エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます



超大人気・美谷朱里・枢木あおいちゃんも
プレステージMGS動画もマジックミラー号も!
U-NEXTユーネクストR18
本ページの情報は2021年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

DMMのアダルトAV見放題はこちら
ただ今30日間無料お試し中!
DMM見放題chライト(R18)

記事一覧

女装子の集まる女装バーのお客さんはバイセクシャル、カマレズ、ジェンダーフリーだった

女装子の集まる女装バー女装子の集まる女装バー女装子の集まる女装バー女装子の集まる女装バー
現場に選んだのは、ネットで見つけた、東京・新宿「G」なる店だ。飲み放題で最初の1時間が3千円、2時間目が2千円、以降1時間ごとに千円が加算されるシステムで、女装趣味を持つ客はもちろん、興味本位の一般人でも入店可能だ。
緊張しつつ店の扉を開く。
「いらっしゃいませ〜!」店の奥のボックス席から、明らかに女装子と思しき3人が立ち上がった。
1人はヅラっぽい髪型で二の腕のたくましい一重、さらに細身で180センチ近い長身、最後は色白ポッチャリのオカメ顔だ。全員、胸元や背中が大きく開いたドレス姿で、タイトスカー卜からは筋肉質な脚が覗いている。
カウンターに、ソファのボックス席もある店内は、広さ印畳ほどか。すでに数人の客が奥のボックス席で飲んでいる。雰囲気は、バーというよりカラオケスナックだ。
「は〜い、じゃあそちらに座ってくださ〜い」
女装子3人に追い込まれるようにボックス席の一番奥に腰を下ろす。逃げ道を塞がれたようで、少し恐い。客は私の他に4人。一瞬で性別がわかったのは2人だけで、残る2人は、長髪でどことなく女性っぽい柔らかな表情をしているので判断に迷う。多分、男だけど。
「ひょっとして、ココ初めてですか?」
女装子が不自然な笑顔で話しかけてきた。
「はい、そうなん…」
「あら、お久しぶり〜」
初めての客に使うネタなのか、こちらも笑顔で返す。お久しぶり〜。
「システムはご存知ですか?」
「ホームページを見てきたので大体はわかりますけど、細かいルールがわからないので…」
「ルール?ルールは無用ですから!あっはっはっは」横に座っていた客までもが一丸となって化粧を勧めてきた。しかも、ものすごく熱心に。どうしたんだ、皆さん。
確かにこんな店に1人で来るような客なら、女装に興味を持っていると思われて当然だ。が、あいにく私は取材目的。女装する気はございません。
丁重にお断りし、目の前に座ったN美さんに間く。
「昼間もお化粧されてるんですか?」
「ワタシ?ワタシは昼は普通のカッコして会社員やってますから」
彼女、4年前からこの世界に足を踏み入れ、現在はここのママさんでありながら、昼間は男性として会社勤めの毎日らしい。
C絵さんは、一番歴史が古く、母親の下着や化粧道具を使って女装していたとか。当時から女の子に生まれればよかったと思っていたそうで、性同一性障害に近い状況と言えそうだ。
では、もう1つ質問。女装子の皆さんは、男と女ならどちらが好きなんでしょうか。
「色んな人がいますよね。俗に言うカマレズっていうのは、オカマ同士でレズるし、普通の男の人が好きだったり、女の人が好きだったり」
驚いたことに、客の中には、女装した男性が好きな女性客もいるらしい。彼女ら、男装まではしないものの、総じて短髪でボーイッシュな雰囲気の人が多いんだとか。
「あと、バイセクシャルな人も多いかな。着替えたりメイクしたりするとスイッチが入るんですよ。でも、たまにスイッチが壊れちゃうから大変なのよね。会社で男の格好なのにオネエ言葉しゃべっちゃって、気味悪がられたりして」

ニューハーフ・男の娘・女装子専門のハッテン掲示板カナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみた

カナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみたカナジョでノンケが使用済み生脱ぎパンツを売ってみた俺が仕事を失い路頭に迷うことがあれば、どうやって家族を養っていこうか…。
このご時世、新しく雇ってくれる会社などあるとは思えない。となれば「雇われ」ではなく、自力で稼ぐしかないわけで。 
そこでふと思いついたのが、生脱ぎパンティの販売だ。女装したときのオレ、通称ノリ子は、マニアの間ではなかなかの人気だ。好きだと言ってくれた男性もいる。
ならばパンティだって売れまくるに違いない。500円ほどで買ったパンティをはいて、生脱ぎで千円ほどで売れば、儲けは500円。1日20枚売れば1万円。食べていけるかも!
では、ここからノリ子調でいきますね。
ネットの世界には、下着販売専用の掲示板が存在するけれど、そこで売っているのは、本物の女性ばかり。そこにいきなり私のような汚い女装子が現れても、誰も振り向いてはくれない。
女装子には女装子の、分相応な場所がある。日本最大級の女装子専門ハッテン掲示板カナジョだ。ここにメッセージを残し、下着目的の変態男をつり上げるのだ。
『「生脱ぎパンツ、欲しい方いますか?」私の使用済みパンツ、もし欲しい方がいたら、ビデオボックスで生脱ぎでお渡しします。興味ある方がいましたらメールください』
こんなメッセージを書き込んだところ、30分もしないうちに、次々と変態男性からメールが届いた。合計6人。私の写真すら載せていないのにすごいガッツきようね。
さっそく男性たちと交渉開始だ。
『ご連絡ありがとうございます。ご相談ですが、パンツ代は出していただけますか?500円程度のものなので、それ以上いただけたらいくらでも嬉しいです(^_^)』
お金の話を持ち出したとたんに、数人の男との連絡が途絶えたけど、
『それぐらいなら大丈夫です!向かいますね!』
と、鼻息荒い返信をくれたカズヤなる男性と交渉成立。細かい金額は会ってから交渉してみましょう。 30分後、カズヤさんから到着したとのメールが届き、すぐにドアがノックされた。
「どうも、こんばんは」
「あ、お待たせしました〜」
頭をぺこぺこと下げながら、ドテっ腹の巨漢男が入ってきた。うっすらと汗臭い。かなりキツイのが来ちゃったわね。
「カズヤさん、いまビデボにいらしたんですよね?」
「はい、別の店ですけどね。中でずっとカナジョを見てたんすよ」
「女装子とは何度か会ったことがあるんですか?」
「あります、あります。もちろん」
カズヤさん、元々は女性が好きだったみたいだけど、ニューハーフに興味が出てきたのがきっかけで、女装子とも遊ぶようになったんですって。何して遊んでるんだろう。
「しゃぶったりするのは好きですけどね。そうだなー、まだお尻の経験はないんですけど、トライはしてみたいですね」 
イヤよ、しゃぶらせてあげないからね。
「下着はお好きなんですか?」「あー好きですね。なんかパンツを隠して、それを探すみたいなサイトあるじゃないですか。ああいうのも行ったことありますよ」
それってかなりの下着マニアよ。じゃ、そろそろ生脱ぎをはじめましょう。
「パンツ脱ぎますね」
「あ、ぜひぜひ」
「それで、パンツ代のことなんですけど、いくらでもいいのでお願いできます?」
「あー、もちろん、もちろん。それじゃ、なんかしてもらうっていうのはどうですか?もう少し出しますんで」
「え? 例えばどんなことですか?」
「手で触ってもらったりとか。2千円だします」 
私はいま、2千円で手コキをして欲しいというプチ援交の交渉をされてるわけね。
「そうですねえ…」
「パンツの上からでもいいんで触ってもらえたら」
「それなら、まあ」「じゃ、お願いします」
生脱ぎ&ハンドサービスで2千円。交渉が成立してしまった。その場に立って、パンツをずり下げていく。同時にカズヤさんの鼻息が「フー!フー!」
と荒くなっていくのがわかる。脱ぎ終わったパンツを手渡すと、彼はゆっくりとそのパンツを裏返し、チンコが触れていた部分を鼻に当てながら、こちらにジットリとした視線を送ってきた。
「いま、その服の下には何もつけてないんでしょ?」
「ええ、そうよ」
ニヤニヤしながら、カズヤ氏は立ち上がってズボンを脱ぎ、あぐらをかいて座った。「じゃ、ちょっと触ってみて」
恐る恐るパンツの上から指でチンコ付近を触ってみる。うわー、なんか小便臭いんですけど。
「ああ…、ああ…。ねえ、ノリ子さん、お姉さんっぽいから、足でやってもらった方が興奮するかも。あと千円払うからお願いしてもいい?」
「足で?踏めばいいんですか?」
「うん、ココを踏んで欲しい。強めでお願いします…」
足コキのリクエストだ。手で触るより足の方がいいかも。千円余分にくれるっていうし。
「いいですよ」 
カズヤ氏はすばやくTシャツとパンツを脱ぎ捨て、床に寝そべった。パンツ脱ぐのか!  
目の前に横たわる生チンポ。うわ〜!しかも包茎チンポだ!小便くさい理由はコレか!汚ねえ!!
ドン引きして固まってしまった私の足を手で掴み、自分の股間に運ぶカズヤさん。もういいや、やってやれ。 
チンコに乗せた足に体重をかけていく。
「ああ〜フー(鼻息)ああ〜フー。もっと思い切り踏んでください。グリグリやっていいんで」 
目を閉じて喘ぎ声をあげる豚のような男の包茎チンポをぐいぐい踏みつけるノリ子。脚が疲れてきたわ。
「ああ、もう出そう。出る出る!」
3分も経ってないのにイクみたいだ。すばやく足を離すとほぼ同時に、間一髪で精液が流れ出て、彼の腹の上に垂れた。
「ああ…、気持ち…よかった…です」 
満足してくれたようで良かったわ。服を着たカズヤ氏は、「じゃコレ」と約束のお金、合計3千円をくれた。ホント、プチ援交もラクじゃないわね。翌日の夕方、再びカナジョの掲示板に、生脱ぎのメッセージを載せた。
『ノリ子さん、もう決まってしまいましたか?パンツ欲しいです。ハルオ』
『まだですよ。よかったら来てみてください』今回もメールをくれた数人の男の中から、パンツ代なら払いますと言ってくれたハルオさんを選び、アポイントを取った。
30分後、彼が到着。
「どうぞー」 
現れたのは、北村弁護士に似た、メガネの中年サラリーマンだった。
「こんばんはー、今日は暑いですね」
仕事帰りにカナジョを見て、連絡をくれたというハルオさん。1年ほど前、池袋の有名女装子ハッテンビデボに行ったのがきっかけで、女装子にハマったんですって。
「生脱ぎだなんて珍しいよね。ノリ子さんは、下着を脱いでるところを男に見られたいの?それで興奮する男が見たいってこと?」
「まあ、それもありますし、自分の下着にお金を払ってくれる人がいるのかな、いたらいいなーみたいな」
「あーなるほどね。じゃ売るのが目的なんだ」
「まあ、そうなりますね」
「そうか…。まあ、いいよ、パンツ代は払うし。でもさ、もうちょっとできないかな」来たぞ来たぞー。結局このオッサンも下着が欲しくて来たのではなく、女装子と絡みたくて連絡してきたのね。
「もうちょっと、というのは?」
「触りあうぐらいは大丈夫でしょ?」
「そうですねー。お小遣いはいただけるんですか?」
「うん、まあ少しぐらいは出せるよ」
「なら、いいですよ」
またしても、プチ援交の交渉が成立してしまった。「じゃ、そろそろ脱ぎますね」
「うん。ゆっくり脱いでよ。ゆっくりね」
「はい」 
ということで、ワンピースをたくし上げ、新調したピンクのパンティに手をかけて、なるべくゆっくりと脱いでいく。手渡したパンツをじっと眺め、自分の鼻に持って行くハルオさん。
「ちょっと座ってみてくれる?」
「はい」 
すると彼は、手に取ったパンツを私のチンコに巻き付けて、ガシガシこすりはじめた。痛ててて。何すんのよ!
「あの、ちょっと、痛いです」
「ああ、ごめんごめん。じゃ俺のもそのパンツでこすってよ。お金払うから」
「わかりました」
またもやお金ほしさに、手コキを了承してしまうノリ子。オッサンのチンコに脱いだパンツを巻き付けて手コキをはじめる。 うわ〜速攻で勃起してきた〜。
「ああ、ノリ子ちゃん、エロいよ、エロい。ああ、ああ」
しばらくスコスコするうちに、ハルオが身体を硬直させはじめた。これは危ないかも。間一髪、飛び出た精子をパンツで防ぎつつ、どうにか手コキフィニッシュだ。
「じゃ、これね。ありがとう」パンツとプチ援交代(結局2千円だった)を差し出し、ハルオはそそくさと着替えて部屋を出ていった。
再びカナジョで募集をかけてみたが、送られて来るのは生脱ぎよりもノリ子と絡みたいというメールがほとんどで、純粋にパンツを買いたいという男がなかなか現れない。ようやく1人、パンツに食らいついてくれたのがこのメールだ。
『こんばんは。カナジョの投稿見てメールしました。下着売って欲しいです。わたしは都内で会社員してる32才のヤスと言います。よろしくお願いします』
『ヤスさん、ご連絡ありがとうございます。まだいるのでよかったらいらしてください』
『生脱ぎしてもらったら、その場でオナニーしちゃうかも…』
気持ち悪い返事が返ってきた。お金を稼ぐにはこういうメールにも優しく反応してあげないと。
『わたしのパンツでオナニーするとこ見たいです。想像するだけで興奮しちゃう…』
『ちなみに、下着はおいくらぐらいなんですか?』
『下着は数百円です。それ以上ならおいくらでも結構ですよ』
『わかりました。ちなみに、会ってパンツを脱いだら終わり?』 
うーん、やっぱり彼もパンツが欲しいんじゃなくて、女装子と絡むのが目的なのかも。
『そうですねー。軽くなら大丈夫かも』
『そうなんですね。わかりました。せっかくですが、今日はやめておきます』  なんだよ。軽くならいいって言ってるのに。
『何かしたいことでもあるんですか?』『脱ぐ際にちょっとした触り合いですかね。でも大丈夫です。元々下着販売が目的ですもんね。勝手に期待を膨らませたわたしが悪いんです』
販売目的とわかってへそを曲げたのね。まったく面倒くさい男だわ。お小遣いは欲しいけど、なるべくオッサンとは絡みたくないプチ援交女たちの気持ちが、今はよーくわかる。 
仕方ない、もう少し譲歩してあげようかしら。
『少しぐらいなら大丈夫ですよ。どんなことがしたいか教えてもらえます?』
『そうですね。僕がもらったパンツを穿いてオナってるところを見て欲しいな。あと乳首も触って欲しい』 
どうやらとんでもない変態を掘り起こしてしまったみたいね。
『それぐらいなら平気ですよ。乳首触らせてください』
『本当に?じゃ行きます!』
ということで、ようやく交渉成立だ。20分後、携帯に到着したとの連絡が入り、しばらくしてドアがノックされた。
「ああ、どうも。ハハ」
「どうも、こんばんは」 
現れたのは、若手アナウンサー風の爽やかサラリーマンだった。こんなに普通の風貌なのに、いつからなのか覚えていないほど昔から、女装子のことが好きなんだって。
「そろそろ脱ぎましょうか?」
「そうですね。僕が穿いてもいいんですよね?」
「あ、はい。いいですよ。お小遣いもいただけますよね?」
「あ、終わったらちゃんと払いますよ」
いいでしょう。ヤスさんはその場でズボンを脱いで再び正座。わたしも立ち上がってパンツをゆっくり脱いで、彼に手渡した。
「じゃ。ハハ」
と笑いながら、ノリ子が脱いだパンツを穿くヤスさん。そのまま自分でチンコをシゴきながらこちらに近づいてきた。なんだなんだ。
「乳首、触って…」 
そうだった。シャツの上から乳首を指先でコリコリ…。
「んあ〜! んん…ああ〜!」
思いのほか大きな喘ぎ声をあげるヤスさん。そんなに?
「乳首、気持ちいいんですね」
「はい。僕、乳首だけでもイケるんですよね…」
すごいわね、ヤスさん。ならば両方の乳首をコリコリしてあげよう。ほれ、コリコリ〜。
「んあ〜、ああ…」 
本当に気持ちいいらしく、身体をブルブルと震わせて感じまくっている。いや〜かなり気持ち悪いです。さらにコリコリ〜。
「んんああ!ああ〜!」
しばらくして、ヤスさんは本当に乳首だけでイッてしまった。精子も出していないのに。
「あは〜、ホント気持ち良かったです」
満足そうな顔でズボンを穿き、帰ろうとするヤスさん。あれ?まだお小遣い頂いてないんですけど?
「あの、パンツ代は…」
「あ、そうだった。じゃコレ」 
結局、パンツと乳首コリコリ代を合わせてもらった金額はわずか千円だった。 
3人の変態男にパンツを売って、プチ援交までして稼いだお金は、合計で6千円。パンツ代とビデオボックス代を引くと、雀の涙ほどの儲けにしかならない。 
やっぱりコレだけで食べていくのは難しいかもしれないわね。

男のアナルオナニーの仕方・初心者向けエネマグラでドライオーガズム体験

男のアナルオナニーの仕方男のアナルオナニーの仕方男のアナルオナニーの仕方0980.jpg男のアナルオナニーの仕方男のアナルオナニーの仕方男のアナルオナニーの仕方
前立腺を刺激し射精ナシで絶頂に至るドライオーガズム
その究極の快感を誘発する専用器具がエネマグラだそんな方々に
オススメなのが初心者向けのエネマグラEX2だ
従来のものより表面がツルツルしていてサイズも小さいためそのぶんヘッドが動きやすく
ドライスポットが容易に探すことができる
クリを舐めるんならわしらのケツの穴だってペロペロできるはずだ
出る出る、まだ出る!リングひとつで倍以上のドクドク
ドライオーガズムでやりっぱなし体育会系女子大生の耐久セックスマラソン
のんびり生きてる我々には縁遠い話ですが、夏休みは体育会系大学生が合宿をするシーズンです。普段は閑散とした場所をムチムチ部員が闊歩する様はタマらんものがありまっせ。カフェなんかに行くと、自分のツレはしょぼいのに、隣の席にはエロくさい女が座ってることって多くないですかね。
隣の芝生は青いというか、隣のパンツは白いというか。ま、見えてるならそれで十分なんですけど。
ケツを突き出すことの多い仕事ナンバーワンといえばバスガイドです。だからパンティラインがくっきり見えてしまいます。旅行の際は彼女らの背後をマークしましょう。
飽くことを知らぬ人間の性欲は、さらに一段上の快楽を求めて、今まで様々な形態のセックスを生み出してきた。野外プレイや乱交、SMにアナルファック。これにフェティッシュな悦びまで含めれば、その数は天文学的なものになろう。が、そんな状況の中「我がセックスこそ最高」と断言してはばからぬ人物がいる。あるツテから紹介された、その男、古川義利氏(仮名29才)は、某大学病院に籍を置くかたわら、月2回のペースで男女数人を集め、なんと48時間もぶっ通しでセックスし続けるサークルを主催しているという。その名もずばりセックスマラソンだ。ヤリ続けるからセックスマラソン)なんとも人を食ったサークル名だが氏はあくまでマジメな表情でいい張る。
「一度コイツの気持ちよさを味わつたら、普通の方法がバカらしくなって、風俗にも行かなくなる。ドラッグだって目じゃない」
大の男をそこまで惑わせるほとの快楽とは…。さっそく我か身を使い、実態を調査することにした。
9月某日、神奈川県某所。細面にメガネのガリ勉タイプの男、古川氏に招かれた自宅は、意外にもごく平凡な作りの1LDKだった。調度品にも、これといった特徴はない。
「みんな驚くんですよ。でも、セックスマラソンに環境は関係ありませんから」
使われる場所は、自宅やレンタルルームなど様々で、2日間ジャマさえ入らなければどこでもOK。間接照明やドラッグなどの特殊な設定は用いず、近くのコンビニでペットボトルの水さえ買い込めば準備は万端らしい。
夜の9時ごろ、氏の案内で中央に大きなベッドだけが置かれた簡素な寝室へ入った。中では雑談に興じる男女が5人。平均年齢は35才程度か、至ってマジメそうな中年の集団だ。
「初参加の安藤さんです。サボートは佐田さんにお願いします」古川氏の紹介に、ミディアムヘアで小太りの中年女性が立ち上がった。市原悦子似のオバチャンである
「じゃ、始めましようー」氏のかけ声を合図に、いきなり皆が全裸になった。そして、思いの姿勢でベッドへ。
「はい。安藤さんは、こっちで四つん這いになって」悦子似が、床に敷かれたバスタオルを笑顔で指している。な、何をさせられるんだ
「初参加の人には、最初に必ず前立腺マッサージを味わってもらうことになってるの」「ヘ」
戸惑う私をよそに、悦子似は間答無用でアナルに大量のゼリーを塗り付け、周囲の筋肉を丹念に操みほぐし始めた。前立腺マッサージって、風俗の定番オプションだろ。今までの経験から言えば、あんなもん大して気持ち良く「あふっー」
思わず声が漏れた。抜けた中指が、的確に急所を摘み上げている。コリコリコリコリう、上手い
数秒後、触られてもいないチンコが自然に起き上がり、タマ袋の奥が妙にむず摩くなった。したくなってきたぞ。ヤバい、漏れる。「あ、もう少しみたいね」何を合点したのか悦子似。ここで、中指が擦るような刺激へ変わった硬さを増した陰茎がヘソに届かんばかりに反り返る。(ああ、ヌキてーー)心の底から叫ぶも、彼女が触れるのはあくまで前立腺のみ
くう、生き地獄じや
ほどなく、私のアナルは生き物のごとくピクビクと動き始め、膝まで盛大に震え出したと思うと、金玉の付け根から全身に向けて、小さな爆発か起きたのだった。い、イク
「どうよかったでしょ」しばしの放心状態からさめると、上から悦子似が微笑みかけてきた。いまだ絶頂感に包まれ、声も出せない。「前立腺を正確に押さえれば、誰でもこの程度の快楽は味わえるのよ。ほとんとの風俗店は、アナル周辺の神経をなぶるだけだから、ダメなワケ」うーむ、そんなもんか。でも、これがセックスマラソンと、どんな関係があるんだ
「自分の股間を見てみなさい」目線を下へ向けて驚いた。精液が出とらんやないかーしかも、サオは一向に萎える様子が無く、すぐさま2回戦にでも移れそうな勢い。これは……
「医学用語でドライオーガズムと呼ばれる現象です」背後から古川氏の声。
「ドライオーガズム」
「つまり、射精抜きのオーガズムです」「はあ…」氏によれば、そもそも人間の脳味噌とは、気持ちよさを感じる部位とチンコを取り扱う部位が異なっており、射精とオーガズムは切り離せるものらしい。というか、分けてしまったほうが、純粋な快楽が味わえるとい」つふむ簡単に言うなら、チンコを置いて、絶頂感だけがー人歩きした状態ってところか。よくわかりんが、自ら経験した以上、信じざるを得まい
「アレを見てください」古川氏が、室内中央のベッドで絡み合う、メンバー4人の痴態を指差す明確なパートナーを定めるでもなく思うままに腰を使う様は普通の乱交プレイと変わらないようだが…。いゃ約15分ごとに大きな端ぎ声を挙げ、全身を小刻みに震わせてるぞ。これがもしや…
「そう。ドライオーガズムを使って、セックスしてるんですよ」
なんたること、彼らは全員が射精を思いのままに止めるテクニックとやらを身に付けているらしい。そんな一云当が可能ならば、体力の続く限り無制限でセックスが可能だ。にしても、超人かコイツら「いえいえ。ちょっとした練習を積めば誰にでもできますよ」「どうやって」
「それは、前立腺マッサージの感覚を、身体に叩き込んでから伝授しますよ。佐田さん」
古川氏に呼ばれ、ベッドでよがっていた悦子似が、再び私の方へ歩み寄ってくる。「はい。四つんばいになってね」かくして、ー日目の夜は更けていった。
その後、悦子似以外のメンバーにまで、入れ替わり前立腺をいじられま<ること5時間突然、身体の感覚に異変が起きた。まずは、全身か温水プールに浸かっているような浮遊感。続いて耳の奥で「キーン」という怪音が鳴り響き、空気の動きが肌で感じ取れる。絶え間なく訪れる快楽の波。トリップ状態に入ったらしい
「そろそろ、いいんじゃない?」
古川氏の言葉で、ようやくアナル責めが終了
尻を抜ける空気が、屈のような音を立てる。
「お待ちどうさま。じゃあ、チンコの刺激に移りましょう亡仰向けになってください」
次なる攻撃は、手にバウダーをまぶした悦子似による、乳首のなでまわし作戦だった。またしても情けない声を立てる私。執勘な前立腺の開発により、どうやら全身の皮膚が亀頭並みの性感を持ったようだ。彼女の手がギンギンのチンコへ達すると、金玉の付け根で炭酸が弾けるような音が発生、小刻みな快感が続けざまに襲ってきた。頭がまっ白になって何も考えられないが、なぜか悦子似の乳房を手の平ですくい上けている。
「アへへへへへへへへへ」
彼女の口から、マシンガンよろしく端ぎの連打が発せられた。身体感覚の異変は、室内の人間全員に起きていたようだ。
「アッ、出る、出る」
ふいに尿道の奥からせり上がる精液のビッグウェーブ・ああっ、もうダメーと、思った瞬間、悦子似の右手がタマ袋を包み、亀頭の方向へ思いきり引っ張った。アタタタター彼女が私の尿道を激しく叩き、さらには真上にある筋肉を圧迫してくるもはや、射精管の交通まで絶たれたようだ。後で聞いた話では、実はこれら一連の行為、すべて精液を意識的にコントロールするための練習なんだとか
精液を出す筋肉を引き締め尿道をムリヤリ閉じる、タマ袋の付け根を刺激するのもテクニックの1つだ。悶えまくる悦子似。マッサージの快楽は、この太い指から生まれる。マラソンにおいて最も重要なテクニックらしい。とはいえ、このときの私には、単なる焦らしプレィでしかない頼むからイカせてくれよー
それから3時間。ついに決定的な瞬間が訪れた。気がつけば、ベッド上のメンバーたちも腰を振りながら悦惚の表情を浮かべている。無理もない。ここに至るまで、1時間も休んでいない上、相手や体位を変えつつも性器だけは常に繋げっばなしだったのだ。さらに17時間が過ぎ、古川氏が立ち上がった。「ラストスパートです」
全員の動きが一段と激しさを増すもはや、室内には肌色の塊しか見えず、誰と絡み合ってるのかも定かではない。そして、私は、もはや言語の体をなさない叫び声を挙げ、チンコから噴水のごとき精液を放出した。
セックスマラソン
それは、人体の神秘をいかんなく発揮させるべく編み出された、究極の性戯だった。ドラッグも使わず、ここまでぶっ飛べるセックスは他にない。これを読みサークルへの参加を望む方も多そうだが、現在、残念ながら新規加入は受け付けていない。「前立腺オナニーと射精のコントロールは独学でも学べる技。ぜひがんばって欲しいと、古川氏のコメントである。

【エロ漫画】寝取らせ願望のある変態カップルが不貞乱交で僕の筆おろし童貞を奪ってくれた

筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画筆おろし童貞エロ漫画
続いて
女にモテない男でも障害者の女性になら相手にしてもらえるかも。
という話
偏見にまみれたそのアイディアは、恋愛経験ゼロの俺にヒントを与えてくれた。
 過去20回以上もお見合いパーティに参加しながら、一度もカップルになれたことがない俺。もちろん素人童貞。しかしその特殊なパーティに参加したおかげで、ついに素人童貞を捨てられそうな相手を見つけてしまった。
 パーティ当日、会場には車椅子に乗った男女を中心に、数十名の障害者が集まっていた。予想以上の盛況ぶりだ。最初の回転寿司タイムで色々な障害者と対面した。聾唖、盲目、半身麻痺、片足が義足、中には躁鬱病などの精神疾患を患った人や、俺と同じ健常者(理解者として参加している)の女性も数人混じっていた。最初は恋愛対象としては考えにくかったのだが、実際に会話してみると、皆さん物腰の柔らかい優しい女性ばかりで、障害を一緒に乗り越えてお付き合いしたいと思える人も少なくなかった。対面した女性たち全員に、片っ端から自分のメアドを書いた紙を渡していき、トークタイムが終了。結局、第6希望まで名前を書いた女性たちとは誰ともカップルになれず、パーティは終わった。が、その日の夜、連絡先を渡した一人の女性からメールが届いた。
『25番の宮下(仮名)です(^^)今日は、お疲れさまでした〜!メール迷ったけど…せっかくメアド教えてもらったから、メールしてみました(^^)』
宮下さん。彼女はヘルパーの女性と一緒に会場に来ていた、重度の脳性麻痺患者さんだ。顔と手足に強い麻痺があり、言語障害のせいでヘルパーさんを介さないと会話できなかったほどだったのでよく覚えている。彼女の話し方は、例えば「ありがとう」なら「アッ…イアッ…オッ」、「今度会いましょう」なら「オッ…ンオッ! ンゴッ(息を吸う音)アッ!…イウァッ!…オー」というレベル。しかも強い麻痺のせいで、顔もかなり歪んでいて、お世辞にも美人とは言えない。が、せっかく連絡をくれたのだし、返信ぐらいしよう。
『宮下さん、メールありがとうございます。ヘルパーさんと一緒に参加してた方ですよね?今日はありがとうございました』
『返信ありがとうございます。ハイ!ヘルパーさんと一緒だった、脳性麻痺の宮下です(^^) 大正解〜!!覚えててもらって嬉しいです(^^)』
やけにテンションの高いメールだ。
『覚えてますよ。僕は正直言葉がわからなかったけど、隣りにいたヘルパーさんはわかってましたよね。僕も慣れれば聞き取れるようになれるかもしれませんね』
『人と会ったりするとき、自分の中では言語障害が一番ネックになってる気がするけど
…、そう言ってもらえて、嬉しいです(^^)』何回かメールのやり取りを経て、彼女が『もう一度お話してみたいデス(^^)』と言ってくれた。女性にそんなセリフを言われたことは正直嬉しい。しかし問題がある。彼女は1人では移動できないので、実家に遊びに来て欲しいとのことなのだが、一緒に暮らしている母親が病気のせいで抵抗力が弱ってるらしく、服を消毒してからじゃないと入室できないらしい。大丈夫だろうか?
約束当日、メールで教えてくれた住所を頼りに、彼女のマンションを訪れた。
「どうも初めまして。山神と申します。お邪魔します」
「いらっしゃい。じゃ、そこで靴下履き替えてくださいね」
出迎えてくれたのは、初老の母親と、エプロンとマスクをつけた介護ヘルパーさんだった。言われるまま靴下を履き替え、服を消毒してから室内へ進むと、リビングの床に両手を縮めた状態で宮下さんが座っていた。
「どうも宮下さん、お久しぶり」
「アッ、アウウ…」
唸るような声で返事をくれたが、やはり何と言ってるのかわからない。
母「今日はよく来てくれましたね」
俺「いえ、お招きありがとうございます」
宮下さん「ミイッ! ア…ワア…イアッ…タ!?」
俺「…え〜と…」
母「ここまでの道はわかりました?」
俺「ああ、大丈夫でした」
お母さんに通訳してもらいながら会話は進んでいった。彼女の日々の暮らしや子供のころの話などを聞き終え、奥にある宮下さんの部屋に移動することに。両脚をズルズル引きずりながら移動する彼女の後を追う。大きなベッドとパソコンが置かれたテーブル、クローゼットがあるだけのシンプルな部屋だ。パソコンのキーボードを使って会話を再開した。しばらく好きな音楽や映画の話で盛り上がり、過去の恋愛話になった。と彼女、お見合いパーティには過去5回も参加したことがあるらしく、男性とデートしたこともあるらしい。
「男性とそういう関係になったこともあるの?」
「ア…ウ!(ある)」
「そうなんだ。でもどうやって? ホテルとか行けるの?」
と、彼女がパソコンのキーボードを叩いた。画面に現れたのは、バリアフリーラブホテル一覧というページだ。
「コ…コ…デッ…」
これって、俺も彼女とエロいことができるということか。…そもそも俺は彼女とエロいことがしたいのか?実はさっきから腕が触れ合っている。彼女がこちらを見ている。息が荒い。顔面の麻痺のせいでハッキリわからないけど、興奮してるみたいだ。
その様子を見てるうちに俺も興奮してきた。彼女を抱き寄せ、胸を触ってみる。嫌が
る素振りはない。思い切ってキスをすると、白目を剥きながら俺の口にむしゃぶりつい
てきた。そのまま股間に手を伸ばす
と、「アア…」と小さく喘ぎ声が漏れる。ズボンの中に指を入れると股間はヌレヌレだ。クリトリスもしっかりと大きくなっている。トビラ一枚を隔てて病気の母親とヘルパーさんがいるのだ。服は脱がせられない。せっかくだけどここまでで我慢しておくか。手マンを終えて一息つくと、彼女がキーボードで文字を打った。
「こんど、外でデートしよう」
その日はそこで解散し、来月、また遊びに来ますと母親に伝えて、帰路に付いた。どうやら俺の素人童貞は彼女に捧げることになりそうだ。

乳首を舐めさせる時は感じるフリをして恥ずかしがり屋の殻を破らせる

86_20210302090009252.jpg
明るい淫乱よりも、恥ずかしがり屋で清楚な女の子の方が好きだけど、そういう子とエッチしてると、今度は物足りなさを感じてきます。もっと声出して欲しいのにとか、エロくフェラして欲しいのに、みたいな。エッチのときぐらい、もっと自分を開放して乱れて欲しいのに。
そういう女の子たちのエロの殻を破らせる、ちょっとしたテクがあります。「乳首を舐めてもらってめっちゃ喘ぐ大作戦」です。「乳首感じるから舐めて」とお願いして、いざペロペロが始まったら、「んおああっ!ヤバい、めっちゃ感じる、ああっ、あああ!」
身体を捩らせて渾身の演技をカマします。やっぱりここまで感じると女もうれしくなって調子に乗ってくるんです。ペロペロ舐めがベロンベロン舐めになって、空いた方の手でもう片方の乳首を攻めてみたり。ここまでくれば手コキやフェラに誘導させても、いつもよりノリ良く、激しめな攻め方になっていきます。ちなみにこれ、フェラで喘いでも効果はありません。フェラ自体がはしたないと考え
るのか、調子に乗ってくれないんです。

ここまで来たNTR素人のリアルな個人撮影動画

  • 投稿 2021/03/02
  • AV
89_2021030208500099a.jpg
NTRという三文字を誰もが「寝取られ」とスラスラ呼べるまでに、この性癖は一般に浸透した。シロート投稿動画の世界でもこのジャンルの勢いはすさまじい。例えばFC2コンテンツマーケットのおすすめ販売者は「えぽす。」「kerberos」の両氏。この人たちの作品はとにかくリアルで、本物の寝取りだと信じていいと思う。
「えぽす。」氏は金貸しで、返済できなくなった人妻を、本人の家でハメるパターンが最高で、部屋の生活臭もリアルそのもの。「kerberos」(複数人)は、旦那と買い物中の奥さんを呼び出し、車の中でプレイしたりするアイデアマンだ。
カテゴリ

ユルマンで射精したけりゃソファを上手に使っておまんこに深く突っ込む

75_202103010839211f0.jpg
ユルマンに遭遇したとき、みなさんはどうしてますか。
あれこれ体位を変えてもユルイもんはユルイわけで、となると結局はより深く挿入することで射精感を得るしかなくなるはずです。
最終的に多くの人は、正常位から女の脚をがばっと開いて、女のヒザをおっぱいのあたりにぐいーーっと押しつけ、チンチンを奥深くぶち込むことでしょう。それしかないですもんね。
でももっと深く突っ込む方法があるんです。ソファに座らせて同じ体勢をとらせてください。背もたれのおかげで女の体がホールドされることになり、奥までガシガシ突っ込めますから。ベッドだとどうしても力が逃げちゃうんですよね。

コスパ良く激安で生々しくてエロい下半身リアルラブドール

86_20210301095434585.jpg
競争の激しいオナホール業界の中で、最近、私が特に注目しているのが、下半身リアルラブドールだ。 
全身タイプのドールは、重くて取り回しが難しく、何より数十万という価格が現実的ドールを選ぶといいだろう。じゃない。そこで生まれたのが、下半身だけのリアルラブドールだ。すでに複数のメーカーから様々な下半身ドールが発売されていて、どれも3万円前後の中国製品が中心。サイズ展開も豊富で、オナニー好きな男たちの間で密かなブームを巻き起こしているのだ。 現物を見ればわかると思うが、想像以上に生々しくてエロい。バック派には本当にオススメしたいと思う。 
女性用の服を着せないとリアリティが出ないので、サイズを合わせやすい100センチ前後の大きめ