出会い攻略のカテゴリ記事一覧

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

カテゴリ:出会い攻略

既婚者のための出会い不倫パートナーを探そうで人妻セフレやパパ活OLを捕まえた体験談

73_20210119204558682.jpg1111_20200824165755e2a.jpg0167_201811050322388ec_20191001194901800.jpg
6_201908051652463cb.jpg
1、私が人妻セフレを見つけるために使ったのは、「不倫パートナーを探そう」というサイトです。さっそく男女両方の募集掲示板をチェックしたところ、まったくセフレなどの文字が見当たらず、代わりに「もう一度恋がしたい」だの「互いに既婚でも恋人のような関係に」だの、歯の浮く文字ばかりが
踊っている有様。どうやらこのサイトでは、少なくとも表面上は上品な男性がウケるんだなと理解し、私もそれにならい、ややロマンチックな募集文を書き込んでみました。
〈セックスも大事だけど、ときにはおしゃれして食事を楽しんだり、海へドライブへ出かけたりするような、そんなひと時を共有できる相手を探してます〉みたいな。
結果、2人の人妻からメッセージが届き、後日、そのうちのひとりとトントン拍子でアポることに。待ち合わせ場所に現れたのは、ロングヘアーが似合う小柄で可愛らしい雰囲気の女性(36才)です。ただ、メールのやり取りの時点でも感じていたことなのですが、彼女、性格的にどこか生真面目なところがあり、飲み屋に入ってからもほとんどスキを見せません。そのため私も、こりゃ即日セックスは難しそうだな、今日のところは大人しくしておいた方が無難だなと、あえてグイグイ行くのを控えていました。ところがです。店を出た直後、彼女がスッと私の手を握って言うのです。
「これからどうします? 私はホテルに行ってもいいですけど」意表を突かれるとはまさにこのことですが、この降ってわいたチャンスをみすみす逃すほど、私もウブではありません。即座にラブホへ突入です。そしてベッドの上でもうれしすぎる誤算が待っていました。彼女、とてつもないド淫乱だったのです。全身リップやアナル舐めを自ら仕掛けてくる積極性。乳首を攻めただけでイってしまう敏感さ。が、なにより圧巻だったのは、膣圧のすさまじさで、マジな話、手マンしている指を膣の外へ押し出すほど強力なのです。それまで私もそこそこの女性経験はあると自負していましたが、セックス開始後、1回も腰を振らず射精してしまったのは生まれて初めてのことです。まさか、あのマジメそうな人妻が、こんなスケベすぎる大技を隠し持っていたとは…。これだから不倫は止められません。
2、不倫ブーム到来
世間では不倫ブーム到来などと言わている。が、いざオレも! と思っても、身近なところで探すのは難しいのではないか。このサイトはタイトルまんま、不倫相手を探すための老舗サイトだ。有名すぎるだけに敬遠するムキもあるだろうが、有名=新規女の目につきやすい、という利点を無視するのはあまりに損だ。特にここ最近は認知度が上がってきたのか、女性の書き込みを見ると、リピーターよりも圧倒的にご新規さんが増えたように思う。警戒心の強い不倫初心者でも安心して楽しめるよう、運営が頑張ってくれているからだろう。こんなにマメな出会い系サイトも珍しいと思う。さて、実際に相手を探すときの最も大事なポイントは、書き込みのメッセージだ。単に割り切ったセフレが欲しいなどとストレートな願望は書かず、「恋愛がしたい」「結婚していても恋人が欲しい」など、精神的なつながりを求めているキャラにした方が女性からの返信率は高い。
3、他の出会い系と比べてかなりシステムがユニークだ。男女問わず、書き込みが掲示板にアップされるまで5、6時間もかかるわ、爆撃メールが不可能だわ(一度メールすると以後8時間、他人にもメール送信不可)と、完全に遊び人を排除する仕組みになっている。となると自然、こちらが取るべき手法は待ち作戦にならざるを得ないが、女側としても複数の書き込みにメールできないぶん、相手選びの真剣度は相当に高い。つまり、女からのメールがあれば、フツーにそれだけでアポ率は高いと言って過言じゃないのだ。では、さらにアポ率を高め、かつ、その後容易にセックスに持ち込むためには、どういう書き込みにするのが正解か。
 オレの場合はズバリ、本音8割キレイ事2割の、かなりストレートな文面で勝負している。具体的には、『初めまして。最初に正直に言っておくと、僕がここで探しているのはセックスパートナーです。気兼ねなく、互いの性欲をぶつけ合える関係を望んでいます。望む相手は性欲の強い方か、僕の大きな性欲を受け止められる方です。あと軽いSMプレイがOKなら言うことなしです(笑)。好き勝手に書きましたが、こういう間柄でもやはり多少の恋愛感情は欠かせないとも思ってます。美味しい店で食事したり映画を観たり、そんなデートも楽しめたら最高ですよね。よろしくお願いします』
 このサイトで多くの女を食ってきたから言えるのだが、ここには恋愛相手のような重い関係ではなく、純粋なセフレを求めている人妻が少なからず生息している。そういった層にアピールするには、歯の浮くようなキザな文面より、ストレートな告白が一番なのだ。

ヤフーパートナーの口コミ評判・さくらを見極めエッチできた体験談|セフレの作り方の裏技

ヤフーパートナーの口コミ評判裏技ヤフーパートナーの口コミ評判裏技ヤフーパートナーの口コミ評判裏技ヤフーパートナーの口コミ評判裏技ヤフーパートナーの口コミ評判
真面目な関係を求めるヤフーバートナーは婚活でなくヤリモクでも使える
ヤフーパートナーでのセフレの作り方ヤフーパートナーでのセフレの作り方ヤフーパートナーでのセフレの作り方ヤフーパートナーでのセフレの作り方ヤフーパートナーでのセフレの作り方ヤフーパートナーでのセフレの作り方
ヤフーパートナーでエッチできた体験談
ヤフーパートナー(以下ヤフパ)は、他の出会い系サイトとはひと味違った雰囲気を醸し出している。試しに自分の地域に絞って検索をかけてみて欲しい。いかがだろう、普段なかなかお目にかかれないレベルのブサイク女たちが、ゴロゴロ出てくるはずだ。普通、このレベルのブスたちはプロフ写真をアバターや動物の写真などにしてお茶を濁すものだが、どういうわけかヤフパのブスたちは、ありのままの自分の写真を載せている。天下のヤフーが運営してるなら、写真を出しても安心だと思い込んでるのかもしれない。いずれにしても、俺はその30点以下レベルのブスたちにターゲットを絞ることで、時間をかけず、面倒な駆け引きナシで喰いまくっている。
ただ、いくらブスが相手でも、こちらのプロフィールには最低限の手間が必要だ。顔写真はなるべく写りのいいものを選び、プロフィールも爽やかで無難な文面を心がける。俺がいつも使っているキャラは、音楽、映画、本などを好む文科系の穏やかでゆったりした性格の男だ。プロフィールが完成したら、メール攻撃だ。容姿に恵まれない彼女たちは、普段からプライベートはもちろん、ヤフパ上でも男に相手にされていないので、メールが届いただけで喜んでくれる。そこまで気の利いた文章をひねり出す必要はないが、相手の趣味などに触れてやれば、嬉々として返信をくれるはずだ。2、3回のメールのやり取りを挟めば驚くほど簡単にアポれるだろう。
いざ初対しても、気を遣う必要はない。「ぜひ君と付き合いたい」とか「とりえず身体の相性を知りたい」などと適当な口実でホテルに誘ってしまう。まあ、とにかく簡単だ。。使ってみればわかるが、非常にリアルで切実な雰囲気の女性が並んでいる。
さらに自ら正直にバツイチと記載している女も多い。オレが狙うのは彼女たちだ。
手法は以下のメールをかたっぱしから送ることから始まる。
〈ホテル代別2万で遊びませんか?〉
なんだエンコーかよと思うだろう。たしかにエンコーはする。でもそれはセフレ化するための布石みたいなものだ。話を戻そう。意外かもしれないが、先のメールに対して返事がときどきやってくる。『お願いしてもいいですか?』『内密でよろしくお願いします』など。彼女らは結婚願望が強いのと同時に、経済的に貧窮しているものなのだ。そしてアポ。約束どおり2万円を渡してセックスする。そこからセフレ化するには、エンコー後に食事をするのがポイントだ。
食事のあとにセックスではなく、やったあとに食事。これによって、女の心情は「この人ってセックスしたいだけじゃないんだ」となる。ウソくさく思うかもしれないが、テレクラなどでも、エンコー女をセフレ化する男は、必ずこのステップを踏んでいる。ましてや普段はエンコーなどやってない女が相手ならば、食事することによるデート感は効果的だ。メシを食いながらお互いのしょうもない話をして、また後日、普通にデートの約束をかわせば、今度は金ナシでも簡単に股を開くだろう。
結婚相談所の老舗ノッツェが運営する、かなりマジメな雰囲気の出会い系で、女たちのプロフィールはこんな感じだ。
『1年以内に結婚を考えてます』
『学生の娘と2人暮らしです。誠実で優しい方。助け合い温かい楽しい家庭を築きたいです』
結婚願望全開だが、逆に言えばそこをくすぐってやるだけですぐに食いついてくる。
私の使い方を説明しよう。ポイントは『公開プロフィール』の設定だ。名前、出身地、年齢、血液型、顔写真などは、普通に入れる(ただし、私は結婚してるためバツイチ設定で)。
そして次の2項目をこうだ。
●年収:1千万●職業:自営業
自己PR欄については普通でいいだろう。
『はじめまして。このサイトで将来に繋がる真剣な出逢いがあれば良いなと思います。よろしくお願いします』
プロフィール完成後は、女が検索システムでこちらを見つけてくれるのを待つだけだ。50代の私にメールを送ってくる女は30~40代のバツイチが大半だが、毎月その数はなんと20人以上にものぼる。
繋がった相手とは、メールを2、3回やりとりした後、電話でしゃべるだけでアポはまとまる。結婚を考えている女にとって、経済力はやはり魅力なのだろう。会ったその日にセックスも難しくない。
繰り返すがこれ、50代の私の戦績だ。人生まだまだ捨てたものじゃないと思う。
ナンバツールとして効力を発揮していたヤフーメッセンジャーに、大きなシステム変更がくわえられた。ヤフーメッセとは、簡単に言えば、リアルタイムでチャットが楽しめるサービスで、例えば東京在住の18-25才の女性でオンライン中一などと検索条件を入力すれば、該当者とブロフィールが画面にずらりと並び、片っ端かり声をかけ仲良くなっていくという寸法だ。オレ自身も暇さえあればログインし、これまで10人強をゲットしていたのだが、なんと7月のシステム変更により、条件検索が廃止されたから痛い。相手がわからなければ、手の打ちようがないのである。おいしいメッセナンバもこれにて終了。何か他に手頃なナンバツールはないものかと探していたところ、同じヤフーが有料の出会い系サービスを実施していることがわかった。その名も「ヤフーバートナー」。男女が互いのプロフィールを掲載し、気に入った相手とメールのやり取りをするシステムで、月額1980円。普通の出会い系なら見向きもしないが、天下のヤフーが運営するサイトである。まさか、女性会員がサクラだらけってことはないだろう。果たしてヤフーバートナーは使えるのかっ31才、独身のわが身を持って検証してみたい。
22才の美人受付嬢からいきなりメールが
ヤフーパートナー女性利用者は約8干人。年齢は20代前半から30代後半が最も多いが、写真を掲載しているのは650人程度しかいない。レベルは美人からブサイクまで様々だ。対して、男性会員数はその数倍。25才から30代後半までを中心に、81才のジイサンまでが利用していた。競争率はかなり高そうだ。ではさっそく作成に入ろう。体型、結婚歴、任意の選択項目から選んで記入。仕事欄はフリージャーナリスト(ウソ)とし、年収の欄は600万以上(大ウソ)に設定した。職業と年収以外はどれも似たり寄ったりな内容である。やはり、自己紹介文と顔写真が勝負の分かれ道か。まず顔写真は照明や表情を変えて何度も撮り直した奇跡の一枚を採用。紹介文には、社交的な性格で、本と音楽と映画、さらにアウトドアやスボーツが趣味の男(ウソ)と記した。希望する相手の条件は、居住地域を都内23区内で、年齢が35才以下。他の欄はすべて「問わない」にチェックを入れ、準備完了。あとは気に入った相手に片っ端かりメールを送るだけだ。登録から30分、思いも寄らぬことが起きた。
ー人の女性から「写真を見て好感を持ちました。お返事くれると嬉しいですーなるプチメール(無料で送れる簡易定型文)が届いたのである。しかも、相手のプロフィールを見れば、これがなんとも可愛い。某企業で受付嬢をしている22才だそうな。思わず鼻の下が伸びる。が、待て待て。こんな女がなんでいきなりオレにメールを送ってくるんだっこやつ、サクラか宣伝目的の業者じゃねーのかっ疑いつつも、万がーを考え、お礼だけは返す。翌日、ログインして女のプロフを覗くと、顔写真の場所に赤い文章が表示されていた。
【ガイドライン違反のため、カスタマーケアによりこのブロフィールは削除されました】
やはりサクラだったらしい。こいつからメールを受け取った別の男性会員がヤフーに通報を入れ、削除されたのだろう。改めて、写真で可愛いと思った相手を15人ほどチョイスし、「まずはいろいろお話したいので、メール交換しませんかっ」と定型のブチメールを送ってみた。が、待てど暮らせど返事は無し。定型文では何の印象も与えないようだ。面倒でも、相手に合わせて、それぞれオリジナルのメールを送るのが賢明か。
蚊に刺されながら公園で立ちバック
気になった女性たちにメールを作成&送信を繰り返してる途中、2人の女性からメールが届いた。またサクラかっ「こんにちは★ケイと言います。何系の音楽が好きですかっよければお返事まってます★」ブロフィールには顔写真がなく、目分の好きなアーティストがずらすらと書かれている。自己紹介文も長い。サクラじゃないのかも。もうー通は「まずはお話したいのでメール交換しませんかっというプチメールだ。プロフによれば、またもや某企業の受付嬢らしい。写真がないところが一般人ぼいが、サクラの可能性もある。2人にメールのお礼と簡単なメッセージを添え、返信。当然ながら、ほどなく返事が来るものと思いきや、それ以来音沙汰が無くなってしまった。なんだ?どういっことだっ最後に「よかったら写真も拝見させてください」と書いたのが失敗だったのか。気を取り直し、写真付の10人にメールを送る。やはり、返信はー通も届かない。代わりに、出会い系業者からのメールが3日間で5通も送られてくるから、やってられない。なんだこれ、全然使えないじゃんー登録してー週間。半ばあきらめかけたころ、またもや女性からメールが届いた。はじめましてこんにちは。いっしょにクラブにおどりにつれてってくれたらなとメールしてみました。もしよろしければ、おへんじいただけたら幸いですかしこ一
ひらがな多用のユルい文面。プロフには、マキ、30才、独身とある。普通に真剣に友だち恋人ロックステディ探していますふつつかものですが、よろしくおねがいいたします一自己紹介文もユルユルな文面。
これでサクラなら、もうどうでもいい。彼女と共通する好きなバンドのことと、写真を見せて欲しい旨を書き、返事を送る。と、今度はまもなく返信が。サイトに載せるのは恥ずかしいので、携帯アドレスで交換したいとのことだ。絶対サクラじゃない。これでサクラはありえない。ほら、これがオレのアドレス。ここに送って。返事はすぐに届いた。「携帯にはじめまして。よろしければお貸しいたしましょうか?しかもさっそく明日とか。(せっかち)そして写真はこんなです。却下な場合はさりげなくそっと放置しといてください。」
ショートカットで、キャミソール姿がなかなか可愛いらしい。にしても、やけに積極的ではないか。信用していいのか、マキちゃん。あいにく翌日は都合がつかず、3日後の夜に渋谷で会うことに。ドタキャンは無しだぜ。当日、彼女は約束の時間どおりに、待ち合わせ場所へ現れた。写真より少々老けていたものの(実年齢も3才サバ読みしていた)、ショートパンツから伸びた生脚で、十分に食えるレベルだ。途端にうれしくなって、近くの居酒屋へ。聞けば彼女、某有名エステで働いており、ー年ほど彼氏と呼べる存在がいないらしい。なぜオレにメールをくれたのかという問いには「音楽が好きそうだから」と、瞬昧な答しか返ってこなかった。
酒が好きというだけあって、ワイングラスをぐいぐい空けるマキ。でもって、自ら体を寄せてくるのだから、これは今夜ハメて欲しいと言っているようなもんだろう。その期待は現実となった。居酒屋を出た後、彼女に自分の職場近くの庭園に行こうと誘われ、真っ暗な園内に侵入。結局、しばらく散歩するうちに気分が盛り上がり、林の中で蚊に刺されながら、見事に立ちバックをキメたのである。翌日も朝早くから仕事だというマキと駅で別れた直後、メールが届いた。一またすぐにでも会いたいーらしい。気に入られたのか、オレ。
現れたのは某有名私大のお嬢様
女性からメールが来て、会ったその日に即マン。こんな展開は滅多にあるまい。調子に乗ってはいかんぞ。やはり、基本は男からのアプローチだ。再び、ブロフィールを見ながら、可愛いと思える相手に手当たりしだいメールを送る。今度は少しルックスのレベルを落としそれなりな相手も拾うことにした。その間にも、直アド付きのサクラメールが何通か届く。通報すれば翌日にはヤフー側が削除してはくれるが、サクラだと気付かずにわざわざメールを送ったときの労力が痛い。マキに聞いた話では、フロフに顔写真を載せていなくても、男性からのメールが週に10通は届くらしい。写真掲載者で可愛い女の子なら、推して知るべし、だ。考えればわかる。そんな女が、サクラでもない限り、自らメールなど送るわけがないのだ。数十人の女性にメール送った結果、返事がー通だけ届いた。22才の大学生、ミサト。とびきり美人といっわけではないが、一局身長のお嬢様風で、読書と油絵がこ趣味らしい。映画や音楽、アルバイトなどの話題で何度かメールをやり取りしたところで、彼女が「プロフを削除するので直アドレスを交換したい」と提案してきた。
日く、男性からのメールがあまりに多く、対応しきれないらしい。携帯のアドレスを教え合い、その後も何度かメールを交換、初めて話してからー週問後の夜に新宿で会うことになった。本物のミサトは、写真よりもさらにお嬢様風な女だった。何でも、某有名私立大学の現役学生で、来年から文系の大学院に進むらしい。才女ですなあ。オレのアブローチに乗ったのは、紹介文のことばに共感したからなんだそうな。2ケ月前に彼氏と別れたばかりで、女友達がヤフーパートナーで恋人を見つけたと聞き、自分もエントリーしたらしい。飲み屋でしばらく話して、2軒目のバーに行くころにはミサトもかなり暁舌になっていた。が、彼女のキャラ的に、この後、ホテルに誘っても乗ってこないに違いない。ここは紳士を装うのが正解だろう。駅まで送って別れた翌日、彼女からメールが届いた。
「仕事が落ち着いたら映画を観に行きましようー」ミサトとは、近い内に良い仲になれそうだ。
自然に部屋を訪ね自然にセックス
ミサトに会ったー週間後、30才のミナという女性に会った。とある業界専門のイラストレータで、海外出張もこなす売れっこさんである。そんな女性が、わざわざオレにーまずはいろいろお話したいので、メール交換しませんかっとプチメールを寄越してきたのだから面白い。正直、実物は写真より3割引きの容姿だったが、気さくなキャラで好感度大だ。半年ほど前に3年ほど付き合っていた同業の彼と別れ、試しにヤフーバートナーに登録。これまで出会い系の類はやったことがなかったが、ヤフーなら安心と、友達と一緒に始めたという。ちなみに、俺と会う前にも同い年の男性と一度会ったのだが、相手の反応が悪く、関係は発展しなかったそうな。互いに翌日が早かったこともあり、その日はすんなり解散したが、向こうから興味を持ってくれたぶん、展開はスムーズだ。「近所に美味しい魚が食べられるお店があるので、よかったらどうですか?」ー週間後の休日、ミナの提案で一緒にランチをした。「アバート、近くなんだよねっ」「うん」「どんなとこ住んでるんだろ」「あー行きたい、ってことっ」「ハハハ」こんなこく自然な流れで彼女の部屋にお邪魔し、酒を飲み、こく自然な流れでセックスとあいなった。上手くいくときは上手くいくもんです。
★約2カ月の利用で、会えた女が3人で、ヤレた女が2人。どれも付き合うことを前提とした真面目な関係に近いが、恋人が欲しい男性にとっては、そこそこ使える出会い系なのではないだろうか。ポイントは、よほど目分に自信がない限り高望みしないこと。美人を落とす倍率は途方もなく高いので、そのつもりで挑むべし。
ヤフーパートナーでのセフレの作り方の裏技
最近の若いモンは車を持ってないから、おっさんのドライブに女が乗ってくる。ヤフパのドライブグループは狙い目だ。
婚活バツイチ女も
結婚相手を探す男女が登録している。使ってみればわかるが、非常にリアルで切実な雰囲気の女性が並んでいる。さらに自ら正直にバツイチと記載している女も多い。オレが狙うのは彼女たちだ。 手法は以下のメールをかたっぱしから送ることから始まる。 
〈ホテル代別2万で遊びませんか?〉 
なんだエンコーかよと思うだろう。たしかにエンコーはする。でもそれはセフレ化するための布石みたいなものだ。話を戻そう。意外かもしれないが、先のメールに対して返事がときどきやってくる。『お願いしてもいいですか?』『内密でよろしくお願いします』など。彼女らは結婚願望が強いのと同時に、経済的に貧窮しているものなのだ。そしてアポ。約束どおり2万円を渡してセックスする。そこからセフレ化するには、エンコー後に食事をするのがポイントだ。食事のあとにセックスではなく、ヤッたあとに食事。これによって、女の心情は「この人ってセックスしたいだけじゃないんだ」となる。
ウソくさく思うかもしれないが、テレクラなどでも、エンコー女をセフレ化する男は、必ずこのステップを踏んでいる。ましてや普段はエンコーなどやってない女が相手ならば、食事することによるデート感は効果的だ。メシを食いながらお互いのしょうもない話をして、また後日、普通にデートの約束をかわせば、今度は金ナシでも簡単に股を開くだろう。

都道府県の結婚支援の限定バーティ・自治体の婚活イベントの真面目な出会いが熱い|住まい地域+婚活+自治体で検索

82_20201227204235435.jpg83_20201227204236bc5.jpgajk050_20191109151935bbd.jpgajk052_201911091519383b0_202008121547318c5.jpgajk054_20191109151941431_20200812154732afb.jpgajk053_201911091519398d4.jpg
中高年向けの婚活パーティに参加しても、結局カップルになるのはコミュ力が高いか、ある程度の年収がある男ばっかりだ。そんな悩みを抱えていたとき、最寄り駅の掲示板に婚活パーティのチラシが掲載されているのを発見した。そこには「公民館で婚活!」の文字がデカデカと記載されている。 どうやら自治体が主催の婚活パーティのようで、参加者は男性40代以上で女性30才以上という決まりがあるようだ。そういえば最近は地方自治体が主催の婚活パーティが増えていると聞く。しかも、思わず目に留まったのは、その安さだった。なんと男の参加費3千円。かなり破格の値段だ。
さっそく掲載されている番号に電話をかけて予約をした。いったい、どんな女がやってくるのだろうか。楽しみだ。婚活パーティの当日。開催場所の公民館へ。
そこには20名ほどの男女の姿があった。よくある婚活パーティのような緊張感はなく、みな飲み物を片手にテーブルの上のお菓子を手にとっている。カジュアルな雰囲気は、俺としても緊張感が少なくてありがたい。参加している男は一人のイケメンを除いて、俺のような冴えないオッサンばかりだ。
女の方も年を重ねたブサ系が多くガツガツした空気ではなく、男女ともに行き遅れたような雰囲気がある。まずは定番の回転ずし形式で全員の女性と順番に話をすることになった。一人目に当たったのは介護士をやっている40才だ。ちょいポチャだがかなりの巨乳さんだ。彼女の方から話しかけてきた。「はじめまして。このパーティよく来るんですか?」
「いえ、はじめてですね。偶然チラシを見つけたんですよ」「ああ、私もなんです」
どうやら、同じキッカケで参加しているらしい。にしてもどうしてこの会に決めたのだろうか。
「やっぱり、自治体が運営してると安心感がありますよねー」
なるほど、たしかに民間業者とかで紹介されるよりは安心するのかも。他の女性と話をしてみても、婚活パーティに参加したことはないが、自治体が主催なので来てみたという初心者の女性が多かった印象だ。2時間弱でパーティは終了。
最後には介護士の彼女とカップルになることに成功した。20人のうち7組もカップルが成立していた。オッサンとオバサン同士といえど、これはかなり高い確率だ。その彼女とは現在も交際を続けていて、月に何度かデートをしてホテルに行くという割と真面目な交際をしている。俺のように特別な技術がなくてもゲットできたので、みなさまもネットで「住まい地域+婚活+自治体」と検索してみてください。
1、いま全国で大ブームになっているイベントだ。
即席で組まされた男女のグループで謎解きをしながら、建物から脱出するゲームなのだが、この難易度がとにかく高い。なので、必然的にチーム内でコミュニケーションを図る必要がでてくる。「オレこっち解いてるから、お姉さんはこのパスル解いて!」みたいに。場合によっては互いが接触しなくては解けない謎もあるので(たとえばお互いの手首をくっつける、など)、とにかく男女が絡む、絡む。こんなやりとりを1時間ほど続けると、終わったころには全員がすっかり打ち解けている。また、ゲーム終了後は食事に流れるのが常で、ここで彼氏彼女を見つけたケースも多数。なんと非モテ代表の私(編集部ススキ)ですら、3人の女友達を作ってしまったほどだ。なお、このリアル脱出ゲーム、現在マジで大人気のため1ケ月先のものまですぐに予約で埋まってしまラ。こまめにサイトをチェックすべし。
2、関東の某都市に住んでいるのですが、自分の市に無料の結婚相談コーナーがあると闘いて足を運びました。そこでは相談員に「生活をとう変えたら結婚できるか」などのアドバイスをもらうだけでなく、実際に女性を紹介してくれるんです。
でもいきなりは無理でした。僕の場合、そういった相談に5回ほど行ったのちに、ようやく相談員から「よかったら一度会ってほしい人がいる」と言われ、お相手を紹介してもらいました。
彼女は、詳細は伏せますが、20 代の後半で元ヤン風の女性でした。元ダンナさんとトラブルがあって、現在は生活保護を受けてるそうで、その流れで役所の人間から僕を紹介されたようです。
数回のデート(食事とかバチンコとか)を重ねたのですが、どうも彼女は僕のことを気にいらなかったみたいです。そうしたら相談員はまた別の方を紹介してくれました。こちらもなにやらDVの被害者
だったとかで、ワケありの女性です。彼女とはまだ2回しか会ってませんが、あまりタイプではないのでたぶんお断りすると思います。まあ無料ですし、いずれいい人に出会えればいいかなって感じですね。
3、大手お見合いバーテイ業者エクシオが、定期的に開催してるイベントだ。女性の参加資格は60キロ以上、つまり全員ぽっちゃりさんである。ぼくは別にデブ専じゃないが、このバーテイによく参加している。なぜか?このイベントの女たちは容姿におい目があるせいだろラ、ひらたく言えば媚びてくれるのだ。だからカップルになるのはさほど難しくない。主導権を握っているのだからその後の展開もわりとラクチンだ。
4、男が体重80キロ以上限定のバーテイがある。ホームページ上ではどうやらデブではなく「マッチョ」な男を対象にしているらしいが、オレが数回参加してきた限り、実態はまったく違うことになっている。そこはオレみたいなデブには天国と呼ぶにふさわしい場所だ。20人ほどの男性のうち、マッチョは2、3人で、他はデブばかり。なにが天国かって、参加女性とのトークタイムで得た反応が一番わかりやすいだろう。「すごいですね、お腹たぷたぷしたいです~」「少し太っててもワタシはいいと思いますよ」もちろんマッチョ好きもいたが、女性の半数程度はデブ専で、非常に好感触なのだ。
残念ながら今まではカップルになれていない。デブの中にもモテるのとそうでないのがいるよラだ。けっこう頻繁に開催しているので次回はなんとかしたい。
これらのワケアリバーティには、バツイチさんや子持ちさんなど、引け目を感じている女性たちしか参加しません。彼女たちは普通のバーティで出会う女性に比べ段違いで反応がよく、むしろこちらが相手を選べるような雰囲気。理解ある男を演じればカップルになれるんです。過去、何度かお見合いバーティに参加したことがあります。僕は見た目が地味なうえに稼きも少ないからかカップルになれたことはなかったんですが、この限定バーティのおかげで二連勝という結果を叩き出すことができました。
5、続いてはヌードモデルを簡単に探す方法
全国の撮影会スタジオやモデルを検索できるサイトです。こういったのは他にもあるけど、僕みたいに地方に住んでる人間でも近場で探せるので非常に使いやすいんです。
基本的には地域とジャンル(素人モデルとかヌードとか)を指定して探すのですが、僕は主にプロの女の子のヌードをメインで撮るので、スタジオに在籍してるモデルさんを見てどこに行こうか決める感じですね。サイトを見たらほぼ毎日どこかしらで開催されてるので、一覧で確認できるのがありがたいです。
肝心の撮影自体はこのサイトとはあまり関係がありません。プロの方はこちらの指定した表情やポースを忠実にやってくれるので非常に楽しいです。
最初は私服ではじまって、徐々に服を脱いでいき、裸になったら悩ましい顔をこちらに向けてくれる素晴らしい世界です。普段は女の子に強く言えないくせに、ここそとばかりに「もうちょっと足を開いて」などと強気に出ることができるので、ちょっとした優越感も味わえます。ライトに照らされて熱いので、女の子が汗まみれになることなんかもあって、すごくいいですよ。ちなみにこのサイトを通して申し込めば撮影代金が安くなったりもします。
6、一見、単なる石けん屋です。店内に並んでいるのは、いい臭いのボデイーソープや洗顔剤、パックなど、女性向け商品がメインですが、男が一人でふらっと入っても別におかしくはありませんし、スタッフの女のコたちも稿極的に声をかけてきます。「よかったら、石けん試してみませんか?」
無料なのでひとつ体験してみてください。彼女らスタッフは洗面器にお湯を張り、手を丹念に洗ってくれます。指と指をからませニュルニュルニュル。手首を握ってニュルニュルニュル。いかに素晴らしいスキンシップかはお察しの通りでしょラ。女の人の手といラのは柔らかくて温かくて、しかもそれがタダ。この石けん屋、全国にあるのでお近くのお店へぜひ。
7、手コキ風俗はリーズナブルなので、札幌でも人気だ。よく名前を聞くのは20分3千円の店だが、そこは安いだけあり、プレイは流れ作業的。ぶっちゃけ味気ない。オレのお勧めはこの「て●きん」(料金40分6千円)。ビキニの女のコがサービスしてくれる店だ。彼女らは、添い寝で太ももをからませたり、背後に回って胸を押しつけたり、ときに股間をこちらの足にすりつけながらシコシコしてくれる。札幌でゼッタイー押しの手コキ店です。
普段は合コンとかをする機会がほとんどないため、この飲み屋の出会いセッティングシステムは実にありがたい。
店内を見渡し、気になった女性グループをスタッフに伝えると、一緒に飲めるよラに段取りしてくれるのだ。即席の合コンみたいな感じで。料金は男が3千円だ。一方、女性客は料金がタダだからだろう、若いコがいつもけっこう入っている。行かなきゃソンだ。
8、周防ゆきこ、数多いるAV女優の中で、最も性格がいいと言われているのが彼女だ。オナニストたちも、そして百戦錬磨のAV男優、シミケンもが認定する。プライベートの様子までは定かじゃないが、画面で見るかきり、その性格の良さは群を抜いている。男優をじっと見つめつつける瞳、正常位でのハグ、慈しむよラなおそラじフェラ。まさに萌え死ぬという表現がピッタリで、プレイしている男優に嫉妬するレベルだ。
Copyright © エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます