ってる女も多い。次はコレ。
B「エンコーを柔らかく言い換えただけでしょ?」
実にわかりやすい。かつて売春が援助交際と言い換えられたように、それがいまパパ活になっただけという認識だ。出会い系には、以前は「ワリキリで考えてます」だった女が「パパ活でお願いします」と書き換えている例も目立つ。
基本知識 その2
メシだけパパ活が思うように進まない
女がいる以上ABの2パターンだけなら、いくらパパ活ブームとはいえ、我々おっさんが歓喜する理由はない。キャバクラ嬢とのアフターよろしく一緒にメシを食って満足するか、あるいはエンコー嬢と遊ぶか、ただそれだけのことだ。しかし現実には上の2パターン以外の、オイシイ人種が続々と現れている。まずはAパターンの派生系から。楽に稼げるイージーなバイトだと耳にし、メシに付き合うだけのパパ活をいざ始めようとしたものの、そんなオッサンは簡単には見つけられない。どのオッサンも体目的ばかりだ。多くの女が直面する問題である。そこで彼女らは考える。カネのためならヤラせるのも仕方ないんじゃないか。これはエンコーじゃなくてパパ活なんだから、みんなもやってることだし。そうだ、ご飯の約束で会ってみて、ヤバイ男じゃないならワリキリもありにしてみよう─。
この人種は、こぞってレベルが高めで、清楚系の女子大生なんぞもわんさかいる。が、言動からはなかなか見抜きにくい。基本はメシだけで小遣いを狙っており、ギリギリまで「健全系」を保ちつづけるからだ。安心感を与え、さらに現金をちらつかせることで、ようやくワリキリOKとなるため、交渉の場におびきよせないことには始まらないのが現実だ。
基本知識 その3考えたことはないけど少し興味のある女もいる
次にオイシイのは、メディアの情報だけは知ってる系だ。テレビやネットではパパ活を、「食事をおごってもらったり、エッチしたりして、お小遣いをもらうこと」とABパターンをごちゃ混ぜにし、由々しき問題であると報道していることはご存知のとおり。一般女性の意識もその域を出ない。まったくパパ活なんて考えたことはないけれど、そんな世界があることは知っている。知り合いの誰それがやってるとも耳にした。正直、お金には困ってる。トラブルにさえならないなら、一度くらい飛び込んでみてもいいかも。でもエッチは困る。いや金額によってはありか…。
この人種は、「パパ活」というライトなワードのおかげで売春に足を踏み入れてしまう、ちょっと思考の浅い女たちで、90年代、フツーの真面目そうな女子高たちが援助交際に手を染めていったあの流れとよく似ている。女は、言葉が軽くなれば、たとえそれが売春であっても一線を越えてしまうものなのだ。
基本知識 その4おっさんの思考を利用する女に要注意
以上の情報を踏まえれば、我々おっさんの取るべき行動は自ずと決まってくる。まず、ハナからエンコー目的の女はパス。どうせセミプロのような女しかやってこない。メシで小遣い狙いの女もパス。時間も金ももったいなさすぎる。狙うべきは、パパ活が思うように進まない女と、まだパパ活をよく知らない、でも興味はある女だ。次ページ以降の特集記事もそこに焦点を当てている。ただし、我々はさらに知っておかねばならない。手練れた女は、おっさんがこのパターンを狙ってることを知っていて、あえてそう演技してくることを。
「最初は食事だけで、仲良くなったら大人の関係もいいかなと思ってます」
字面だけ読めば、ふむふむ、そりゃ確かにそうだな、と納得してしまいそうになるし、現に多くのおっさんが引っかかっている。断言しよう。この言い草は100%メシだけで逃げる女だ。信じてはいけない。
最初は下心を隠して出会いに繋げる
趣味エンコー、特技エンコー、経歴エンコーの町田足土がコレクションを披露してくれました。名づけて〝援札ピース〞。行為が終わったあとで、援助してあげたお金を持たせながらピース写真を撮るんだそうです。実に悪趣味ですね。こんなアホなことしてないで、早く原稿書けよと言いたいです。
アダルトSNSがブームなのをこ存じだろうか。アダルトSNSとはエロイ目的の人間のみを対象にした、ソーシャルネットワークサービスで、現在、前記のセクシィを始め、約70サイトが乱立する過熱ぶりだ。かくいう私も、アダルトSNSを利用して半年になる。歳は40。顔はプロレスラーの武藤敬司似のひげ面で、お腹もぶっくり。それでも、10人以上の若い女を食えたのだからタマらない。ブサメン中年男でも今すぐテキる、アダルトSNSのナンバテクニックを伝授しよう。ミクシィより格段に使えるはすだ。
アダルトSNSのシステムは、ミクシィとほぼ変わらない。違うのは、エロいコメントや、ヌード写真などを掲載しても許されることくらいだ。当然、ナンバの方法は、自分の日記を読ませつつ、反応の良い女を個々に落とすという戦略になる。今回は、有名サイトのラフスベースを例にお話ししよう。まずは、プロフィールの登録だ。私の場合、年齢は5才サバを読んで35才。写真は、セクシーさをアピールするため10年前はこうでした(笑)と、割れた腹筋を掲載している。続いて自己紹介文。
〈初めまして。自分はSなので、Mっぼい女性を捜しています〉
他人の頼みを断り切れないM女がオチやすいのは、ナンバの鉄則?多少、あからさまでも、自分がS男だとアピールしておくべきだ。登録を済ませたら、検索機能を使い好みの女を探す。試しに〈人妻〉と打ち込み、新着日記を探してみると、約300件ほどが表示されるはずだ(内、女性は10分のー程度)。〈名前・タエコ(女性)タイトル「ジュリアーノとお別れの日」〉
〈名前・れい(女性)タイトル「温泉で」〉
すぐに食い付きたくなるが、エロな日記を書いてる女は避けた方がべター。自意識過剰な上、男どもにチヤホヤされているので、会えない可能性が高い。また胸元の写真を載せ、巨乳をアビールしてるのは、間違いなくポチャでこれまたNG。逆にいえば、こうした要素がないのが、狙い目の女だ。これはという女がいたら、相手の日記を読み、簡単なコメントを付ける。
〈初めまして。面白かったです。これからよろしくです〉〈どもども。こちらこそよろしくです〉相手からレスがあれば、すぐにマイフレに登録(マイミクと同じ)(やりとりが面倒なので、女の人数は20人程度に止めるべきだ。なお、この段階では、軽々しくプライベートメッセージPMを出さない方がいい。むしろ、日常的な内容の方が受けがいい。もともと、彼女たちは、興味本位で、アダルトSNSに登録しただけである。ミクシィのレスが悪かったから、友達に誘われたから。エロい話題はしても、中身はこく普通のコたちばかりだ。対し、他の男が書いている日記(といつか日記自体も書く人間は少ない)は、エロなものばかり。どうすれば差別化が図れるか、火を見るよりも明らかだろう。私の場合、体育会系ということもあり、日記は「爽やかなスポコン野郎」がコンセブトだ。例えば、今日、友達とフットサルをやってきました。もちろん豪快にゴールと言いたいところだけど、バスばっかり(泣)これなうエロを感じさせないし、M女が好むマッチョ系であるということもアピール可能。あとは、仲良くなったコを口説けばいいだけだ。例をあげよう。28才の人妻、冴子は上司のセクハラやこ主人とのセックスレスな日々を綴っていた。〈会社で上司にお尻を触られた。最悪〉サイト本来の目的なら、セクハラかエロに突っ込むべきなんだろうが、それじゃライバルたちと同じ。あえて私はこうコメントした。〈会社ってどんなところなのっ力ンだと、たぶん商社かなあ〉その後も、わざと突き放したり関心の無さげなコメントを付け続けると、しだいに彼女の態度が変わってきた。私のコメントに対し、やけに長いレスが付いたり、〈なんで私には冷たいのっ〉なんてことを言い始めたり。気にしている証拠だ。ここで初めて、PMを送る。〈話したいことがあって長文になるから、今後はPMでやり取りしていいかな〉話したいことなど特にないが、相手は興味津々、二三度、自己紹介的なPMをやり取りした後は、一気に口説きにかかった。結局、このときは、1カ月ほどのメール交換の後、地元・名古屋でアポ取り成功。深田恭子風のちょいポチャ女の身体を堪能した。
タグ

熟女との援助交際体験談・堕胎経験のある人妻と初めての中出し|子連れは子供と一緒にホテルに入ってこっそりエッチ

0176_20191005152411a23.jpg0177_20191005152413b8d.jpg0178_2019100515241471c.jpg0179_2019100515241682f.jpg0180_20191005152417873.jpg0181_201910051524190bb.jpg0182_201910051524200d5.jpg0183_20191005152422c04.jpg
0235_20200324164523de3.jpg0236_202003241645247da.jpg0237_202003241645260ae.jpg0238_20200324164527e0f.jpg0239_202003241647390fc.jpg0240_20200324164530f9f.jpg0241_20200324164532e76.jpg
【テレクラで出会った子連れ人妻と子供と一緒にホテルに入ってこっそり援助交際概略・全文は上記記事をお読みください】
肝心の3Pはパンエ場の流れ作業のように実にシステマチックに行われた。まずは仰向けに寝た俺の胸をけいこが祇め、花江がフェラを担当する。
「2人でフェラしてよ」と頼むと、「どうやってやんのよ、そんなん出来ひんわ」
「今日は私が舐めるし、あんた入れてや」。そんな打ち合わせのあったことが見て取れる。発射後、2人はますます素っ気なくなり、ホテルを出てからも、あいかわらずの無愛想ぶりを発揮した。
「もう帰るの?」「うん」「そば、いいなあ。俺も食べたいなあ」「ふん」
「一緒に食べたいなあ」「あかん言うてるやろ、しつこいな」
カウントダウンが近づき、徐々に人通りが増えだした千日前の商店街へと2人は消えていった。立っていたのはおばちゃんだった。容姿は……これもまたすぐに顔が思い浮かんだ。桂ざこばである…。年の功か、師匠はぶっきらぼうな態度ではなかった。ホテルへ向かう間も、おしゃべりなぐらいに話しかけてくる。2時間後、女は子供3人を従えてやって顔は誰だろう、関西芸人に例えるほどのブスではない。表情には乏しいが、70点ぐらいと思う。ふと、すりガラスの向こうに赤い影が見えた。お母さんが気になって見に来たのだろう。かわいいもんだ。早く戻ってゲームをしなさい。ガチャ。
や!カギを閉め忘れてた1何も知らずに入ってきたのは、末っ子の女の子だった。キョトンとした顔でこちらを見つめている。
「駄目でしょあっち行きなさい、ほら」
口に粘液を垂らしながら、追い返すお母さん。なんという図だ!すっきりしたところでソファへ戻ると、子供らがいっせいに騒ぎ出した。「お母さん、さっき裸で何やってたん?」
「え、マッサージしてもらってたんよ・ほら、このお兄ちゃんマッサージの先生やねん」
さすが子供、それ以上の追及はなかった。この子たちが将来、不良少年少女に育ったとすれば、その責任の一端は俺にもあるように思う。結局は最後のお母さんも援助だったので、お年玉支払い総額は6万5千円と相成った。こんな正月はもう二度とゴメンだ、来年は海外で過ごせますように。帰京後、初詣での際に祈願しておいたが、神様も後輩たちも、聞き入れてくれるのやら。
堕胎経験のある人妻と初めての中出し
高田馬場のルノアールでぼんやりと打ち合わせ中のボクと編集長。
「町田よ、最近のエンコーっぷりはどうや?」
「あぁ、今年のラブセレは決まりました。毎年、会ってハメ撮りしたコたちの中で、かわいかったコを選抜してるんです。人呼んで〝ラブセレクション〞っていうんですけど」
「選抜? お前は秋元康か!?」
「いやぁ?(笑)。いつもみたいにアイドルソングをBGMにして、選抜メンバーでPVも作りましたよ。見ますか?」 
そう言って、スマホを渡す。イヤホンを耳に付けラブセレのPVを喰い入るように見る編集長。どうです?
「……町田、お前は本物の天才やな。でも選抜メンバー、全員が18歳って。ロリコンすぎるでお前は!(笑)」 
けっこう大きめの声。周囲の客がチラリと見る。もっと小さな声で!
「ロリコンじゃないですよ! でも、10代には2万円払ってもいいですけど、20代はイチゴーにしてますね。それでも、けっこう可愛い20代じゃなかったら待ち合わせでスルーするのはたしかです」
あきれたような顔で、フゥーーーっと長いため息をつく編集長。
「30代や40代の女もエエもんやで? よし今回は、『30代、40代のエンコー女を買う』っていうのはどうや? ロリ好きな町田の新境地や!」
……意味がわかりません。40代のエンコー女なんて、粗大ゴミ置き場に転がっているブラウン管テレビを金を出して買うようなモノ。そういうのは、テレクラ格付けの和田虫象さんにまかせておけばいいんじゃないですか?
「何を言ってるんや!そういうオトナのエンコー女こそ、人生のシブ味が出て、エエ感じなんや! 
町田よ、その女の人生をまるごと抱きしめるんやで!」 
と、いうことで今回のテーマは、30代、40代とのエンコーとなりました。マジかー。粗大ゴミなんて抱きしめたくないですよ。ハァー……。
そんなわけで今回は、30代・40代の女とのエンコーです。まぁボクは今年で42歳なので、30代は年下ですけども。 
上戸彩(31)や、北川景子(30)とかなら全然アリですけど、30代にもなってエンコーする女なんて、ロクなもんじゃありません。それに絶対に上戸彩は来ませんからね!(断言)
正直いつもボクが買う20代は、どんなに上でも23歳まで。30代を買ったことはありません。……まぁ、昔この連載で72歳のおばあちゃん風俗に行ったことはあったけど、エンコーで買うのは初めてです。 
とりあえず、いつも使っている『HトークDX』で「30代〜40代」で検索してみます。……と思ったら、なんと検索は「33歳以上〜」という項目しかありません!
さすがHトークDX!33歳以上の女と出会いたい男なんていないと踏んで、33歳以上は一緒くたなんですね。消費者のニーズをがっちりとつかんでおります!
さっそく「33歳以上」で、検索ボタンを押してみる。
……うわ〜〜〜!アイコンを顔写真にしてる人たち、みんなブスだ!ババアだ!
そして、なんかちょっと精神的にアレっぽいカンジの人。そしてブタのごときデブ。そんなアイコンがズラーっと並んでおります! ブス、ババア、アレな人、ブタ。まさにBBAB!
ジャスティン・ビーバーもピコ太郎もペンで串刺しですよ! 
3900円の激安デリヘル・サンキューヘルスとかにいそうな人ばっかり! 
マジでこんなのとエンコーすんの?マジ?
とりあえず、顔が出てる人を見れば見るほどテンションが下がってきますので、景色や足しか写っていない人に何通かメッセージを送ります。 
もしよかったら えしない?興味あったら。 新宿住みだよ。いつも通りのコピペを10人ほどに送ります。 
││ピロン♪ 10通送ってから3分もしないウチにバックがありました。まりさん(35歳)から。
「ぜひぜひ〜。新宿行けますよ〜。予算はいかほどですか?(笑)」
前のめりなメッセージです。えー、予算って?正直、10代は2万円、20代前半でも1万5000円なんだから、35歳なんて、どんなに高くても5000円くらいなんじゃないの? 
││ピロン♪
そうこうしてる間に、また別の30代から返事が!ひとみさん(35歳)から!
「えぇ〜(◯_◯)いくらですかぁ〜?」 
││ピロン♪ え? また来たの?ちぃこさん(35歳)。「詳細教えて下さい」 
……なんなの? いつも18歳〜19歳で探しているときは、100通くらいメッセして戻りが1通か2通なのに、10通で3通も返ってきた!怖い!怖すぎるよ!
 30代好きの方なら「マジか!入れ食いじゃん!」と喜ぶところでしょうが、ボクは、エンコーに飢えたBBABの群れの必死さに相当引いております。
……アレ?この送ってきた人たち、みんな年齢が35歳。この年齢、本当なんでしょうか? 不審に思って、もう一回検索画面を見てみると、ほぼ全員が35歳!
……つまり35歳以上の人は全部35歳になってるみたいです。ってことは、今メッセが戻って来ている3人は、30代どころか、40代。……いや、それ以上の人もいるかもしれないってこと??
ギャーー!!さて、恐る恐る、疑惑の35歳に「ちなみに実年齢、何歳ですか?」と聞いたところ、こんな返事が戻ってまいりました。
まり「じつは44歳〜。引いた?(笑)」
ひとみ「え〜、何歳だと思ぅ〜?」
ちぃこ「35歳と書いてあるんですから、35歳です。少なくともこのアプリの中では」
うわーー! 絶対に会いたくない! 
絶対に40代以上だよ!
で、ちぃこは面倒くさそうなうえ、ムカつく! 
基本18歳とか19歳とやりとりする場合、「写メ見せて!」と頼むのは、タイミングが重要なんですが、40代に頼むのにタイミングもへったくれもありません。さっそく写メ要求をします。
ひとみ「え〜、恥ずかしいよぉ〜」
ちぃこ「写メは送れません。ネットで自分の顔を安易に送るという発想が、私にはありませんので」
あぁーー! ちぃこ面倒くせーな!!
ひとみもさっきから、ずっとぶりっ子してやがって!年増のクセに気持ち悪いんだよ!ゲボーッ!
まり「こんな感じです(笑)」
お、唯一、まりさんだけが写メを貼り付けてきました。うーん、「おじゃまんガール」のように、手で顔の下半分を隠しています。画像加工のアプリでいじくっているのか、真っ白に光が飛んでいます。肩あたりまでの黒髪で、目をほとんどつぶるくらいに細めれば、黒木瞳にみえなくもありません。ウン。ブスではなさそう。精神的なアレっぽくもないし、ヤセてそうでブタではありません。
44歳でこのレベルなら、良い方なのかもしれません。BBABっぽくはない。ババアのBがイッコだけです。 
ここはもう、30代をすっとばして、40代を買うべきなんじゃないだろうか?
でも、30代だったとしても5000円とか思ってたのに、44歳なんて年上じゃん。逆に5000円もらいたい気分だわ! 
でも「逆に5000円くれない?」と返したら、絶対にメッセージが来なくなります。どうするべきか……。
「ちなみに、いつもはいくらで会ってるの?」
こうやって相手の値段感を聞いてみます。
「えー、ピンキリだけど。2とかイチゴとかかなぁ〜(笑)」
44歳のクセに20代前半と同じ料金設定??人生舐め過ぎじゃないの??
ここは強気に言ってみよう。まぁ、さすがに「むしろ金払え」とは言えないので、
「ホ・込みで1はどう?」っと。ホテル代が3000円だとして、7000円。だったらいいか。
「……う〜ん、さすがに込みで1はキツいかも。ホテル代込みでイチゴはどうですか?(笑)」
ホテル代込みで1万5000円。ってことは、実質、44歳とセックスして1万2000円。
……まぁ、熟女デリヘルと比べたら相当安いです。ここ1年、ずっと10代〜20代前半とエンコーセックスをしていたので、なんか感覚が狂っていたけれど、よーく考えるとコレはお得なのかもしれません。ここらへんで手を打っておきましょう。
「じゃあ、新宿で、込みイチゴで。週末、日曜日の15時とか、いかがでしょう?」
「ありがとうございます〜。日曜日よりも、できたら平日の昼間がいいんですけど、難しいですか?
新宿に行くのは大丈夫なんだけど〜(笑)」 
平日の昼間?ってことは、主婦ってこと?まぁ、44歳なら普通は結婚してるもんね。人妻が平日の昼間に出会い系でエンコー。なんかちょっとだけ楽しくなってまいりました。
「OK。じゃあ、水曜日の13時からとかはどう?」
「すいません! 大丈夫です!ありがとぉ〜(笑)」旦那や子供に隠れて、エンコーを繰り返す人妻のまりさん(44歳)。ウン。黒木ひとみ似。ウン。よし、少しだけヤル気が出てまいりました!
12月某日。水曜日の昼13時。
新宿の東口改札での待ち合わせ。服装は、グレーのコートに、黒のスカート。黒のブーツ。約束の時間よりちょっと前に着き、改札からちょっと離れて、そんな服装の女を待ちます。
写真は送られてきていますが、アプリで加工されているので、本物がどこまでのポテンシャルかはわかりません。頼む! 黒木瞳、来てくれ!
「もう着きます〜」
スマホにメッセージが届きます。さぁ、どこだ!来い! ………………アレか? グレーのコートに黒のスカート&ブーツ。服装はその通りです。送られてきた写真と同じくらいの髪の毛の長さ。肩くらいの黒髪。 
でも、あきらかに太ってます。顔がパンパン。太ももが太い。そして、そこまでキレイじゃない。黒木瞳じゃありません。室井滋を膨らませて3回殴ったような顔です。B(ブス)B(ババア)B(ブタ)でした! クッソー!!やられたーーー!!
「着きましたー」
3Bがスマホをいじった瞬間、メッセが飛んできました。確定です!
……いつもだったら当然スルーです。でも、またゼロから40代と連絡をとるなんてまっぴらです。ここは歯を食いしばって声をかけましょう。ほら、遠くから見てるから3Bに見えるのかもしれないし。近くに寄ったら、案外キレイなのかも。
「あのー、……まりさんですか?」
近づいてそう声をかけると、パッとボクの顔を確認。眼を丸くしながら、唇をとんがらしつつ、コクコクコクと頷く。
「ん〜〜、ウンウンウン!町田さん?」 
なに今の顔! 変な顔!っていうか、近づくと厚化粧だし、かなり痛いわ!完全な3Bだよ!
「じゃあ行きましょうか?」
「あ〜〜、ウンウンウン。いいんだけど、私、お腹空いちゃって。ランチしませんか?」
ええ〜〜〜〜! こんなオバサンとランチ?全然したくない!
朝から何も食べてないけど、全然食べたくない!
しかもボクがオゴんなきゃダメな感じだよね?絶対にやだ!
「……すいません。あんまりお金がないんですよね」
「あ〜〜、そっか。じゃあすぐにホテル、いきますか? ちょっとお話してからが良かったんですけど……。お茶とかでもいいし」 
うーん、まぁお茶だけならいいか。とりあえず、歌舞伎町のルノアールへと移動することに。
ボクがコーヒーを頼むと「私、紅茶とサンドイッチで」と、ちゃっかりサンドイッチを頼みやがりました! クソ!やられた!
「……まりさんは、けっこう会ったりするんですか?」
「そうですね。今まで4人くらいかな。会いました」
「会った人たちは、大体、何歳くらいの人でしたか?」
「40歳以上ですね。50代とか」
「そのくらいの年齢の方が好きなんです?」
「そんなこともないですよ。でも、50代の人ってみんな優しくて、いいですよね。若い人もいいですけど。町田さんって30代でしたっけ?」 
そうそう、何を隠そう「HトークDX」では10代を狙っているため、年齢を30代に設定しているのです。
「年下だから、大丈夫かなーって思ったんですよ。だから44歳って、実年齢を言うときに、連絡途切れちゃうかなーって、ちょっと怖かったんです(笑)」
まぁ、年下は事実だけど、ボクの実年齢42歳だから、2コ下ですけどね。……っていうか、何回見ても、ただのオバちゃんだよなぁ。この人とこのあとでセックスするのか。勃つのかなぁ。超不安です。そうそう、まりさんは人妻だったんだ。旦那とかとのエピソードを聞いて、少しでも興奮しなければ!
「えっと、まりさんって、ご結婚されてますよね? お子さんはいるんですか?」
「あー、はい。……そうですね。10歳の娘と6歳の娘がいます」
「いつ頃から、こうやってエンコーで会ってるんですか?キッカケは?」
「半年くらい前ですかね。近所の友人から、いくつか出会い系サイトを教えてもらって。で、最初は興味半分で、『ちょっと会って食事だけ……』って感じで会ったの。そしたらホテルに誘われて……同じ年の人だったんだけど」
「それはエンコーですか?」
「ううん。食事だけって感じだったんですけど、誘われたんで。普通にホテルに行って。でも、食事代とホテル代は出してもらって」
「いつからエンコーを?」
「2人目からですかね。1回目の人とエッチしたときに、やっぱり罪悪感があって」
……まぁ、そうだよなぁ。旦那どころか、2人も娘がいるんだもんなぁ。
「でも、旦那を裏切ってることで胸も痛んだんですけど、興奮しちゃったのもあって。で、『だったら、お金をもらえば仕事だから、罪悪感も少し減るかな』って思って、次から援交するようになったんですよ。そしたらなんか、自分がビッチになったような気もして、それも興奮しちゃって(笑)」
うわー、クソ発言です。最低!旦那と娘がかわいそう!教えてあげたい!
「君たちのママはね、娼婦なんだよ!」って教えてあげたい!
「いけないママですね(笑)。ちなみに、援交で会って、今までで1番興奮したのは、どんなセックスですか?」
「……えっと、前に1回だけ会った、32歳の人なんだけど〜。うふふ(笑)」
そう言って、頬を緩ませながら、サンドイッチにパクつく娼婦。なんだ、気持ち悪いな。
「どんなセックスだったんですか?」
「無理矢理、中出しされちゃったんです」
ええーーーー!!???ダメじゃん!なんでそれで興奮すんの??
「なんか、危険日だったんですよ。なのに無理矢理ナマで入れて来て、『妊娠させてやるよ!』って言われて、やだって言ったのに出されたんです……しかも『「妊娠させてください」って言え!』って、無理矢理言わされちゃって……」
えーー??言ったの??ノリノリじゃん!言わなくたっていいじゃん! 
っていうか、ボクもよく「妊娠させて下さいって、お願いしてごらん?」って言ったりするけど、あくまでもゴムを装着して、妊娠の危険がない上でプレイをしてるだけだし。実際に言わせて、そのまま中出しする輩がいたとは!世界って広い!
「なんか、そういうふうに無理矢理されて、自分も体を開いちゃった……っていうのに、ものすごく興奮したんですよね。で、結局、妊娠しちゃって」
「したのーーー????」
「はい……(笑)。結局、旦那に渡されてるカードでキャッシングして堕ろしましたけど。まぁ、娘が2人いるし、さすがに旦那のコとして生むのはマズいなって。でも、今思いだしても、興奮しちゃうんですよね……」 
……完全に狂ってます。性欲の化け物です!
旦那はそんなことも知らずに、今も一生懸命働いているんです。なんと人生は理不尽なのでしょう。まるで地獄みたい! 
そのとき、佐藤編集長の声が聞こえてきました。
「町田よ、その女の人生をまるごと抱きしめるんやで!」 
……えーーー!やだよー!こんなクソ女の人生を抱きたくないよ!
今の話、聞いたでし?ある意味、精神的にアレだったよ!モノホンのBBABでしたよ!
ペンで串刺しにすべき女だったよー!
ルノアールを出て、そのままホテル街へと向かう。チラリと横を見ると、アゴのないBBABこと、性欲モンスター(44歳)が歩いています。コレを今から、1万5000円を出して抱くのかぁ。マジかぁー……。
昼のサービスタイムで、4000円で5時間という激安ホテルに入る。そんなに長居をする気はありませんが。 
無言のエレベータ。そして、部屋に入る。ピンクのシーツと枕カバーの大きめのベッドが目の前に広がっています。グレーのコートを脱ぎ、ベッドに座るBBAB。なんかモジモジしてます。コレなに?いきなり襲われたりしたいんでしょうか?やだなー。襲いたくないなー。
そんなことを思いつつも、とりあえず隣に座ってみる。するとこちらをチラリを見るBBAB。なんか目がトローンとしてるんですけど!
しかも、なんか顔が近づいてきてるんですけど!うわ!キスされる!うわ!うわ!
次の瞬間、ムニュっと口唇が当たる感触。さらに続けて、舌が口の中にヌヌヌッと入ってくる。ぬたんぬたんっと、ボクの口でベロが踊っています。 
……あのー、こんな状況で言うのもなんなんですけど、ブスとキスすると、ブスの味がするよね。なんていうか、変な匂いと味。カワイイ子とキスしてるときには感じない、変な味。若くても、年を取っていても関係なくブスの味はするんです。朝方にキスしたときの、なんか細菌がいっぱい繁殖しているようなカンジ。あの味をさらに不味くした味わいなんです。コレって伝わるかなぁ? 
……つまり、そんな感じのブス味がしました。オエーーッ!
どうしよう。このままだとさっきのキスみたいに、BBABがイニシアチブを取ってくるかもわかりません。これ以上キスされるのイヤだ!
ここは、こちらが主導権を握らなければ!!
「じゃあ、まり。床に跪いて、俺のチンポ、キレイにして?」
低めの声で、呼び捨てにしてみました。すると、
「……はい」と、良いお返事! さすが中出しOKの堕胎モンスター! 
なんでも言うことを聞いてくれそうです! 
ベッドに座るボクの両足の間にちょこんと座ると、ベルトをカチャカチャと外しだしました。ふくらはぎまでジーンズを下ろし……うわーー! パンツの上からティンコに頬ずりをはじめましたよ!
「えっちな……匂い、します……」 
スリスリしながらクンクンとパンツのティンコ部分を嗅ぐ。うわー!申し訳ないことに、ティンコは全然勃ってないんですけどね。 
そのままパンツが下ろされ、やる気がまったく出ていないティンコが登場しました。でも、何故かティンコの先からはじんわりとガ汁が出ております。
「すご〜い。先っちょから出てる……」
ガ汁をめざとく見つけたBBAB。ぺぇ〜〜ろんと舐めとり、そのままパックリといきました。もにゃもにゃと、しなびたティンコを食べだしました。うひゃーー。ニチュ……チュポッ……ニュチャ……。 部屋の中に、フェラ音が小さく響いております。……ん?
コレ、けっこう気持ちいいぞ。ぬっちゃぬちゃに濡れた舌が、口の中で亀頭から裏筋部分まで、滑らかに移動しているじゃありませんか。胸のあたりがウズウズするほどの快感! 
うわー、悔しいけど、今年フェラされた女の中で、一番気持ちいい!
「……すごいね。めっちゃ、フェラ上手いじゃん?」
素直な感想を言ってみます。すると、トローンとした顔で、こちらを見ながら「うれひぃ〜っ」と笑いました。ブスなババアなのに! 
やっぱり堕胎モンスター(44歳)のテクはすげえ!なんかテンションが上がってまいりました。こうなったら、いろんなことを命令してみましょう!
「じゃあ、今度はアナル舐めて?」
「はぁい……」
「うわ……気持ちいい! じゃあ、そのまま舐めながら進んで、足の裏から、足の指まで全部舐めて?」
「はぁい……」
「右足の親指、爪が黒くなってるよね?
 黒いのが無くなるまでキレイに舐めて?」
「はぁい……」
……全国の裏モノ読者のみなさま! 
見てますか! 今、一心不乱にボクの足の爪の間に入った、真っ黒なツメアカをチューチュー吸ってるこの女、なんでもやりますよ! 
そりゃあ、中出しもされるし、妊娠もさせられるし、堕胎もするわ!
怖ーっ!
44歳、怖ーーっ! 
アレから40分ほど、いろんなところを舐めさせた結果……ティンコはコンクリなみにガッチガチになっております! 
さっきまでいくじなしのクララのように座り込んでいたのに!人間ってすごいですね!
「じゃあ、そろそろ入れる?」
そう低い声でささやく。
「入れたい。おちんぽ、入れたいです……」 
わーー!「おちんぽ」って言うんだ!
そんな呼び方、エロマンガでしか聞いたことないですよ!
「じゃあ、俺、寝てるから、自分で入れてごらん?」
「はぁい……」 
そう言って、三段腹の下着姿のBBABは、ボクの上に股がると、右手を逆手にしてティンコの根元あたりを握ります。 
そして左手でパンツを横にズラすと、そのままティンコの狙いを定めて……ウンッ!
BBABが串刺しになっていきます! 
ヒーーッ!
ナマですよ! 
この女、ナマで中出しされて堕胎してるのにも関わらず、自らナマで入れましたよ!
バッカじゃなかろうか!?
「あぁ〜〜!おちんぽすごぉい!硬いぃぃ!」  
マンガ的なセリフを言いながら、腰をガンガンに振り、奥の肉壁を亀頭にぶつけてきます。
うわーー!  マジか! 狂ってる!エロ狂いだ!
腹の肉がぶるんぶるん揺れる。
「ねぇ? ナマのチンコ気持ちイイの?」
「気持ちいいいのぉ! おちんぽ気持ちいいのぉおお!」
「ナマでよかったんだ? ママなのに」
「ダメなのぉ!でも、このおちんぽは、ナマで入れたかったのぉ〜〜!」
「ナマで入れたいチンコとナマで入れたくないチンコがあるんだ?」
腰を振りながら、高速でコクコクと頷く。へー、ボクのティンコってナマで入れたいタイプなんですって。初耳〜。
「じゃあさ、このまま中に出してもいい?」
「……ダメ」
「じゃあ、もうセックスするのやめるけどいいの?」
「ダメダメ!いやぁ〜〜」
「じゃあ、中に出すよ?」
「ごめんなさい。本当にダメなの……堕ろしたの、2カ月前で……お医者さんに、『堕ろしたあとは、妊娠しやすいです』って言われて、る、からぁ〜〜!あ、あ!あん!あん!気持ちいい!!おちんぽ、気持ぢいいっ!!」
しゃべりながらも、下から思い切り突き上げると、いつの間にかアエギ声に変わっていきます!
コレ、もっと押せばオチそうです。 
女性上位だった体勢を、起き上がって、対面座位に。ぶっとい腰のあたりを掴んで、前後にスライドさせます。どうだ!!
「…………っっ!!気持ちいいい!イッちゃう!イッちゃうのぉ!!お願い、キスしてぇーー!!!」
やだわーーー!絶対にやだわーー!ここまでティンコの硬さをなんとか維持してるのに、あのブス味をもう一度味わったら、絶対にヘニャるもん!気持ち悪いし、臭いから絶対にやだわー! ボクが躊躇してると、懇願するような瞳で「キズしでぇ〜〜」と訴えかけてきます。怖いよ!その顔、怖いから!!
「じゃあ、キスしてあげるから、中に出すよ?たくさんキスしながら中出ししてあげるから。それならいいでしょ?」 
そう言うと、「……え」と、小さくつぶやくBBAB。
「いいでしょ? ほら、『中に出して下さい』って言ってごらん?」
「……………………」
「『妊娠させて下さい』って言ってごらん?ほらぁ!!」
思いっきり、肩を抱きしめ、ティンコを奥にブツける!これでどうだーーー!!  
『ドラゴンボール』の孫悟空も真っ青なほど、ありったけの気(注・ティンコ)をブチかまします!
どりゃりゃりゃりゃーーー!
「に……妊娠させて下さいぃー!!中に出して!!おねがいしまずううう!!!」
言ったーーー!!響きったーーーー!!中出し懇願、入りました !!
一回、堕胎して痛い目にあったのに!
「よく言えたね! じゃあ、行くよ!!!」
BBABに思いっきりキスをする。びちゃびゃちゃな舌が入ってくる。口に広がるブスの味。吐きそう !!死ね!!!
次の瞬間、腰から玉、玉からティンコに快感が走る。そのまま、BBABの奥ムァンコに発射!
悟空のかめはめ波ほどの衝撃!!
「ハァ……、あ……ん……ハァ、ハァ…」
息も絶え絶えのBBABから、串刺しにしたティンコをぬるりと引き抜く。同時に、ムァンコから大量の白。お尻を伝って、シーツに染みを作ります。 
佐藤編集長!いかがですか!
編集長が言っていた「その女の人生をまるごと抱きしめるんや!」という言葉。中出しもしたし、ブス味にも耐えて、抱きしめてやりましたよ!
こんな最低ブスの堕胎大好きババアの人生を!どんなもんですか!
もうロリコンとは言わせませんよ!
「どうだった?」 
ニッコリと微笑みながら、そう声をかける。するとBBABは、ブサイクな顔をトロ〜ンとさせて言いました。
「……また、会ってくれますか?」
「それは、無理」 
即答しました。シーツの上にたまった白は、ぶくぶくと泡立っていましたとさ。

金で買えるアイドル!?出会い系マッチングアプリで乃木坂46級とパパ活SEXしたハメ撮り口説き術

0079_20190928093554284.jpg0080_2019092809355544c.jpg
0081_20190928093556011.jpg0082_20190928093558df9.jpg0083_20190928093600658.jpg0084_2019092809360176c.jpg0085_20190928093602b61.jpg0086_20190928093604fb3.jpg0087_20190928093605a03.jpg
照りつける太陽。世の学生はガッツリと夏休みでございます。身体中をアツくする季節がやってまいりました。
本日も、高田馬場のルノアールにて、佐藤編集長と打ち合わせ中でございますよ。
「すっかり夏やなぁ。つまり、エンコーの季節やなぁ、町田よ」
 今日も相変わらず、店内だというのにまぁまぁ大きい声でエンコー話をする編集長。頭がおかしいですね。カウンセリングに行こう。
「そうですねぇ。女子は夏になると遊びまくりますからね。お金が足りなくなるから、エンコーしたくなるコも多いんですよね。1年で考えてみると、夏はどの季節よりもアポが取れやすいですからね」
ボクも、まぁまぁ大きな声でこたえる。ボクの頭もおかしくなっているのでしょう。そりゃあ、このような連載を11年半もやっているわけですから、頭のどこかがおかしくなっていても仕方のないことなのです。
「ところで町田は、年に何人くらいとエンコーしてんのや?」
「そうですね。週にひとりか多いときでふたりとかなんで、70人〜100人弱くらいですかね?」
「メッチャ多いやん! さすがエンコーのカリスマや!」
 また、大声。周囲の客がチラチラとこちらを見ています。やだなぁ。
「そんなカリスマに聞きたいんやが、今までのエンコー女で、『実際に会ってみたらメッチャエエ女やった』『想像以上の女が来た!』みたいな話はないんか?」
「あ〜、そうですね。たしかにアポったときは、全然わからなかったけど、『会ってみたら驚いた!』という女はいましたよ。『すごく可愛かった!』っていうポジティブ系もあれば、『会ったらものすごく酷かった!』というスーパーネガティブ系もあります」
「ブスの話はどうでもええなぁ。じゃあ、今回は夏休み特別企画ってことで『釣りあげて驚いた! カリスマを唸らせたエンコー女たち』を振り返るのはどうや?」
 夏の特別編! たしかに夏はエンコーの季節!
 普通に考えれば、アポったときに抱いていた印象と実物が違ったら、「写真とかメールでのやりとりと全然違うじゃん! 最悪じゃん!」となるのが一般的。でも、良い方に期待を裏切られることもたまにはあるもの。そんなときは、普段カワイイコが来るよりもテンションが上がるものです。
 そんなわけで、今回はボクが出会った「釣り上げたら驚いた!」なケースをご紹介。コレを読んで、「マジかよ! 俺もエンコーしなくちゃ!」と思っていただければ幸いです。
 これは昨年4月のこと。
 いつものように出会い系アプリでアポっていたボク。そこでこんな書き込みを見つけました。名前は「みゅー」。東京住みの19歳。メッセージには「すききらい激しめ。金欠、しぬぅぅぅ」と書かれています。「金欠」と書かれていることから、エンコーを求めているにちがいありません。アイコンの写真は、金髪に猫耳を付けた、なんかコスプレみたいなのをした女の子の写真です。
 ……う〜ん、この写真、本人なのかなぁ? だとしたら可愛すぎだし……。ネットで拾った画像なんじゃないの?
 と、いうことで画像検索アプリを使って調べてみます。これと同じ画像がネット上にあればヒットするというシロモノです。ファイヤー!(アプリで検索)
 ……はーい! ビンゴ! なんか聞いたこともないようなアイドルグループのメンバーがブログに載せていた画像がヒットしました。バリバリ拾い画じゃねーか!
 でもエンコーを求めているなら、すぐにアポれちゃいそうです。とりあえず援交のお誘いメッセージしてみましょうか。
 すると、1時間弱でトントン拍子にコトは進み、翌日、新大久保で2万円で会うことになりました。超簡単〜。でも、アイコンって本人じゃないんだよなぁ。
「じゃあ、新大久保の駅前待ち合わせで」
「わかりました〜」
「ところで、アイコン。これってみゅーちゃん本人の画像じゃないよね?」
「あ〜、そうですそうです。自分が好きなアイドルの女の子の画像です」
 あれ? 正直に語ってくれちゃったよ? なんだ、別に詐欺るつもりじゃないんだ?
「じゃあ、みゅーちゃんの写メ見せてよ」
「んー、ちょっとそれは。画像を残したくないので……」
はいはい、出た出た。拾い画を使って、自分の画像は送りたくないっていうね。こういう女は大抵ブスですよ。はぁ〜……。そんなこんなで肩を落としつつ、迎えた翌日。新大久保の駅に到着すると、白のブラウスに紺のロングスカート、ゲス不倫の会見時のベッキーみたいな服のみゅーちゃんが待っていました。
身長は150センチ、ちょっとぽちゃった身体。でも顔は、彫りが深く整っていて、けっこ
うカワイイ。ええ? 全然アリじゃん!
「えっと、みゅーちゃん?」
「あ、はい!」
 ちょっとキョドった感じ。でもニッコリと微笑む顔はかなりの美人です。へー、こんなこともあるんだね。絶対にブスだと思ったのに。
 ホテルから徒歩1分の場所にあるホテルに入り、ギュッと抱きしめる。チュっとキスをすると、舌をぐぐっと入れてきます! いーね! エロいんじゃない? このコ!
 こんなにカワイくてエロいなら当然、ハメ撮りをしたいよね。
……でも、アイコンや写メ交換すらイヤがってたわけだし、ちょっと難しいかもしれません。とりあえずいつものようにヤッてみましょうか。
 スマホをインカメラにしてツーショットを撮ります。
「はい、ピースして」
 そう言ってスマホをかまえます。
「え、やだやだ〜」
 咄嗟に顔を隠す。あー、まぁ、そうだよね。その反応が普通だよね。
 でも、そんな言葉でボクがあきらめるわけがありません。ご存知、町田流ハメ撮り口説き術(内容の80%ウソ)スタートです!
「大丈夫。趣味だから(笑)。誰かに見せたり、ネットに流したりしないからさ」
「いやー、それは信用できない……」
「いや、実は俺、ハメ撮り映像を、自分で編集するのが好きなんだよね」
「編集って、売るためにですか……?」
「違う違う!(笑)実は俺、映像の専門学校に行ってたんだけど(ウソ)、当時からセックスを題材にした作品を作りたくて(ウソ)。でも女の子が全然協力してくれなくてさ。で、当時はあきらめてたんだけど、大人になって援交で会った女の子は、ほぼ全員ハメ撮りさせてくれてさ(ウソ)。で、その映像で作品作りができるようになったんだよね。もちろん趣味だから発表はしないよ(ウソ)」
「自分なりのAVってこと?」
「う〜ん、AVって言うよりも作品って感じかな。今の俺の作品のテーマは『アイドル』なんだよね」
「アイドル、ですか?」
「そうそう。アイドルも援交する子も、18歳とか19歳の子とか多いじゃん。で、同じくらいカワイイ子もいるわけじゃん。正直、みゅーちゃんよりも可愛くないアイドルもいるわけよ」
「まぁ、はい」
「で、正直、みゅーちゃんがスカウトされたりしてアイドルをやっていたら、エンコーなんてしないと思うんだよ。逆に今、アイドルやってる子も、アイドルになってなかったらエンコーしてるかもしれない。そうなると、エンコーとアイドルの境界線ってあやふやなんだよね。だから、エンコーしてハメ撮りさせてもらった映像にアイドルソングを乗せて、アイドルのミュージックビデオみたいに編集するっていう作品を作ってるんだよ」
 ……はい、みなさん。「こいつは何を言っているんだ?」「カウンセリングに行こう」と思っているかもしれません。しかし、町田足土。このトークで何人もハメ撮ってきたという実績があります!(カメラに向って握りこぶし)
「え、それって見れますか?」
 ホラ来た! やっぱり気になっちゃうよね? しかもアイコンを全然有名じゃない、マニアックなアイドルの写真にするくらいだもんね。アイドルが好きなんだよね? わかるわかる。自分もPVとか獲られたいんでしょ? ボクのスマホの中に入っている町田作品を見せてあげますよ!
 乃木坂46というアイドルグループの曲に乗せて、エンコー娘たちとセックスをしている映像をまじまじと見るみゅーちゃん。ときおり「お〜」とか「すごーい」とか声を出していますよ。
「っていうか、編集上手いですね」
 数本、映像を見たあとでニコニコと笑うみゅーちゃん。かなり好感触です! どう?「私も撮ってもらいたい!」って思ったでしょう?
「ねぇ、どう? 誰にも見せないし、もし作品が完成したら、みゅーちゃんにデータもあげるからさ。どうかな?」
 そう言うと、ニヤニヤしながら、みゅーちゃんは言ったのです。
「うーん、いいんですけど……私、実は地下アイドルやってるんですよね」
 まさか……エンコーを続けてきて、こんな子に当たる日が来るとは! マジで? この子って本物のアイドルなの?(地下だけど)
「え? なんて名前でやってるの?」
「あ〜〜、さすがにそれは内緒です」
「まぁ、そうだよね。アキバとかでステージの上で歌ったりするの? 何人組?」
「今は5人ですね。……まぁ曲は、オリジナルはないんで、カバーなんですけど。って言っても、超ド地下なんで有名じゃないですよ?(笑)」
「例えば、ライブをやると何人くらいお客さん来るの?」
「う〜〜ん、今までワンマンは2回しかやったことなくて。ほとんどが5〜8組くらいが出る対バンみたいな感じなんですよ。ワンマンで多かったときは50人くらいです」
「50人! じゃあ当然、みゅーちゃんのファンもいっぱいいるわけだよね? 握手とかツーショットチェキとか撮るファンがいるんでしょ?」
「ですね。自分のファンは少なくても20人はいると思うんですよね」
 ……すごい! 20人とはいえ、ツーショットチェキをお金を出して買ってるヤツがいるわけだよね? そんなコと2万円でセックスできちゃうんでしょ? あまつさえハメ撮りもできちゃうってこと? なにそれ! 夢! 東京って夢が叶う!!
「っていうか、今まで何回くらいエンコーしたの?」
「あー、エンコーは2回ですね。だから町田さんは3人目です。もちろんアイドルやってるってバラしたのは初めてです」
「……っていうか、じゃあさっき俺が『みゅーちゃんがアイドルやっていたら、エンコーなんてしないと思うんだよ』って言ったとき、どう思ったの?」
「あははは。『え、してるし(笑)』って思いました。っていうか、私の知り合いの地下の子も、ふたりエンコーしてる子いますよ」
 マジか!!地下アイドル、エンコーしまくりなの!?
 ちなみにファンがエンコーを持ちかけてきたらどうするの?
「えー、絶対にしないですよ!(笑)」
「ツーショットチェキって1枚いくらくらいで撮れるの?」
「1枚1000円くらいですね」
「俺、2万円でセックスするわけじゃん? つまりチェキ20枚買うのと同じ値段ってことでしょ?」
「そっか、そうですね」
「じゃあ、チェキ何枚買えば、ファンでもセックスさせる?」
「……………う〜〜ん、今、よく来る気持ちの悪いおじさんを思い浮かべたんですけど……500枚とかですかね?」 
50万円! 高いけどリアルな数字!!
 自分を応援してくれるキモいオッサンなら50万円だけど、出会いアプリで出会ったキモいオッサンなら2万円! 夢あるぅー!
 っていうか、今からボクは、地下とはいえ、アイドルとセックスするんだ。みゅーちゃんのファンのみんな〜。ゴミンニ〜!
 再び、スマホをインカメラにしてキス。するとみゅーちゃん今度は、カメラ目線でディープキス! トロ〜んとしながらエロく微笑んでおります! イヤッホー! エッロー! さっきまでの反応はなんだったんや!?
 そのままスカートをたぐり寄せ、パンツを横にズラして指をはわすとビッチャビチャです!
 アイドルのムァンコ、ビッチャビチャです! マジかよー!ファンのみんな〜。ゴミンニ〜!
 まるで歌を歌うようにティンコをマイクっぽく持たせての手コキからフェラ。ニッコリと微笑みながらダブルピース! さっきまで「写真は無理」と言っていたとは思えません! やっぱりアイドルは撮影されることが好きなんでしょうね(笑)。
 たっぷりと楽しんだ後は、パンツを脱がさず、ズラして生のティンコをあてがいます。「ゴムして」とは言ってきません!
 いいじゃない! 推せる! ボクの推しマン……じゃなかった、推しメンにしてあげる!
「ああぁああ! 気持ちぃい…いぃい!!」
 腰を自分からガンガンと押し付けてくるみゅーちゃん。その昔、AKB48は「会いに行けるアイドル」というコンセプトでしたが、みゅーちゃんは「金で買えるアイドル」です。きっちりハメ撮っておりますよ!
「みゅーちゃん、カメラに向かって、ファンのみんなに謝っとこうか? 『いつも応援してくれているみんな。エンコーしてごめんなさい。これからも応援して下さいね』って」
「……みんなゴメンね……。でも、次のライブも来てください…あはははは(笑)」
 もう、アイドル失格じゃないですか! こんなアイドルにはおしおきが必要です。と、いうわけで、何も言わずに顔射してあげましたとさ。
 そんなみゅーちゃんですが、この後も何回か会い、セックス&撮影を繰り返しました。ステージ衣装で使っている制服を持って来てもらって、歌舞伎町の街をデート風に撮影したり、制服セックスをしたり。さらに、みゅーちゃんがアイドルをやっているときのライブ映像をもらうことに成功! その映像も組み込んだ最強のアイドルハメ撮りPVが完成いたしましたよ!本物のアイドルがステージで歌っているかと思ったら、歌舞伎町のゲーセンでデートして、最終的にはホテルでハメ撮り!顔射シーンやアナル舐め、シッコをぶっかけるシーンも入っています! こんな映像、誰にも作れるはずがありません!
「すご〜い! ありがと〜! メッチャ嬉しい〜!(笑)」
出来上がった作品のデータをあげると、みゅーちゃんはメッチャ喜んでいました。今でもたまに会ってはセックスをしています。ファンのみんな〜、ゴミンニ〜(笑)。
 これは約1カ月前のお話です。いつもと同じように、出会い系アプリでセックスができる女子を探す作業をしていると、サナエちゃん19歳がアポれました。値段は2万円+交通費3千円(千葉住み)です。アイコンの顔にはモザイクがかけられ、ほぼ素顔がわかりません。
 でも「身長が155センチで細身だよ! Dかっぷ!」とのこと。素材としては良さそうです。さらに「エンコーは、今まで2回したことあるよ。2年前と1年前!(笑)」だって! 
……っていうか、2年前ってバリバリ女子高じゃないか! 淫行は犯罪ですよ!(怒)
「あはは! そうだね。でも今は大学生だから大丈夫。バイトで塾講師してるよー」
 ……塾講師の女子大生。
 いいじゃないか。教えてるのは中学? 高校?
「中生だね。みんなカワイイよ〜。っていうか、今日って13時から16時まででもいいかな?このあとバイトがあるから」
「え? 塾あるの?」
「そうそう。だから、ジーンズに白いシャツで行くね。バイトのときは、そういうマジメな感じじゃないとダメなんだよね〜」
 白シャツにジーンズの塾講師! 悪くない。期待も股間も膨らみます!(↑お父さんギャグ)
 そんなわけで、いつものように新大久保駅で待ち合わせです。さっそく約束した、駅の横にあるパチンコ屋の前へ。
 ││お! あそこに白いシャツにジーパン、ちょっとウェーブかかった黒髪女子が立っているじゃありませんか! 細身でスラッとしてます! サナエちゃんに間違いありません。さっそく声をかけてみましょう!
 ………………。
 アレ? サナエちゃん、めっちゃ彫りが深いね。
 サナエちゃん、褐色の肌がきれいだね。
 ……サナエちゃん?
「あー、どうもー。町田さん?」
「うん……まぁ、そうなんだけど……」
「はい?」
「サナエちゃん……外国人?」
 ││そう、待ち合わせ場所にいたサナエちゃん、どう見ても外国人でした。プエルトリコのダンサーみたいな感じです(イメージ)。顔は外人みたいだから当然カワイイです。でも外人だよね、やっぱ。
「え〜、日本人だよ〜」
「それはウソでしょ! いくらなんでも!」
「国籍は日本。でもクォーターみたいなもんなんだよね〜」
「どことどこのクォーターなの?」
「お父さんがフィリピンとスペインのハーフで、お母さんがスペインと日本のハーフ。基本、日本で生まれ育ったから、語も英語もスペイン語もしゃべれるよ。っていうか、サナエも本名だから! 外人の友達には、サニーって呼ばれてる!(笑)」
マジか! 本当に日本人なのか!(国籍だけだけど)ちなみに、塾では英語だけを教えているそうです。まぁ、そりゃあそうだろうね。ウン。
……正直ボクは、日本の女性が好きです。外国人は全然好きじゃありません。むしろ外国人とかを、差別する側の人間なのです。
 この連載でも、さまざまな国のフーゾク嬢とプレイしてきましたが、外国の売春婦って、ディープキスとかしたがらないじゃないですか。それにフェラのときもゴムフェラだし、セックスも生でするのイヤがるし。そもそも、ボクだって外人と生でなんかしたくないし。病気とかもってそうじゃん? 外人って。
 そんなボクが、いくら国籍は日本だって、プエルトリコのダンサーなんて抱きたくありません。しかも2万3千円でしょ?
高いよー。キッパリと断ればいいのでしょうが……サナエちゃん、千葉くんだりからワザワザ来てくれたんですよね。そのことを考えると「ゴーホーム!」とはなかなか言えません。悩んでいるうちに、ホテルへと入ってしまいました。スポッ!
「え〜、けっこう綺麗なホテルだね。1年前にエンコーで行ったところ、メッチャ汚くてさ〜」
 そう言いながらキャッキャと笑うサナエちゃん。腰を引き寄せ、身体を密着させる。
「え〜〜、なに〜〜?」
 ニッコリ笑うと、そのままキス。
 ニュニュニュ〜。
 ……え? 侵入! 侵入!舌がボクのお口の中に侵入してきました!!ディープキスOKなんだ!?
 それって国籍が日本だから?
 チュバ……、ニュル……、チュバ……。
 エロい音が部屋中に鳴り響く。ヤバい。気持ちイイ!!長いキスのあと、じゅっぽんっと音を立てて唇同士が離れる。唾液が糸を引いて、ふたりを分かつ。
「……町田さんのキス、美味しい……」
 えええーーー??? なにそのセリフ! 超エロいんだけど! 日本人じゃ言わないセンスですよ! やっぱり外人だからなの?
「ヤバいね。サナエちゃん、めっちゃエロいじゃん?」
「うふふ〜〜、イエス」
「イエス、なんだ!(笑)じゃあ、そのエロいサナエちゃんを撮影しちゃおうかな?」
 そう言って、スマホをかざす。
「え〜、ヤダ〜! それはダメでしょ! Hなサナエは、目に焼き付けるだけにして? 町田さんが寝るときに、まぶたの裏側に焼き付いたサナエが、Hな夢に出てあげるから〜!」
 なんなんだよ? いちいちセリフのチョイスが日本人離れしてるよ! なにそのセリフ、自分で考えたの?
「うふふ〜。美味しいエッチ、してあげるから撮影はダメだよ?」
 そう言って、ボクの股間をジーンズの上から、逆手でコスコスするのでした。超エッロー!!!
 さて、現在ボクのいきり勃ったティンコを美味しそうにしゃぶっています。口にいっぱい唾液をためて、ティンコをほおばっています。まるで口でうがいをするように、ジュロロロロロッとエロい音を出しながらのフェラ。口の中でティンコを洗っているかのようです。
 マジかー。クォーターで、しかも塾講師の女子大生ともなると、こんなテクニックを持っているのかー。クォーターバンザイだな。
 そして、洗浄フェラをしながら口からたれる唾液を手の平で受け止め、ネロンネロンとヌメヌメになった手で金玉をなで回してくれます。くっわ〜〜〜〜〜! 
「ねぇ〜〜? コレ、入れたい……」
 サナエちゃん、トロ〜ンとした目で求めてまいりました。これまたエロい表情です!
 ここまででボクの「外国人売春婦」に対しての印象は180度変わっていました。「ディープキスはダメ」「生フェラダメ」と、NGが多くてワガママな感じかと思っていたのです。でも、国籍が日本というのは大きい。やっぱり日本の魂は最強なのです。スペインとフィリピンの血がガッツリ入ってるかもしれませんが、4分の1は、大和撫子の血が入っているのです。誇り高き日本の血が!
 だからこそサナエちゃんは、日本人好みのエロいカンジになっているのですね。あとは、撮影と生セックスとかさせてくれれば完璧なんだけどなぁ。
「じゃあ、そろそろ入れようか?」
「うん……ほしい……」
 ビッチャビチャに濡れたムァンコを右手の人さし指と中指で押し開く。ヌチャ……っとエロい音。
「じゃあ……このまま生で入れるよ?」
「え? それはダメでしょ」
 一瞬でさっきまでのエロい表情が吹き飛ぶ。
 えーーっと、メチャクチャ素の表情です。……やっぱりね。まぁ、そうだよね。ハメ撮りと生セックスって、日本人でもハードル高いもんね。わかるわかる。
 でも、そこで引き下がるボクじゃあありません。なんと言ってもボクはエンコーのカリスマ。断られたあと、1秒間で「生でハメ撮りさせて!」と口説くテクニックが10個ほど思い浮かびました。そう、このひらめきこそがカリスマたる所以なのです。
 では、その10の交渉ワードの中から、一番確実な言葉を選んでみようじゃありませんか。さぁ、読者のみなさん! 勉強して下さいね! メモの用意はよろしいですか? ドーゾ!
「じゃあ、お金プラスするから、生で入れてもいい? 撮影もさせてよ」
 どうですか! これぞ最強の口説き文句! これを言われた女は、みんなこう言うんです!
 ドーゾ!
「え、いくらくれるの?」
 そう、こう答えるんです! そこですかさず、こう!
「プラスで5千円出すよ」
「ん〜〜〜」
 はい、相手に迷いの表情が出たら、こう! ドーゾ!
「ホテル代はもちろん別ね。大丈夫、絶対に中には出さないから。妊娠とかしちゃったら、こっちも困るわけだし」
「………………」
「映像も絶対に人には見せないから。ガッツリ撮るっていうか、『ちょっとこっち見て』っていうときにチラッて見てくれればいいからさ」
「………………」
 はい、まだ悩んでいます。そういうときはコレです! 決定打をドーゾ!!
「……っていうか、生なら感じやすいから、すぐイッちゃうからさ。そっちのほうがすぐに終わるよ? どう?」
 どうですか? この「生の方がすぐに終わるよ」という、世界の名言100選に入りそうなセリフ!
 エンコー女にすれば、長いセックスよりも、サクッと終わってくれる方がいいに決まっているのです。時給が高くなるほうがいいに決まっているのです。そう、自分の射精を人質にとって交渉! これで落ちないエンコー女はいないのです! ドーゾ!
「……わかったー。じゃあ、撮っていいし、生でもいいよ」
 出たーーーー!! OKでましたーー! クォーターとはいえ、やっぱりお金とカリスマには敵わないのです! 見た? 今の心の扉がぐわっばーって開いた瞬間!!
「でも……」
 … … え? 今、「でも」って言った?「ハメ撮り、生セックスしてもいいよ、でも……」っ
て何に続くの? もしかして
「してもいいよ。でも私、元男だよ?」とか「してもいいよ。でも私、エイズだよ?」とか言
われたりするの? 怖いこと言わないでー!
 鼓動が一瞬で高鳴る。身体中から汗が噴き出る。何を言うつもりなんだ?? ひぃぃ!
「……でも、早くイクのはやだな。たくさんしてほしい。……私、今日、16時まで時間あるからさ。時間いっぱいまでエッチしたいなぁ〜って」
 ……今日という日は、サプライズしか起きないのか! サナエちゃん、外国人売春婦どころか、すべてのエンコー女の定石をことごとくブチ破ってくれました! そこまでエロいのか!? なんて最高な
んでしょう!!
 ノーベル援交賞、あげちゃう!
 結果、たっぷり3時間。生セックスを3回。顔射3回。ハメ撮りしまくりました。最後まで、
「顔の上に乗った、この液の重さが、町田さんの命の重さなんだね」と、よくわかんないセンスの言葉を吐いていましたとさ。
 そのとき思いました。外国人差別はやめよう。世界を愛そう。クォーターでもハーフでも、日本人の血が入っていて、エロい女子は、愛せそうです。

パパ活デートデビューのプチ援助交際の女の子は報酬を上げていけばどこまでエッチを許すのか?

0046_20190101093002c05_20191026112257cb8.jpg0047_201901010930036f7_20191026112259aeb.jpg0048_201901010930045e2_201910261123018b8.jpg0176_201902040940374d5_20191026112303549.jpg0177_20190204094039d7c_20191026112305c37.jpg0178_20190204094040f26_20191026112307e11.jpg0179_2019020409404203f_201910261123095e9.jpg0079_201908300901193ce.jpg0080_20190830090120ad2.jpg0081_20190830090122148.jpg0082_20190830090123ce5.jpg0083_20190830090125cd2.jpg0084_2019083009012674d.jpg0085_2019083009012847b.jpg0086_201908300901299da.jpg0087_20190830090131a47.jpg

【概略・全文は上記記事をお読みください】
1、「パパ活」なる言葉が静かなブームだ。
「愛人まではいかないけど、お金をもらってセックスに付き合う関係」を指し、いわゆる昔ながらの愛人関係よりもライトな印象ゆえに、女子大生や若いOLなんかに志望者が多い。そんなパパ活オンナたちの主戦場はツイッターだ。画面上部の検索窓に『裏垢 パパ活』などとキーワードを入れることで、
<パパ活中~。定期的に会える人募集してます。埼玉で>
などと募集をかけてる女性を見つけられるというわけだ。
ただし「パパ活」の定義を「ただデートするだけ」ととらえている女もいるので、会う前にセックス交渉は不可欠だ。総じて容姿レベルが高いため、出会い系サイトでエンコーするよりも満足感が高い。
2、いまツイッター上で、こんなハッシュタグ(検索用の#マーク)のキーワードが流行っている。
『♯デート援』
つぶやきの例は、だいたいがこんな感じだ。
『金欠なので、今週中に都内東部でデート援してくれる人いますか? DMください ♯デート援』なんとなくおわかりだろうが、「デートするだけでお小遣いをくれる人、メールちょうだいな」といった意味である。デート援交とも呼ばれている。実際これに反応すると、そこそこ可愛い女の子と会えて、お茶やカラオケ、食事なんかの普通のデートが楽しめるという寸法だ。やり方は、ツイッターの検索窓に♯デート援と入れて検索をかけ、表示された女の子に片っ端からDMを送って、金額などの条件などを決め、待ち合わせるだけ。ご飯をおごって欲しいというだけの子もいれば、5千円程度の謝礼を求めてくる子もいる。ただし、この手のデート援希望の女子たちは未成年が非常に多く、今秋、福岡県では少女らが補導されている。関わりを持たぬよう気をけたい。
3、前ページで紹介した「デート援交」は、ただデートしたいだけの者にはありがたい話だが、やはりそれ以上のオプションを求めるのが男というもの。はたして、金をもらってデートしようなんて生意気な女が、性的オプションを受け入れるものだろうか。もちろん最初からそんな提案をしてもソデにされる。成功のためにはちょっとしたコツが必要だ。まずは例えば女の子が池袋にいるとわかったら、少し離れた新宿などでデートしようと呼び寄せる。女が同意し、そろそろ新宿に到着するタイミングで、「デート代にプラスして2万円払うからホテル行こうよ」と持ちかけるのだ。同意がなければその場で切るだけだから金はムダにならない。
風俗の新人嬢・新援交娘と交渉
例によって例のごとく、編集長と高田馬場のルノアールでいつもの打ち合わせです。
「町田、春やなぁ」
「ですねぇ。桜も咲いてましたよ。今週末は花見日和でしょうね」
「毎年毎年、桜が咲くように、町田もこの連載をやってきたわけやなぁ。そういう意味では、季節の行事的なとこもあるよなぁ」
「はぁ…そうですかね」
ゆったりとしたソフアに沈むように座り、遠い目をする編集長。
「ちなみに去年の今ごろの号では、どんなテーマをやっとったんやろなぁ……」
「えーーっと……多分、この季節は大体、『先月まで女子生だったフーゾク嬢デビューのコを探せ』とかそういうのだったと思いますよ。えっと、たしか去年は、『援交デビューのコは、プラス1万円でどこまでヤラせるのか?』だったと思いますよ」
なんとなくそう言うと、カッと目を見開く編集長。
「そう! そういえば毎年、あのテーマは人気あるんだよ! じゃあ今年もそれで行こう!『今年の援交デビュー娘はどれだけ気持ちいいんや!?』で、どうや?」
『どれだけ気持ちいいんや!?』って! そりゃあ挿入すりゃ大体が気持ち良いよ! 企画が雑!
……とはいえ、まぁ毎年4月は、新フーゾク嬢か新援交娘を検証するっていうのもオツかもしれません。ボクもそろそろアラフォー。〝10代の今〞を知っておく必要性ですよね。ホラ、ジャーナリストとして。
それに、デビュー戦というのは、誰もが思い出深いもの。数多の戦いを制してきた経験たっぷりのボクが胸をかしてあげましょう!そんなわけで、さっそく新援交娘を調査して来まーす! 春!││さて、4月のある土曜日。さっそく昨年と同じように出会い系ケータイサイト『W』で相手を探します。このサイトは、大きくわけて『ピュア掲示板』と『アダルト掲示板』に分かれ
ていて、援交娘を探すには『アダルト掲示板』の『すぐ会いたい』か『アダルト・H』のどちらかのカテゴリーです。
とりあえず、ふたつのカテゴリーを覗いてみます……が、ズラリと並んだ件名は「今すぐあえるよぉ! 生にぃごぉだよ☆」だの「Eで色白美乳だよ!」といった、頭のテッペンまで売春婦の沼地に沈んだビッチの書き込み。もしくは、「私のカラダは今夜も疼くわ…早く入れてぇ?」とか、「私のパンティ脱がしたい人は見ちゃダメ!」なんていう、昭和のピンク映画のようなものばかり。
うーん…この季節は、いろんな蟲が土から出てくるからね。春だなぁ。
さて、書き込みを探すのと同時に、こちらからも掲示板に書き込みます。『この春デビューの出会い系初心者さん限定! 優しくしますのでメールください!』と、〝待ち〞も準備完了です。さぁ〜〜、可愛がってあげちゃうよ!?初心者カモ〜〜ン!!……さて、そんな状態から時間が経つこと3時間。まったく動きがありません。「攻め」「待ち」、両方の体勢で貼り付いているのにもかかわらず、まったく引っかかってまいりません。まぁ、もちろんすべての書き込みをチェックしてるわけじゃないから(書き込みをチェックするだけでポイントを消費するので)、単に見落としているだけかもしれないけど……なんで? 時間がダメなのかしら? 土曜日の昼って適してないの? 女のコが援交デビューしやすい時間帯っていつだよ??
さらに探すこと数時間後。あることに気がつきました。「掲示板検索機能」
そうだ! そうだよ! このサイトには、女のコの書き込みをキーワード検索できるんです! これを使って、「はじめて」とか「デビュー」とか「(初)登録」とかっていうキーワードで探せばいいんじゃないかしら?
祈る気持ちで「初めて」という文字で検索してみます! 頼む!!
…………………来た! やりました! ズラリと「初めて登録してみました」「初めてでドキドキします」と、自称初めて物語りな女のコたちが引っかかりましたよ! ばんざ〜〜い!! 
ヒットした女のコたちに、かたっぱしからメールを送ります。すると、その中でもひとり、かなり手応えを感じる新人さんを発見しました!
Aちゃん。21歳。フリーター。最初の書き込みはこんな感じ。
「初めて登録しました。緊張しています。割り切り希望なんですが、大丈夫でしょうか? よろしくおねがいします。高円寺でお願いします」
うん。いいじゃない。「割り切り希望なんですが、大丈夫でしょうか?」って、何が大丈夫なんでしょうか? このよくわからない気の使い方。かなり慣れていない感じです。ホンモノの援交デビュー娘かもしれません。しかも、新宿や池袋、渋谷といった援交激戦区ではなく、高円寺といった地元感もなんだかリアルです。これはもう行ってみるしか無いでしょう!1時間後に高円寺駅前で会うことを約束し、さっそく外へと飛び出します。桜舞い散るあたたかな風。さぁ〜〜、援交デビュー娘との一戦、胸をかしてきま〜〜す!
約束の時間、夕方の6時。約束の場所、高円寺北口駅前。待つこと15分。連絡がありません……。お空は完全に暗くなっております。
……すっぽかし?? マジで??何度も受信ボックスをチェックしますが、返事はありません。マジかよ! 直前までメールつながってたのに!
「待ってるよ」「どんな感じ?」「あと何分くらいでつきそうかな?」と、メールしてみますが、まったく戻ってきません。あきらめて喫茶店に入った瞬間、ケータイがピピピっと鳴る。サイトに新規メールが届いた事を知らせるアラームです。やった!やっと来た!
祈る気持ちでメールをチェックすると、そこには、「すいません。町田さん、ちょっと怖そうだったのでやめます。すいませんでした」という文字が……!
マジかよーー!!!!遠くで見てNG喰らったのかよ! ダメージでかいわー! デビュー戦をほっぽり出すとは! 
……でも、「怖そうだったからやめときます」っていうのも、かなりの勢いで援交デビュー娘っぽい。どうやらAちゃん、ホンモノのデビュー戦だったようです。あ〜〜手合わせしたかったーー!!結局、今日、半日以上使ってまったくアポが取れていません。ポイントだって合計6000円も消費したのに!高円寺から高田馬場の自宅に舞い戻り、再びアポ再開。キーワード検索と、募集掲示板に書き込みます。
「あ〜〜、もう今日はダメか? 明日の日曜日に仕切り直しだな」
そう思った夜11時でした。サイトから新規メールを知らせるアラームが。
【件名・掲示板観ました】
「Bです。19歳のギャルですが、掲示板観ました。今日、サイトに登録したんですけど、誰も会えませんでした。もしよかったら会ってくれませんか?2万円はほしいです」
ん〜〜。これは……どうだ? ジャッジが難しいところです!
「ギャル」っていうところがなんとなく怪しく感じますが、まぁ、すべてのギャルが援交経験者とは限りません。それに、「2万円はほしいです」という書き方。援交に慣れていれば、「ホ別2はほしいなぁ」といった、専門用語を使ってきそうなもの。「2万円〝は〞ほしい」という、なんとなく下手な感じも慣れてないっぽい気がします。
さっそく「いいよ、すぐに会いたいな!」とメールしてみます。すると、「今、新宿の東口改札にいます。来れますか?」と返ってきました。……東口改札?? 正直、援交娘が指定してくる場所とし
てはあり得ないポイントです。普通は、「コマ劇場前」だの、「ドンキ前」だの「西武新宿駅南口横のマクドナルド前」といった、わかりやすく、かつラブホテルが近い場所を指定するのが援交シーンのスタンダード。……これは、ホンモノっぽい!
「了解! すぐに行くよ!」
そうメールを打ちつつ、コートに肩を通す。外に飛び出すと、真っ白な夜桜が暗闇の中にぼうっと浮かび上がっていた。
「夜桜って、なんだか真っ白いモコモコな感じで、ちょっと不気味なんだよなぁ」
そんなことを思いながら、タクシーに乗り込み、新宿へと向かった。
夜11時40分。人通りの多い新宿駅東口改札に到着。肩で息をしながらまわりを見回します。
いました! 肌は黒。ロングの金髪。長いつけまつげをパチパチさせながら、改札口前の柱によりかかっているBちゃんっぽいコを発見しました! 黒いミニのワンピースに、金色のベルト。ヴィトン
のバック。顔は、かなりカワイイ! 北川景子をちょっと幼くさせて、ギャルにして、鼻ピアス付けた感じです! こりゃあ……当たりも当たり! 大当たりです!
「えーっと、Bちゃんかな?」
おそるおそる声をかける。ボクの顔をチラッと観ると、ちょっと笑う。
「あ、どーもー。私、大丈夫ですか?」
なんとなく腰の低い感じの雰囲気。いいじゃない! これは、普段でもお目にかかれない逸材ですよ!正直、ティンコは早急に反応しております。ジーンズの中で急激に固まっていくのがわかりますよ!
しかし、ここで安心してはいけません。歩きながらラブホへと向かいつつ、援交デビュー娘かどうか確かめなければ。「でも、なんで駅の改札にいたの?珍しいよね」
「あ〜〜、そうですか? お金無かったから、どこにも入れなかったのと、8時くらいから探してたんですけど、会えないからあきらめて家に帰ろうって思ってたんですよ。そしたら、改札口あたりで町田さんとつながったんで……」
「よく、サイトは利用するの?」
「いや…今日はじめて登録したんですよ。歌舞伎町に『W』の看板があって。お金が本当に無かったんで。財布見ます? 本当に200円くらいしかないんですよね」
おぉぉ!これは限りなくホンモノっぽいですよ!
「『W』はじめてかー。援交自体は何回くらいしたことあるの?」
「いえいえ初めてなんですよ。本当に。だから緊張してるんですよ、これでも(笑)」
来た。……来ましたよ! これ、援交デビューと考えて間違いないでしょう! やっと出会えた!! ちなみに、経験人数は何人くらい?
「あ〜〜、20人くらいですかね」
それもリアル! やっぱりね。19歳でも黒ギャルだから20人はヤッてるよね。ウンウン。歩くこと10分。歌舞伎町のラブホテルに到着。土曜日の12時ということで、ラブホ代は宿泊で1万6千円。バカ高い! でも、こんなレベルのコとセックスできるんだから払いましょう!払いましょうとも!
ラブホの部屋に入り、扉を閉める。ギュっと腰に手を回すと、肩に手をまわしてくるBちゃん。キスをすると、舌がからまってくる。カチッ。同時に何かが歯に当たる。
「あ…ベロピー(ピアス)付けてます。ヤですか? 取りましょうか?」
そう言って苦笑するBちゃん。ううん!! 全然! ギャル感満点だし、そうやって気を使っちゃうところも萌えますなぁ!ピアスのついたBちゃんのベロをベロンベロン舐めつつ、チューチュー吸い込む。美味い! 春の黒ギャルタンシチュー、美味しいです!ジーンズの中のティンコはガッチガチ。キスをしながらBちゃん、ジーンズのチャックを下ろしはじめます。援交デビューとは言え、さすがに路上ファイトでは20人の経験を持つBちゃん!攻めますなぁ! デビュー前から総合格闘技のレッスンを受けてた新日本の中邑真輔とダブります。
気がつくと、ベルトとチャックは下ろされ、ガッチガチのティンコがあらわになっていました。そのまましゃがみ込むBちゃん。ええ? ま、まさか即尺きちゃう??
そのとき、思い出しました。ボク、ここんところ忙しくて3日間ほどお風呂に入ってないこを……!ティンコを見る。すると、亀頭の根元のくびれのところに白いチンカスを発見! これはヤバい! 
「あ、ちょっと…」
腰を引きつつ、そうつぶやいた瞬間でした。Bちゃん、ネイルアートバリバリの爪先で白いチンカスをつまみ出したのです。えええええええ???? チンカス取ってるーー!!! みるみるうちに、白いホロホロしたカスを排除していく。何この感覚! 胸のあたりがキュゥゥンってする! 初めて! こんなの初めて!パクッ!
うわああああああーー!! そのまま即尺来たーー!!! チンカスだらけだったティンコを!なんという大型ルーキー! 中邑真輔の衝撃のデビュー戦を一瞬で越えたー!ニュポッ…ニュルチャポ…。よだれだらけにしながら、時にはチューチューとガマン汁とよだれを吸い込みながらの濃厚なフェラ。たまにボクの顔を見ながらのフェラ。もうヤバい! たまりません!
「ねぇ…もう入れていい? ガマンできないんだけど?」
「あ……はい」
目を見開きながら、「ん?」という表情。カワイイ! 可愛すぎる!
「……っていうかさぁ、マジでカワイイから、何回もヤッていい?1回じゃもったいないくらいだよ」そう言うと、ニコッと笑う。
「え…いいですよぉ。どうせ帰らないから朝まで」
ビンビビーーン!!!! 実際にそんな音がしたかと思うほど、ティンコがしなるように固まった。ヤバい!こんなに良い子いていいの???光りの速さでゴムを装着すると、ワンピースをまくり上げ、パンツを横にズラして挿入!
「あぁぁーーー……はぁ…ん」
なんて良い声なんですか! ガッチリと奥まで入れ込み、そのまま奥でぐるんぐるんとかきまぜる。首に回してきた手に力を入れるBちゃん。密着感! イイ! 素晴らしいよ! 君のデビュー戦の相手になれてマジで嬉しいよ!! ワンピースをたくし上げて、ヒョウ柄のブラをズラすと、Bカップほどの小さな胸に小さな乳首。チューっと吸い込む。美味い!まさにチェリーブロッサム! 
すぐに絶頂はやってきました。でもいいの!今夜は何回ヤッてもいいんだから!
「イク…イキそう! イイ? イッてもいい?」
「…ぁあ…もっと…もっと突いてください…!」
ええーー?? ダメ、もう限界! …あとで何回もヤッてあげるから今はイカせて!!
「…はい、約束ですよぉ〜〜」
もう100点!デビュー戦でここまでデキるなんて、もう何も言うことはありません! あぁ、イクぅ!ドクッ! ドクッ! ドクッ!
最後はムァンコの奥の奥で射精完了。気ん持ちよかっだ〜〜。結局、朝まで計3回。仮眠を取って、目が覚めたら挿入するという、夢のようなセックスを楽しみました。そして翌朝、新宿駅の改札。
「あ〜、Bちゃんマジで最高だったよ。また会いたいんだけど」
「はい、また連絡しますね」
そう再戦を誓い、Bちゃんは新宿駅の雑踏の中に消えていきましたとさ。
プチエンコーのパパ活娘は+5千円でどこまでエッチを許すか?
今回のテーマは「エンコー女にプラス5千円でどこまでデキるのか?」。さっそく、あさはかな人間の心を、いじきたないエンコー女の心を検証してきます!
さて、今回もいつものようにアポのお時間でございます。まいどお馴染みの無料出会い系アプリ「HトークDX」を立ち上げ、ザッとメッセージを送ります。
朝の8時から、さっくさっくとコピペを繰り返すこと1時間。100件ほどメッセージを送り、待つこと1時間。ピロン♪心地良い電子音。来たようですよ!
「ぷちならいいですよ。手だけのみ。今からがいいです」 
18歳のサヤカちゃんからです。アイコンは顔をハートで隠した、ボブの黒髪です。ほうほう。エンコーと言ってもプチエンコーのお誘いです。うーーん、セックスがしたいんだよなぁ、ボクは。でもまぁ待て。手コキしかできないってコに5千円渡してどこまでデキるのか。コレを検証してみるのも悪くないぞ。「本番とか、口(フェラ)とかはできないの?」
「ごめんなさい。やってないです」「手だけだと3とかだよ?」「3って、0・3(3千円)ですか?」「そうそう。で、新大久保(ボクの家の最寄り)まで来れる?」
「うーん。新大久保だと、行くのに800ちょいかかっちゃいます」
800円ってことは、千葉か埼玉ってことね。往復で1600円ってことは手コキして1400円。それはキツいかもね。わかった、足代だけ出してあげよう。
「じゃあ、新大久保まで来れるなら5で。何時に来れるの?」
「今、渋谷なので15分くらいで行けます。今からもう出ますね。私、30分しか時間ないんですけどいいですか?」 マジか。渋谷なら片道800もかかんないし! しかも時短を狙ってきやがった! しかしまぁ、そこはズルズルと引き延ばしてやれ。お金の力は偉大なのだ!
「OK。じゃあお互いに頑張って、早くイカそう!」「はい(笑)。おねがいします」
 それではすぐに出かける支度をしなければ! ヘーイタクシー!
 ……いや、ちょっと待てよ。手コキに5千円を払ってどこまでやれるもんなんだろう。さすがに本番は無理だよなぁ。合計1万円でセックスは無理だ。
 じゃあフェラはどうだ? 1万円なら悪くない値段だ。でもまぁ、フェラではなくあえて手コキのみのプチエンコーをしている時点でフェラは苦手とか、トラウマがあるのかもしれない。とはいえ、プラス5千円をブラ下げればトラウマも克服したりして。
あとは、口内発射、ゴックン、顔射、素股、撮影などだろうか。5千円でイケるものなのかしら?
 ……イヤ、待てよ。今、サヤカちゃんの一番最初の返信を見て、ちょっと引っかかった。
「ぷちならいいですよ。手だけのみ。今からがいいです」
 手だけのみ? コレ、もしかして触れない、脱がない、キスとかもNGってこと? 乳首舐めもなしってこと? そりゃないよー!
しかし、最悪の場合、その可能性も充分ある。そんな身持ちが堅い女の子だったら……5千円でどうにかなるものなのか??
 ……って、待て! 悩んでいるヒマはない! もうすぐサヤカちゃんが新大久保に着いちゃう! とりあえず洗面所でティンコだけ洗って、ヘイタクシー!!
15分後。新大久保駅前で無事、サヤカちゃんと会えました。白いトップスに紺のスカート。身長は155くらい。黒髪ボブで、ちょっとツリ目で薄い系の顔。おおぉ〜〜、けっこう好きなビジュアルじゃん。「なんか30分しか時間ないって、急いでるの?」
「あ〜、すいません。私、デザイン事務所でバイトしてるんですけど、先輩が今日、雑誌の取材を受けるんです。で私も連れていってもらえることになって。だから11時の電車には乗りたいんですよ。
11時半に渋谷で待ち合わせなので……」
え? 11時の電車? 時計を見ると、現在10時28分。マジで30分しかないよ! しかも今の理由だと、ズルズルと時間稼ぎはできなそうです。マジかー。
駅から徒歩1分のホテルに入る。時間がない。まずはどうしよう。触りはNG、服も脱いでくれなかったりするのか!?「……えっと、じゃあ服、脱いでくれる?」
「あ、はい」
おぉ!「あ、はい」だって! 服は脱ぐんだ! よっしゃ!
トップスとスカートを脱いで、黄色いキャミソールと水色の下着姿に。胸は……Cといったところか。ウン、いいじゃない!
ベッドにヒザ立ちで座らせ、キュっと抱きしめる。反応なし。抱きしめながら、お尻を触る。ツルツルした下着の感触と、ぷりっとした肉感のおしり。いいねぇ! コレも反応なし。イヤがりません。キャミの上からオッパイを触る。イヤがりません!
……あれ? コレどこまでもイケんじゃないの? では直接オッパイといきましょう。キャミをまくって、後ろ手でホックを外す。ちょっと茶色になった乳輪。形はなかなかいいです!
 そのまま乳首に吸い付く! ……イヤがりません! マジか! コレ、キスとかもイケちゃう?
 乳首から口を離し、サヤカちゃんのアゴをクイっと上げる。そのまま口を寄せると、無抵抗でそのままキス成功! 舌を入れると、むこうからも絡めてくるじゃないですか! しかも、そのまま下に指を這わせて、パンツの上からムァンコをさする。もちろん抵抗なし! イエーイ! この子、かなりユル〜い! もしかしたら一発逆転でセックスもデキるかも! じゃあ、パンツの横から指を入れてムァンコに指を挿入!
「……あ、直接は……ダメです…」
 ダメでした。このラインか!くっそ〜!
「……あの、そろそろ、時間ないので触ってもいいですか?」
「あ、そうだよね。じゃあ、キスしながら手コキしてもらっていい?」
「あ、はい……」
 ふたりでベッドに横になり、チュパチュパと舌を絡ませながら、手コキされる。頼めば、乳首舐めしながらの手コキもOK。サヤカちゃん、良い子じゃなーい!
「今まで、何人くらいと会ったの? 手コキ以外はしたことあるの?」
「手だけです。今までふたりの人と会いましたけど……口とかエッチは無理で……」
 触られたり舐められたり、キスしたりはOKだけど、手コキ以上のことはしないってことね。なるほど。ではボクのティンコも気持ちが良くなってまいりました。そろそろ5千円での交渉に入りましょう!「あのさ、オレ、マジでセックスでチンコ入れたら5分ももたないんだよね。ゴムちゃんとするし、セックスしない? プラスで払うから」
「あー、本当に無理です……。それはいくらもらっても無理です……」
無理のようです。「プラスって、いくらですか?」という流れすらない返答。コレはやっぱり無理っぽいですね。
「じゃあ、口でやってくんない? プラスで出すよ」
「本当ごめんなさい……口でするのも……」
「え? でもプライベートでしたことはあるんだよね? エッチもフェラも」
「んー……あんまりエッチ自体は好きじゃなくて。口も、彼氏ともあんましたことなくて……すいません」「5千円、出すよ?」「ごめんなさい」 あれー?? さらりと5千円を出してみたんだけど、さらりと流されましたよ? マジで?どうしよう。コレ、5千円じゃ何もできないんじゃないの?こうなったら、いろいろぶつけてみよう。
「じゃあさ、プラスするから口内発射は?」
「あ〜、吐き出していいんなら大丈夫です。飲むのは……できないんですけど……」
 えーーー??? あっさりOK出たー! フェラがNGだから無理かと思ったら、全然イケんじゃんか! ちうか、口に出してもいいんなら最後、口にくわえさせての手コキもイケるってことだよね? それって、ほぼフェラじゃん! 軽フェラ!
「じゃあ、顔射は?」「無理です無理です! だって、今から雑誌の取材を受けに行くんですよ?」
「まぁ、そうだよね。じゃあ、撮影してもいい? 全部で5千円プラスするから」
 そう言うと、さっきまでしゅっしゅこしゅっしゅこシゴいていた手コキがピタッと止まる。
……引いた? それとも考え中?
「……顔写さないなら……」 山が動いた! でも顔なしで5千円は高い! そんな条件は許されません!「顔は写すけど、ちょっとなら隠してもいいから。『こっち見て』って言ったら見てくれれば。オレ、サヤカちゃんの目が好きだから、撮りたいんだよね」
「……じゃあ、いいですよ」 やったーー! プラス5千円で撮影&口内発射を手に入れましたー! イヤッホー!
ウッキウキのまま、オッパイモミモミや、口に咥えながらの手コキ。そして口内発射までバッチリ映像で撮影できました!締めて1万円! サヤカちゃん、「撮影されたの初めてです。……絶対に人に見せないで下いね……」という言葉を残して、新大久保駅に走って行きましたとさ。
 と、いうわけで検証した結果、「プラス5千円で撮影&軽いフェラ&口内発射」をしてもらいました。かなり素晴らしい結果ですが……でも、やっぱりセックスOKのエンコー娘にプラス5千円を払ってどうなるのかを検証したい! もう一回、チャレンジしてみましょう!
 再び、HトークDXで、新しい子をアポ。今度は19歳のリカちゃん、大学1年生。アイコンはちょっと茶髪の長髪。顔は、大きな瞳のうわ目づかいショット。まぁ、多少盛ってはいるんだろうけど、なかなかカワイイっぽいですよ。点数を付けるなら82点ってとこかしら。
「ホテル代別で2とかって考えてるんだけど。新大久保まで来れるなら」
「はい、問題ないです。あと、ゴムだけ付けてもらえれば……」
 来ました。ゴムセックスで2万円。コレに5千円プラスすることで、どこまでイケるのでしょうか。そんなわけで今回は、「ハメ撮り」、「生セックス」、「顔射」、「中出し」、「シッコを口の中に出させてもらう」の5つを試してみたいと思います! どこまでヤレるのか!? レッツ検証!
 翌日、再び新大久保駅に到着です。ミーンミーンとセミの声と、人ごみの雑踏が溶け合って、不快指数がガンガン上がっております。昨日のサヤカちゃんは本当に時間がなかったため、交渉もバッタバタでした。でも今日のリカちゃんは、後ろに予定がないようなので、ガッチリと検証してみたいと思います!「着きました〜。改札口出て、隣のパチンコ屋の前にいます。赤いTシャツ着てます」
 スマホに到着の合図。メッセージの場所に行ってみると、そこには赤いTシャツにデニムのスカート姿のスレンダー女子が立っていました。
 ………………ん?そこにいたのは金髪のショートカット。しかも目は大きいものの、頬は不健康に痩せ、ほっぺたにはニキビがブツブツと浮かび上がっている、まぁ、55点くらいのブスでした。
 ……えっと、コレ? コレがリカちゃん? いや、女の子のアイコンほど信用ならないものはありません。はい、それはわかってます。でも、コレはさすがにないんじゃない? ここまで格下とは思っていませんでした。ガッカリしながらも、これは仕事だということを思いだし、とりあえず声をかけます。
「あ〜、リカちゃん?」「……(無言でうなずく)」「じゃあ行こうか?」
「…………(無言でついてくる)」
 なんだこの女! ブスなだけでなく不気味だな、オイ。メッセージしているときは普通だったのに。コミュ障ってヤツか??
 新大久保駅から徒歩1分、いつものホテルに入る。ハァ〜〜、モチベーション下がっちゃったなぁ。とりあえず部屋のベッドに並んで座る。
「金髪になってたからビックリしたよ」「あ〜、そう染めて、切っちゃったんですよ。全然違いますよね」「まぁ、でも金髪好きだし、似合ってるよ」「本当、ありがとう」
 もちろん似合ってません。ガイコツみたいです。
「けっこう会ったりしてるの?」「町田さんでふたりめ。だからまだなんか慣れてないんですよ。前は40歳のおじさんだった」まぁ、ボクも40を越えたオッサンですけどもね。サイトでは若い子の引きがいいように「30歳」で登録していますのね。はい。「そうなんだ。エッチ好き?」「まぁまぁ……好きかな(笑)」そういってガイコツがニタリと笑う。うわー、なんかコエー。恐怖心に耐えながらキス。すると口を開けて、舌で迎え入れてくれます。チュバ、チュ、チュ、チュボッ。このガイコツ、ボクの舌から唾液をジュッポジュッポ吸い込んでます。ガイコツのクセにエロいじゃないですか!
 赤いTシャツをめくり上げると、推定Cかップのオッパイ。ブラの中で谷間をしっかり作ってます。ブラから乳首をほじくり出し、チューと吸うと「ニャッ」と鳴きます。え?「ニャッ」??? なに? ネコ?「……ん…ごめんなさい、なんか声、変ですよね。ニャって言っちゃうの……」
「マジで? でもカワイイよ。ネコみたい」「ん〜〜〜……恥ずかしい……」
 なんだよ、ガイコツなはずなのに、ちょっと可愛く見えてきちゃったじゃないですか! どれどれ、もう一度乳首をチュー。「ニャッ…!」 チュー「ニャッ!」 なにこれ? まさかの『山寺の和尚さん』状態! 「ポンと蹴りゃニャンと鳴く」のように、
「チューと吸えばニャッと鳴く」ですよ! さらに、スカートに手を突っ込み、パンツの脇から指マンです。とりゃあああ!
「ニャッ、ニャッ、ニャァ〜〜〜〜〜ッ!!!」鳴いたぁーー!!!スゲー! こんなにもわかりやすく鳴くものなのでしょうか? 今年の夏も良い夏になりそうですね!さて、ニャンコのようなアエギ声を堪能した後は、さっそく検証スタートです。まずは「生セックス」から。リカちゃんのムァンコはすでにビッショビショ。攻守交代でたっぷりとフェラさせます。
根元から玉までちゅぶちゅぶと舐めまくるリカちゃん。すっと、スマホを構えます。
「リカちゃん、撮影していい?」「え……やだ。顔はダメです」
 いやー、今の子って顔が写らなければ全然大丈夫なんですね。でも顔なしは許されません。今の日本の法律では、「ハメ撮りは顔アリ」と決まっています。
「いや、顔撮りたいんだよね。じゃあ、基本隠しててもいいけど、『こっち見て』とか『顔隠さないで』って言ったら見せて?」
「………」「お願い。お礼、ちょっとプラスするから」「あんまり、撮らないで下さいね」
 ハイ来たーー! 値段をあきらかにしていないのにOKでました! コレもエンコー2回目という経験不足からでしょうか。簡単にクリアです! さっそく、フェラシーンの撮影開始。最初は目を手で隠していましたが、「こっち見て? 見ながらしゃぶって?」というリクエストに、手を外し、カメラ目線でベロンベロンしてくる始末です!
 さて、撮影フェラで勃たせたティンコをムァンコにあてがいます。続いては「生セックス」です。
「リカちゃん。じゃあ入れるけど、最初だけ生で入れていい?」
「え、ダメですよ…。アプリでもダメって言ったし……」
「うん、そうなんだけどさ。入れてから少しの間、萎えちゃわないようにガッチガチにするには、生で3分くらいヤラせてほしいんだよね。その後は、ちゃんとするから。ほら、プラスするから」
「……ん〜〜〜〜プラス、ですか? いくらですか?」
 さすがのエンコー初心者も、2回目の「プラス」という言葉に値段が気になりはじめました。まぁそうだよね。でもここで5千円とハッキリ言ってしまうと、他の検証ができなくなってしまいます。まだ「中出し」、「顔射」、「シッコを口の中に出させてもらう」の3つが残っているのです。
 ……待てよ、コレならどうだ!「じゃあさ、生で入れさせてもらってさ、最後に中出しさせてくれたら、全部でプラスで5千円っていうのはどう?」「え〜〜、無理です無理です!」
「もしくは生で入れて、最後は顔にかけるのは? こちらも全部でプラス5千円。どう? どっちがいい?」どうですか、この戦法。「最後まで生セックス」はもう決定事項のように話して、「中出し」か「顔射」のどちらかを選ばせるというテクです。どうですか!
「いや……ごめんさい。生でちょっとだけするのはいいけど……、中も顔も無理……」
 はい。そりゃそうそりゃそう。そうだよね。そんなに上手いこといくわけはないよね。知ってた知ってた。「じゃあ、生で、最後口内に出すのは?」「……それでもプラス5千円もらえるんですか?」お! 口内はOKなの?? 今の子って口内に精子出されるのはOKなんだ! なんて国だ! ニッポン!「うーん、口内だしね。飲めるんだったら5千円だけど、吐き出すんなら3千円かな。それでもいい?」
「あー、5千円プラスになるとありがたいんですけど……ちょっと飲めないので、3千円でいいです」イヤッホー! 生セックスに合わせて口内発射もゲットです! 顔射と中出しは厳しくても、口内ならOKなのです!そうと決まれば、気持ちが変わる前にティンコをイン! 生のティンコがぬぶぬぶと入って行きます。
「あ、あ、あの……私、生で入れるの初めてなんで、あの、絶対に中で出さないでください!」
 ハーイ! っていうか、初めての生ハメを、口内発射とともに3千円でセット販売? 夏の女の子ってすんごいですね〜。キツくしまる肉壁。キュウキュウとボクのティンコを快感で包んできます。うわっはー! コレ、5分ももたないよ!!
「じゃあ、そろそろイクよ? 最後、どこに精子出すんだっけ?」
 スマホで動画を撮りながら腰を高速回転させます。くぅ〜、気持ちいい〜〜。
「く、口に……」「ほら、『リカの口に精子たくさん出して下さい。飲ませて下さい』って言ってごらん?」「……え、飲めないです…」
「飲まなくていいから、そう言われると興奮するからさ。ホラ、言って!」「……リカの口に精液出して、飲まして下さい……」
うわ! この子、ボクが「精子」って言ったのに「精液」に言い直してきた! いつも精液って言ってんだ! こういう素が出る瞬間って、めっちゃ興奮するよね! ええええええええええええ!!!!
快感が玉の奥から、すごいいきおいで筒の中を上がってくる! うわ! ヤバ!おもっきり抜いて、そのままリカちゃんの顔まで移動、パカっと開いた口にセット!ドクゥ!! ドクドクッ!!
 快感がティンコの先から飛び出す。スマホ画面には、舌に一線、二線

入店したての現役の女子大生キャバ嬢を現金でセックス交渉|パパ活体験談

1_20200123095339bdf.jpg0_20200123095338dce.jpg2_202001230953405c1.jpg3_20200123095342289.jpg4_20200123095343bd8.jpg5_20200123095345422.jpg
友達の付き合いでホストに行って付き合いだしたキャバ嬢のエッチ体験談|素人娘インタビュー
3_20200302183736568.jpg4_20200302183737336.jpg5_20200302183734019.jpg
竹野内豊はいいっすね。何がそんなにいいんだ?
声がいい。いい声してるよ。あとヒゲも
現在彼氏は?います。
どこで知り合ったの?ホストクラブで
ホストにハマってんのか!付き合いで..友違が行ってたから… 
ホストクラブって楽しい?楽しかったよ一(笑)。その男のコが好きだったからってだけだけど。
彼の何がよかったのよ?一緒にいてくれる
【女子大生キャバ嬢とセックス交渉概略・全文は上記記事をお読みください】
本日は現役の女子大生とセックスする方法。入店したての女子大生キャバ嬢を狙い撃ちにした方法のお話です。
すぐに女の子がやってきた。目鼻立ちのハッキリした美人さんである。
「入ってどのくらい?」「えっと、2週間目くらいですか」
新人は新人だが懐具合はどうだろうと思ったらこんなことをいい出した。
「大学が女子大なんですけとまわりにお嬢さまがけっこう多いんですよ」
「まさかキミも?」「わたしはフツウだから。1人暮らしなんですけどお金ないんで自炊とか頑張ってるし」よろしい。金持ち連中とやっていくためには金がいるから、水商売に足を踏みいれたって感じか。」口ックオンだ。「ねえねえ・タイプなんでアフターしないかな?お小遣い出すから」「本当?」
「たとえば2万で抱かせてくれってのはどう?」相手の表情が強ばった。
「そういうのムリなんで」「2万だよ2万」「できないんで」応じる気配はゼ口だ。気取りやがって。次に着いたのは1カ月という女の子である。
純粋な女子大生も現金の力には勝てなかったようだ。ソファからベッドに移り仰向けに寝かせた女子大生の乳首を舐め、脚を舐め・・・
女子大生の若い肌は素晴らしい
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます