エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

ジュエルライブ



記事一覧

シティホテルでお茶しましょうナンパがめちゃ理由

SnapCrab_NoName_2021-12-18_9-24-16_No-00.png

男も40 才を超えると、人妻を狙うパターンが多くなると思います。同年代の女性は、まず結婚してますもんね。
さて、運良く人妻と知り合えてランチができたとしましょう。
食べ終えてからどうするか。彼女、少し時間はあるみたいです。
こんなときは、ハッキリこう言うべきです。
「シティホテルでお茶しましょうか」
 
ホテルだけでは言葉足らずです。「シティホテル」じゃないといけません。人妻ってのは、
「今からホテルに行く私」というのはフシダラに思うくせに、
「今からシティホテルでお茶する私」ならOKとなる、摩訶不思議な生き物なのです。健全だからいいんだもん! と思いたいんですね。
もちろんお茶といっても、ホテル内のカフェではなく、部屋で飲むお茶のことですが、そのへんはボカして誘うのが正解です。
「シティホテルの部屋でお茶しよう」だと、これまたフシダラになってしまうので。

まだあなたが40才ぐらいなら、社会人サークルや合コンのような場に顔を出してもおかしくはないでしょう。
そんなとき、若いころの癖で、ついその場で一番の美人にソワソワするわけですが、ソワソワしたところでどうせ相手にはされません。
もう40を超えたなら、美人にこだわるのはやめましょう。ブスとこってりセックスするほうが楽しいですって。
なので、みんなの前ではっきりと、真っ先にブスの連絡先を聞き出し、みんなの前でドストレートに好意を伝えるんです。
みんなの前で、というのが重要ですよ。
ブスはそんなことされた経験がないので、どこまでも舞い上がり、するするっとセックスフレンドになってくれるわけです。
カテゴリ
タグ

エッチ漫画・女性に拒否権はなく他人におまんこを見せつけさせられるパーティ

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-20-17_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-20-27_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-20-36_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-20-47_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-21-0_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-22-28_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-22-37_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-22-49_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-22-59_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-23-12_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-29-7_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-23-50_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-23-59_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-24-9_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-24-19_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-24-32_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-24-44_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-24-57_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-25-30_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_10-26-40_No-00.png
世の中には様々な性癖の方がおられます
一般の女性にはさぞ「汚らわしい行為」映ることでしょう
しかし澄ました顔のその奥に淫らな妄想を漂わせるのが女の性
実は私複数プレイにタマラなく感じてしまう人妻なのです
清水とはセックスだけの関係と割りきりいろんな場所へ出向くようになりました
水沢の愛人との交換プレイやソフトSMちなみに、そのパーティでは女性に拒否権はなくイヤなタイプの男に犯されたことも1度や2度じゃありません
それでも、呼び出される度に応じていたのは私が根っからの淫乱だったからでしょうか
カテゴリ
タグ

エロ漫画・メンズエステの泡洗体気持ち良すぎて洗ってる最中に射精しちゃう男も

SnapCrab_NoName_2022-7-2_8-25-29_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_8-25-55_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_8-26-19_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_8-26-6_No-00.png
得意技は素股とDキスね
SnapCrab_NoName_2022-7-2_8-26-30_No-00.png

SnapCrab_NoName_2022-7-2_8-26-47_No-00.png
これは立ち泡おどり
気持ちい〜これだけで出ちゃう人もいるんですよ
カテゴリ
タグ

個人撮影のハメ撮りも顔出し無しなら見られたがる女がいるものだ

SnapCrab_NoName_2022-6-30_9-21-10_No-00.png
風俗嬢を募集して、面接と称して食うってのは昔からあった手口だと思いますが、少し心が痛むんですよぅお金のために必死になってるコをダマすわけですから
どうせタダマンするなら、何て言うか、もうちよっとお互いが意気投合したような形を取りたいじゃないですか、できることなら(笑)。
そこで出てきた引っかけ文句がこれです.
(投稿パートナー募集)
一見不可解ですが、要するにハメ撮り写真を一緒に撮ろうよってことです。2人で作品を作りませんかという誘いですね。こんなメッセージにどこの女が返事をよこすのかボクも最初はほとんど期待してませんでした「ところが、ごく稀にいるんです。恥ずかしい写真を撮られることに喜びを感じる人が。そういう意味では、ハメ撮り処女のコはまず応募してきません。来るのは、過去にも同じような投稿をした経験があって病みつきになってる女ですね。たまには違う男にも撮られてみたいんでしよう。年齢は30代がメィンです。彼女ら、ひととおりのことを経験してるだけあって、注文はうるさい。野外がいいとか、2人で一緒に収まったほうがいいんじゃないかとか。とにかくエッチそのものよりも、自分がどう見られるかが大事な人たちなんですね。男にすれば、マンコと乳さえ出てりゃいいのに。もっとも、こっちはロクに扱い方も知らない一眼レフをこれ見よがしにパシャパシャやってるだけっ実際問題、露出だのビントだのはさっぱりわかりません。肌の露出に関してはウルサイですが。金銭の授受はありませんよ。採用されたら謝礼を折半しよう、ぐらいの話をしておいて「それじゃ編集部に送っておくね」でサヨナラです。
カテゴリ
タグ

風俗面接で講習中に素股事故発生のただまん本番セックス

SnapCrab_NoName_2022-6-30_9-48-42_No-00.png
フーブク店って、新人のコに店長が講習をするって聞きますよねωピンサロやヘルスならフェラチオ、ソープならマット洗いなんかを手取り足取り教えるとっ
もちろんこれはあくまでも噂であって、実際には講習なんてやってないのかもしれないし、日頭で手順を説明するだけなのかもしれない.でも大事なのは、実際がどうかってことじゃなく、みんなが「そういうものだ」って認識している点です. つまり、女のコたちも、講習の存在に疑いを持ってないわけです
となれば、誰だって考えますよね。ニセのフーゾク店を装って、講習するフリして食ってやろうとり
ヤリ終わった後に不合格ってことにしちゃえば問題ないですしっ
数年前に僕がなりきってみたのはホテトル業者です。ピンサロやヘルスだと店舗を構えてないとおかしいし、必然的にホテトルにせざるを得なかつたんですね。女性向けに募集広告を出したら、集まったのが確か4人ですか。20代限定って書いておいたのに、
40ぐらいのオバサンも来ましたね。講習にあたって大事なのは、可能な限リソレっぼさを演出することです。ヤルことが目的だとはいえ、セックス指導だけだとやっばり怪しまれちゃうんですよ。
「ホテルに入ったらまず電話を入れるように」
「お金は先にもらうように」
「危なそうな客のときの合図は…」
こういういかにもな業界の掟を教えた後で、ようやく本題に入る。オプションができたほうが給料もいいよって説得したら、即尺、アナル紙めなんかもみんな平気でやりますよ。
終わってすぐに不合格を伝えるのはさすがに気が引けるから、「お客さんが来たら連絡するよ」って追い返すのが一番でしょ‐うね。後で「どうなりました?」って聞いてきても、「君のタイプを希望す
る客はまだ来てないね」でOKです。
今だったら若いコを集めるにはデリヘル業者になりきるのがいいかもしれません。
「もし本番を希望する客がいれば、追加料金もらってヤればいいから。ちょっと講習しておこうか」
「え、それはちょっと…」
…やっぱフェラチオ講習しかできないでしょうかね。
カテゴリ
タグ