エロ漫画無料アダルト裏モノJAPAN

エッチ漫画・エロマンガ・出会い・モテ攻略・SEXテクニック・セフレの作り方・援助交際・愛人・パパ活情報・ハッテン場・ゲイ・同性愛の宴・素人エロ画像・風俗情報まで楽しく読めます

ジュエルライブ



記事一覧

韓国人女子が好きすぎてつきあいたい

SnapCrab_NoName_2021-10-7_9-37-39_No-00.jpg

これまでミクシィを使って色んな女性と出会ってきたが、現在、もっとも成功率が高いお相手は、ズバリ韓国人女子だと思っている。メールの食いつきも出会える確率も、日本人やほかの外国人(台湾人や白人)にアプローチするより格段に高いのだ。

自分が演じるキャラは、韓国文化に興味のある男。

まず下準備として、プロフィール欄に「韓国映画が好き」「韓国語を学びたい」などとストレートにアピールしておく。

続いてプロフィール検索だが、出身地を韓国、現住所を自分の住む地域に設定。システム上、検索キーワード欄に文字を入れなくはいけないが、ひらがなの「し」や「す」を一文字だけ入力しておけばいい(「です」「ます」「でした」などに引っかかるため)。

多くの韓国人女子がリストアップされれば、送るべきファーストメールはこれ。

〈最近ようやく韓国語のテキストを購入してハングル文字から勉強を始めることにしました。●●さんとお話してみたいです。よかったら韓国語を教えてください〉

メール交換のなかで、

「過去に韓国人女性と付き合ったことがある」といっておくと、信頼感が一気に跳ね上がる傾向にあるので覚えておきたい。

元カノは日本語の上手な子だったことにすれば、韓国語を知らずとも不自然ではない。

カテゴリ
タグ

本物の風俗業界未経験の新人の女の子の見分け方

SnapCrab_NoName_2021-10-7_9-36-55_No-00.jpg
風俗業界においては、ホームページやパネルに新人マークの付いた嬢でもまっさら業界未経験の子は非常に少ない。だいたいが他の店で経験を積んだエセ新人嬢だ。
手垢にまみれていないリアル新人嬢はどう選別すべきか。そのためには嬢の出勤状況を見て細かく絞っていく必要がある。まず、新人マークがついていても週に4日以上出ていたり、平日の昼に出てるような子は排除。この手の言わば“即戦力”は業界未経験のはずがないからだ。
それ以外の新人マーク嬢のうち、金曜、土曜の夜のみ(できれば1週間の出勤がこの日だけ)の子は、業界未経験の確率が非常に高い。
週末の夜は客入りが一番多い日だ。店としては新人が入ったらひとまずここにシフトを入れて、客をバンバンつけることで慣れさせていくのが王道。女の子に大金を稼ぐことができると実感させて出勤日を増やす狙いだろう。これに注意して女の子のプロフィールを見ていくと、まず間違いなくド新人と遊べる。ただ、何しろその数は少ないので、小まめにチェックすることが必要だ。
カテゴリ
タグ

縦漫画・着飾った熟女が次から次へと声をかけてくる逆ナンディスコ

SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-27-28_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-27-39_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-27-55_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-28-2_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-28-17_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-28-45_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-6-29_10-28-56_No-00.jpg

着飾った熟女が次から次へと声をかけてくる逆ナンディスコ
若者に人気のクラブだが、毎週火曜と木曜に開催されるディスコナイトだけは、いつもと様子が変わる。若かりしあの日よ再びってな感じで、着飾った熟女たち(と中年オヤジたちが)がドっと押し寄
せてくるのだ。そんなところへ30の若造である俺がわざわざ出向<のは、ただそこにいるだけで次から次へとオネーサマ方に逆ナンされるからに他ならない。
彼女たちの世代にとって、ディスコとは出会いの場。どーせなら若い男と遊ぶ方がいいわあってことなんだろう。
普段は若さだけが取り柄のさえない僕ですが
ある場所に行きさえすれば、モテ男に変身することができます
熟女がわんさかおりまして
カテゴリ
タグ

縦漫画・手マンはスピードを速めずにゆっくりとゆっくりとが正解

SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-30-31_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-30-43_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-30-54_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-31-12_No-00.jpg
女がイキそうになるとつい攻撃の手を強めてしまうのが男のサガですが

SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-31-24_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-31-31_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-31-48_No-00.jpg
スピードアップ前の力加減が良かったからこそ
絶頂感がやってきたのだから…

SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-32-0_No-00.jpg
攻撃を強めるのはむしろ逆効果
これまで通りのスピードで攻めるのが正解なのです

SnapCrab_NoName_2021-12-1_8-32-8_No-00.jpg
カテゴリ
タグ

縦漫画・濡れティッシュをベロの下に挟んでフェラすると唾液じゅぼじゅぼでフェラ上手に

SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-6-36_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-6-45_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-6-57_No-00.jpg
イマイチなんだよね
もっと唾液絡ませられない?

SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-7-7_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-7-17_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-7-26_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-7-37_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-7-45_No-00.jpg
この濡れティッシュベロの下に挟んでみて

SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-7-59_No-00.jpg


SnapCrab_NoName_2021-11-30_9-8-7_No-00.jpg
カテゴリ
タグ

プロフィールをイケメンの偽写真にして出会い系サイトで女と会えば怒るのか

SnapCrab_NoName_2021-8-1_9-54-10_No-00.jpg
自分とは似ても似つかないイケメン写真を使えば出会い系サイトで女と会えるんじゃないか。
そう考えて実行にうつしたことがある。
たしかに募集をかけたらメールはたくさん届くし、アポが成立して待ち合わせ場所に出向いたりもした。
だが、やはりというか、写真とまったく違う顔のオッサンがやってきたとき、女の態度はあからさまに変わった。
「騙しかよ」「死ねオッサン」などなど、いったい何度罵倒されたことか。
会う約束までは簡単にいけるのに、いざ会ってからの上手い持っていきかたがどうにも見つからない。そこで考えた。イケメン写メを使ってメールのやりとりをして、待ち合わせ場所にオッサンが行っても通用するシチュエーションを。たどりついたのは、風俗のスカウトを装う作戦だ。

プロフィール写真をネットで拾ったイケメンホスト風にしておき、女に『スカウトやってるんだけどよかったらどう?』とメール。そこでやりとりを続けて、じゃあ面接当日は店長が行くからヨロシクってな具合の流れはどうだろうか。その後は面接を挟んで講習ってなかんじで。いけそうな気がする。やってみっか。

『軽いフーゾク系のスカウトやってます。もし興味あったらメールください♪』
さすがにピュアな子には無視されるだろうから、ワリキリ系の募集をしている子ばかりに爆撃メールを送る。10人ほどに送ったところでさっそく返事がきた。
︿仕事ってどんな感じなんですか〜?﹀
20才のフリーター、愛菜だ。顔写真は載ってないけどその若さだけでオジサンにとっては勃起ものである。
︿突然ごめんね〜。そういう仕事に興味ある子探してて、なんか気になったからメールしちゃったんだ。愛菜ちゃんはデリとかそういうのやったことある?﹀
︿ん〜ワリキリはあるけど〜。けっこう大変なんですかね〜?﹀
︿そっか! まあ細かいところは店長じゃないとわかんないんだけどね。でも若いうちだから稼いでおいたほうがいいよ。彼氏とかはいるの?﹀
こんな感じで仕事の話はそっちのけでプライベートの会話を続けた。彼氏はいるけど暴力がすごくて大変らしい。それでその彼が浪費家でこれまた苦労してるそうな。へえ。と、彼女がこちらの容姿に
言及してきた。
︿高田さん(オレのスカウト名)すごいイケメンですよね(笑)マジびびった!﹀
 効いてる効いてる。やっぱイケメンってすごいなぁ。直メールに移行して数日やりとりしたが、彼女は風俗に抵抗があるようで、面接に行ってきなよと誘ってもなかなかイイ返事はこない。どうするか。ここは情に訴えるのがいいかもしれない。

︿面接、行ってみない? なんか俺ノルマ厳しくてさぁ。女の子紹介しないと契約切られちゃうんだよね…﹀
︿そうなんだ…どうしよ…﹀
︿もちろん愛菜がイヤならしょうがないんだけどさ、面接のあとは軽い講習みたいなのもあるし。でも協力してくれたら本当に助かるんだ﹀
︿うーん。そっか〜﹀
 なんか心が動いてる気がする。もう一押しだ。
︿オレのためにお願い、って言ったら迷惑かな? 愛菜とはこれからも仲良くしていきたいし﹀
 さらにもう一つ。
︿そうだ、土曜空いてる? 夜飲みに行こうよ﹀
︿行きたーい!﹀
︿たとえばなんだけど、お昼に面接してきてそのあと会うのはどう? オレ予定があってそっちは行けないから、店長と会ってきてくれない?﹀
 数分ののちに待ち焦がれた言葉が返ってきた。
︿そうだねー 了解です☆﹀

当日お昼。やってきたのは乳だけがやたらと目立つ馬面のオンナだった。美味しそうなカラダではある。
「タカダ君の紹介の愛菜ちゃん? 今日はヨロシクね」
「…よろしくお願いします」
 そのまま喫茶店に入り、嘘面接のスタートだ。
「仕事の内容はなんとなくわかる?」
「はい、いちおう」
「給料は、60分のお客さんが一人ついたら2万円ね。ウチは他と比べてバックが高いからいいと思うよ」
「へえ、いいですね」
ぜひとも講習に進んでもらうために適当な御託を並べまくる。そうだ、ちゃんとイケメンスカウトが実在することも匂わせておいたほうがいいな。
「タカダ君、キミが面接に来てくれるって決まってすごい喜んでたよ」
「んふふ」
「そういえば今夜会うらしいじゃん。彼、すごいテンション高かったなぁ」
「そうなんですかー、アハハ」
 馬面ちゃんの顔が少し赤くなった。いいぞいいぞ。
「じゃあウチとしては採用させてもらいたいので、このあと講習に移るけど大丈夫?」
「あ…うーん」
「このあとタカダ君と会うんでしょ? だったら彼のためにがんばらなきゃ」
「…うーん、はい」
よっしゃ! ゴチ!ホテルに向かう道中、下を向きっぱなしの彼女に声をかける。
「彼、キミみたいな顔の子がタイプって言ってたよ」
「え?」
やべ、タカダは写真の交換はしてないんだった。
「いや、タイプだと思うよ、うん。じゃあ急ごうか」
なんとか無事にホテルに入り、講習と称して思う存分楽しませてもらった。
カテゴリ
タグ